やる夫.jp ショボンあんてな  まとめサイト速報+ Fast2ch まとめちゃんねる LogPo!2ch やる夫短編集地獄編 阿修羅編 やる夫観察日記 ヌーそく やる夫見聞録


お知らせ
したらば掲示板の内容をlivedoor Blogの利用者に限り転載可能としました」の関係でfc2での更新停止します。
今後旧AAまとめブログ(http://blog.livedoor.jp/aamatome/)で更新します。

・しばらくしたらこのブログのコメント欄は認証にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤルオがレッドを継ぐようです あとがき

962 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:50:19 ID:xLsBedMw








                               ~ 蛇 足 的 あ と が き ~

      ノ L _____                    \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      ,⌒:::::::::::::::::::::::...                <                                       >
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ           <  ど う し て こ う な っ た  ~「レッド継ぐ」編~   >
     ,:::::::::::::::::::\:::::::::/::::::}            <                                      >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     、:::::::::(l::|( ○) (○)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' 「::::j .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ   l!| !             ・埋めネタのあとがき、裏話、解説です
      {:/i:::::\ i。|/:::i\   |i
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ !l ヽi            ・徹頭徹尾、蛇足ですのでご注意
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::しE |そ  ドンッ!!
     `ーく_,ノ:::::::::::∑ l、E ノ <
              レY^V^ヽ「


ヤルオがレッドを継ぐようです まとめ


963 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:51:01 ID:xLsBedMw



          _____
       ,.....::::::::::::::::::::::...
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ          こちらのスレが大分余ってしまっているので、埋めネタを
      ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
       {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/          裏話や解説や、謝罪や蛇足、あと蛇足です
      、:::::::::(l::|( ⌒) (⌒)イi
       ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
       <>x:从、 '' ー .イ   ) )
.        /.:::i, -/> <〔_ノ   ( (
   ___{/\、::\i。|/::|\   )
   | |  / ,r'うi=ョ=ョ=ョ=と)
   | |  // ⌒ノ\ ____ ,⊂ハ
   | |  {   /~Y:::::└─―‐'∧ ノ  |_|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄



┌───────┐
│  1: 骨格     │
└───────┘


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...  ∩__
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`〈〈〈 ヽ
     ,:::::::::::::::::::⌒::::::::⌒:::〈⊃  }
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::ヽ___j
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi |   |
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八|   |       さて――まずは、こちらのレスを御覧下さい!
      <>x:从、'' 「:::ノ .イ/   ,
.       /.:::i, -/> <〔丿   /
      {:/i:::::\ i。|/:::i  /          前作、「月曜日の人殺したち」のあとがきのレスですね
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/



964 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:51:17 ID:xLsBedMw



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



885 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2010/10/31(日) 02:15:16 ID:nooqMRFs [4/63]




          ,-=======- .._
            |三三三三三ミヽ
          rz=ニ三三三三ニ=ミ/    『やる夫とやらない夫のユービック』が完結した直後の頃……
        マ>"´:.:.:.:.:.:.、:.:.`゙ヾニ7
        /:.:.:.:/:./{:.:.{:.:、\ヽ:∨    >>1は、「終わった! やりきった! 二度とストーリーなんて手ださねぇ!」
        //:.:.:.{:/ ':.:.、:.:、ヽ:.:',ハ
         {:':.:.!:ハ:レ' ヘ{ヽミ_:ヽ:}:.}    と、考えていました
        'ヽ:.N ―‐  ―‐ }:`:.′
            ヾ:.:、"  r_、 "ィリ:./
          ∨ ` ーz 、‐く レ′        \人人人人人人人人人人人人人人人人/
          ι    <_ノヽ_):.          <                            >
                  | | | .!           < 超甘かった! そういやよく考えると  >
                 |    l           <                            >
                |   |          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
                |    .|                \人人人人人人人人人人人人人人人人/
                 |     |               <                         >
                                   <  『フラグ』のときもそう思ったっけ!   >
                                   <                         >
                                   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



966 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:51:50 ID:xLsBedMw



        iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ             ┌──────────┐
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人             │  それもそのはず     │
                                            └──────────┘




┌───────────────────────────────────────┐
│【月曜日の人殺したち】最終スレ                                       │
│                                                         │
│ 885 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2010/10/31(日) 02:15:16 ID:nooqMRFs [4/63]   │
│                                                         │
│ ↓                                                         │
│                                                         │
│【レッドを継ぐようです】一スレ目                                             │
│                                                         │
│ 4 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2010/11/07(日) 03:34:01 ID:xpT1wsUs [3/101]      │
│ 第一話、投下します                                            │
└───────────────────────────────────────┘



          _____
      , :::::::::::::::::::::::...     (_
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ   (
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/           見返したら、一週間で次のに手を出してるじゃねーか!!
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八          ホンットにまったく成長してねぇえええ!!
      <>x:从 ` 「::::j ' .イ
        /.::{ /ヽ_|ェェ〔 ノ
.      {:::::{/     ̄ `ヽ



967 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:52:33 ID:xLsBedMw



┌───────────────────────────────―┐
│  全くもって、>>1の悪癖が出ました。 「やりたくなったらすぐに手を出す」    │
│                                                    │
│  『月曜日の人殺したち』で満足したと思ったのですが、その後に――      │
└──────────────────────────────―─┘


         _____    //
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/    。o( そういえば、オリジナルと小説原作だけで、ゲーム系って書いたことないな )
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ      。o( そういえば、短編と中編だけで、長編って書いたことないな )
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ



┌────────────────┐
│  と、思ってしまったのが運の尽き    │
└────────────────┘


           |
       \  __  /
       _ (m) _
          |ミ|
        /  `´  \
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::⌒::::::::⌒:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       よし、ポケモン原作で長編書こう! ( この間、1秒ぐらい )
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' ー .イ
.       /.:::i,-/>__n゛ノ
      {::::/i::::.\`て }`ヽ                               ┌──────────┐
        V /.:::::::::::::「 ̄|  |                          │  後に地獄を見ます  │
      / {:::::::::::::ノ|゚  | ノ                               └──────────┘



968 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:53:17 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.::::::::::::::-‐:::::::::‐-ヽ       「フラグと闘うようです」「月曜日の人殺したち」はオリジナルでしたし、
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::
      {:::::::::::::::|( ●) (●)イi         「ユービック」はなるべく原作に沿おう、と決めていました
     、:::::::::(l::| ー(::::)^(:::)-|l
      ヽ:::::八|    -‐   八
      <>x:从、    イ        なので、ストーリー的に、世界観を借りた「二次創作」のスレは初めての経験でした
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/      なぜ題材がポケモンだったか、というと
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八      ゲーマーでない>>1がまともにハマったのは、ポケモンぐらいだったからです
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ        いまだに昇竜拳コマンドが出せない人種だぜ!




┌──────────────────────────────────────┐
│  もう一つ、いわゆる「バトルシーン」を思いっきり描いてみたかった、というのもあります    │
│                                                          │
│  ポケモンなら、そこらへんはうってつけだろう、と思いました                    │
└──────────────────────────────────────┘


969 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:53:39 ID:xLsBedMw



┌────────────────────────────┐
│  そこで、まずは過去・現行のポケモン原作スレを一通り拝見     │
└────────────────────────────┘


                /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ
                    ,.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::ト、             ┌――――┐
                /.:::::::::::::::/:::::::::::::::::.:::::/.:::::::::::::::::::::::::|:::::ヽ       ←┤  阿呆  |
.               /.::::::::::::: /.:::/.:::::::イ::::_/_:::://::/::::::::::|::::::}:::.         └――――┘
              /.:::::::::::::_/.:::/.:::::〃|::::厶ィY::::':/.::::::::/:|:::::八::::.
             ;:::::::::::〃/.:::::{:::::N x==ミ 刈:://.:::::/_l:|:::/.:::::ヽ:\
               {/.:::::八/.::::::::::::::|〃ん::ハ  ル/:::/⌒刈:::::::::::::::::::ト\
              {::::::::::::;:::::::::::∧::| 弋::ツ   / =ミxイ::::|i:::::::|i:::|i   `ヽ
  , -‐===‐-ミ    {:::::::::/.:::::::::::i ヽ \   〃{んハ }}ノ::::八::::八八
 -‐<       `丶八::::/.::::::::::::::|     (:::::::)  乂:ヅ/::/}:/l:/
    \      ニ=∧::::/.::::::::::|           ´ (::::::)イ 丿 /            __
        ` ー-=ニフ(  V.:::::::::::::ト、    -‐    .イ:八               // /三二ニ==‐-     _
        /.::::::::::>彳:::::::::::::::| \       . イ:://                   // /                     ̄三ニニ==‐- 、
        〃へ::_/  |:::::::::::::::::|   >‐=≦:::::::::|:::::i                    // /                   . : . : . : : : /
       /  \\  八:::::::::::::::|   ∧    八:::::|:::::|                 // /                   . : . : . : : : /
.     /       \\  \:::::::::|    `マ!  ヽ:|:::::|                  // /                   . : . : . : : : /
.  _/_        \\  ヽハ     ||\  ヽ八             // /                   . : . : . : : : /
  /   `丶、      \\  ̄`   ´ ̄/,  \                   // /                   . : . : . : : : /
. /       \      \\___//     \              // /                   . : . : . : : : /
          ヽ       ` ー-ヘ く       ∧           // /                   . : . : . : : : /
           }             ヽ       /  \           // /                   . : . : . : : : /
           }/                 〈     、      // /                   . : . : . : : : /
          /                   ヽ    \     // /                   . : . : . : : : /
.         /{                }      〉   ____ .ゝ. ゝ=‐-   r ,    _         . : . : . : : : /
         /八      ,.   --‐‐===≡ニニ二三 ̄______i __i______|_7_, ,_,   ̄三ニニ==‐-r一′
                 |Fニ二三――━━━――[   ]―― l   l 「 ̄ ̄]   ┌―-‐-===ニニ二二三|


┌───────────────────────────────────────────┐
│  「やる夫スレを評価するスレ」も過去ログを調べ、ポケモンスレについてのアドバイスを探しました   │
└───────────────────────────────────────────┘



970 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:54:36 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}     ネタ被り防止と、戦闘シーンや描き方の参照
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi      二次創作的な弄り方のあれこれ
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ         そういうのを考慮しながら、自スレの方針を決めようとしてました
      {/⌒i::::\ i。|/::i\
.      i  |:::::_/ ̄ ̄`Y´ ̄/
.      |   lxく__,ノ    //   (_,)


┌─────────────┐
│  で、自分の結論としては   │
└─────────────┘


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}       やはり、ポイントとなるのは、「ポケモンをどう描くか?」でした
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八        これ、メガテンの仲魔や、ペルソナシリーズのペルソナなんかでも、
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ         同様の事情があると思うのですけれど……
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |         要は、何のAAを当てるか、です
       、__` ̄]`ヽ __ノ



971 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:55:20 ID:xLsBedMw



┌─────────────────────────────┐
│  「ポケモンなんだから、ポケモンのAAを当てればいいじゃない」    │
└─────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}       もちろん、その通りです
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八       ですが、誤解を恐れず言えば――「AAが少ない!」
      <>x:从、''  -  イ
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ




┌────────────────────────────────┐
│  例えば、「レッドを継ぐ」で非常に登場機会の多かったコラッタですが、   │
│                                                 │
│  この一種類しか使ってません                           │
└────────────────────────────────┘



                   ,r‐-、
                ( ヘ l
        ,r-、         `ーヘ│
    、 〈_}⊥_         l |
     ヽソ    `r==ii    l |  キー!
    r'´, . . .,ィ)´} 〉  》-─-、j |
    〉ー‐、  ̄´ 二ニ---、  Y
  _,,.-Li_,.く`jヽ、  ;   ̄ ̄   l、
 そu-─‐-(とィ_,. -,   . . . . .   ヽ
          ̄ _,/  /-─へ_ . . . 〉
           '-ァ/       <ンレv'


┌────────────────────────────────────────────┐
│  他のポケモンも似たり寄ったりです。元絵からして少ない場合も多い                       │
│                                                                │
│  これをバリバリと動かして、迫力ある戦闘シーンを作る……というのは、>>1の手には余りそうでした   │
└────────────────────────────────────────────┘



972 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:56:08 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ       そういう事情も手伝ってのことでしょうか
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi        やる夫系でのポケモンスレでは、モンスターに他のキャラのAAを当てるのが、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、  ー  .イ         結構一般的だったりします
.       /.:::i, -/> <〔 ノ
      {:/i:::::\ i。|/:::i
      / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ




┌───────────┐
│  それらは、喋ったり   │
└───────────┘

      ト、     ___       イ
      |,∧ ´        `  .//|
      ∨/⌒           \リ
.      , .′    l      i    ゚。
     i l      |l     |    ', ゝ          ┌────────────────┐
     | |   _l|_  |{     人   l i            │  全くの新種、という設定だったり     │
        |   八ト、八  イj 厂}ノ l|            └────────────────┘
       l八  |⌒示 ヽノ ^示 ,  八
      「 \{  ヒリ    ヒリ厶イ
      人__人        人,|
      |  l  ≧=‐-゚-‐=≦ l |
      |  l  xくノ:ト、.:ヘ.   l |
      |  l /:}: |.: :|。.:__.:ハ  l |      ■エイラ
      |  /: :|:ー: |: :|: |: .:i  l |
      | ,/: : :| :|.: :|゜:| :|.: :|  l |      うらないポケモン
      | i: :-=|: |: .:|: :|: |: .:|  l |
      l人: .: .:\:.:|: :| :|.: :|  l |      タイプ:ひこう/エスパー
      | ___ト: : :/⌒ヽ ̄} |  l |
.     八{_。_}: :\: /__) 「 ̄}  ノ      とくせい:ふしぎなまもり
         | | | : : : `| : : :「 ゚^|/
         ーr――┼―'L.. 」 
.         |     l|    i/∧         そらをとぶ きつね。 あいての こうげきを よちして ひらひらと
           ,     l|   ,ハ/,∧
         ′  l|   .′}//,}         こうげきを かわすのだ
          ',   l|      |//,|
           ゚   |  i  |//,|
          '   |   | ,ノ⌒^
.             V^ト、__|
             | | l |              ┌───────────────────┐
             | | l |              │  主人公とケンカしたり、恋したりもします   │
             |__j l |              └───────────────────┘
            `¨ ー′



973 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:56:51 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...       こういうやり方を取る場合……
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}    「トレーナーとポケモンの区別」が問題になってきそうだ、と思いました
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八       ①なんで自分で考えて喋っているポケモンが、大人しく人間に従うのか?
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ           ②ポケモンは、人間を攻撃できるのか?
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |       ポケモンAAを使っていれば、あまり気にせず済む部分ですが、キャラAAの場合……
       、__` ̄]`ヽ __ノ



┌──────────────────────────────────┐
│  言ってみれば、劇場版ミュウツーのように、自我を持っているわけですよね    │
└──────────────────────────────────┘
                    _
                    i  L__ノヽ
                   /   i  ヽ !
                     /         |
                  、   |。.、 , , }
                /⌒ヽ   ,>、. ー'   /
                ヽ- ' ヽ- 、j_,.-.'、 rー- '
          , - 、‐'   .,.―、`ヽ.  、ヽ
     ,....-- 、 ゝ_ノ- 、_.. -、__ノ‐ |   i !. ト、
    /::.,‐‐ 、::\.          ヽ. ヽ_, -v、_ \_
.    |::::|    ヽ:::ヽ            i    ! `ヽ .ヽ
.    |::::|.     、::::::.、          ノ-、 ,.-.、.、  \\
    i::::.!     !:::::::ヽ     /    i |:.: : ヽヽ  〉 \
.     、::..、    ヽ::::::::`ー ..._/     |:::.:.: : :| i | ,勹 、ヽ
      !:::.\    、::::::::::::::::!      ,'::::::.:.:.:.|. | ー'(_/ー'
       ヽ:.::::`ヽ.  ヽ:::::::::::::|     /:::::::::.:./. /
       \::::::::::..、 \:::::::|     _ノ::::::::::/ /
        \::.:. }     >  /´---‐ ´  r '
          ` ー'   / ./      !. |
              / ./      /_. ヽ
             / / !       (_)  `ー-- 、
             , '     )        `丶_ ̄)-'
           r' 、_  ̄)
           `ー'.   ̄
┌───────────────────────────┐
│  ポケモンは、人間に使役されて幸福なのか、不幸なのか?   │
└───────────────────────────┘


                     ┌──────────────────────────────────┐
                     │  瀕死になったりするバトルについて、ポケモンたちはどう考えているのか?     │
                     └──────────────────────────────────┘



974 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:57:18 ID:xLsBedMw



┌──────────────────────────┐
│  ポケモンのAAについては、折衷案を取ることにしました    │
└──────────────────────────┘

           |
       \  __  /
       _ (m) _
          |ミ|
        /  `´  \
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::⌒::::::::⌒:::::::}     モンスターそのままと、キャラAAの二本立てってどうだろう?
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八     原作ではマサキがポケモンと合体したり、少年がユンゲラーになったりしたよね
      <>x:从、'' ー .イ
.       /.:::i,-/>__n゛ノ       人間とモンスターの中間種族、ってことにしてみようかな
      {::::/i::::.\`て }`ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄|  |
      / {:::::::::::::ノ|゚  | ノ



┌──────────────────┐
│  こうして設定されたのが「マジリ」です   │
└──────────────────┘



   / ̄ ヽ ,. -─‐- .,/~ ̄
   / ./´/´ ̄   ̄\/ / ̄ヽ. ヽ      ←耳とか生えてるキャラだと、一目でそれと分かるので便利でした
   | .l/            '、   | |
   ∨    /        ヽ//,        バルクホルンやロン・ベルクあたりもそうですね
   / ./ |        \ Y   !
  ,ノイ/  /!    |ヽ-‐\ .| /  |
   |\∧| ̄`\/ ,=r=ァ.i |,ヘ ∧
   ノイ  ド=、   弋_.ノ .| i  |  ヽ
    .ノ  i""  、    "" ノノ |ノ   !
   〈.  ,.ゝ-‐‐‐-..,  /! i/    ノ
   ,ノ_r,=!/ ::::::::: : : !,イへjノ-、ルヘ/
   /ィュ}∨ ::::::: : :/_ ゝ、
   Y´-‐{=ゝ-─r´--‐‐ ´ ̄ ̄\ 
   〈 二フ    |||

┌───────────────────────────────────┐
│  エルフとか獣人よりも先に、あの関西弁の「マサキ」がモチーフになっています     │
└───────────────────────────────────┘



975 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:57:40 ID:xLsBedMw



┌─────────────────────────────────┐
│  さて、そんな種族を出す以上、ゲームそのものと同じ世界観は使えません    │
└─────────────────────────────────┘

┌──────────────────────┐
│  また、マジリがいることの理由づけも必要です     │
└──────────────────────┘


       -‐…‐-
     /.::::::::::::::::::::::::.\
   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i        ……未来にしようか、ととりあえず決めました
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;            マジリの役割はなんだろう……?
   ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
.    ヽ::トミ::::::_::::::: イ/            用心棒? でも、みんな護衛にポケモン持ってるしなぁ……
    ≪二ニく__ソニ二≫
     /.:::::: /::::|:::::::::::::::::ヽ
.   /::::i:::/:::::ノ::::::::::::::i::.::.




         _____    //
      ,.....::::::::::::::::::::::....
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::::::::::-‐::::::::::::}
      {:::::::::::::::::::::N\八ノイ::/       そっか、「手持ちポケモン」と「野生のポケモン」を、
     、::::::::::::::(l::|  ( ●) i/
      ヽ::::::::::八|ー‐(::::)^リ             「マジリ」と「モンスター」に置き換えればいいのか
      <>x::::::从、   - .イ
.       /.::::{ `/⌒ヽ「  ノ                野生は人襲うものね



┌───────────────────────────────────────┐
│  そこから逆算して、「モンスターボールが無い世界」という荒廃した未来を思いつきました  │
└───────────────────────────────────────┘

                        ┌───────────────────────────────┐
                        │  主人公のヤルオは、なぜか、その「モンスターボール」を持っている     │
                        │                                               │
                        │  それは、彼が「レッド」の後継者だからなのだ、と――            │
                        └───────────────────────────────┘



976 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:57:59 ID:xLsBedMw



┌────────────────────────────────┐
│  こうして、「マジリ」「マサキ」「レッド」「サカキ」のキーワードが揃いました   │
└────────────────────────────────┘


┌─────────────────┐
│  新しい人類=マサキにルルーシュ     │
└─────────────────┘

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
         |.:.:.:.l.:.:.|:.:. .:.|.:.:./:.:.∠_//_.|:.:.:./.:.:./ /:./ヽ:.ヽ }:.:
       ,':l:.:.l^l:.:.l:.|.: l:/イ<ヽ、/‐、|:.:.:.レ'´/:/l  |.:.:.|  |:.:
      /:.|:.:.}}|.:.|:.|.:.:.|、{rf夊仏\|:.:./rフ´/_.|  {:.::.|  |/
.     /:./|:.:.| l.:.l:.|.ト:.'. ̄¬‐┴ヽ',:.//‐´ \_/  ヽ_l
     // }:.l:ヽrヽl:.l:.ヽ:ヽ      ヽ, ,}\       ヽ
   /´  .':.ハ.:.{=l:.'.:.ヽ:.',-\     {_ ̄ ̄ ̄ヽ      ',
        /:/ }:.:|FT〕、:.\        ヽ ̄ヽ        l
       // /|:.:l|{≡}|ヽ-、\ 、__ _  / .|  | ',
      /´   l:.|}:|f i:|. \    ___ ¨ヽ {  l ',
―――――――――――――――――――――――――――――┌───────────────────┐
      .            l     ヾミニx气          l       │  人類の再興を望む男=サカキにシャア   │
                 !{_,ノ⌒    ミイ  ∨          }      └───────────────────┘
                 ゞfjフ     !{く_,} 〉ヾ        ,'
                /        从Y /∨      /
                /         リハイ ノノ       {
                `ヾ_           从ハ     乂
                 ヽ `    , ′     乂 ヘ   ヽヽ
                  l      /  /       У乂八 リ
                  ヽ   イ    ,/   __,,、rfチ三≧x,乂
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    |: : : : : : : : : : : : : 彡: /: :///::::::::::::l: l/j/ヽノ
    |: : ソ: : : : : : : : ;. ''´:: ̄ ~" メ、::::::::::::  レイ f
    |: : : : 彡_:_: i:!:|:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..,,ム 'フ/
    :l: : : : / r‐|: : :| "、´ ̄(ッ ̄~"フシ  く'゙′ /
     l: : : :.| i: :lN: |:::: :::=≡≠::: .::::::::::', . /
     !: : i.!ヽ :、ヽ、:|::::    /  .::::::::::::::::', ./
     |N: : : :\_ノヘ::::::::.    .:::::/::::::::::::::::', .
     /|:!: : : : : /::::ヽ::::::::....:::::::/::_:`:-ァ.、_'、
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌──────────────────────────┐
│  モンスターを操る狂気の男=レッドにアカギを配しました   │
└──────────────────────────┘



977 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:58:34 ID:xLsBedMw




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...          この三人の、三つ巴の争いに、ヤルオが巻き込まれていく――
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}       というのが、初期プロットの骨子でした
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八          この後、サカキとレッドの設定が融合したり、
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ          マジリに「裏返り」などの設定が追加されますけど、基本は一緒です







          _____
       ,.....::::::::::::::::::::::...
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
      ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
       {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       AAの都合から設定を考える……というのも、
      、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
       ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八       ある意味、やる夫スレらしいかもしれないですね
       <>x:从、 '' ー .イ
.        /.:::i, -/> <〔_ノ
        {/i:::::::\i。|/::ト、
       / /.::::::::::::Y_,_,_,_Y \             これで、全体の骨格についてのお話は終わりです
     . / イ::::::|~|@ノノノ)'_  }
     、__〔アニニニニ弋_)ノ



978 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:58:56 ID:xLsBedMw



┌──────┐
│  2:設定    │
└──────┘

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( /) (\)イi         このお話は、「ボールがない」「銃がない」ぐらいの文明度です
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从 u  -  イ          (金銀以降は「ぼんぐり」が出てくるのですが、ここでは気にシナイ)
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |           それってどれぐらい? このさじ加減にホトホト困りました
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ



              ┌───────────────────────────────┐
              │  銃がないレベルの文明に、高層ビルって建てられるのだろうか!?     │
              └───────────────────────────────┘

                          |
                          |
                          |!
                         ,v'v
                             }f:i{
                             |iヨ|
                          r」iヨ|、
                       _,宀=宀,_
                       |三i]]]]i三|
                            _|三i]]]]i三|_
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                       |i|i|i|::|:::|::|i|i|i|
                      r'士:士士士'┐
             _  __ rf::::L..、.rl|iヨヨ|ョョョョョ|iヨヨ|      r:::┐
          fi=! _r|::::| . |└|::-:::‐:ト|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|、  r ┐|:::: |
─!       |:A」≡:::::::::::::!:::::i::i::::::|:|::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|コユ_ノ:::::トル::::::1
:::::Lriv宀-::::::::'":|ヨ|:::::_;_:::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
:::::rル、i≡≡≡|:/=ヾ、|ニ!::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
::/7i>::|≡≡:::::|7加|:::iÅ::::::::::::::::::::::::::::: |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
/=== >、。。。:::l|」=|_」iヨL:::::::::::::::::::::::::::::|iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::
|=i:::i=|彡:::::::::: |ヨo: |::::::::::::||::::::::::::::::::::: : |iヨヨ|ヨヨ:ヨヨ|iヨヨ|:::::::::::::::::::::::::::::::

┌─────────────────────────────────┐
│  なので、ここらへんを突っ込まれると、粗がボロボロと出てくると思います     │
└─────────────────────────────────┘



979 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:59:28 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/      あと、電話、自動車あたりはどうするか?というのも問題でした
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八      通信と交通ですね
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ        作中では、テレポートできるマジリと、テレパシーできるマジリがその役を果たします
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |        ヒトは、壁に守られた陸の孤島で生きています
       、__` ̄]`ヽ __ノ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       マジリは、基本的に、「手持ちポケモン」がモチーフです
     、:::::::::(l::|( ―) (―)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八         つまり、  ①人間は、絶対に攻撃することができない
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ                 ②人間に従うが、レベル次第では勝手なことをする



980 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 21:59:49 ID:xLsBedMw



         ┌────────────────────────────────────────┐
         │  なので、知能の高いフーディンが、ポケモンの仲間を集めて、人間に反旗を翻す話――と、   │
         │                                                           │
         │  置き換えてもらったら、一発で設定が飲み込めるんではないでしょうか                │
         └────────────────────────────────────────┘


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         「\
           ',  \                _, -― フ
         `、   \_,  -――z-=―'  ̄    /
           ',  /               /
           ',/               /
           /              /
             |             /|
             |     _, -‐'      .ヽ _, -―- 、
           〉::  ,- '、゚ ノ         」: :: :: :: :: :\
            /::  /    _ -┬三三Τ:: :: :: :: :: ::,;;;;;;;;;)
             |::  / __, -'::::::|\;;;;/|: :: :: :: ,,;;;;;;_,-l‐'
           /^|   Τ`l `l、::::| :: :: :: :: ヾ_:: :: :/、  `、
        / ./^`ー’´  /|  |ー'ヽ:: :: :: :: :: ::,,;;;;lllll/\ _,-入_
         |  |     _/.∧ ヽ  `ー┬-- ,-―--―'´    `ヽ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


┌────────────────────────────────────────┐
│  そういう意味では、すごく単純な話ですね                                 │
│                                                           │
│  「マジリ」だ「マサキ」だと、AAの都合で設定を足したのが、話を分かりにくくしたと思います     │
└────────────────────────────────────────┘



981 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:00:14 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}      技の効果などを、どこまで原作に準拠するか、これも結構問題でした
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八       このスレでは、おおよそのイメージ以上のものではありません
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.::::::::::::::-‐:::::::::‐-ヽ       バリヤーで相手を閉じ込めたり、
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::
      {:::::::::::::::|( =) (=)イi       ヘドロばくだんで相手を爆破したり……
     、:::::::::(l::| ー(::::)^(:::)-|l
      ヽ:::::八| U -‐   八
      <>x:从、    イ        タイプ一致や弱点によるダメージ計算とかはまるでなし
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}       そこらへんのガチで闘うポケモンの魅力は、
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi        他の作者様たちの素晴らしい作品で……ということで。お願いします。
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''  -  イ         スミマセン
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ



982 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:00:53 ID:xLsBedMw



  ┌───────────┐
  │   カントー地方地図   │
┌└───────────┘───────────────────┐
│┌──────────────────────────────┐│
││                                   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ││
││                                    \::::::::::::::::::::::::::::::    ││
││                                     }:::::::::::::::::::::::::::::   ││
││                            ┌───┐ー‐- ::::::::::::::::    ││
││                            │┌──┘     ヽ::::::::::  ││
││      [  ]          ┌──────┘└─────┐ ノ::::::::::  ││
││      |│[  ]───┘┌─────[  ]────┐│{:::::::::::::  ││
││      |││┌────┘          ││        ││{:::::::::::::  ││
││      |│││    ┌────[  ]─[  ]────[  ]ヽ、:::::::   ││
││      |│││    │┌──────┐┌────┐│  }::::::::   ││
││      |└[  ] / ││::::::::::\   〕:::::::││        ││/:::::::::  ││
││      └─┐│/.:::::::││:::::::::::::::し'::::::::::::[  ]────┘│::::::::::::::    ││
││  . "゙´ ̄ ̄) ││ヽ :::::││::::::::::::::::::::::::::::::::└─────┐│::::::::::::::    ││
││/.::::::::::::::::::::〔 ││ l::::::││::::::::::::::::::::::::::::::/  ┌───┘│::::::::::::::    ││
││:::::::::::::::::::::::::::::::][  ]ノ.::::::│└─────[  ]─┘┌───┘::::::::::::::    ││
││:::::::::::::::::::::::::::::::`ー‐'゛:::::::::::└──────┐┌──┘   ノ.::::::::::::::::::::  ││
││:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ.._└┘ /.::::: ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::  ││
││:::::::::::::::::::::::::::::::::{[  ]}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  ││
││::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ││
│└──────────────────────────────┘│
└────────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ      各メインキャラは、カントーのジムをモチーフにしています
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi       ほとんどおわかりだと思いますが……
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、 '' ー .イ        例えば、ガッツ=ニビジム。 ミコト=クチバジム。 ゲンスルー=セキチクジムです
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



983 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:01:17 ID:xLsBedMw



┌────────────────────────────────┐
│  バスクは、メガネとハゲで、グレンジムのカツラをモチーフにしています     │
└────────────────────────────────┘

              __ _ _
           ,r'"´        \
          /     〈±〉     ヽ
            |   , -──‐‐- 、  |
             ! ,r'´.:.::::::::::::::::::.::.:.:.:\ !
          レ'.:.::::r'"´ ̄ ̄ ̄`ヾ、:::.:.!
          |;r'"´-‐`ヽ  ,/´-ー-、`^i
          !jィ〔´(◯)`二´(◯)`ト、|
         ハレ' ゙ー='゙´.:;! ' `゙=‐'゙^レj、
         l ト、'..,   / .::;j,_  `ヽ ノイ !
         ! リj i    ^"^    l^iイソ
         ヾU ',  ''ー==‐''´ ,! |ノi
       _ _」^i  ',  `ニ二"´ ,' ,! ト、_ _
   ,r'"´.:.:.:.:.::::::| ゙、  Y´     `) /  |:::::::::.:.:.``ヽ
   ,!.:.:.:.:::::::::::::::::j  \,ゝ‐---‐ '゙,イ  」::::::::::.:.:.:.:.:.:!
   |/\.:.:.:.:::::::::| ̄ ̄`¨`ヾ`二´イ"´ ̄ i:::::::::::::::::/|
   |.:.::::::\.:::::::::|       `゙Yi"´     |:::::::::::::/::.:.:.|
   |::::::::::::::i:::::::::| 「***j」  !l | 「***j」/:::::::::::/:::.:.:.:.:|


┌─────────────────────┐
│  研究所がグレンにあるのも同じ理由ですね    │
└─────────────────────┘


                   イレ'^!
                x<   ;  /
            _ ,/: : : 〉/;:ハ/ ̄ `丶、 ___
           /, :´ : : : /;:;:;;;':/: : : : : : : : ヽ : : : : :く二ニZ
.       /: : : : : : /'"´:  ̄: : : : : : : : : : : :\;;-‐;;:'"/
.      /: : : : : : / : : : :/:/: : : : : : : : : : : : : : :マ;;'/
.       ,′: : : : :/: : : : : /:: : l: /: : : : : : : :ヽ: : :丶: :〈
.     : : : : : : :/: : : : : /::: :{ |│: :/: : │: : |:: l:: :|:: : :',
     i: : : : : :/ : : : /:/:l::::八! |: : {:: : : j:: : :|:: |:: :|:: l: :|
.    l: : : : .:,':: : : : l: |l::|::::|:::j/|: :,'!:: : /l:: ::,':: j: : |:: j: :|
    j: : : : .:l :: : : : l: |レ∨|:‐ト|: ハ:::.:!│:/_;.イ:: /::/: ,′
    ,' : : /.::,'!::: : : : l: L二._Ⅵ_V`ヽヽ{ 匕Ⅳ レイ::/} /
{ ̄ ∨: : /.::/::|::: : : : l: |l代ぅ:歹 ̄`  弋歹^ア/:イ/
l:::::::├<.::/:::,'|::: : : : l: |   ¨¨^      `¨ ,':: : |
l:::::::∧::::::::`ヽ:|::: : : : l: |         〉   :::: : :|
'::::::::::::}::::::::::::: `l: : : : l: ト、    、   _,   イ::: : : :!
:::::::::::,' ::::::::::::::: |: : : : l: | 丶、   ̄   . 个:!::: : : :|
::::::: /::::::::::::::::::::|: : : : l: |   /ヽ、_, ィ升=、| :l:::: : :│
ヽ/::::::::::::::::::::∧: : : :l: |  ハ/   ∨ヽ }:l::::.: : :|

┌───────────────────────────────────────┐
│  グレン島で、ホロ=キュウコンが裏返るのも、グレンジムと言えば、炎のジムだから……   │
└───────────────────────────────────────┘



984 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:01:38 ID:xLsBedMw



┌─────────────────────┐
│  話の展開上、省いたジムもあります         │
│                                 │
│  翠星石がリーダーを務める、タマムシシティ     │
└─────────────────────┘
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                     ,   ─=、─-=ニL」_
                    /二ニ=‐-=ニ、\    ,>
                  ,ムイ/  .}、    ヽ. ヽ  ァ′
                 /   /    ノ,ト、 ,ィ ,ハ. ∨ト、
 (\ __           ∧  ;'  ,ノlノj,ィ込ァ`! ,), V \
. ,f\孑=ァ),__          | ! i,ァ示. ノ'ノ ゞr'リ リ   ! |    \
〈ヾ、ム,. 》 :|| \        |!、ト、ト弋リ 、      l  ,ノ※
. `ー'─(,ムイ'   \    ,. -'‐ \\   ア`ヽ _ムイi   !
     \     `  7マ'7   | ヽ.≧ ゝ._ノ ,: ィ´|.※ |
.        `  ,     i ,ハ}   |.※ | >x、. イ  ! i|.   !
          `7ぇxl/  ,    !  i  《 ,≫vヘ.)、i),  !
          /  /    |_ i.※ i.  《|{,//iヘ.∨), ∨   ,r- 、
            /  /     ! )`i   !,  《!_/i |《ヘ.∨), ∨ ,Xヘ. }
        /  ム._.  !/ .|.※ |ヘ.  《  i | 《.ヘ.∨ヘ,.マ^ヽヽノ
        ‘ーx,     i  !  |.   | ',. 《.  ! i 《. | |  メ.}i;xr≦
           ∨  ヽ. |   |.※ |  ∨《  Li  《 L! :|. |    |
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


┌────────────────────────────────────────┐
│  蒼星石が、自分の姉と戦い、自分の気持ちに決着をつける、というお話になるはずでした   .│
└────────────────────────────────────────┘

                                     \人人人人人人人人人人人/
                                    <                 >
                                    <   でも、カット!!    >
                                    <                 >
          _____                         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y\
      , :::::::::::::::::::::::...  
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}         ⌒ヽ
     {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       /   /     _
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi        /   /   /  )
     ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八.      /  /  /  /        のんびりシティめぐりしてる暇がねぇッ!!
     <>x:从 ` 「::::j ' .イ      /   '` ´  /
.       /.:::i, -/> <(⌒'ー―- イ′       (           それに、主人公がやることないッ!!
      {:/i:::::\ i。|/> 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y \      }       (  ̄¨´
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ   ヽ         _  \
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/     `    --‐'´ `゙ 、_ )



985 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:02:08 ID:xLsBedMw



┌───────────────────────────────────┐
│  あと、時々読者の方が仰っていた、「マジリの怖さってどんなもん?」という話題    │
└───────────────────────────────────┘

┌──────────────┐
│  あくまで、私の感覚ですが   │
└──────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...  ∩__
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`〈〈〈 ヽ
     ,:::::::::::::::::::⌒::::::::⌒:::〈⊃  }         「気立てのいい大型肉食獣の檻の中」ぐらいの怖さじゃないですかね?
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::ヽ___j
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi |    |           シベリアトラとか、コディアックヒグマとか、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八|    |
      <>x:从、'' 「:::ノ .イ/   ,             刃物じゃ相手にならさそうな奴
.       /.:::i, -/> <〔丿   /
      {:/i:::::\ i。|/:::i  /
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

┌ 一  ゙̄ ー- ニ二..._
,ヾ丶".彡ヽ `,,  ;; ,,゙```ヽ、
 ノ\\ξ,,}    ゙ヾ、、 ゞ\
 ,,;:::ヾ;:,    Y::)  ,,ヾ、_._ 、 }ヘ、               ┌────────────────────────┐
          i:;! 彳i,、ヾ(_)、´、 \            │  街一つぶっ壊せるポケモンがごろごろいますから、    │
  ,/   ノ:i  I:;! 《  ヾミ、` ' 彡=、ヽ               │                                    │
ノ彡メ  {::;!  {::( 冫ヾ、, ,゙一 、 ,、 \            │  戦闘力ならそれ以上でしょうね               │
  ソ´  ;:::1  メ>∠=ヾイ   ゙  ,,  ト_ ヽ       └────────────────────────┘
   彡 ノ:::彡 ノ::/   ミ(  ゙ ゙ ,, ゙ ヽ、 ヽi
   /" (:::::Y |:{     又  "  "  \ ノ
   彡 ヘ:::;1 !:::(   Y´  `⌒ ヽ、..__ ノノ
   ;;   ;:::; ` :::丶  ]| rヾ Y´  ノ ,ノ! /
 彡  "  ゛;   ;:  i.|| I  )  // レ
彡  ミヾ へ、  ッソノ:i!い' ノ.,
    、ヾ゙   \  (:::(( ンノノi
 彡 /      } ´ヾ:::ゝし ,ノ
  /        彡,, _.....,,,ヾ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



986 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:02:46 ID:xLsBedMw



             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i        私は、そこで暮らす勇気はないです
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;           たとえ、「ヒトは襲わない」と分かっていても
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
    r、     r、...、  -  uイ:ノ
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕          「ごく一部のマジリは、ヒトを攻撃できる」という事実は、
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.         サカキが絶対に隠蔽しなきゃ駄目なんです。知られたら、きっとパニック
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::....
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::::::::::-‐::::::::::::}      最初の方で、ミコトが問答無用で牢にブチ込まれているのは、
      {:::::::::::::::::::::N\八ノイ::/
     、::::::::::::::(l::|  ( ●) i/       そういう理由があります
      ヽ::::::::::八|ー‐(::::)^リ
      <>x::::::从、   - .イ         でも、マジリの怖さ、ってのを描くのがあまりに遅すぎました
.       /.::::{ `/⌒ヽ「  ノ



┌──────────────────────┐
│  そこは、主にゲンスルーとイカ娘の役割でした   │
└──────────────────────┘
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                   lヽ ∧
                  i / W V| ,,rl
                \ヽ!゙' r'   ~゙ └r''
                 ヽ 'l l゙l /-   ゙>
                  )wr..,,   -、  ̄ソ`ヽ、
                 /   ゙゙''z  ,  - く
                r<_,.~'-‐ーi,,, z  - 、  r'
.               _ >'゙ \-''´  ~ζ)  ヽ.>
.      r‐、       ヽ 、      ν!/ヽゞ /゙
   r‐-、/ /       ぐ=-、、   /ヽ-' /ベ'l゙
  /゙__,_ノ /.        )     /   /  |          ┌────────────────────────┐
 ( ̄  , )/.       <´    ,,..-'   /   lフ"フ      │  だから、「イカ娘こえぇ」ってレスは、嬉しかったです   │
ノ  ´`ヽ< !        ヽ-‐'"´).   /   // ``ヽ、     └────────────────────────┘
゙i  ``ヽv /        ,ノ' |( 《   /  /// _,,..-''"\
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



987 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:03:20 ID:xLsBedMw



┌─────────┐
│  3:キャラクター  │
└─────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}    まず、ルルーシュ……「マジリのなかで最強」のキャラです
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi      でも、都合によりミュウツーは使えない
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、 '' ー .イ       伝説系を除くと、どのポケモンが初代で最強なんでしょう?
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ





      ノ L _____             \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      ,⌒:::::::::::::::::::::::...          <                                              >
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ          <  フーディンだよ!! サイコキネシス撃っとけば勝てるよ!!  >
     ,:::::::::::::::::::\:::::::::/::::::}       <                                              >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     、:::::::::(l::|( ○) (○)イi                                  ※まんま小学生の思考
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' 「::::j .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ   l!| !                \人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      {:/i:::::\ i。|/:::i\   |i                <                               >
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ !l ヽi              <  だからルルはフーディン! 決まり!  >
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::しE |そ  ドンッ!!       <                               >
     `ーく_,ノ:::::::::::∑ l、E ノ <               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
              レY^V^ヽ「


┌─────────────────────────────────┐
│  いかに、私がポケモンマスターから遠い人間であるのか分かると思います  │
└─────────────────────────────────┘



988 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:03:46 ID:xLsBedMw



―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
               _ -─  ̄   __ -─ヘ キニ-─  ̄ヽ
___, -───  フ ̄     , -─ニ -──  ̄ ̄ヽヽ
 /  /      /_ - ニ 三-ニ-──────---ヽ├- 、_
    /     /二-‐_ニ-‐" ___         ` ヽ ヽ \ ̄      ミ川川川川川川川川川川川彡
_, -ァ    / ̄_ -‐"   ,-‐       ヽ、           `\、 \     三                  三
-‐ァ    /_ニ-‐´  /、, -‐  ̄  ‐-   ヽ            冫 /     三  さいみんじゅつ!!   三
 /  /,.ァ/    /  >、\        >イ ヽ           / /     三                 三
./  /" /       /  / \\    // ヽ ヽ        / /      彡川川川川川川川川川川川ミ
 / /.       |  .|    \ヾ::::ソ/   |  |       /
  /           |  .|     /〈  〉ヽ    .|  |
    - 、       | ヽ    \`´/    /  /
       ヽ     ヽ ヽ    `´   /  /     /
         `ヽ、   \ `ー  _ -'   /    / ,
           `ー 、  `ー  __ -‐'  , -‐'/" ̄
               `ー- ____  -─  ̄        _
                              _ -─  ̄
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――




             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i     「ギアス代わりにさいみんじゅつを使う」という設定も考えましたが、
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;      万能すぎるのでオミット
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;' 
    r、     r、...、  -  uイ:ノ
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕       回数制限もなくそんなことできたら強すぎますから
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::}


┌────────────────────────────────────────────────┐
│  ルルーシュが裏返ったモンスターである、というのも、                                     │
│                                                                        │
│  ゼロの仮面姿があることから決めていました。 セキチク戦以降は、一度もAAで、仮面を取ってないはずです   │
└────────────────────────────────────────────────┘



989 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:04:18 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/    次に、ナナリーです
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八      こちらは、いわば中ボスポジションになりますね
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ      どのポケモンが、初代では二番目に強いのでしょう?





      ノ L _____             \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      ,⌒:::::::::::::::::::::::...          <                                              >
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ          <  ゲンガーだよ!! 先手で眠らせて夢喰いすれば勝てるよ!   >
     ,:::::::::::::::::::\:::::::::/::::::}       <                                              >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     、:::::::::(l::|( ○) (○)イi                                  ※やっぱり小学生の思考
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' 「::::j .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ   l!| !                \人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      {:/i:::::\ i。|/:::i\   |i                <                               >
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ !l ヽi              <    ナナリーはゲンガー! 決まり!   >
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::しE |そ  ドンッ!!       <                               >
     `ーく_,ノ:::::::::::∑ l、E ノ <               /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
              レY^V^ヽ「



┌──────────────────────────────────────┐
│  ルルーシュは、ヤマブキジム、ナナリーは、シオンタウンをモチーフにしたキャラですね   │
│                                                          │
│  「憑依」というアイデアが、自分の中で面白そうだと思い、取り込みました            │
└──────────────────────────────────────┘


990 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:05:10 ID:xLsBedMw



         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬}/_ / ,/レ′
    `ト' じ    ヒソノ' 「)'/|/
.     ヽ、_  _   _,.ィT/           ┌───────────────────────────────┐
       l 7Eニ::ィ1│            │  できない子=シルバーは、次のマサキになる人物です             │
       'イ/ヽ::::`l┘           │                                               │
        i´ ̄ `|::::|               │  なので、ケーシィ→ユンゲラーとしました。 だって最強はフーディ(ry     │
       j|     |::::|               └───────────────────────────────┘
      /    |:::::|
      / /   l lrェリ\
    \/     |    /
      ` ーrーr┼‐r'´
        |::::| |::::|
        |::::| |::::|


┌─────────────────────────────────────┐
│  同時に、彼女はこの物語全体の目撃者であり、語り部でもあります             │
│                                                        │
│  第一話はできない子のモノローグで始まり、最終話は銀のモノローグで終わります    │
└─────────────────────────────────────┘


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi       話の転換ポイントになってくれたキャラでしたが、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、   ー  イ        序盤は弱すぎ、終盤は強すぎ、とやや扱いにくかったです
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |         ヤルオと恋愛関係になることは、ついにありませんでした
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ



991 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:05:30 ID:xLsBedMw



┌──────────────────────────────────┐
│  続いて蒼星石。ヤルオの手持ちがリザードンということは決めていたので、    │
│                                                  │
│  他の御三家から選びました。色的にはカメックスなのですが――         │
└──────────────────────────────────┘


             ,.. -―- ..、_
               ,.::'´::.::.:::/::.::.::.::.::`ヽ、
             /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ
          /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、
          ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ
           |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl
         l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|
        ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|
        ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃
       _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′
      /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|
       rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/
      7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ
     / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″
.    /:.:.:.:.:.|:.:.:.:.`)|〈 // | |圦∨〉( \
    /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:込八 \| l引 ∨ └r::∨


┌────────────────────────────────────────────┐
│  水より植物に縁がありそうなこと。 姉として、翠星石(タマムシのリーダーとして、既に決まっていた)  │
│                                                                │
│  を出したかったこと。この二点から、フシギソウに                                  │
└────────────────────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi      一言で特徴を言うと、「弱さ」のキャラです
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、 '' ー .イ        性格的にも、戦力的にも、他と比べ「弱い」……そういうキャラにしました
.       /.:::i, -/> <〔 ノ
      {/⌒i::::\ i。|/::i\
.      i  |:::::_/ ̄ ̄`Y´ ̄/    大事な裏設定があったのですが、没になりました。それについては後述します
.      |   lxく__,ノ    //   (_,)



992 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:05:49 ID:xLsBedMw



┌─────────────────────────────────────────┐
│  「サカキ」=シャア。 赤い彗星=レッドと、ロケット=星を目指すもの、という含意があります   │
└─────────────────────────────────────────┘

                  . - -=-- 、_
             . : ´             `ヽ.
            /                     ',
              j                     ',
               /           i | !     ',
           .:      {{彡イノノノ ハソ ハ  i
              {    {   从////////ハィ//ハリ }
             i    乂У ∨//////∨////ソノ
              乂    い Y `ー "´   ∨/イ′
           彡   Y从ミ        '"´ 7
           八   ミ、      ⊂ニ7 /ミ
           い   У ヽ     ー  /ハ
             ゞ==リノ、、  > 、   /ノ
            /:::::::::/:.:.:.:.:.:.≧x、、_ ̄彡、、
              /:::::::::/:.:/  ` '・<: : |!:.:.:.:|:.:.|

┌──────────────────────────────────────┐
│  彼は、ヒトの中で間違いなく最強ですが、                               │
│                                                          │
│  人類を守る、という責任の重圧に押しつぶされそうになっている、「弱さ」のキャラです   │
└──────────────────────────────────────┘

            ,.. - ..,_,.. - 、.、
            , ‐''''´       `'ヽ"'ヽ
          /         ̄`'ー、ヽ , \
       /  __-、ヽ       ! i ノ,._ ';
      r'  '" r'/''`'rrー- ..,,__,,.=,く'´ー;  {
      r' _,...  /   '       !l  ! .!
      ヽ'.r''ーr'i ..,,,_    、  .,'/  | ./
      ', !l ; !l !.  -r‐i゙;i''ー.) ヽ. /r;i‐;'' i-'
       ',ヾー.|{     ̄     l´  ̄ /
       ', `"!'           !    ,'
        !,! !、       ー '   /
        '_'、.l`ヽ     ――  /
       ,'、;-' ,_ \    "   ,.'
       ,'  `"''ー"=‐'_- _ ..,__,.ノ- 、
,.. -、----、'- 、      `"'ー`;'ir,j,''r'--.、
-―ヽ__ヽ `'ー .,_      !l!l ,',' !___ヽニニニニニ ー_-=,―''''フ
ニ"-l l         `'ー 、   l !l l !.,'    ヽヽ..二''_-、ヽヽ-'´
'ニ7,'/              `'ー !ヾ.!l/        \ヾー_'_. ', ', !

┌─────────────────────────────────────┐
│  自ら理想を捨て、道化を演じることでしか、犠牲となるマジリも満足に殺せない――    │
│                                                        │
│  そんな優柔不断で、弱いキャラでした。 「何がしたいんだ?」と言われまくりました   │
└─────────────────────────────────────┘



993 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:06:29 ID:xLsBedMw



          _____
       ,.....::::::::::::::::::::::...
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
      ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}      できることなら、マジリもヒトも、全員救いたいなんて思っている甘っちょろい理想家です
       {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
      、:::::::::(l::|( ●) (●)イi       そのことで、アカギにも読者さんにも叱られています
       ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
       <>x:从、 '' ー .イ
.        /.:::i, -/> <〔_ノ         ヤルオが大人になったら、こんな感じになるんじゃないかな、と
        {/i:::::::\i。|/::ト、
       / /.::::::::::::Y:::::::::::Y\       優しい人に力を与えて、責任で押しつぶしたようなキャラです
     . / イ::::::|~|@ノノノ)'_  }
     、__〔アニニニニ弋_)ノ


┌─────────────────────────┐
│  でも、自分では描いていて、とても好きなキャラでした     │
└─────────────────────────┘

                              ┌───────────────────────────┐
                              │  この話は、シャアの一世一代の頑張り物語でもありました   │
                              └───────────────────────────┘
      /                              ヽ
      /    l                            ヽ
    /    ハ |  、                            |
    /     | | |   ヽ
   |    いl ヽ,l\_ \   \
    | /     ト'  __ , --`ー `ー、 __ゝ  l l
   |!   ,-=、__f´::,.- =‐'´:.:.:.:.:.:.::::::)  ノノ
    l   |:::::::::::::::::::::::´ ,‐tァ‐=-  `r‐イ    /
    ヽヽ|:::::::::::厂ヽ:::::. : ̄:.:.:.:.:.:.:.:::/ {      ト、
     \!::::::::/   \:::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/   ヽ     | \
        l::::/       ヽ---一 '   、_ノノ   ト、 ハ l
       ヾヽ、_ -          、_フ′/ / _/ヽ!
            ', __             ヽ_∠ノ /  ヒ´ノ
            ', ,-―‐--               /`l
            ', --     ____    /  ヽ、
           l      | r――- ニニニニニヽ
              l        | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ |
   r,――‐ ´ ̄ヽ__ ‐┤l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::―‐/ ハ
    {{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|   l ||:::::::::::::┌────‐┐ヽ! ヽ、

                            ┌────────────┐
                            │  負けちゃいますけどね  │
                            └────────────┘



994 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:07:49 ID:xLsBedMw



┌─────────────────────────────┐
│  アカギ。 レッドの「赤」と、ライバルの「シゲル」から連想しました   │
│                                           │
│  サカキにしてレッド。晩年に入り、絶望したシャアの未来です     │
└─────────────────────────────┘


         __、─- 、
        > ,, `  ,, '´ ゙̄,Z._
       , ' i!i   i!i  !ii   !! <
.      / ii!  !! i! , ii ハ ii! ii! ヽ
     l i! i!! ,イ /l./--l ト ii ii l
      | i!,.、ii /‐l/-'、 ̄,V-|ハ ! N
      |!i.|.f1.| =。===.,, ,。===lW
      |.i!|.「l | `ニニ´  ヾ二 l
     |ii ヾlノ.  , -‐' r _ \l   (._ ⊂
      /| ii /'\ ′'フ",二二ニ⊃   ,)   )
   _/):| /    \/ ,. ´二ニゞくう ( r '´
‐..T....|((::K    / /./ ´, ─_'ニ\>,_'ノ
.....|.....|::)):l(ヽ.  / ' '  .仄l ..|.....|....T..‐
... |.....|((:(:l))(:><:\   ノ(:((:l...|.....|.....|....
....|.....|:)):)l/./..>、:`:く)::)):))l .|.....|.....|....


┌───────────────────────────────┐
│  ヒトにもマジリにも生きる価値がない。モンスターだけが美しい――     │
│                                               │
│  そう考える、スレ中一番の狂人です。出番があまり作れませんでした  │
└───────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/     裏ボスです
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八     モチーフは、初代のライバルだったり、金銀でのレッドだったりします
      <>x:从、 '' ー .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ       シャアが「弱さ」の人なら、この人は「絶望」の人ですね



995 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:08:21 ID:xLsBedMw



┌───────―────────────────────────┐
│  ミュウツー。  ヤラナイオ、というよりも、そう呼んだ方がいいでしょうね     │
└────────―───────────────────────┘


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

         ': : : \
          ': : :  \__   ,-、
         i: : :.         ` <!:. ハ
         〃: :.  __     ``ヽi、
       /: : : :.   { ̄7ミ 、   、  `
       ,': : : :.    L__.{(_ ハ  〉 ,.  〉
       ,': : : : :         ̄``ヽ' (_,oソ
      .i: : : : : :..             、 ヽ
     ,イ:',: : : : : : : :..        _ _ ´i
   /: : : ヽ、: : : : : : : : ..          /
   ,': : : ; / >x_: : : : : : : : : : : : : :./
   {_,. -┴、    }: i: : : : : : ;    ´
 /     \  j: i:.|: : :. i´
'´         `ヽ、 `   .l
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ     モチーフは、「核」です。 映画版と違い、彼には、人格というものがありません
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi     ヒトが持つには過ぎた力、というのが、私がミュウツーに持ってるイメージです
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从 u  -  イ      いやだって、ゲームだと強すぎて……
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



┌───────────────────────────┐
│  ポケモンスレをやるなら、絶対出そうと心に決めていました    │
│                                          │
│  あらゆる意味で、自分にとって別格なポケモンです        │
└───────────────────────────┘



996 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:08:54 ID:xLsBedMw



┌──────────────────────────┐
│  ヤルオ。 モチーフは、メタモンです                 │
│                                        │
│  これが、この話の最大のギミック――に、なるはずでした  │
└──────────────────────────┘


   |
   |   ___  0
    /      \
   /  ─    ─\      |
 /    (ー)  (ー) \   |
 |       (__人__)    |
 ./     ∩ノ ⊃  /         ∩
 (  \ / _ノ |  |   0     ∪
 .\ “  /__|  |  |
    \ /___ /   |


┌────────────────┐
│                フェイク      │
│  彼のキーワードは、「偽物」です   │
└────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ                                  . .
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}      まず、予想されたであろう、ミュウツーではない
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( /) (\)イi                           . .
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八          そして、レッドですらない。 ヒーローにもなれない、フェイク
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ               本当は、ただただ弱くて、優しいニセモノのマジリ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |  
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |                ――なのですが
       、__` ̄]`ヽ __ノ



997 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:09:16 ID:xLsBedMw



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ        戦わせると、一発でニセモノとバレるので、話になかなか絡めない!
     ,:::::::::::::::::::::_ノ:::::::ヽ、:::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        この設定は、自分には扱い切れなかったのか!!
     、:::::::::(l::|。;'⌒) (⌒)イi ゚ 。
      ヽ:::::八o'゚(::::)^(:::)゚o八
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



      ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    <                 >
    <  主人公寝てる予感!! >
    <                 >
      ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=
             /,: : : /: : , : : / : : : : /: : :/: : : :ハ
             ,': : : :/: : : : : / : : : /: : : :/: : : /l: : :l
            , : : : ,: : : : : :/: : :/: : /:/: : : ://|: : :|
             !: : ::/ : : : : /: /: : ://:/: : : :/∧l : : :
            l: : r^|: |: : : i|: : : ∠__ /:/: : :// リ: : i:|
          _|:|:{ i^|: l: : :l:|/ K才'¨V: : :/ ∠,- |:|: /:l
        /《:::::::::|::/ヘミ|: l: : i::|   `l7´/:./  ヒオ_7|: /: :|
       l:|::::::ァ、レ: : : :|: :!: :ト:! 《" //    | ¨ ノ:/:ト ::!
       |{::::::{: :`ヾ ; ; :|: :ヽ:!  〃    、  |  イ/: ::l リ
       |l::::::|: : : : : : `へ: :|         - '  / : : :|
       j|::::::l: : : : : : : : : : :\    ―  -  /: : ト: ト 、
      //:::::∧: : : : : : : : : : : :|ト.、    ̄ /|: : :i: |:::::ヘ丶
    _>《:::::/: ::\: : : : : : : : : :||:::::\、__/:/ |: :/レ::::::::::」 |
_ -==\:::::::::〈: : : : ::\: : : : : : : :|L::::::::ヽ { |:/r=l:/==ァ=〃
ヽ\_. -‐久/: \: : : : :\::、: : : : :: :  ̄: ヽ//: :レ : : /:ヽrュ┐_
: ::`ー'´: : : : 丶: : :丶: : : : :\::: 、: : : : : O/: : : : : : :|: : : : |.: : : : : : :ヽ、
: : : : : : : : : : : : :\: : : \: : : :\::::ーzzz「O: : : : : : : |: : : : |: : : : : : : : : \
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=



998 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:09:33 ID:xLsBedMw



┌──────────────────────────────────────────┐
│  実は、ニセモノの主人公、というのは、前作の「月曜日の人殺したち」の誠と同じだったりします   │
└──────────────────────────────────────────┘




                     _.._ ``、,.、-::─::-..、
                   /:::::::::`:く:ノ:::::::::::::::::::::::ヽ
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    /:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                /:::::::::::::::::::::::イ:::::::::::丶::::::::::::::::::::::::',
                  /::::: /:::::::::::::/ l::::::: !:::::::|\::::::::::::::::: l
               i::::: /:::::::::::::/一V:::::| :::: |ーヽ:::::::::::::::!
               |:: /:::::: /::: |ィ云∨ |V::::| ィテヘヽ::::::::!イ
               |:/ |::: /::ハ::| 迂:リ V| ヾ! 迂:リハ::ト::::::>
               |′|::/|:::|ネヘ `ー´ ヽ   `ー´ ハ!ノリ`ヽ
                   i/ V、_ヘ       !     ムリ′
                   ′    ヽ、  - -   , ′
                          |ヽ    イ/
                          ,.イ   ` ´  ハ
                      ,.イ:!  \   /  ヽ..、、
                 ,...::::´/::::::l   /;⌒;ヘ    j:::::ヘ:`:::....、


┌─────────────────────────────────────────┐
│  ですが、うーむ……                                                │
│                                                             │
│  ヤルオもまた、蒼星石と同じで、ある消化不良を起こしたキャラでした。それについては後述   │
└─────────────────────────────────────────┘



┌─────────────────────────────────┐
│  メインのキャラクターたちについては、こんなところです              │
│                                                │
│  他のキャラは、わりと分かりやすいキャラたちだったのでは? と思います   │
└─────────────────────────────────┘



333 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:11:20 ID:TmhwtHpQ



┌────────┐
│  4:ストーリー   │
└────────┘


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::....
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::::::::::-‐::::::::::::}      「ヒトとマジリとモンスターの、生存圏をかけた戦い」
      {:::::::::::::::::::::N\八ノイ::/
     、::::::::::::::(l::|  ( ●) i/         「差別とその克服」
      ヽ::::::::::八|ー‐(::::)^リ
      <>x::::::从、   - .イ        「主人公の成長物語」                   . . . . . . .
.       /.::::{ `/⌒ヽ「  ノ                         そういうのは、テーマじゃありませんでした





         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::-‐::::::::‐-:::::::}     何がテーマだったかというと……
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi 
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八     「転がるように悪くなっていく状況に、巻き込まれていく人たち」、です
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ       最悪のドミノ倒し。それが最初の段階で、やりたかったことでした



334 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:12:16 ID:TmhwtHpQ



┌───────────────────────────────┐
│  誰もが、自分の欲求や理想や義務や正義のために戦い、その結果、  │
│                                       . . . . .     │
│  何もかもがどんどん悪い事態になっていく。 そういう、ろくでもなさ    │
└───────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ      ガッツが死んだ時、ルルーシュが、「何故だ!!」と叫びます
     ,:::::::::::::::::::/::::::::\:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/      あのシーンが、一番分かりやすく、この話のテーマが出たシーンだと思います
     、:::::::::(l::|( ―) (―)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ         キャラクターが成長しても努力しても埋まらない、世界のそのものの、理不尽さ
      {::::/i::::\/{  |ヽ
        V /.:::::::::::::「 ̄| |        何もかもが、裏目に出てしまう。何もかもが、無駄死に――
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ





                      人_
          _____       (
      , :::::::::::::::::::::::...    (               「……って、なんだこの話!?
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}         ⌒ヽ           誰も救われないじゃねーか!!」
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       /   /     _
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi        /   /   /  )
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八.      /  /  /  /     「おい、読者さんに読ませるのがこんな話でいいのか!?」
      <>x:从 ` 「::::j ' .イ      /   '` ´  /
.       /.:::i, -/> <(⌒'ー―- イ′       (
      {:/i:::::\ i。|/> 、     ヽ      _  ̄ ̄ ̄)
     / /.::::::::::::Y:::::::::::Y \      }       (  ̄¨´
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::ノ   ヽ         _  \
     `ーく_,ノ::::::::::::::::/     `    --‐'´ `゙ 、_ )

                             ┌─────────────────────────┐
                             │  後になって、これがジワジワと私のSAN値を削りました  │
                             └─────────────────────────┘



335 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:14:04 ID:TmhwtHpQ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ        段々、展開が重くなるごとに、筆も重くなりました……
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/        投下が、二週間に一回ペースに落ちたり
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''  -  イ            そんな中、あの震災が起きました
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ



┌─────────────────────────┐
│  幸い、私自身は、これといった被災はしませんでした     │
│                                      │
│  めちゃくちゃ揺れましたが                    │
└─────────────────────────┘



         __ ____
         __ ____
      //   ̄  \\
      //   ̄  \\
     //--.--  -─\\
     //--.--  -─\\
   //  (○ ○) ((○(○) \
   //  (○ ○) ((○(○) \
 .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
 .| |.|    ( . ((_人_人__)    | _ _== =
     \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
     \\    ⌒Jjj` /,/ | |    ̄ ̄ ̄  ̄| ||
    ノ         \\| | | |           ||
    ノ         \\| | | |           ||
  /´                 | |          | |
  /´                 | |          | |
 |    l                | |          |||
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________| |
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  | = =



336 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:14:37 ID:TmhwtHpQ



┌───────────────────────────────┐
│  その後の津波被害の凄まじさ。 原子力発電所の事故の経緯――     │
└───────────────────────────────┘


    \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
   <                                         >
   <  ややや、やる夫スレ描いてるバヤイじゃねェッ!!  >
   <                                   >
   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

          _____    } }
      , :::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}  } }
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从 ` 「::::j ' .イ    } }
        /.::{ /ヽ_|ェェ〔 ノ
.      {:::::{/     ̄ `ヽ

┌──────────────────────────────────────┐
│  何日間か、めちゃくちゃテンパってたことを覚えています。AAも全く手につかなかった     │
└──────────────────────────────────────┘


         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::_ノ:::::::ヽ、:::::}        \人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       <                                >
     、:::::::::(l::|。;'⌒) (⌒)イi ゚ 。     <  こんな陰鬱な話、もう描きたくねーよ!! >
      ヽ:::::八o'゚(::::)^(:::)゚o八       <                                >
      <>x:从、 (⌒) .イ         /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ

           \人人人人人人人人人人人人人人人人/
          <                            >
          <  ラストはまんま核爆発じゃねーか! >
          <                            >
          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\     ┌───────────────┐
                                               │  かなり本心だったと思います    │
                                               └───────────────┘



337 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:15:11 ID:TmhwtHpQ



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::/::::::::\:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       でも――「決して投げ出してはならん!!」と言う自分もいました
     、:::::::::(l::|( ―) (―)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八 
      <>x:从 u  -  イ         そこで、もう一度、話を見直し、変えられるところは変えよう――
.       /.:::i,.-/> ∩〔 ノ
      {::::/i::::\/{  |ヽ             どこかに、希望を残したい。そう思いました
        V /.:::::::::::::「 ̄| |
       { {:::::::::::::ノ|゜ | |
       、__` ̄]`ヽ __ノ




┌────────────────────────────────────────┐
│  テーマが、「最悪のドミノ倒し」なのですから、これはブレもいいところです。 駄目なルート     │
│                                                           │
│  結果としてどうだったかは、読んでくださった方々の感想にお任せします              │
└────────────────────────────────────────┘




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.::::::::::::::-‐:::::::::‐-ヽ
     ,:::::::::::::::Nヽ八ノノイ::::     ……それで、具合的に、どこが変わったのか
      {:::::::::::::::|( ○) (○)イi
     、:::::::::(l::| ー(::::)^(:::)-|l        これは、結構予想がついていらっしゃると思うのですが
      ヽ:::::八|    -‐   八
      <>x:从、    イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



338 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:16:31 ID:TmhwtHpQ



┌──────────────────┐
│  まず、ヤルオ。 彼は死ぬはずでした  │
└──────────────────┘


                            _             0
                    0      i  L__ノヽ
                           /   i  ヽ ! 0
                 ∩        /         |
                 ∪       、         }    ∩
                    /⌒ヽ   ,>、.     /     ∪
                    ヽ- ' ヽ- 、j_,.-.'、 rー- '
                  , - 、‐'   .,.―、`ヽ.  、ヽ
             ,....-- 、 ゝ_ノ-、  .. -、__ノ‐ |   i !. ト、
            /::.,‐‐ 、::\.   し       ヽ. ヽ_, -v、_ \_
        .    |::::|    ヽ:::ヽ            i    ! `ヽ .ヽ
        .    |::::|.     、::::::.、          ノ       、  \\
            i::::.!     !:::::::ヽ     / 0       ヽ  〉 \
        .     、::..、    ヽ::::::::`ー ..._/         o  i | ,勹 、ヽ
             !:::.\    、::::::::::::::::!               | ー'( /ー'
              ヽ:.::::`ヽ.  ヽ:::::::::::::|           /  U o
               \::::::::::..、 \:::::::|          /
                \::.:. }     >  /´---‐ ´  r '
                  ` ー'   / ./      !. |
                      / ./      /_. ヽ
                     / / !       (_)  `ー-- 、
                    , '     )        `丶_ ̄)-'
                   r' 、_  ̄)
                   `ー'.   ̄


┌─────────────────────────────────────┐
│  自分の手で、蒼星石を殺してしまったあと、最後には、兄のミュウツーに殺されます    │
│                                                        │
│  体を張って光の球を止めようとして、蒸発します                          │
└─────────────────────────────────────┘


                              ┌───────────────────────────┐
                              │  最後まで、ニセモノとして死んでいく――そういう設定でした    │
                              └───────────────────────────┘



339 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:16:55 ID:TmhwtHpQ



┌──────────────────────────────────┐
│  蒼星石。 彼女は、アカギに攻撃された後、裏返って捕獲されるはずでした     │
└──────────────────────────────────┘

                                 ┌─────────────────────┐
                                 │  その際、モンスターのフシギバナになります     │
                                 └─────────────────────┘


              r─────-、、
                |          .:.:.::::.`ヽ,
                |____.:.::.:.:.::::::::::::::/
             _ノ_____  ̄``丶、/
        r'´     _ __ _  ̄``丶〈_
        ヽ,. .:.:.:.::::::::::::::::、::::ー- 、  \
        /.:,.::::::ハ:::::ヽ::.ヽ::.\.::ヽ:::.\/
         /::/.::::::|:::ト、:::::仁ニーミ:::|:::::::::|    ええー
          |.::|.:.::|_ノノ´`ヽ` ◯ `1::|::::::l::|
          |.::|:::::K´ ◯      |//::/:/
         ヽト、::::ヘ         /::/:/
            ``1:ヘ  r─っ , イ::/,イ
           |/|.:::>r‐r<  |/イ´
                |.::/^l/l:/_/⌒ヽ
                |/ , ィ´y'´   ,r=ヘ
              // /介1  ,fj.:.:.:.::::.\


┌────────────────────────────────┐
│  その後、裏返って理性を半ば失っているヤルオと戦い、命を落とす――    │
│                                                 │
│  そういう運びでした                                    │
└────────────────────────────────┘



340 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:18:02 ID:TmhwtHpQ



             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i     アカギがピカチュウ、
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;      シャアがリザードン、ラプラス、カビゴン、ミュウツーを所持してます
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
    r、     r、...、  -  uイ:ノ        草タイプがいないな、とか思ったりしませんでした?
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕      
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.              . .. .
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::|      最後の一匹、草タイプの場所に入る予定でした




┌───────────────────────┐
│  蒼星石を殺してしまったヤルオが、我に帰り     │
│                                  │
│  絶望の叫びを上げる――とプロットにはあります    │
└───────────────────────┘


                           ノJ~`ニス
                           〉ヾヾ_  フ
                           ゝ、ゞj ソrニニヽ        くヽ_
                             /7 ヾヽ l  lオ fl ト、      l r‐、\
                          /ニ-、ヽ \ゝ 〉  ,l ト」 !       l l   \\
                        //  /| |.  rニニ⌒d/  ス\    //| ノ人\\
                       〃    !│|    ゞニシ  i' `ヽイ  // | Z j^ゝ`l.l
                      ,〃     | | ヽ      |   |  __//   | 7 ソ そ l.l
                    . 〃      |  \ ` ー 、j    レ´r─‐'´  nj { 」  ム}l.l
                    〃  _ _bd、___>ー/´    ∨‐-、_,r‐P`'b じ「!_ハl.l
                    !レ'´   `b、 く_,r′    __   ヽ ___`ー'_⊆ノ ノ |  〃
                             ` ー-‐ /´/´  `\ ; \二´__ノ /
                           , -─ァイ,/         ',   `\__ノ
                          /  / {{          }    ,〉─'´
                         ,〈  (   ヽゝ        ノ == <__
                         ヽニZ > == ノ `ー --- ‐く_,ヘ_ィニゝ'´
                           `ウ‐ワ′

                              ┌────────────────────────┐
                              │  正直、今見かえすと、露悪趣味スレスレですね……  │
                              └────────────────────────┘



341 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:18:04 ID:xx1Ini3s

マジきつい話だなそれ



342 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:18:58 ID:TmhwtHpQ




         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::/::::::::::\:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/       C.C.も、ガッツに庇われたあと、ホロと相討ちになって死亡
     、:::::::::(l::|( ―) (―)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八       アルクも死亡……
      <>x:从、u -  .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ         あ、ナズーリンは、最初のトキワシティでコラッタと一緒に撃たれて死にます
      {/⌒i::::\ i。|/::i\
.      i  |:::::_/ ̄ ̄`Y´ ̄/
.      |   lxく__,ノ    //   (_,)




_―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=

      ノ L _____
      ,⌒:::::::::::::::::::::::...             ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ         <                               >
     ,:::::::::::::::::::/:::::::::\::::::}            <  それで、あのオチなんだから救われねーよ!  >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/         <                               >
     、:::::::::(l::|( ◎) (◎)イi            ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' 「::::j .イ
.       /.:::i, -/> <〔 ノ   l!| !               \人人人人人人人人人人人人人人人人/
      {:/i:::::\ i。|/:::i\   |i               <                          >
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ !l ヽi             <  誰だよ、これ考えた奴はァッ!!   >
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::しE |そ  ドンッ!!      <                           >
     `ーく_,ノ:::::::::::∑ l、E ノ <              /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
              レY^V^ヽ「                                    ※自分です

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―



┌──────────────────────────────┐
│  ストーリーについては、これぐらいで。次に、投下の経緯について   │
└──────────────────────────────┘



343 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:19:18 ID:FjPjvndg

きついな…
でもそれはそれで面白そうだ



344 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:19:46 ID:TmhwtHpQ



┌──────┐
│  5:経緯    │
└──────┘


┌────────────────────────────┐
│  ご存知の通り、一度スレを過去ログ送りにしていただきました   │
└────────────────────────────┘

┌────────────┐
│  雑談スレも閉じました     │
└────────────┘

       -‐…‐-
     /.::::::::::::::::::::::::.\
   ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      謝罪して、休止させてもらった……
   .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
   {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;      読者さんは、「エターしやがって……」と思っているんだろうなー
   ';::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;'
.    ヽ::トミ::::::_::::::: イ/
    ≪二ニく__ソニ二≫
     /.:::::: /::::|:::::::::::::::::ヽ
.   /::::i:::/:::::ノ::::::::::::::i::.::.



         _____                \人人人人人人人人人人人人人人人人/
      ,  :::::::::::::::::::::::...              <                          >
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ          <   まだだ! まだ終わらんよ!!    >
     ,:::::::::::::::::::\:::::::::/::::::}           <                           >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     、:::::::::(l::|( ○) (○)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、'' 「::::j .イ                    \人人人人人人人人人人人人人人人人/
.       /.:::i, -/> <〔 ノ                        <                          >
      {:/i:::::\ i。|/:::i\                   <   絶対に完結させるんやァッ!!   >
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ                  <                           >
                                   /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


┌───────────────────────────┐
│  じゃあ、スレ落とさなくてもよさそうなもんですが、         │
│                                          │
│  正直、上手く完結まで書けるか、自信が全く無かったのです  │
└───────────────────────────┘



346 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:20:54 ID:TmhwtHpQ



┌───────────────────┐
│  書きに書いて、一週間              │
│                             │
│  おおよその目処が立ちました。眠かった    │
└───────────────────┘

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::....
     /.::::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::::::::::-‐::::::::::::}
      {:::::::::::::::::::::N\八ノイ::/   。o
     、::::::::::::::(l::|U ( =) i/
      ヽ::::::::::八|ー‐(::::)^リ      なんとか……いけそう……
      <>x::::::从、   - .イ
.       /.::::{ `/⌒ヽ「  ノ   カタカタ
                                     ┌─────────┐
                                     │  雑談所を再建     │
                                     └─────────┘




┌───────────────────────────┐
│   「途中、10レス短編祭りに出ていたじゃないか」……って?   │
└───────────────────────────┘

         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}     あ、あれは息抜きというか……
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi      お、同じネタだけに集中しっぱなしだと、逆に能率が……
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''  -  イ ゴニョゴニョ
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ



345 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:20:38 ID:gd5trXmo

最初のプロットではルルーシュはどうなっていたんでしょう?



347 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:22:35 ID:TmhwtHpQ

>>345
ルルーシュは、展開的には、ほぼあのままです

ただし、未来で、息絶えたフーディンの死骸が見るかる、という形ですが……



350 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:23:12 ID:yXAyz/s.

>>347
とことん救われねえ・・・w



348 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:22:50 ID:TmhwtHpQ



┌───────────────────────────────┐
│  全部を描き切り、投下へ                               │
│                                               │
│  ストーリーの中で死ぬはずだった何人かは、生き残ることになります     │
└───────────────────────────────┘



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::\::::::::/:::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/      よーし、やるで!!
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、   -  イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



┌──────────────┐
│  そして、クライマックス……    │
└──────────────┘



349 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:23:08 ID:TmhwtHpQ



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―





┌──────────────────┐
│  破滅エンド回避の、ギャグ落ち――     │
└──────────────────┘



┌──────────────────────────────┐
│  一度落として、最後のルルーシュのシーンに繋げる目論見でした   │
└──────────────────────────────┘





                                            ┌────────┐
                                            │  結果は――    │
                                            └────────┘


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



351 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:23:26 ID:TmhwtHpQ



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―


956 名前:地震なんかに負けるなお![] 投稿日:2011/03/27(日) 22:49:46 ID:JPRyIwuQ

シリアスとは何だったのか



957 名前:地震なんかに負けるなお![] 投稿日:2011/03/27(日) 22:50:31 ID:aZ/90EGY [6/6]

尻に刺す



958 名前:地震なんかに負けるなお![] 投稿日:2011/03/27(日) 22:52:15 ID:5dyRA0N6 [4/4]

シラスの親戚じゃね?



959 名前:地震なんかに負けるなお![] 投稿日:2011/03/27(日) 22:57:56 ID:1DGEwIXs

そんなもん鼻紙にもなりゃしねぇ



960 名前:地震なんかに負けるなお![] 投稿日:2011/03/27(日) 23:27:23 ID:BYQpvn1Y [3/3]

シリアスは犠牲になったのだ・・・・



― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―





          _____
      , :::::::::::::::::::::::...            \人人人人人人人人人人人人人人人人/
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ      <                             >
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}      <  やっべ、外したァあああああ!!    >
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/      <                              >
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从 ` 「::::j ' .イ
        /.::{ /ヽ_|ェェ〔 ノ
.      {:::::{/     ̄ `ヽ


┌───────────────────────────────────────┐
│  読者の方も冷めたかもしれませんが、それ以上に、自分は頭がサーッと冷たくなりました   │
└───────────────────────────────────────┘


┌───────────────────────────────────┐
│  新スレに移ってからの、合いの手の入らない一人旅の恐ろしさと言ったら……   │
└───────────────────────────────────┘



352 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:23:52 ID:GyzvR5y.

あくまで自分の好みでいうなら、変更後の路線でよかった
正直変更前のが投下されてたらしゃれにならないダメージを負ったと思う



353 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:24:04 ID:TmhwtHpQ



      rfニ、ヽ
      l。 。 f9i
      t≦_ノゝ、            ,,....,,,,__        ,rrテ≡==-、
      `ブ´,,:: -- ::、       ,r''"''''''ヽ:::`ヽ.     (〃彡三ミミ::`ヽ
      ,rニュf::r-‐t::::::::ヽ     f´,,..、 r"::::::::::i      /"~´   i三ミ::::i,
     /,,, Y.. -‐ ヾ::::::::l      ノ゙ f・=  7:::::::::::l.    f:、 ‐-:、 (ミミ:::::::l
      ム゚゙゙' く、'゚`  ゙'"):::l    ヽ''    ゙'⌒リ:ノ    ノ゚ヲ ''・=  リ::r-、リ
     l=,,;;:. l=、  ..::" ,)ヽ、   j⌒    ト'"fノ     l (-、ヽ'"   ゙'´ノ),)
    /`ゝ-''^ヽ''"  ,/: : : :\  ヽ、: : : '" ノ^i,     lィー-、    ノ-イ
    /rf´ i′  ,f^ヽノ:,. - - 、 ヽ,,. -テ) ,/  `ヽ、   t_゙゙   _,,.. :: "  l、
   ゙'゙  l   l: : j :f´: : : : : ヽ,/   '''"´  ,,.: -  ヽ    `ユ゙"    ,ノ::ゝ、
      !   /: :ノ l: : : : : : : ノ,      ,:'"   ゙ヽ i,.r‐(´::::〉   ,.ィ":::::/::::::
      /-‐-/: :/: l: : : : : : ,/ /     /      ,f´:::,::ヽfト--テ:::::::::ノ:::::::::
. _,,..::-,テ   /`7: :(: : : : : /ヽ/     〃       リ:::,'::::::ゝ!r7/ー一'":::::::::::::
`_,:ィ''"  _,r''" f: : :ト---ヲ /      fノ       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::
-‐-‐'''フ"  ,.ノ,:::::」、,:r'"  ,i     /       /::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::
、..、く´_,,∠"ィ''"´ /   ,>     /\、   ,ノ:::/::::::://://::::::::::::::::::::::::::::::::
´  ,ヘr:、-、=---/    ,:イ    ,ノ   `゙ヽ、/:::::i':::::://:://::::::::::::::::::::::::::::::::::    ※脳内読者さんたち

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

      \人人人人人人人人人人人人人人人人/
     <                             >
     <  うわぁあああ、合いの手消えたァア   >
     <                              >
     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                       \人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人/
                      <                                              >
                      <  待って、もうちょっと待って、渾身のオチがあるんだぁアア!!  >
                      <                                              >
                      /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::::_ノ:::::::ヽ、:::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|。(◎) (◎)イi ゚ 。
      ヽ:::::八o'゚(::::)^(:::)゚o八
      <>x:从、 (⌒) .イ
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ

┌──────────────────────────────────────────┐
│  一話の最初に仕込んだループネタ。 これを外したら、この話書いてた意味がなくなるよォ!!    │
└──────────────────────────────────────────┘



354 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:24:39 ID:CdQ6wAsE

十分面白かったよ



359 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:26:26 ID:HOM2XmWc

>>353
このイメージは絶対違うwwwwww
名演奏に会場満員でも聞き入ってる静寂さだと思うよ



364 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:28:26 ID:gd5trXmo

>>347
回答ありがとうございます
しかし、自分が大災厄の原因の一つだと知るラストは幸福なのか不幸なのか

>>353
新スレで相の手が少なかったのはエンディング直前で見入っていたからで
冷めたのではないとリアルタイムで読ませていただいた者として言わせてもらいます



355 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:24:51 ID:TmhwtHpQ



         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,::::::::::::U::::/::::::::\:::::::}       最後の最後まで、無言だったら、どうしたら良かったのか……
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( =) (=)イi        幸い、ルルーシュが出てきて、ミュウツーのところまで繋がると、
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、''  -  イ         合いの手も戻っていました
.       /.:::i `/⌒ヽ_〔_ ,ノ





             -‐…‐-
             人::::::::::::::::::::::::.\
         ;::(__ノ:::::::::::::::::::::::::::::::.      ギャグで落としたのは、他にヤルオが死なないで済む方法が、
         八::::::-‐:::::::::::‐-::::::八i
         {:::::Nヘ八ヽ:ノノイ::/.::::|      思いつかなかったからです
         l:(l:| (=)   (=)イ)::;
         ';:八ー(::::)^(::::)一八;'
    r、     r、...、  -  uイ:ノ       あと、シリアスのままひっぱると、二年後にヤルオと蒼星石が
     ヽヾ 三 |:l1 ,.≧= =≦<〕
     \>ヽ/ |` }::::::::::::::::::::::::::ヽ       幸せになっている、というのと今一つ、繋がらない気がしたのです
       ヽ lノ:`::ソ:::::::::::::::::::::::::::}::.
       /´::::::∧::::::::::::::::::::::::ノ::::|



356 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:25:20 ID:TmhwtHpQ



┌──────────────────────────────────┐
│  作品の完成度の追及。シナリオの破綻をなくすこと――              │
│                                                  │
│  そういうことを考えれば、ヤルオも蒼星石も死ぬのが正しかったと思います    │
└──────────────────────────────────┘



┌─────────────────────┐
│  自分がもし、評価スレの評価人さんなら――    │
└─────────────────────┘


                                     \人人人人人人人人人人人人人人人/
                     -‐‐- .              <                        >
               ..::´:::::::::::::::::::::::` 、          <  感傷で話を捻じ曲げるな!!   >
                /.::::::::::::::::::::::::::::::::: ┛┗         <                         >
             /::::::::::::::::::::::::::::::人::::::┓┏          /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
              {::::≠::::::::::::::::::::(0_,)::::::::::::::}
               八::{:::::::::::::::::::/.:::/!{:::ハ/イ::::/
          厂``y‐ 、::::::::::::(/::〃八/ {_ノ:イ
   , -‐…  {___ノ:ヘ_} `ヽ'<{::l|xx  /:::/
   i     / {::/     〃ハリ且_/´i/
   |   Y/  人i    /   }
   |_,/         {     〆、  ノ}/)
   ィク ,j>、_      ,ノヽ、    j´Yi|⌒T´
  〈_/.::::::::::::::::.\__ __/   \   }|__シ
  /.::::::/.:::::::::::::::::(::∨        `ー'ー┘


                           ┌───────────────────────────┐
                           │  って、言うと思います。それは正論だし、異論はありません     │
                           └───────────────────────────┘



357 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:25:46 ID:TmhwtHpQ



┌────────────────────────┐
│  でも、そうしませんでした                   │
│                                    │
│  そういう話を読みたくなかったし、書きたくなかった     │
└────────────────────────┘



                   ┌──────────────────────────────────┐
                   │  テーマをブン投げてでも、生き残った登場人物には幸せになって欲しかった   │
                   └──────────────────────────────────┘


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―




                         r''' 三三 ¨''x
                         ',`ミ==彡/
                        ≦:二二二二:≧
                        \:三三三三:/
                        /.: ̄ ̄ ̄ ̄:.ハ
            ___            |:.{ : : : : : : : : : }
        /       \           }:.ト,: : : : : : : : :ノ
       /          \         从 ヽ!从乂/イ
      /             \       ィ‐' "  ̄ ¨`ナ、
      |                 |      八',____/ハ
     \               /     /::::: ̄ ̄ ̄ ̄:::::ヽ
        〉           ヽ     <::::ノ::::}:::::::::i:::::::::{:::::::〉
.      /           \    7''ー 、_n_x- キ
      /  ィ               \   /  /,圭圭圭圭:   !
      |   |           |ヽ  ヽ{ ` -,':::::::::::::::::::::::ハ/{}
      |   |          |  \ ,{ 。 .,':::::::::ー―:::::::ハ 。}
      ;  |           │  (_{<。 ,'::::::::::::::{ }::::::::::::ハ。}
      {___ |          |    ^^〈::::::::::::::::{ }:::::::::::::::〉^

― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―



358 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:26:16 ID:TmhwtHpQ



┌───────────────────────────────────┐
│  そう思うと、むしろ、最初のテーマが、どこかおかしいと思うようになったのです   │
└───────────────────────────────────┘


┌───────────────────────────┐
│                       . . . . . . . . . . . . .   │
│  理不尽な世界の中だって、誰もが不幸になるわけじゃない     │
└───────────────────────────┘

                   ┌────────────────────────────────┐
                   │  人々が、理由もなく不幸になったり――                      │
                   │                                                 │
                   │  偶然に幸せをつかんだりする。 だからこそ、この世界は理不尽なんだ   │
                   └────────────────────────────────┘




           {\__,rへ、  、  ,,
           \ __      \} V (       _ _
           /       |ミk.   ,>' ´ ̄/      `>、
            / /      从ミ} イ    /: :      、    \
         >'´        ∨     : : :,': :   {: : :} \: : : :  ',
         `7           从_  : : :.|: :   |: : リ'゙ ̄ハ,: :i、: :}
         /: : : :       : :, トミ、 ` ‐-:._,{: : : :人:.〔r弋ヤ'j从〉/
            {: : : :     : :ノ トミ、: : : : :.{{`ヘj: : :∧,j ヽ‐' ` -,
            リ : :         彡 /}}\\ : : ゞ、_ヘ: :{        {
           /,イ: :       イ/| ト、: :ヽ: ヽ、: :〉>-ミ、     ,ィ
        /' l: : : :      /': :| ||/\: : : :,X    ゝ        {
             ', : : : :     ,': : :.| ||  >rくrヘ_    `   _ ノ
              \: :    : : : :| |ハ   〕: : :.¨`ーi_ r'  ̄
             }: : : : : : : : /| | || |  /: : >、 : :  ̄}
             リハ : : : : :./ ,リ| || |/: : : : : `\\:./
                从 i: :| {  |イ| |: : : : : : : : : : >〈
                从 Ⅳ /: ://: : : : : : : : : : : : : \
                リ ./,' //: : : : : : : : : : : : : : : : }
                    / {.〈/: : : : : : : : : : : : : : : : : |


┌───────────────────────────────────┐
│  誰もが不幸になるなら、それは、ただの地獄です。でも、現実は地獄とは違う     │
└───────────────────────────────────┘



360 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:27:06 ID:35NYBzVE

自分としてはそこまで救いのない話はあんま好きじゃないので、多くの犠牲を払ったけど
ハッピーエンドっていうあの終わりは結構好きだな。



361 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:27:29 ID:TmhwtHpQ



┌─────────────────────────────────────┐
│  蒼星石もヤルオも弱かったし、成長もしなかった。                        │
│                                                        │
│  カツやロンさんやガッツは死んでいくのに、二人は生き残って、幸せな顔をしている     │
└─────────────────────────────────────┘


                  ┌───────────────────────────────────┐
                  │  この話を書こうと思ったときの自分なら、そういうのは許せなかったと思います     │
                  │   . . . . .. .                                        │
                  │  筋が通ってない                                        │
                  └───────────────────────────────────┘


┌────────────────────────────────────┐
│  でも、間接的に、あの災害を経験して――今、自分が考えていることは違います    │
└────────────────────────────────────┘



: :////::: :::: :::. : : . ::: :::. : : : : : : : : : : . . . .     : .  . . :  : :        . . . . . : : : .   ..:: :: : : : ..::::: ::: ::::::: :::::: ::::: :: :: : :::
::::::/||:... ...   .::::: : : : . .. : : .:: :. : : : : : : : : . .  . . .                    . . . : ...:::::::: :::: ::::::: :::::::: :::: ::::: ::::: ::::::
/::.:.:||: : : : : .  : : : :.. .: : : .. . . .. .    . :  : :                 . . . . . . . : :: .:: :: :: :::: :::: ::::: :::ハ::: ::: :: :: :::: ::::
.: :: :.::||::: :::::.... :.... . _ .::: :: :... . : :: :: : : :: : . .        . .  : :    : : . . . : : : : : : : : .:: :: : : :: :: :: :: : : /ミ/ ..::: :: ::: ...::: ::
:. .:.:: :||:: ::: r―- ::../∧: : . : : .: . . : : . .                            __  . . : : : : : ::/7:...:/ミ/ . . :/. . . : :: ::
:: :.: :::||.:: ::/ニニ∧:|:/∧:: :.「i:: : .. .. . . .: : : :                         /⌒    .r―‐'.:'ー-'ニ'ー<__   ,  -
: .:: ::::||./三二ニ=\//\i|/:>x: ..:: .. . ..  .. : :                         /  . . . .  . . : __//了三/ 7/⌒ヽx<二三
:: :: :./三三三二二:\//:/∧:_\:: :: :: .. ..::: :: :: .. . .  . . . . .:          .//. : : ∧: : : : :/-=ニ三三{.://_/ニ二二三
: :/三三三三二二:ニ=\///∧\: ..\ .. .. ... . .. .. . .. .. ..   . .         : : ://: : . {:::|_ .. : :|:: :: ::.::: :: :: ::\}-=ニ二二二三
く三三三三三三二二ニ=\:'/∧::..\ : \:.::.:: :: ... . . : : ..::    :::::: : : : :   : : : |:l   r::┐|::i:. .:| :: :::::: : : :: : /=ニ二二二三三
三三三三三三三三ニニ:=∧'/∧: ::...\ . \.: ::rヘ:    ::.:: : :: : : : : :: : : :.:: r┐.:|:|   }:::|::|::|::. . | :: :: :: :: : /=ニ二二三三三三
三三三三三三三二二二ニ∧'/∧:::::::::::} : .-ヘ: `´.: : : : :: : :/〉 _::::::: r┐__}.:|:.:.|:|: : .|.::::|::l厶へj: :ノ⌒ヽ/=ニ二二二二三三三
三三三三三三三三二ニ/三二ヽ / ̄Y:::.\:.. _\/L.: :: : :.///⌒ヽ::}::|:. : : / ̄\「:ニ<:: ::|三ニ]'///i/=ニ二二二三三三三
三三三三三三二二二'/三二ニ=}につ}rう.:/:: :: ::: :::::|/.ニニ/r'⌒ー‐く:::|: : :〈⌒ヽ.:::::}:.:.:.:.:.:.\|三ニ|'//i:/=ニ二二二二二三三
三三三三二二二二二二二二ニニニニ====―― ゚.: : : :/:::::|__/.::---┴―=======ニニニニ二二二二二二二三三三三三
三三三三三三三三二二二二二二二ニニニニ====---(=ニ二二二二二二二二二二二二二二三三三三三三三三三三三



363 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:28:05 ID:TmhwtHpQ



┌─────────────────────┐
│  偶然が状況を最悪に導くだけとは、限らない   │
└─────────────────────┘

                            ┌───────────────────────────┐
                            │  偶然が、人を幸せにしてしまうこともあるんじゃなかろうか?  │
                            │                                          │
                            │  奇跡、という言葉にしてしまうと陳腐ですが――          │
                            └───────────────────────────┘



            /.:.:.:.:.i:.:.:/   ヽ.:.:.:ヽ \ _:.:.:.:ヽ.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
           . l.:.:.:.:./:.:ナ Z ̄ \.:.:ヽ  \  ̄ ヽ V.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
            {:.:.:/:.:.:イ イテ示ミ \   乍示テァ i.:.:.:.:.:.:.:.:.:,'
            ヽ.//∧ 乂`:';ツ     辷zン 从.:.:.:.:.:.:,'
           .   l|.:l.:.:.:ヘ xwx       xwxノi.:.:.:.:.:.:.:.:/
               !.:l.:.:.:∧     丶         /.:,イ |.:.:.:/
           .     ∨.:.:.:.:>、    ー_ ー     /,イ.:.:.:!:.:./
           ..     ∨ ト、:.:.:>、         イ´|.:.:.:/l:.:/
           .      ヽl }:.:ハ.:.:l` ー  ´ ∧ l.:/ l/
                 リ l/ l/|     / \l/
          ,、      _,.ィ ィニニニ只厂`ヽヽ` '' - 、,、
          | ヽrヘ ̄ ̄  _i_i__介:ト、 _ノ:ノ     `r‐、rヘ__
          ,`ー, ! ,. -'"´      `¨ー 、      r-'`/`ー'、_`!
         /:::r' /                ヽ、   ゝ/ヽ,::::::::::ヽ   ) )
      ( (  /:::: ,.'                     ヽ、 /´ノ i´::::::::::ヽヽ
        /::::::/                       ヽ〉 i 〉:::::::::::::::::ヘ
        /::::::/                 ○         ヽ/ /:::::::::::::::::::ヘ
     .  /:::/./                     (⌒ヽ     ヽ.ノ:::::::::::::::::::::ヘ
     /:::://     ・        ・          ヽ }    i:::::::::::::::::::::::::::ヘ
    /::::/:/   ' '            ' '       し      l:::::::::::::::::::::::::::::ヘ
    /:::::::::::,'                              /:::::::::::::::::::::::::::::::∧
   /:::::::::::::i   ( ̄`  ‐--‐  ''"⌒)               /-‐i⌒ー- 、_, -‐-、ゝ
   ゝ-‐⌒ ',       ー--一    ´            /      /
      |  ヽ、                            /  i     /
      ヽ, ‐'"ヽ、_                       /   }   /
       く\ o    `ヽ、                 /──-、/ ./
      `ヽ\ o     i                  /      ゛)`,ゝ


┌─────────────────────────┐
│  偶然に、恋人たちは生き残ってしまったけれど       │
│                                      │
│  それでも、胸を張って幸せになっても、いいんだ――と    │
└─────────────────────────┘



365 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:28:32 ID:TmhwtHpQ





         _____
      ,.....::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::-‐::::::::::‐-:::::::}     ――と、長々と語ってしまいましたが
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ●) (●)イi         これで、蛇足的あとがきは終わりです
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从、 '' ー .イ          私が言いたいこと。一言でまとめると、こうなります
.       /.:::{ `/⌒ヽ_〔 ノ



.

366 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:29:08 ID:TmhwtHpQ





     ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
   <                                                        >
   <  それを作品の中で語れねーと、意味ねぇえええだろぉおおおおおお!!!!!!  >
   <                                                        >
     ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―

                     ::::::: /l:::::::/|:/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::::::::::::::::!
                     :::::/ |::::/ /|::::::::::::::::::::::::::::::/.:::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::′
                     `/ー- 、:{  八:::::::、:::::::::::::::::;i::::::/.::::::::/.:::::::::/.:::::::::::::::::::/
                     / ,,,,- ニ=x- 、_ヽ:{ \::::::::/ |:::/|:::::/}::::イ:::/|:::::::::::::::::::/
 __,冖__ ,、  __冖__   /  //   ''" /.:;;r j:.ヽ` ̄   \/ l/ l/-=ミ レ゙ |:::/.:::::::/  
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /     /:::::;;;;;;;:`::::::l          / :;;r ヽヽ   |/.::::/
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    /      i::::::::;;;;l;;;:::::::|             i:::;;;;;` ::| i 厶イ
  __,冖__ ,、   ,へ    /   ○ と、: ''''  ノ          l  '''' ノ |  //
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//   ::::::::..  ̄               ` ー 'つ  /:i′
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /    :::::::::::\_〃.:::::::::::::::::.ヽ  =-=  〃.:::::::::::. ヽ:::|  o ○
   n     「 |      |     ::::::::::  i{:::::::::::::::::::::::::}i´  ' `i{:::::::::::::::::::}i:::|
   ll     || .,ヘ   /           、:::::::::::::::::::::ノ'      、:::::::::::::::::::リ:::|
. n. n. n  ヽ二ノ__  {            `====゙        `===゙/.:::l
  |!  |!  |!      _| ゙っ  ̄フ                         , '|:::::;
  o  o  o     (,・_,゙>  /    ` 、     ⊂ニ==ー‐-       . イ |:::/

_―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―=




                                                ┌──────┐
                                                │  おわり     │
                                                └──────┘


362 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:27:55 ID:GCO8xv9U

>>353
俺こんなんだった
今、この語り聞いててこの状態加速してる



367 名前: ◆LOVE/GbXFM[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:29:53 ID:TmhwtHpQ

>今、この語り聞いててこの状態加速してる

ヒィイイ!



369 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:30:56 ID:yXAyz/s.

正論だなw

でも、面白かったよ



370 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:31:21 ID:cCCXFehU

乙でした
充分楽しませてもらいましたぜw



371 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:31:40 ID:3oOBZW6s

ちゃんと終わってよかったと思うよ



373 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:31:55 ID:T7LJoXw.

乙wwww
EDは静かに見る派だったのでサーセンwwwwwギエピーには笑わせてもらいましたwwwww



374 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:31:55 ID:rH16mwX6

シリアス→ギャグ時の合いの手は冷めたのではなく褒め言葉だと自分は思っていますw
自分も、この結末でよかったと感じた一人です。


シスターズと翠蒼姉妹の設定はどういったものだったのか、差し支えなければ知りたいです。



375 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:32:08 ID:DpyLzmQY

面白かったよ

シリアスかと思えばギャグになったりしたところは先がまったく読めずに見入ってたからなぁ
まさかそんなに不安になってたとはwww



376 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:32:45 ID:WP8gAfKg

あ、やっぱりストーリー最初から比べて捻ってたんですね
休止前に鬱い鬱いと言われてたのがふたを開けるとそれほど人死にがなかったですから

でも、そうやって捻って落ちまで持って行けるのはすごいなと思いますよ



377 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:33:07 ID:cCCXFehU

個人的にはミュウツーの攻撃で相殺しきれずやる夫がボロボロになってから
ミュウツーがゼロに連れ去られる展開のが好きですが
ギエピーはクソ笑いましたしww



378 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:33:25 ID:3CqhfclA

誰も救われないよりはよっぽど良い終わり方だと思うよー

初期プロット通りの展開だった場合、
微妙に欝な気分になる→げつようびがあらわれた!→ダブルで助けて!
って人が大勢生まれていたはずw



379 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:33:41 ID:GyzvR5y.

お疲れ様でした。
で、蒼い子のスライム姦は外伝として出るんですよね!



381 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:34:54 ID:HOM2XmWc

乙でしたー
楽屋話も合わせた上で考えて、やっぱり今回の締め最高だったと思いますー
好き嫌いもあるけど、露悪・救いの無い結末ってどうしても作者のドヤ顔見えますしね

世の中には某魔法少女原作者みたく確信犯というか露悪を趣味、
自己の特徴と勘違いしてやる人もいるのでああいうのと一緒じゃなくてほんとよかったのです

名スレの作り方としてもよい、しかも笑える話ありがとうございました



382 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:35:46 ID:JxuD1IwI

作品で語る事なんざ「蒼い子かわいい」だけで良いんだよ



383 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:36:11 ID:RmZ3.dZA

この結末で間違ってなかったと思いますよ。
救いがまるで無い物語はキツイです……特に今は。



384 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:38:28 ID:.5AejDJ.


ギエピーのときはガチで>>353みたいな顔になりましたw
でも月曜日を読んでたので、ここで終わらんだろう、と期待して読んでました

結末はどっちでも面白かったと思いますが、今のほうが説得力が出てよかったと思います

面白かったです!お疲れ様でした!



385 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:38:55 ID:gd5trXmo

乙でした

一読者としては最初のテーマと比べたらぶれたかも知れませんがこの結末でよかったです
誰もが不幸になる物語というのはその作品の世界の一面を切り取ったものであって、
世界全体の物語なら幸福と不幸が入り乱れていると思いますので



393 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:46:32 ID:6qKRM7ek


感動的な悲劇より、身も蓋も無いハッピーエンドの方が好きです
めでたしめでたしで終わってほしいと思うのは贅沢なのでしょうけど



396 名前:普通の名無しさん@余震・放射線・停電に注意[] 投稿日:2011/03/28(月) 22:48:52 ID:xx1Ini3s

俺はハッピーエンドでよかった派
ぶっちゃけどっちがいいかなんて個人の主観でしかないしな
お疲れ様でした



お疲れ様でした。ストーリー引き込まれました。
ハッピーエンド派です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

7610 (´∀`) 2011-03-31 19:01
途中から変えたにしてはちゃんと纏まってたと思うけども
>>358の考えにすごい同意なので
方向転換してくれて個人的にはすごくよかった
てか元プロットだとやっぱあそこでナズ死んでたのか^^;

しかし>>381は最低の褒め方だな!ww

7614 (´∀`) 2011-03-31 20:35
ギャグムードのハッピーエンドだったからこそ最後のタイムスリップが際立ったと思うから改変後の方が好み
正直、改変前だったらひたすらどん底ムードで最後まで「ああ、またかよ…」となってたと思う

7615 (´∀`) 2011-03-31 21:00
>某魔法少女原作者みたく
虚淵のことだと解釈して言わせて貰うが、
虚淵の話は完全なハッピーでもバッドでもないからいいんじゃねぇか、良くも悪くもご都合主義展開にならないのは>>1の考えと同じだろ
しかもアニメはまだ未放送だし

7616 (´∀`) 2011-03-31 21:15
完結おめでとう!

ギャグ展開がいきなりきたのはある種のやる夫スレらしさが出て、ちょっと笑えたw
やる夫はどんな役でもできるけど、やっぱりもともとギャグ要素の
強いキャラクターだから、なんかホッとしたよw

7617 (´∀`) 2011-03-31 21:18
乙でしたー
ハッピーエンド派です。絶望エンドのプロットを聞いてそっちじゃなくて良かったと思った
鬱エンドや露悪趣味も嫌いじゃないんだが、やる夫スレで見かけるやつは>>381と同じ感想になる
ものすごくテクニック要るから、ぶっちゃけ素人が手を出しても下手すぎて「他の作品とは毛色の違うのを書く俺ドヤッ」以外何も無いんだよなあ
これはハッピーエンドで良かった。つーか鬱になるのがこのシナリオの正しい姿とは感じてなかったから、そのことにビックリ
クライマックスへの展開が圧巻で面白かった。お疲れ様

7619 (´∀`) 2011-03-31 21:53
お疲れ様!
直前まで鬱展開だったから最後はどうなるか
ハラハラした。

やる夫スレを見続けて2年になるけど、
いつかこんなスレを作りたいな。

7620 (´∀`) 2011-03-31 22:15
「フラグ」「月曜日」「ユービック」どれも好き。

マジリみんな死んじゃうエンドはtrueENDで素直な展開なんだろうけど、やっぱり悲しすぎる。
「月曜日」や今回みたく、何らかの救いがあるエンドの方が読者としてほっとするわあ

今回も本当に面白かった。
来週ぐらいに新スレたたないかなあ

7621 (´∀`) 2011-03-31 22:34
スライム姦があればなおよかった……
だれかかかねーかなあ

7622 (´∀`) 2011-03-31 23:14
好きなキャラは殺せないよねw

7626 (´∀`) 2011-04-01 00:32
完結乙ー
どう終わるのか自分もヒヤヒヤしてたがいい終わり方だったw
欝エンドも嫌いじゃないがw

だが>>381やその他みたいに他の作品を貶めて比較して評価するのは正直どうかと

7628 (´∀`) 2011-04-01 01:11
完結お疲れ様でした。
やる夫がミュウツーで間違いないと思っていましたが、
完全に>>1の手の平で踊らされていたのですねw
楽しかったです、ありがとうございましたw

7632 (´∀`) 2011-04-01 03:53
>理不尽な世界の中だって、誰もが不幸になるわけじゃない

これは結構深い悟りに至ったと思うよ。
寄生獣の最終回に関する作者の葛藤と似たようなものを感じた。
この一文読んだだけで俺としてはこの話を読んだかいがあった。
ただ、ストーリーとしては作者自信が不満に思ってるようにちょっと駆け足で上の悟りが描ききれて無かったようにも感じたけど。

7637 (´∀`) 2011-04-01 12:08
マサキ(マジリ)とサカキの設定が面白かった
レッド(原作主人公)がサカキ(敵であるR団総帥)と混ざったのは少し意外だったが
大災厄が起きた後、数百年も立てばそういうこともあるだろうと今は思える

7638 (´∀`) 2011-04-01 12:44
>7621
つ参考資料 maybesoft
  あとは頼んだ
 

7640 (´∀`) 2011-04-01 18:44
サンデーで今やっている奴の倍面白かった

7642 (´∀`) 2011-04-01 22:09
面白かった
確かにナズーリンが死ななかった(バスクが殺せと言わなかった)のは違和感を感じたが、路線変更してたからだったのか
でもハッピーエンドの方が鬱エンドより何倍も好きだから自分はこっちのほうが良かった
もし鬱エンドだったら人とマジリの死を望む赤木の一人勝ちってことになってたんだろうね
しかも路線変更のきっかけになったのが現実での大災厄とかホント運命は分からないね
ともかくお疲れ様!

7646 (´∀`) 2011-04-01 23:56
死の順番ってのは深いよなあ。良い作品だった

ただ>>381は勘弁だなあ
他所を貶めた上でってのもそうだけど
好みってだけの話を、理屈こねて自分の感性を正当化しようってのが
ていうか、露悪の意味分かってるんだろうか。むしろこのあとがきの事を指す言葉なんだが

7650 (´∀`) 2011-04-02 05:10
最後まで読んで「結局やる夫はレッドを継いだのかな」と
結果だけ見れば「レッドと戦った」という印象
まあこの結末だからこそタイトルが生きてくるような気がしないでもない

結局レッドは必要無い、てのがどうも…
未来ではモンスターどうしてんだろうな

7784 (´∀`) 2011-04-05 17:30
あのナズーリンの展開は意外だったんだよね。
なるほど、あの辺りで舵を切り替えていたか。

始めてみた作品が「フラグ」だったから勘違いしていたけど、エグイ脚本書くなぁw
ユービックで気が付くべきだったかもしれんw
面白かったです、また病気を再発させて新しい作品に挑んでくださいw

8101 (´∀`) 2011-04-12 21:42
面白かったけどタイトル詐欺じゃね?w

8122 (´∀`) 2011-04-13 00:42
ストーリーが秀逸だった!
伏線もしっかり回収してたし、本当乙です!

8255 (´∀`) 2011-04-16 16:15
しっかりいい涙ながせたよ
楽しめた。本スレにも感想かきに行くよ

12126 (´∀`) 2011-06-12 02:43
ひょっとしたら富野もこんな感じなんじゃないだろうかと思った
なんとなくw

14769 (´∀`) 2011-08-05 02:07
月曜の人だったんかー全然気付かなかった
正直後から変更したっぽい部分で「あるえー?辻褄が」ってとこがいっぱいあったけど
それはそれでとても面白かったです
最後のBGMとタイムスリップ落ちはすごいマッチしてて良かった

15309 (´∀`) 2011-08-16 04:44
ドラゴンを使役してるみたいだし、継いだといえば継いだんじゃないかな?

ヒトとマジリ仲良くしてる時代だから、表に出る必要がないって感じかなぁ。

16256 (´∀`) 2011-08-30 15:52
今更だけどすごく面白かった
個人的にはポケモンスレの中ではダントツに
見てて何回も設定うめえええって思った

20563 (´∀`) 2011-12-13 22:49
面白かった
ポケモンの設定をここまで突き詰めて考えた作者gj

21544 (´∀`) 2012-01-05 19:32
ロンさんは身代わりだと信じてた
以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。