やる夫.jp ショボンあんてな  まとめサイト速報+ Fast2ch まとめちゃんねる LogPo!2ch やる夫短編集地獄編 阿修羅編 やる夫観察日記 ヌーそく やる夫見聞録


お知らせ
したらば掲示板の内容をlivedoor Blogの利用者に限り転載可能としました」の関係でfc2での更新停止します。
今後旧AAまとめブログ(http://blog.livedoor.jp/aamatome/)で更新します。

・しばらくしたらこのブログのコメント欄は認証にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝説の勇者やる夫 第一回(第三話)

1 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:46:35 ID:o3GNVMts

① ドラゴンクエスト1が原作のスレです
ただし、おおまかな世界設定等を使わせてもらっているだけで
細かいイベント、シナリオやキャラクターなどは再現されていません

② 投下は、週に1~2回のペースを予定しています

③ 全七話。五話まで書き終わっています
一回の投下は100レス程度に抑えるので、投下回数自体は10回を超えると思います

④ 文章多目です

それでは、よろしくおねがいします


伝説の勇者やる夫

2 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:47:29 ID:o3GNVMts



                                         _..= T ̄| ̄T` = 、.
                                      ∧/ヽ ヽ | -┴-、| //\∧
                                      | \_../:::::::::::::::::::ヽ..._/ |
___________                     | l\_. ((:::::::; "~丶::::::::)) _/| |
     /V/  /   // \                   | |ヽヽ~ Υ:::゙、_゚_ノ::::Υ/~/ | |
    /  |    |_//     /\             _,........._  ゝ\ヽヽ|::;;‐、::||::;:-、:| / //--‐‐‐‐--、
    |   | _,,r二二ヽー--、/-- \          (--__::::::: ̄~\,A、 |::| `、※ノ |:|/ /::::::::::::__//
    |   | rク {   } ヽ-、 |  /. \        ヽ / 二二_-- | .,|丶::)V~~V|(ノ∠`‐‐‐‐~~´ ヽ /
     ヽ-ヘ |__ `ー '   _| .|Yニ=-  \        // lゝ、  ̄| _|彡.,ヘ|l二'レ||‐:‐ |||      |、ヽ
      〉-リ |___ ̄ ̄ ̄ ___ |/ヽ      \.        >|/ -‐\.` -'  ゝ.⊥⊥二、:::||‐:‐ ||/  _| |_>
     |  |丁rァ、  ィrァ | |-、 |         \        >|    )   ∠ _,...-''´:::::::||:‐‐|||,イ´ ̄ |´|
    __レイヘ. ー ' j `ー' /_ノト、|_       \      |_,ゝ-‐'´  _/  ,/|::::::::::::::::||‐//`/⌒ ノ ||
   /入__| ト、  ー'  ,イハrく ̄ |        \.     |`´ ̄|´l|:::::lll二_||::::::::::ヾ、‐、:::/  |、 / | ||
  / /  |  Vヽ|ヽ、___/_ノ   /-、__,、        \.  ||:|::::::::| |::::::|||__||::l`,--;'lヽ `\  `~二)>||
 ヽf , -!            /´ ,、ィこラヽ         \/:|::::::::| |:::::::|||__||((_太_))ゝ、   |ヽ /|  |  | |
  \トヘ|ヽ   /     _/ _/,-<ヽ! |         \ : / |::::::: |||__||:::V^^V:::::||‐`---、 \  |  | |
   / ヽ! トー'ー ー一フー '´ /   | |  |            \  |::::: |||__||:::::::::::::::::::||─‐|||  ヽ、ヘ  | | |
   |   `ヽ、__j, -‐'´  |  /    __|_|_|___            \|::::: |||__||::::::::::::::::::||─‐|||    |:  | | |
   ト、/    ヽ/ヽ       | |   /  , ---、__`ヽ、        \::: ||| / ゞ===´'\ |||    |:::  | | ヽ
   | |     ヽ  ヽ    ヽ ヽ / /     `ヽ、`ヽ、         \. || / |  |  | ヽノノ     |:::   | |  |
   | |      ヽ /ヽ     |ノ /  / ̄`ヽ、  `ヽ |        \|ゞ≡≡≡≡≡´'ノ      |::::    |_ |  |
   | ト、_      丶  \ rイ´, イ   / / `ヽ、`ヽ、 | |          \   ----─'´       |::::   | ~|  /
   | ノ   \     \   | |´   //     `l | | |           \             |::::   ,| |/
   } ヽ、__r──、____\ | |    / /       | | | |            \       ___|;;;;;-‐''''´,`ヘ、.
  .|   |  |    |    ` | |  / /        ヽヾ、゙、                 \  ̄ ̄ ̄    ̄~`‐‐'-----'
  「`、_/ー|___」──一 | |  | |         | | | |                  \
 .|   / /  |         | |  | |         | | | |                   \



           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             天上から降り立った勇者が、魔王を倒して世界を救う。

             ―― 子供のころ、大好きなおとぎ話だった。
             いつか自分もその勇者のようになりたい、そう願っていた。

           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



3 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:48:09 ID:o3GNVMts



WWiiレ'Www;;;;;::::::き  :::::::;;;;;......  ::ろ::::  :::::::wwii;;;;;:  :::WwwwW:: イ
|lii:: i|/リリW-'`"^" ;;;;iiiiiiiiWWww;;;;;::..ゝ:::::;≦::: :::iiiii:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
|lii:: i|  、....   `^'-WWlii:ノノリリk'`"^;:ミ::::::`Ww、iiii\`WWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
|lii:: i| ろ::::::....  ..:::k |lii: i|;;;;:::::::;;;;;;;:;;iiWwiiiiiiWwili: l :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;ゝ|lii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ |i: :iiレ' .|i: l川|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
|lii:: i| ラ:::::::::;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;ゞlii: i|;;;;Wiwノノ;;:::ゝ.|i: :ii|  |i: l川| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
|lii:: i| ミ;;;;,,ゝ;;;レ/;;;::::k |lii: i!WリリWii-''"`" .|i: :ii|  |i: l川|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
|lii:: i|  `w:!iiii!wWk'ゝ |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:|  ,,iiゞ~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|    |i:| .iヾ"
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|   ~^~;;ゞ`
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::|     |i: :ii|  |i: l川|  |川 |l:i|"' ,,ii''"`          イ
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::| |レ'   |i: :ii|  |!i: l川  ∠フi ~''",,iiゞ~          ,.j'~
|lii:: i|    |i::|     |lii: i| .|i:::| ii||/ ,,wiiiiwvw|i: ll川|  |.:│|,.ヾ..゙l.玉}、        ,,::ヾ
|lii:: i|    |i::|wi゙   |lii: i| WWiii||wW'''''""'''''"wiiWWWiiiwWゞ`..゙〔l`ーイ.       ,,iiゞ
`~~~^wwW""`'''Ww,,.,vWWwjj~^~^ ''^~~                   /丁WYヾヽ.    ij从'
                                        ハノ-―ー|ハ... `w
iiilwVvvwwvWWwjjwvjiiijw,,,,_,,,wiijijyywiijij,,,__,,wyyv'''"~"`w;;./ゞイ      ト-'.  ~;;,,
                                  _ r‐' / 丿     |.      ヾ
                                 /´V 屶|} /`ー‐┬‐イ
                                 \\ ヾ_i/ ,/  | _」
                                   \___/|  |   ヽ ヽ
                                   ┌|__,|    ゝニ<
                                      `‐┘    └‐┘



             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               ……馬鹿馬鹿しい子供の夢だ。
               現実は、そんなに甘いもんじゃない。

               貧農の倅として生を受けた俺には、勇者になるどころか
               ただ日々を生き延びることが、精一杯のことだった。

             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:48:59 ID:o3GNVMts



_,,.--ー''''''"゙゙ ̄~゙"'ー-、
..'"゙~゙'ー、、 : : : :  :  `'~゙"'ー-、
  : : .: `゙ヽ.,_、:    : : : :     ゙゙̄"'''''―-、
: : : : : : : : : : `'i、               : : `、,、    ,.ィ''''"'"~''゙''ー-
: : : : : : : : : : : `ヽ:      : : : : :   : : : : : : : : : `゙''‐'"゛: : : : : : : :    :~゙"'ー-'i,  :
: .`" : : : : : : : : ゙、:゙lヽ、、: : : .: : : : : : : :    `''''',,,,,、 : :  : : : : : : :,,,,-‐'゛`゙''ー-
   .``'ヽ‐.i、 _、,,.:`゙"" ゙̄'--、..ー―---、、,__: : `゙''、   : : : : : 、、、,、::;.:".:;.:'"゙:.:゙,
 .,Y、: へ,、'``" :": : 、,`'`: : : : : : `゙^'--、、---"'゙‐'"   : : : : 丶     `': :~゙"'ー
、.ー'"′``゙ン 、丶、.,,;": 、ヽ、、: : : : : : : .゙: : : ::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:;,`:;,':,:;.,:;.
"、 : 、`.、'、``" ゙:: : 、`'':,、、:,,,v,、: : ::.`-ー'''--,,、: : : : : : :    : : : :
.‐``'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',    ` `` `  '',;'',;'',;'',;'',;'',;'',;'',゙゙゙゙''''''''''''"'"~''': `''ー- `: :`゙^'--
           ∧_∧   ∧_∧         ∧∧      ∧,,
           (`  ,,)   (∀・ ,,)         (ー゚* )     ミ∀・
          ( [二],)  ⊂( とロ .        と  lニ]   ミll ((,ミ
   ''"""'''''".""'' し'ヽ)''"""'''U U ''"""'''''"""''"" (/ヽ)''"""''''' (/^ヽ)''"""'''''"""''""''''""'
   ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""
    :`:、 ゙''、,, ``'.、 `:、  ,:`:、  `:、 ゙''、,, ``'.、 `:、  ,:`:、  `:、 ゙''、,, ``'.、 `:、  ,:`
    :::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....:::::::::
     ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            人生の半ばは、生まれた時すでに決定されている。

            俺は、かつて憧れた華やかな物語の
            その脇役にすらもなれずに、ただ死んでいくんだろう……。

            十代の前半で、すでに俺は自分の人生に見切りをつけていた。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



5 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:49:52 ID:o3GNVMts



     /´ ̄ ̄ ̄`丶-‐z__
    /            ≦、
   ,'          /ニヽ、ゝ
   |       ,ィ/レ'\_, >``
   |    r=| | ̄=。==~「|
   |    |ニ| |  `二´ U\
   |    ヾ,U    __ノ┌_ \       カイジ君、ラダトームの兵士になるつもりはないか…?
   ,.|    /ヽ /==-┬` ̄
 / \/   ヽ   ⊂ニ.\      任務は、王城警護……っ
'" \   \   `ー┬‐r┘ /
   \   \_/l L_  /
     \_ \| |/ |ェェェェ|
       /  |く/|  |


   /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
  /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
  ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
  /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
  ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.    |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
    !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l      ラダトームの、兵士……!?
    └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
     ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.     ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
    /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
   イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
   /.::://| _,.=7:// /::::::::



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ――15歳の時に転機が訪れた。

         石田という男が、兵士の募集をしに村に帰ってきたのだ。
         彼は、ラダトーム城の兵士になった、村で一番の出世頭だった。

         俺は一も二もなく承諾した。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



6 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:50:42 ID:o3GNVMts



                      |>
                     /ソヽ
                     |_ |.
               _    /||;|| ̄ヽ     _
              /ロ:ロヽ   |_|_ii_|__|     /ロ:ロヽ
              _| _ _| ,   lロ;;ロ;;ロl     _| _ _| ,
           _ _ i `l´`l´`li  .|`‐―‐-´|   i `l´`l´`li _ _
          i `´‐|-‐―‐- |_|--‐―‐-l__|-‐―‐- |-`´ i
          |ロ _.|_|_ii_|_i_i  |ロ;;ロ;;ロ;;ロ;| i i |_|_ii_|_i_i_  ロ|
          |  | fーr‐‐ョ ir`‐‐‐ 、__|_ゞ-f-f-f-< ,   |
          r┘'='-!.i.|  ^ ̄ i´  ト、__i ノ.;'゙"'' =ゝ=.└l
       ______,|_,r'';';∩、,.,,r'゙';;. ii ! ii | .|     ヾ.,,.;'゙"'';.ノ.{ミトヽ |
  ,.;;'';;.,  }  ,;';;';, ii !,,..!∩.;'゙"'';;;..,,.!__ | .|;:';"':;,/{ミトヽ;..,,.ノミトュミ_´ヽ.;;''
  ;゙::,:';;::;ニ,.,__,.,___,.__.,,,.___};{_,.___,..,...,____`.,.._ヽ ノミトュミ_´ヾ"'lii;; l"゙"' ;゙::,:';;::;
 ;';';';;';;';';';;';';';';';;';';';';';';';';';';';';'{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.`ー-、ー}}ミトヾ .ノii;;::ヽ';';';';;';';';';'';';';';;';';';';'
  '"`' 、,,..,.,     ,.. ''"゙ ̄`''‐― - - - ''"""゙"゙" `゙''"゙`""''"''゙`""''"''゙`""''"''
        ゙"` '''丶,,.,._      ,'゙   ,'゙
              `゙"`''' 、,,.,,.,,,.,,_



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       ……だが、ラダトームの兵士は退屈な仕事だった。

       来る日も来る日も、夜中に城壁の周りを歩くだけ。
       王宮に忍び込むバカはいないし、魔物もめったに人里には近づかない。

       ようするに、王国の権威を示すだけの、ただの飾りなんだろう。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



7 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:52:08 ID:o3GNVMts



      _   _   __   ___    __   __   __
     |\ \┴―┼‐┼―┼―┼∧┼―'┴―┼‐'┼―┼―'┼―┼―
     |\| ̄~|_l__,」_」__」_ ___.|__| _」__l__ 」_」__」_」_」_」_」_
     l\{\ |\ \ ̄ ̄ ̄ /十ヘ'|| ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     {\}\|{'\| ̄~|    (゚Д゚ )||
     |\ \|\|\”>―、  {XXX'○       ’        _
     |\|\|\\|\l\ \ |VVV|,||
     |\ \ \|\|\\|' ̄~|r'⌒J               .    ’
     |\|\|\ \ ヽ|\\ ̄\           ∧
”~'ー w'!|\|\ \ \|\|\|\|\ ̄\    _. |__|
     |\ \|\|\|\|\|ヽト\\_\ /十ヘ ||          ”
  , ,wi.|\|\|\ \|丶|\|\ト、\!___| (゚Д゚ )|!                    :;
     \ \|\|\|\ \|\ \|\|\ \XXX○      ・         ,
       \|\ \|\|\|\|\|\|\|\''i\ ̄ ̄\
 ,          \|\ \|\ \|\|\|\ \\| '\   \
          \|\|\ \|\ \|\ \ \|\| \___\
   wi    '"   \|\ \|\|\|\|\|\|\|\|_|    |
              \|\|\,\ \|\ \|\\| ト---<
               \\ \|\|\ \|\ \| \   \



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            ――兵士になったことで、生活は安定した。
            給料はスズメの涙ほどだが、衣食住は保障されている。

            しかし、それまで漠然と想像するだけだった身分の差を
            はっきりと認識させられることにもなった。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



8 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:52:56 ID:o3GNVMts



  _                                      _  _        _
`     `ヽr '',.Z.._            _ヽ`Y ,Z._    , -─- 、  ,>  `´  '‐z    ≦-` `' ¨ Z_
        ′∠.._  ,. -─- 、  > `    \. 〃^''ー-‐uヘヽ .7 ,ィr=、,.=ヽ、ヾ   >,.ィィィィィィ_`ヽ
          <  〃^''ー-‐へヽ/ィ   ,.イハ i、  ゝ.|{ ‐-、  , -‐ }| 1/‐-、  ,.-‐i. |   ´7‐-、  ,.-‐ 7 .|
       ,イハlヽ. ヽ. |{.‐-、  ,.-‐ }| レlイ/_ヽ  ゝ!ヽ. | nTこ・lニl・つフhn|. -, .- }h    r|:=。  。= 7n!
    ,イヘ.`7 ハ|ヽ!r!| こ・  ・つ |h n| ´_0i i 0_` |hL|v ̄L_.」 ̄u|ノL|ur |__| 、v|レ    l_L ̄L_」 ̄_, |レ|
   r' ==f ,, /    L|.u /_ヽ  |リ Ll v r'_'ァ .u ル' .|: :-──- : | /l ! -─‐- l |ヽ    | (三三三) :N、
r'ニl.| ` ー-  \   l -──- |  l -──-  l _ハ : : : ̄: : : ノヽ_ l\.  ̄ , イ | `'ー-⊥._  ̄ _,,. イ/ |`ー
|.|-||. ijv   r __ \‐'ハ\  ̄ ,.イl`iー/l\.  ̄ ,.イヽ l |` ー─‐ 1| | `ー-.二_/|  |     ハ ̄  // |
ヽニ|.  ──r-ゝ ´.| l\、二/レ‐''| ヽ. `ー ' /l |` ー- 、__.ノ|⊥_|      /ヾ ̄      l l ̄/_ ̄\|
  .ハ.u  ┌;┘   l/ヽ. l .ハ´   |_.⊥ヽー/ _⊥._|    /ヽ |_       .l  ヽ       |  l./
  | ヽ v lハー-  _    ゚ヽ/ .l        ゚∨`         l  l. |        |  ∧ r─┐| /l
  .|   \._」. ヽ    ` ‐ 、/ヽ |       |   r──┐| /,!|_    lニ。ニl |  / ∧ト 。イ |. /l°   lニ。ニl
ト、 l  /, /   l      /ヽ\|         | 。   ト 。 イ | / ヘ    |   | |  /  〉_| L_, イ   |   |
|ヽW-‐'〃|⊥. |     /  l\|         |    |    | |   ,.イ    ̄ ̄ |   _,.イ   |   |。    ̄ ̄



   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

     故郷で出世したといわれた石田さんも、ここでは底辺の住人でしかなかった。

     見栄えがいいか、要領がいいヤツは、城内の警備か、せめて昼間の担当にしてもらえる。
     石田さんや俺のような落ちこぼれが、夜間の巡回に回されるわけだ。

   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



9 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:54:27 ID:o3GNVMts



  !|   _  ._... i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i.   _//_//_[][]. i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|./_ ._ ._/..    i     !    !    i  |!      i|   !
  !|  // / /.   i|      |i     !|   i       !  i
 i...... l/ /./       /ニニニニ/. |!    i       !  !  i     i
  i|.   //   .lニニ ̄ニニヽ..    !    !    i  |!     i|   !   i|
  !|...... ~        ) ) ノノ . |i     !|   i       !  i
 i   i|   !....  /ノ<ニ_ノ     i  |!    i       !  !  i     i
  i|    !...  </.   i   !    !    i  |!      i|   !
    |i    l    !  l        !       i    i   !|  i
  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i       , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ..   i
  i|    !   i     i    / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
  !|        i|      |i./ //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
 i   i|   !     i    ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ   i
  i|    !   i     i.    ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
    |i    l    !  l    |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ ~′    :::::::|ヽ.   ト
 i     !    i    |!  i      |i    /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
  i!     i!   i          i|    i. / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !
     !i    i|     !| i!.          /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
!|   i    i       |!       i!....../ , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
      i    i !         i|!    ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    冷たい雨が降る夜も、凍えそうな冬の夜も、虫が飛び回る夏の夜も
    俺たちは、ただひたすら城の周りを歩き続ける。

    だが、その一方――

  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



10 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:55:06 ID:o3GNVMts



     , ' ⌒ ヽ.        |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.    , ' ⌒ ヽ..     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
     ||―|―||        |§|:.    ||―|―||.     |§|:.    ||―|―||.     |§|:.
     ||: : |: : ||        |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.    ||: : |: : ||.     |§|:.
       ̄ガヤガヤ   |§|:.        ̄ ̄         |§|:.        ̄ ̄         |§|:.
 ====================|§|====================|§|====================|§|======: :
 圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖
 ====================|§|====================|§|======ガヤガヤ======|§|=====: :
                 ̄                ̄                 ̄::::::::::::: : :
   +      ∧_∧
         .(ΘsΘ)_     +                     /|          ♪♪♪
    ,ハ、、ハ  (∪⊂|_|           ∧_∧  +       .r' _ ヽ>
   彡*゚ーミ ,  ̄ ̄ ̄ ̄Ψ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ(∀`* )_          ヽ n‐`ノ  +    ♪♪
   と y )つ∇ (Ξ)  ゙┴ ゙(EE)∇   と ~:~  )||         ( ノ⊂)
   ||(;;;,⌒).゙|ゝ、    (ミ//)     ,イ( (~/⌒||      γ ̄▼ ̄ ̄Ψ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ
   || ̄iiJJ.|| | ̄|| ̄|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||| しし ii ̄''||        | /bbb/  ゙┴゙  ∧ ∧O)∇ |
         ...| |  ||  ||  |  |  |  |  |||::::::::::::::.......::....      ||ゝ、  (///).   (  .,,)   ,イ::
         ..⌒⌒"⌒"⌒'⌒"⌒⌒"⌒"              || | ̄|| ̄| ̄| ̄| .ii''"~"''ii:  ̄|||::::
                                        | |  ||  |  |  | .||:::::.::. ||:   |||:::::
                                     ⌒⌒"⌒"⌒'"⌒|| ̄ ̄||"⌒"
                                              :::::::: : :



      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        壁をへだてた城内では、にぎやかなパーティーが開かれている。
        豪華な料理、楽しそうな笑い声、絶え間なく奏でられる音楽――

        ククク… なんだこれ……?
        これで真面目に働けるヤツは、聖人かただの馬鹿だろう。

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


11 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:55:42 ID:o3GNVMts



  !|        i|       i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i      i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !   i     i     !    !    i  |!      i|   !
  !|        i|      |i     !|   i       !  i
 i   i|   !     i...__.   i   |!    i       !  !  i     i
  i|    !..... _,.ゝ'"     `ヽ、゙!    !    i  |!     i|   !   i|
  !|.       _≧-          ヽ..  !|   i       !  i
 i   i|    >  ハ、ト、_、 ,.-、   ヽ
  i|    !.....7,. ハl. //ヘ \^')    \       くそっ… くそっ……
    |i    l W'\</、ノ、 u `!   ト、   \
  !|        i|/ ,`'~,.っ |!  |/'\__ \   俺だって、貴族の家に生まれてりゃいまごろ……!
 i   i|   !...  'イ-<_.、  |:! :! ./  `-、_\
  i|    !   i     i...し'^l | ./   _ `\. i  |!      i|   !
  !|        i|  0     / V./ `><_ `ヽ \    !  i
 i   i|   !     i. (j   \/ / /´   ヽ\/\.    !  !  i     i
  i|    !   i     i.   || |  |   ,/ :l \ \      !
    |i    l    !..J   ,.r┼‐|TT|_/    !  \ \   i   !|  i
 i....   _|_l_l ___        / (\lll|,|_|_|    /|  \ \. i|      i!
  i!.   ノ | ヽ |_|・・・   ヽ ´ヽ ヽ、 :|,..-''"  l    \ \゙!     i!
     !i    i|     !| i..`\   >'l   匚o]    //ヽ . i!
!|   i    i.... _|_l_l _    ヽ/ /`  |_|_|_|    //   ヽ....  i!
      i....   ノ | ヽ |_|・・・   l\       ,!  /ヱ7   ヽ



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       だが結局のところ、愚痴りながらも俺は兵士を続けていた。
       ――すでに7年。人生の三分の一をこうやってすごした計算になる。

       きっと一生このままなんだろう…
       俺は半ばあきらめの心境に至っていた……。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



12 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:56:16 ID:o3GNVMts



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.::.:.:.:.:.:. . . . . . . .    . 。        .   。   .  .゚     +    . .
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . .        .        .         .   ..      。.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:. . . . . . .       .     。  .       *    .       . .  .
::::::::::::::::::::::::::::.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . . . . . . .             .         .    。   .     .
::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  .      .    . ゚
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....        .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     .       * .
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.   ...:.:.:;,;,;..;,;, .:.:;,;,:.,;,;..',     。       ゚  .    . .
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....        ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ..,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.
. .         {   .;,;,;    .:.:.: ,;,;,;:.:.       .:.:.:,;,;,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        .
         ',      .:.:.:.;,;,,;,:..          .:.;,;,;,;,.:.. .:.    ;        .   。    +  .
         ,    :.:.:....:.:.:.;,;,;,;,:.:          .:,;,;,;,;.:.:      ,'            .      .   ゚
          ,      :.:.:.:.:.:.:  ,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;,;.:.:.:.    .:.:.:.:.:.:.  ,'      。 ゚  .      。
.           '.,           ....:.:.:.:.:    .:.:.. .:.:.:.:.:.:.:.:..  /              .   .
           、        .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   ,.'        .     *         。
            丶      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ..::.:.:.:.:.:.:.../           .     .
             \      ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,. '        ゚             +  .
               ' ,          ....:.:.:.:.:.:.:.:.. , '゙
                  ゙   、 ,,,,,_____,,,,...  ''"



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          ・ ・ ・
         その日――
         俺は非番で、町外れの森にいた。

         ちょうど森に珍しい実がなる時期で、持ち帰れば高値で売れる。
         そうやって稼いだ金で酒場で騒ぐのが、俺の唯一の楽しみになっていたのだ。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



13 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:57:03 ID:o3GNVMts



     ‘       `  , .. .    +    ’‘     ::
                    ,   ,:‘.。 +   ,
    ,              ’‘ +   ,.. . ..; ',   ,:‘
          ; : ’   ' ,:‘
  ,:‘.      +         ,..        ,.. . ..; ',   ,:‘
                       ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。        ,.. . ..; ',   ,:‘
           。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',   ,:  ‘
        ,     .. '            ,:‘.     , ;   `
:: . ..                                 .. ' ,:‘
  ,   ,:‘.         ..;               ',   ,:‘  ’‘   ,
      + , .. .+    ’。              .. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。
   ,:‘. 。 .. . .    :::  ' ,:‘.  , .. . +
          ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.; 。

           ,.‐ -─ 、
        ,.‐'´   -‐'´  ヽ、                   (ヽ、00  ∩
      ,.‐-'   十 __    i.                 ⊂ニ、ニ⊃ ⊂ ⊃
     |/|| l.     |   ´    l、                 ,, -‐- \   | |/⌒ヽ  〇  〇
       l l'∧._  ! `‐-     i、               ( ⊂ニニ   / /⌒) )
        l iラ i:)         i、               `ー――'′ し∪  (ノ
        ム_,イl          i、
.          ヘ. |_,,. ‐i     i、.ヽ、i:、
.       ,. ‐''"   _| |i |i. | i. i i l、i_
      /_,,. ‐''" ̄ l. | i | l | .l l | |  `‐.、
     /       .l !. || l. ! .l.l |.!
.   /            il  !  l| l! |!



                  ┏━━━━━━━━━━━━━━┓

                    結果として、俺は幸運だった。

                  ┗━━━━━━━━━━━━━━┛



14 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:57:47 ID:o3GNVMts



                   ,ノ        ,,   -‐
                  /     _  -‐
                ,/    ,  '´   ,.イ
               /   ,/     (_二二  ̄7,イ人           ,ィ ト、
              /  /            //(_ノし' ,ィ ト、      ( :し' しイ
             /  /        ,.イ    //      ( :し' しイ      ̄7 | ̄   :ト、j7__,ィ
             l  ノ.        | 'ー―'´ /          ̄7 | ̄    /,イ :!     >ィr―'   l7l7rァ
              / /     |   ∠,. -―― '          /,イ |     </ノノ   <_ノ:|」     /'´
           ./ /     j_ 人l、              ∠/ノノ
          ; /    j、ノ¨{⌒}|
      r‐ァ    !;_,    '| ̄ト=イト、j、     ,ィ
    _ノ (_       /{ニ7丁 ̄入仁!,イ r―'r'
   ⌒)イ⌒)  ,.ィ  ト}人{⌒}TT{⌒}(:::::し'::::::ノ
       /:し'´(  rイΛ:八_ノl冂lゝノ:{::`⌒)f´
       l、 : : ::::`フ':/:::丿/て(工{:ヾ\::`ヽ、 :
....._       ̄`Y´ノ::´ノ/:ノ:丿}`つ):ハヾ`ヽ、_ ..:
:. :..` ⌒ヽ..._::_''´ ''"´`⌒:⌒゙ ''= ‐-((,,..=''⌒::⌒ ´: :::: ((
、 :: :: :. :. .゙:. : ..`⌒::ー ‐ ‐- - -=ニ´ -‐_,,.. -‐ = ニ '':: ー- 、... __ ⌒
───────────────────────────────────
::.::.::.:../::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l_,  __  __
.:''⌒/::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV   | | (/⌒))
::.:/::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ      !」   〔l´
`:::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l      O   O
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |
───────────────────────────────────



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            かすかな物音に振り向いた俺の目にうつったのは

            ――炎上するラダトーム城の姿だった。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



15 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:58:26 ID:o3GNVMts



:::::::::::::::::::::::/l:::::::/     l:::::::::::::::ヾ::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/ l:::::/ヘ    "l::::::::;;;;;;;;:ヾ::ヽ‐ヾl:::::::::::::::::::::::::
:::::::,、:::::::::/-t::::l::::::::〉,   ヾ/    ヾl-‐ '''""ヾ:::::::::::::::::::
:::::/l:::::::::/:::::l::::l:::/     u  ,,.-‐'"      ヽ:::::::::::::::::::
:::/'l::::::::/::,-ヘ::/         /     O   / l:::::::::::::::::::
/ l::::::/〈 _,.-キ''"¨゙"'ー-、            ノ  l:::::::::::::::::::
  l::::::{  l      O /     ヽ、  .,.-‐'" ,/ l::::::::::::::::::
.  l::::l  l ヽ、    / ,'      ゙""゙´  ,.イ'  ',:::::::::::::::::::
  ∨   l  `'ー--/ ,' u     !l   ノ/   ',:::::::::::::::::::
       l    / ,'        u /'  u  l:::::::::::::::::::
       l   ,/ ,' u     ) /  ,.‐-、_  l:::::::::::::::::::
        l /, '   , ,ッ='   _,.-‐'''" ,.‐-、ゝ l:::::::::::::::::::      な、なんだよ、これ……
        /  , -  '    _,-‐'_,.-‐'''''"::::::::::::ヽ !:::::::::::::::::::
        'ー、'ー---‐ニ二-‐'"::::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::::::::       なんで城が燃える……?
          lヽ-―'"  _;;;;;.;;;,.-‐'" ̄`¨"フ !::::::::::::::
           l ヾ_,.-‐'"¨  _,.」,-―-―‐''" l:::::::::
           l ヽ、,. -‐'""         /



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          その日、永遠に続くと思っていた日常は、あっさりと失われてしまった。

          俺は呆然として、いつまでもその場に立ち尽くしていた……。

        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


16 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:59:03 ID:o3GNVMts



::::::::::::::::::::|;;:ll|::::::::::::::::::::::|:.:: ;;:::ll|::::::::::::::|:::;l;l|:::::::: ゞ;;;!.::;;.:::;ll::ゞ;;ヾ;;|.:ll; :;;il:;l||;;;ジ::::|;.;;:l| :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::|:;l;l|::::::::::::::::::::::| .:::;i;;::l|::::::::::::::|;;.::ll|::::::::::::::::|;;;::.;l::l|::::ゞ;;;:;;|.:;; ::;;;l:;l||;/ ::::::|.:;l;l| :::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::|::l;l|::::::::::::;;::::::::|:: ::;l;;:ll|::::::,;:::::.|.:;;l;l|::::::::::.; :;|.:::,;;::ll|:::::::::::::.|;;il :;;ll:;;l|| ;;:::::: |;;::ll| :::::::::::::::::::::::::::
":;.:.. ;'"',;|::;ll|;:.:::''::.;;'':;;;:;:|::. :;;:.;il| ;;;'' ;;:; | ,;::ll|::'': ;;''::: |;;..il;::;l|;::::''゛'' ;|.;ll; ::;l;;:l|!.::.';;;.:;|::;l;l|''::.;;'' ;;:;: :::'' : :;
::.;;'' ;;:;: :::''::  .;;'' ;;:;: :::'':: |: l|;;:::;;l|;;::. . :;;ノ.:::;;lリ、 ;;: :;: |.::;;:::;ll|' ;;:;: :::''|.:;, :;;ll;;:l|! ,vj、;:|.::;ll|::":;. :.. ;'"'"
;;::;: :::''::.;;'' ;;:;: :::'' ::.;;''.:;;:;|.:;l,;:.::;ll|;;'' ;;:;: :::'' .:::  ''';;;::::;|.::.;:;;:ll|; ''"'':::::|;;:i; :.;;l:;l|!゙.::,''::ノ :;从'' ;;:;: :::'' .:::  '
;;'' ;;:;: ,viwハ、; ''"''::::;  .:| :: ;;:;;ill|::; ;; ;:;; '';;.::  : :; ;; ソ;;::.:;;;llハ .:::;;;' |:;:l :;;ll:;;l|| ;; ;:;;`" '';;;:::..wW:.. ;'"'
:;:;; '';;.::  : :; ;; '      ノ ::.::;;i;;ll|;;、 .;;:::..     .:::.:  ..:::  ;;;;, :::"´ |.::; ;;;:li::l|!
    ''::: :;:;; '';;.:: '':::   :::::: ;;;;;; ;;   .:z、y'Z- 、゙'":;.;'",.vVw, .::;;; |.::; il.;;:;;l||   .::::  ,;;;,    ガサガサ・・・
;:; : ::wW::.    ;::::''゛'' ;;'',: :::wWw'゙,::. 'z,-vt   i:.;;'' ;;:;: :::'' ::.;゛'' ;;: |:;;, :;;,:::;l||''"''::::;
.  ;;'' ;;:;: ::: ''::.;;'' ;;:   ;: :::''' '::: :;:;^'>テ, |D |   :: :;:  ;;:,: :;:. :.. /.; ::;;l|.;;::il|l、,f゙; "´''':: .:. ":;. :.; ;:;; '
''"''::::; .::,''::: :;:;;     '::;:;; ''"''::::; .:;;:. そー/  〈....;:;.;'" : :;;'wW ノ;;ノ ::;;ハ ::;;t;;ヾ ::;;,   .:::;;''::.;;'' ;;:;:
 ::;:;; ''"''::::     ; .:;;:.:. ":;.   :.. ;'iY. / /∧ j......; '' ;; ;: :  ::.;;'' ;;:    ; '' ;; ;: : ''::.;;'' ;;:;:  ::.;;'' ;;:
   wYiiw        .,,,          ソ"''二Wj、,..、                .::;;   .:::
                     /, イ    i
                     i/ /"`t  i
                     i |    | i



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       ――どれくらいの時間がすぎたのだろう?

       森を掻き分けて、誰かが俺のほうに近づいてくる音が聞こえる。
       間抜けにも俺は、隠れもせずにその場に突っ立ったままでいた。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



17 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 21:59:59 ID:o3GNVMts



.      /       \     __  , -- 、      ノし
.     / / /  /     ハ..  /:::::::`′:::::::::\      て
.     i i ト<_// ハ i_ }  /::::::::::::ノ'''^l::::::::::::::ヽ     (
.      V  i"テァ`レ ≦从i. l:::::::::i::/ニニヘNヽ:::::::l
.      |  |     i ´/ イ.  |::::ル'レ'ニ> r',ニニゝ::::|
.     ノl  ト  ‐ /i  !   l^「゙(⌒。TニT。⌒)゙丁゙l
.    / 从 jj::ヽエ   j j/  |f|ト .二.イ u ヽ二 ノ|リ|       あっ、カイジ君……!
 ―:<::::::::j/:::::::::::\j/    ヾl r一L、_,J --、 lレ′
゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┐  ハ |⊂ニニニニつ |∧       よかった、君は無事だったんだね
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}..._/ |ヽ. , , ,一 , , , /l ヽ._
.           _,, -‐'''"´/   l `ー──‐'´ |  L_``'''‐- 、.._
.           _,, -‐''' ´l    ト、.____..ノl   | ``'''‐- 、.._
               |   ヽ;:::::::::::::::::::: /    |
              |.  /へ\::::::::::/へ、  |
              |/    |o|::::::::|. |   \_|
─────────────────────────────────────────────
   ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |
.    /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
    // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ
     l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
  .       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、     い、石田さん、いったいなにが起きたんですか!?
        / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
       /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
     _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |
         / l   \/::: u  |  ,/    |
  .      /  l   |::::      | ,.イ |     |
       /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |
  .    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|



             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               幸いにも、あらわれたのは石田さんだった。

               石田さんは、今日も城の警備をしていたはずだ。
               事情を聞くにはうってつけの相手といえる。

             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



18 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:01:01 ID:o3GNVMts



                            __
                   _..,.,.,.、、、,.,.,_ _,/´ ̄`ヽ、
                 ,.:.´:.:.:.:,:.:.:.:.:.ヾ:.:/`:.、      )
               ,:´:.:,:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:;.:.:.:.:.:`:.,
               ,':.:.:./:.:/:.:.:.:.:.:;i:.:.:.:.:.li:.';.:.:.;.:.:.'.,
              ,':.:.:.:,!:.:.!i:.:.:.:.:.,','!.:.:.:.:.|!:.:',:.:.i:.:',:.',
              !:.:.l:.i:.:.il:.:.:.:.///|:.:.:./ l:.:i!:.:.!i:.:.i.:!
              l.:.:!:.l:.:.|レ'/i/i/:|//  |:.l!:./!:.:liノ
              'i;:i;;|:.:.>≧trミイ'i/  i/メノソノ
               (`|:.:ヾ辻.j ヽ    イj夕゙ソ:.:|
               ゞ|:.:.i|´ ̄      弋ゾ/:.:.i!
              /∧|!:.i|      '   /l|:.:.i!      竜王軍を名乗る、魔物たちの奇襲を受け
             //:.::.i:|!:l|\  ´ ̄  / |!.:i:!     ラダトーム城は陥落、町も占拠されました
    _,,.、.-ー-:-;-、、,,,_/∨/',|!:|!===、- :i.、   l!.:!i
  ,<´::::::::::::::://⌒`ニ二升;',;|!;;;;;;;;;;;;`i 「::レv;.|!/_,,.、-ー-、、,,_
  i:::::::::::::::::::::/ /::::::::::::::::::',:::::/:入;;;ヘ;;;;;;(C;;/::|l;i/:::::::::::::::\\::`ヽ
.  l:::::::::::::::::::{ {:::::::::::::::':,:::::∨::( _)ヾニ二ソ<ノ( :)::::::::::::::::::::\\::::\
  ',:::::::::::::::::::i !;;;;;;;::::;;;;;;;;',;;;;;;/    `"''ーv-''´  ヘ::::::::::::::::::::::ヾヘ::::::::〉
   ヾ;::::;:;:;:;:;:;ヘ!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/    _,,、-ー'"C`゙''ー-、_\:::::::::::::::::/:/:::::/



           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             石田さんより先に、いっしょにいた女が俺の質問に答えた。
             冷静な口調で、とんでもないことを告げる。

             城が陥落……?
             おいおい、冗談はよしてくれよ……。

           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



19 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:01:41 ID:o3GNVMts



  /  /  {  i   ',    .\ .|   |ニ=- |V/!
 {  i   .| ハ   :ト、    .メ!   |≧ イ/ト./
  ヽ人    ト{、ヾ   ├ メー -  |ヽ  |彡   /イ
    ヽ  ト=、_ミ、  ヽ ≠== 、.l   .|彡イ,/{´
      \メ{::tj:ヾ\ _{ {{:::..tj: }}|   .|⌒Y /
       川ゞ-.イ    ” ー''゛从   l r ノ/\
       人从 ゝ        /   /r//:::::::::\      カイジといいましたか
      { ./ノ .ヽ ー -     .//  } /{{::{::i::::i:::::::::ヽ
      i .i / ノ >、"   , イ  i/__||:::::|::::::l:::::::::/     町に戻るのは危険です
      乂 / ノ_ ヽ-イヽ !  ./" |:::: |:::::::l:::::/    どこかに避難したほうがいい
       /ハ ./     ヽ、_ || .V./   l:/∧:::/:::ノ
    _,, -''´.ノ ,,r=、  ヾノ   ,,, ィヘ⌒ヽ ̄
   /  _ _/    `ー Y r ''´   ..::::ヽ\}
   |  /./{{  o     .刈!         \
   },,,/  >==- --イハ!:             \
   V/  /       { } }ヘ            \



      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        夢だと思いたいところだ。

        だが、目の前にいる二人の緊迫した様子と、なにより、南の夜空を
        赤く染める紅蓮の炎を見ると、本当に城が落ちたのだと、信じざるをえない。

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



20 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:02:24 ID:o3GNVMts



         /´
         {l
         \ -──-、_
.         / `  ̄`ヽ ヽXrュ
.       // 〃}   ヽ \ ハ `r、
.         | { l| |弋 ハ、 ハヽ  人 ト<
.         |イ从从 ゝィテミ从 ヽ、..Y
..     ,イ/小仭j  { :仭 \\弋リ     石田、先を急ぎましょう
     /イll{.ハ  r         ハ. ヽ ヽ、
     ハ 川 ヽ -─-   /. ルヘハトミ    私たちが早くつけば、そのぶん民も早く救われる
.      ヽ    \__  < {´  ___
  ,-─‐-..r=ニニニニニYミ====ァ::ヽヽ::::::::::::>ー-..、
  lr彡===|辷二二二l:::::::::::Y::::::::i }:: : : : : : : : : ::〉
  |ll:::::::/ T´ ̄ ̄¨¨ミ:::::::::::|::::::::| |:: : : : : : : : :./
  |ll:/<⌒>ー-、   ヽ:::l:::::::::l j::. : : : : : : :/
.  /  ´ 小 `   ヽ    从::::::::レ: : : : .::::::::::::{


        _  , - 、
      /  `′   \
     /    r'ヘ.    ヽ
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ        姫様、すこしお待ちください……っ
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |
    |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,
.   │`ァlノ r',ニ‘=~='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!
    レ′  :ヽ. ' ' ' ' '      ̄`ヽ. l. `ヽ r' l
          ̄ ̄/ ̄       i ヽ ' .ノ
. ,-、, ‐'つ                l  l i   |



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         姫様……?

         そう言われてみると、うっすらと記憶がよみがえってきた。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



21 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:03:08 ID:o3GNVMts



             ∧                        : ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             |i:i|.              , ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             |i:i|                    :..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
             |i:i|                          ;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             |i:i|                              ,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             |i:i|                              ,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
             |i::i|                                ,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
             |i:::i|                | ヽ      ,ィ           ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
             |∧|                  ゝ 〉ー―-< ノ               ,,.. ..;:
             |从|                   /〉'二    ヾ                 :;;  :;
            <Y三Y>                 / ( ェx)_    》                :
            `r=x'´    γ"⌒ ヽ'"       /レ’ ∧ V~ - 、/
             iヘヨ’   §ミ〃ノノ))      /レ’ ∧∧ V  ∧
            j }| |.   ./|cl!゚ ‐ノl,ィ.   ./レ’|/ i .V∧/〉―、∧
           /_|イ|_| _ = 《_ |'' ̄|`ト | 、  /レ’| | `ト、__Y 、{リ ’ Y
          /_|ノ|x‐<二_≫《 ̄|ニ|\\/レ  从、_ '/∧     ノ
          /_ノ  } xxxxx}xx}   ̄ ̄ . | /レ’|  `ー=イリ`ー=='
          '´ `ーソー>'=シ\___/゙./レ’从    //
             _/   ヘ / .x傘x /   乂`二二ニ|
          _,.x '´  /    }xェ==テ /       ,'//|
    _,.x=-‐ ´   _x '´    /'二_,.イ,.ィ´         ,'///∧
  /´ ̄ )   .r<´      弋_ .r' .∧ \     , ,','////∧
.      /   イ ハ        ト'’-//'`x_ ` - _    r////}ヽ
     乂.   | / V      ト-// / 7-x、   ̄  ―--=彡,
       `ー '´   \    ト-//レ《 / / `Y. γ⌒Y ∧'//|
               >イ/‐///  V、 /    | 乂__.ノ | Y _|
             / //- //    `\ Y´》__  r=z_|ノ
            /=‐-,|/_xニヨ| '⌒` - _      ノ  ̄ ,.イ
           /-‐-ァ' |トェ=='.| : _ _   `ー、 ,.イ/, , シ´ .| __
           レイ  .|     |、 __ ‐ =   }////'    | ///≫
           | ノ  |   ,.イ/>、__xェェト  <.|//シi.    | ''''''´
           レ'   レイ//////////|.  |シ’ |   .j
            {.    ,'///////////r |  |   |   .,'
            ト   //,ヘ////////リ. .|   |.   |  /
            i    シ'   マ///////  | .八   ハ  |
            |.   /.     |   ///  i´  ハ ハ.  |



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         俺ごときの身分では、近くでお目にかかったことなどないが
         あの鎧と、綺麗な金髪に見覚えがある。

         彼女は、女だてらに騎士団を率いる、ラダトームの王女ローラ姫だ。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



22 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:03:52 ID:o3GNVMts



               、、、,. ,._
            ィ`'′     ヽ
           〃/ノノ八レレ、.  |
            ル三''′`三ヽ.  |
            [ ≧|ニ|≦_]~|^)ト、
               | ,-L__」 -、u |ト:| |''‐- ...__    カイジ君、ここであったのも何かの縁だ
         _.. -┬|l王l王l王l`/ .|  | |
           ∧  |├‐┬─‐''′/  ||      俺のかわりに、姫様の護衛をしてくれないか
        /  l  |.l-―|、___/-―┤
      | ̄ ̄|.|   | |   ヽ. /    | |
     /.|   | l.  | |   Y。    | |
     \/~三三..l | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


           __-- 、,. -‐;z.__
          `> `    ′ <
         ∠..           ヽ
         ∠,.  , ./`ヘ. i. 、    l
         /  ,ィ_l/ u ヽl>,ゝ、 :|
         イ ィ.‐-ニjl  l'∠-‐; |n |        ご、護衛…!?
.          j fl|`u゚‐/ v゙ゝ゚~'u|fリ |
         / lj| v / _ 、 U v lレ'  ゝ      いや、急にそんなことを言われても……
         / .ハ にニニ二} ,イ  ハ.、_\
       _∠イ |0ヽ. ー u/│ l ヽ `T!'ー- 、._
   , -‐'''´ || / │ |::\./ O .|. j   \||     `ゝ、
   ハ    |レ'   lル'::::: u   ,.イルi  /o >    /  i



            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

              突然の提案に俺は困惑した。

              長いこと城の兵士をやってたが、せいぜい年に数回
              魔物と小競り合いがあるくらいだった。

              いきなり魔物の群と戦えなんて言われても困る。

            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



23 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:04:48 ID:o3GNVMts



          __、-─-、,. -‐;z.__
          >::::`::::::::::::::::::::::::: <
.        ∠::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ゝ
      イ::::::::::::::::::,ィ:::ハ:::i、:::::::::::::::::ト
.       |::::::::::;:ィ::ノ_l/ ヽl_!::ト、:::::::::!
.        |:::::::ノニレ'-‐'v └-Vニゝ:::::::|
       r',ニi.l. ⊆nニ= .=ニn⊇ |.iニY
      | こ|| ij  v |.| ~ij  ノ |に!}
.      トニll n u ヽ.|」ノ ‐'´_ij|lニイ           護衛って、魔物と戦うってことでしょう……?
       l::::::ヽヽ.` ー----‐'´ノ/:::::|
      _」::::::::l\` ̄二 ̄´, イ:::::::L._           そういうの、俺に向かないっていうか……
 _,, -‐'' ´:.:. l::::::::|r-ゝ-‐ー-‐'‐┤:::::l:.:.:.:` '' ‐      無理、たぶん無理… っていうか不可能……
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l,. ‐''_二つ   (二¨_''‐'、:.:.:.:.:.:.:.:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: / ./´,..二二) (二二.._\ヽ:.:.:.:.:.:.:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ' /_.二つ__.(二.¨_¨丶゙ .l:.:.:.:.:.:
 :.:.:.:.:.:.:.:.:./   ,.'",二つ─‐と二_`ヽ .|:.:.:.:.:.
 :.:.:.:.:.:.: ノ    ノ:.:.:.|ニニ|:.:.:.:.:.:{    |:.:.:.:.:



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       俺の仕事は城を守ることだ。
       そして、その城がすでに落ちている以上、御役御免になったと言ってもいいだろう。

       そうだ、間違いない。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



24 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:05:42 ID:o3GNVMts



   /´     i  、 ヽ、 ヽ、   ヽ____ ミ;ヽ,)ヽ
.  //  i ,  /'i  |\ ヾ_、 i     l    _.iヽ,l
 /イ   l |  l ヽ l,:-<ゝ;>、l   |-‐‐' /K !
 |/l | ! |、 | 、,,Xヾ _,,  i'.|   |r=く /,! 〉
.   l |、 トx‐!ヾ    ' .、_,,ィ.|  .|'ノ  }/j〈
.   ヾ ヽ'i        . ̄  |   |ノ ノノ///       ……わかりました。ここから先は、私一人でいこう
     | l`''彳          |   |;ン', '/く
.      | l  ヽ _      |  .|ヘ,,/ヽ::\       石田、道案内に感謝します
.      | ヽ  ´ -        |  | |::|:|::i:!ヾ:::!    貴方が無事に家族と再会できることを祈っています
.      |   \         |  l ,ゞソ!:::l:::トノ
.      l   l. \  _,. ‐   l  /'´  ヽ!:::|!::|  ,. - ─ - 、
.      l    |   `´ l ,. -イ /    ヽr‐;! '´       ヽ,
      ヽl.  |    r' ヘ / /    ///            l
      ヾi l    /イ::/ヽ '/   / 〃               l



        _  , - 、
        /  `′   \
      /    r'ヘ.    ヽ
     l   ,.イ.j_ニl ト、.__  l
.     l   /ニレ-┘ハl`ー-ニノ
    | r,=i 「て~。TニT。゙う |
     |.|に|.lヽ ニ/u  !ニノ!       ⊆ニヽ,      し、しかし、姫様をお一人にするわけには……
.   │`ァlノ r',ニ‘=~='ニ、 l      ,、`Z二ヽ、
_,. -‐''1 / :ヽ.‘ー‐''ニニ''ー'/、_     l. )ノ、‘ァ`!
  ,, レ′  :ヽ. ' ' ' ' ' /、,,   ̄`ヽ. l. `ヽ r' l
''"´         ̄ ̄/ ̄   ゙゙     i ヽ ' .ノ
. ,-、, ‐'つ           _     l  l i   |
/.//''_つ ー-、 ,. -‐ '' ´       │.ノ '  :|
l/ ' ∠‐つ   i        /    V    :|



25 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:06:28 ID:o3GNVMts



           ,、 /\ィヘ   _
          ,.ィ=≦ ̄ ̄ >、Y´ |
.____ / / 二 ≧ 、/ヽi| -.、         心配は無用です
   ̄ ̄X ///´      \/ ト、 |
.     /  〃  \ \ \  ∨ ハ∧        勇者殿と会ったら
    /    |    \ \ \ i|∨_ Y 〉     すぐに兄上の軍と合流しますから
.  ,′     iト、 \.  \ハ/リ .ハ .|/
.  |  | |i 八 \ \ヾx.≦、イ |i ∨≧=-.、  ___
.  |  | 八 \ ヽ. \l〃∨::ツi| i! |\::::::::::::Y:.:.:.:.:.:.:.:≧:.
.. 八 ゝ  \,ィ芯.  `  ¨  | |i |ヾ/\ヘノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:≧=-.、
.   \{\ト、{.ヽヾ' ,      ト、|i | /:.:.:.:,イ:.l:.:.:.:.:.:.:\\..:...:.:..:.:.:.|
          } |\  - '   |∧ .八:.:.:./:.}:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\:.:.:.:.:. l
         __,| |  }≧=-  .イ:\}/  \:.:/ハ}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\ ,:.:.:.:.|
        /:.:.:| |__.リ:_:._:.:.:.:/八:.:{リ_  /ヾ:.:.:.:.|:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:}リ:.:.:./
        |:.:.:.:〉':.:.:.:/}人:.:{:{:.:.|:\ ヽ     ̄j:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|':.:.:/



                 ,  -‐-`ヽ.
               /       ∟
              /          _ヽ
.                /   , -、 _,.ィ.イl/l. ヽ`
             /  :{.f7/ b\|」│ N
           /    V/v ` -┌‐ル'
.            /   ,/l. l ,-、 r v:|  rっ     ゆ、勇者……!?
        ,イ.イイ /: :ヽ.l |.u\ヽ_ 、j
       /"l/ l/ \ : : ヾ. l ┌'     ⊃     まさか昔話の中だけじゃなく
      / \   /: ,. -‐-ゞー'           この時代にも勇者がいるってのか……っ
      /,イ:::::::>'´ /: : : : : : ヽ    ヽ)
.     /!レ:ノ)/: : :/: : : : : : : : : |  U



26 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:07:04 ID:o3GNVMts



.   // /〃 / ,イィ  | |    ',____Yヽ
  // '〃 /、/| !|l   ! !    |    `iイ
. |,l ,イ ll 'ヽ'| !廾!―|、 l|  |!  / イ ヽ
. |!|ハ !! | ノ |!ァ=,-、|、`!   | !!'´ /|イ
.    }ハr'    i::::: 〉V/  ! !! /  |'ノ
   /  〉   ,,, ゝ-' 〃| | !!´/ / ,'        ええ、間違いなく
   ,' ,イゝ 、    / / イ !|! / /       以前、勇者の子孫が我が国に仕えていましたから
.  /イ/ | ヽ       , イ! / ! !||´_, ィ
  {{ |i! |∧___,.イ /レ' ! レ!´ヽ:::ヽ        残念ながらその人は、だいぶ昔に亡くなりましたが
  ヽlハ |!   r' ヽ,ノ/,′ ! ,'| | __ヽ::::\     彼の血縁の者なら、きっと私たちに力を貸してくれるでしょう
   i! |、',|   _〉__,}V,イ ,イ/ レ'-'__,ヘヽ‐<
   ヽ| ヽ{ ,ィ´ムj`/'/// /__´|   ヽヽ::\
      ,イ i´ / __ノイヽ//´  _〉‐- 、i \j



      /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l        そう… なのか……
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l      なら、やっぱり俺も連れて行ってくれ
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
      /.::://| _,.=7:// /::::::::



             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

               勇者、という言葉に心が惹かれた。

               昔憧れたものが現実に存在するのなら…
               そして、それに出会えるのなら……。

               命を懸ける価値がある。

             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



27 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:07:54 ID:o3GNVMts



     _____ _,. -,‐-―‐- 、 _
   /'´ ̄∠. X´ ―- 、   ヾャ._
  〃  /´     、ヽ. ヽ.ヽー-Yj
  /′/〃 /|l 、\ヽヽ.i :. i/,ハヽ
    〃,イ{ {. | ト、_,ゝ--ヽ.! :. l/,ハ〈
   /i /!l l,ィT、ト、 ヽ>==ミj! ::.k〃イノ
    |{ トヽ. f´iぃヾヽ {tい|l ::lトY リ、
    ヽ l ト、ハ tリ    ゞ'',川:l|ク,イヽ:\
      | ! |小  '    /川:.レl l:l:.い::.:ヽ、
      リ| l リ| ヽ. ‐  .イ リk:ト|:l::l:.:ゝ;.-'      ……。
     / |! / !  `_フl´//'´ ヽ!::トイ、
        リ' . -‐7ィ</'   /-‐\::l::ヽ
       / r'´:,rクfヘ:.ヽ /'´ ..  :.Y´
      ,イ , ヘィ/ ハ:}:.:.〉/ /   .:.:}
       i l//_:./ /:.:.|`'´//    .:.:./



    /'    / / ,.イ  ヽ 、 ヽ  ぃ
   〃 / ' i ,イ ,!l !¦ ヽ ヽ.l   i 〉
   i { l¦i.| l !,ハ|  、{ヽ. ! l、| |   !{
   い.!⊥!Ll|__!  \斗七i|   !′
     \Vr'Ti宀、    '〔「 ,}!〉 |
     |i. ト、 iヒリ     tこソ ! !¦       ではカイジ、道案内をお願いします
.    ∥ l', ´   ,      | l|      どうも私は地図を読む能力にかけるらしい
.     li  |ヘ     -‐    ,_'l l. !
     | | ,> 、     /!、|li ト、       そのかわり、魔物との戦いは私にまかせてくれればいい
      !. レ:.:.;.ィ:l` -'´ _,.レ'|!| !、:.:>
       、 |//,.ヘ! , -‐'´   リ_:.〈
        _!..イ_∠ゝ._ ____/ > ―-、



28 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:08:45 ID:o3GNVMts



. /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|
/.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|
///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|
 / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|
.   |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|
    | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|
.   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
.    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|     石田さんもいっしょに行こうぜ
.     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|
..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|     家族に会うって、町に戻って探すってことだろ?
     |  (______) :::::::::/:::/       :::|   魔物ひしめく場に一人で行くなんて自殺行為じゃねえか
.      |            :::::::::/: :::/        :::l
       l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
        /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|
      /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
─────────────────────────────────────────────
      /            /vヘ              ヽ、
.       l            /、 -\  l\ .i,      l
     |        /、..\ ‐--\|-'\|\l`、    l
     |       /.  \..\__    ,/./\l\|
     |    __   /____\.__|    |./____」.
     |   ./‐ヽ┼|    ==== ̄ | ̄ ̄| ̄====  |
.       |  |.|-、|..| |   (    o  | ̄ ̄|. o    ) .|
.      |  |.|‐、| |..\__ ` ‐u-__ イ:   lヽ_ u-‐' ,ノ
.     |  |.l_(.|.|     ̄ ̄  l:::     l  ̄ ̄ |
       |  ヽ-'/l   /___/ l_:::    _l l.___ヽ.|
      |    / l / /  , -- 、.``‐-‐'´_____ l       いや、俺は家族を助けにいく……っ
     │  ./  ::l. /  /- 、__ ̄ ̄ ̄ __l/.l
.     /|   ./.   :::l.  |______ ̄ ̄ ̄ _/ .|      それよりカイジ君、姫様のことは頼んだよ……!
   / :::::|  /   ::::l  \_     ̄`Y´ ̄ / .|
. / ::::::::::::|. /    ::::l     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |\
:|::::::::::::::::::::|/       :::::l.   l.  l  l. TTT l l.__,l:l::::::
|:::::::::::::::::::::|\     ::::: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ̄:::::::::|::::



29 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:09:23 ID:o3GNVMts



:::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ     ろ::::  :::::::        WwwW'":::::::::::::::::wwiii::::::::.......  ;;ゝ
iiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y   ろ ≦::: :::iiiiwwiiiiiiiw;;;;;;:::::::......  ゝiiiiiWWWiiii;;;;;;;;::::::::;;;;;;;き´:::y
:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z   ゝ::::::::`Ww、iiii\`WiiiiiWWW;;;;;;;::::き:::\\ :iレWWW;;;;k'^:::::k Z
^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw   ミ:;;;;: iiWwiiiiiiWwili: lノノリリリiiiiiWk'^'`'|川 :i|/リリ-'`~;;;;: ::Z ミw
  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww   w`'^`-|i: :iiレ' .|i: l川|wW-'^"`  |川 :i| wwiiiiw::::::,,r''::::y'ww
  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW  WW  .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|^'w|川k'w^ii/'"´WWW
  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|    |:|   .|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|   |i:|
  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`^`''`'|i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|`''^`|i:|^`^''^`^`
  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^        |i: :ii|  |i: l川| |:ii|  |川 :i|  |川  |l:i|  ~^~^
  |川 :i|  |川 ''"'''''           !|i: :ii|  |i: l川|`~^~^ !|川 :i|  |川 ''"'''''
  |川 :i| `~~~^.           .  wi゙|i: :ii|  |i: l川| |レ ' .  |川 :i| `~~~^.
  |川 :i|ww  ll        ._    .    `~~~^ !i: l川| .||   |川 :i|ww ll        ._
WWWiii||wW ヽ!l/                  |i: ll川|ii||/WWWiii|W ヽ!l/
         |レ'      wiiWWWiii||wW       |レ'      wiiWWWiii||wW
  wwwiiiiw  .||
                          ,,,,,,,
  ,,,...                Wiii||wW             """,,,,,
   wWll||Www
|Www



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         ――石田さん別れてから、すでに三日が過ぎていた。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



30 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:11:19 ID:o3GNVMts



                             , ..  ..:.  ... ,.. .. ... ,.. ..    : ,,.::..,.,,::,;;::,::,,;;,::;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                   , ..  ..:.  ... ,.. .. . ..,...::,,::.:;:;;:..:;:.;:;;:,.,,,:;;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                            :..::..,....::.,.;:;..,:.:;;:,,.;.;::;:;;:;;:,;,,;:;:;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;
                                               ;.: ..,,:;:.,,;:;.:;.;.:;::,.:;:;.:;:;:;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                   ,..::,:,:,,;:;::,,:;.:,,;:;:.:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                                                      ,.,,....::;:;;.,:;:;;.,::;;:;;;;;;;;;;;;;
                                                        ,,.::.:;:;;:.:;,;;:;;;;;;;;;;;;;;
                                                         ,,..  .,...,,,..,,::.:;:.:,
                 /  /フ {三三} > '"             Y,. へ        \.           ,,.. ..;:
       _,. 、         /  l,. '´  _,. イ_,.   -‐        ,.ィ/        ヽ  ヽ           :;;  :;
.   ^ヽ-v-く」    ̄ Yヽヘ __ハ /    ̄,. -.::::::::::::::/_ ノ      .::// .::.       ヽ      l               :
  |  .l  マニ{  r 、 バ  〉...:::\ ......::::::::ー=ニ二    -ァ'´ ....::::_/ ::::::.     l.   l  ハ
  |:....:l.....ノ:、J:l>┘‐┘l/l〈 T T  \_,.ィ 、 ̄V从l/ : |: :/ ,. '´  ̄ l:::/   :::      l:   l.ノ..:/
  ー ^ ´ ト'´,..::7/: ̄:ヽヽイ ヽ   _l,. ┘二ノV ∧|:/:/     /V         i|  l::    ! ..:/
    ___ V.::::// _,.:::::::.\l7 \_∨/.:::::::::::/  fiハ     // :/ .:   i|   l::    l/
.   〈三Z〉V´厂.:::::::::::::::::/ ..:: </./i:i. ::::::/l ヽ之リ -=ニ イ .:/ :/ l  /:|   !::    l
    マソ./.ノ.:::::}三X :::」   :::::  Yi:i:i:i:i:i./  l    、:::Y:   ,. /:// , /  /  /l i| /::     !
      /.::::::__八三X/        `ヽi:i/  ハ    jノ  < /' 、/_// /l  / ハ | /.::     l
.     /.::/.::::::::.`Y´          V  /l ∧  /.:     尤戈弌ミ! / /:/:l/.::::     l
    /.::::::::::::::::::::::/             l:. / l  . 、      ヽ ー ' イ l l /イl /::: :: l  l
.   r/.::::::::::::::::::::::/ _,.ィx、    .:::.   V ゚」   i  `ヽ   ___   ィN/ ノl/.::::: : l  l |\
.  ノ.::::::::::::::::::::::/ ∧iViノ       /.::::::::::._` 个ー ,. '´:::::::::::::::::::::::.\:::l lハl l::::::::  !  lノ  :ヽ、
  /.:::::::::::::::::::::::::ヽ弋M       /.:::::::::::::::ヽ Xヘ//.::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\l从l^ー 、:  l   ヽ  :::::!
. /.::::::::::::::,..xニニx:ノ      ___ /.:::::::::::::::::/:`ヽ/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}i、ZZシ::. l:    \::::/
. !:::::::::::〃.::::::::::  ̄ ̄ :::::::::::::::,.ィi/.:::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Yi=く:::::::::...l:.    〉′



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      途中で一度だけ魔物の群と遭遇したが、姫さんがあっさりと片付けてくれた。

      たしかに言うだけのことはある。
      気まぐれで剣を握ったわけじゃなく、本気で修練を重ねていたようだ。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



31 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:12:13 ID:o3GNVMts



            ____
              // |  」_.ヽ
           |_|_|_|=|__|
            -=ニ|  Mゝ'N〆ヽ
           / (6|' テ 〈 テi`
             /  .|、 __ヽl        ――姫様、そろそろ地図の場所につきます
         /-‐/|..| \ = /|_
      /i ̄ -/ ||\__ヽ||\\
      .|,, | ̄ 〈゚.。/|::::::::::|\。/ ||
     .|,,,, |_。_\。|DER|/∠。_|,|
     |,,,  || | | |く|.|:-‐‐:|〉| | |.|,,|
      |___|| | | | i!| 38 |。| | |.|_,|
     [___] ̄ ̄ .i!|:‐--:|  ̄'|__]


              ___
           r-〆´   `ヽ、 __
            rУ´/ ,    < ̄`ヽ
         〈∧ / / / / /!i 、ヽ
         〈{ V _、/〃,/ 川 l|
       _tY/// 心く/ //Lリ !
     rーこフ7 '/ `¨′ ィタフイル′    そうですか。思ったより時間がかかってしまいましたね
      ´ ̄フ_,.イ 小、 ‐- ' `イ〃
    ___  ´ _|i辻‐`ー-</ ,/リ      カイジも疲れていると思いますが、もう少しがんばってください
  // ̄`^{ |! ̄ ̄]_,ゞ///  ̄ヽ
 f´ 〈   /_コ_―…'ゝt/´   }.  `、
  ',    //    `ヽ.   Y  / `丶 ヘ
  〉.  f'{         ヽ_ V      ,. ´



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       だが、剣の腕以上に感心したのは、彼女の意思の強さだった。

       休憩もそこそこで、険しい山道を踏破する強行軍。おまけにろくな食べ物もない。
       王宮暮らしだった姫さんには、さぞつらい道のりだろう

       なのに、彼女は弱音ひとつ吐かなかった。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



32 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:13:13 ID:o3GNVMts



         _    ,、-‐'' "ニ=_-
      -=ニ.._   \/       \
       ,、- '´                ヽ
     /                       l
    /                     |
.  /  ィ      /| ∧ i、 lヽ           |
  ///      〈 .レ ヽl > ´        |
    / // /\\  il´ ,、へN\       |
   レ / /| /|==`。!  ´===。‐ラ | |⌒i  |
.    レ レ lゝ -/   ゝ -‐ ´ | |う |  |
.        |/        / | |ヲノ  .|
        ( __   - ` --‐'´ |j |.|"   |
.          l ---------一 /|    |      ……。
         l  ≡≡   /  l  ∧ ',
         |l      /   ィ  /"´ヽ ヽ
         | ',    .イ  / l / ,.、-ヽ ヽ
         │ ヽ_/ │/  リ//    ヽ.ヽ
.          リリ   /    l/       ヽヽ



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         いままで、お偉いさん方には悪感情を抱いていたが
         彼女のおかげで、すこし見方が変わった。

         こういう人を守るためなら、兵士って仕事もそう悪くはないかもな……。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


33 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:14:10 ID:o3GNVMts



        ,.‐ -─ 、
     ,.‐'´   -‐'´  ヽ、
   ,.‐-'   十 __    i.
  |/|| l.     |   ´    l、        ――それにしても、石田さんは無事なのかね……
    l l'∧._  ! `‐-     i、
     l iラ i:)         i、       ったく、家族が心配なら町を離れる前に確認すればいいじゃねえか
     ム_,イl          i、    相変わらず要領の悪い……っ
      ヘ. |_,,. ‐i     i、.ヽ、i:、
     ,. ‐''"   _| |i |i. | i. i i l、i_
    /_,,. ‐''" ̄ l. | i | l | .l l | |  `‐.、
   /       .l !. || l. ! .l.l |.!
  /            il  !  l| l! |!



           , ⌒,ー´ ̄`<,
            /ルr,ヘ `!彡',)
            {ハトィテ| 圷,ッl)        カイジ、それは違う
             く_` | lーイ´ヽ
             __`r==彳ト-ト- 、      「家族は心配だが、自分はラダトームの兵士だから
           / /ヾ-´ヽ、 `!`! ヽ   姫の護衛が優先だ」と、石田は言っていました
           ヘ`、,'´ψ ` 、-!、-、_ /
            {ソ',-、_ /_ ヘミ、 {
            | l) | /__`!/∨ ',
           r r-、≠_r---´-、',ぃ----
         ┌-'/ /  |    ヘ r-、 |  |
         ,'  /  l   t 。   、!┐| ̄|
         .} / ̄´   `!──- { t---l
         /ミ/ ,'     l    .}-! | |
        圷,'  l      |    升!ゝ-l
         `/_,-´|     ゝ、___lソ--ノ



34 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:15:03 ID:o3GNVMts



              ,.‐ -─ 、
            ,.‐'´   -‐'´  ヽ、
         ,.‐-'   十 __    i.
        |/|| l.     |   ´    l、
            l l'∧._  ! `‐-     i、        石田さんのヤツ、カッコつけやがって
  i'´ ̄`ヽ     l iラ i:)         i、
  ) ク (      ム_,イl          i、     つぎ会あったら、酒のつまみ話に大笑いしてやろう…
  (  ク  >     ヘ. |_,,. ‐i     i、.ヽ、i:、
  ) ク (     ,. ‐''"   _| |i |i. | i. i i l、i_
  (  :  )   /_,,. ‐''" ̄ l. | i | l | .l l | |  `‐.、
  )  : (   /       .l !. || l. ! .l.l |.!
  !、__,ノ /            il  !  l| l! |!



             , ⌒,ー´ ̄`<,
              /ルr,ヘ `!彡',)
              {ハトィテ| 圷,ッl)
               く_` | lーイ´ヽ        ……。
               __`r==彳ト-ト- 、
             / /ヾ-´ヽ、 `!`! ヽ
             ヘ`、,'´ψ ` 、-!、-、_ /
              {ソ',-、_ /_ ヘミ、 {
              | l) | /__`!/∨ ',
             r r-、≠_r---´-、',ぃ----
           ┌-'/ /  |    ヘ r-、 |  |
           ,'  /  l   t 。   、!┐| ̄|
             .} / ̄´   `!──- { t---l
           /ミ/ ,'     l    .}-! | |
              圷,'  l      |    升!ゝ-l



35 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:16:00 ID:o3GNVMts



   ヽ:::!ヽ`l  : .::!: .::...:::;:イ.: ..::;:イ.:/  l :::! : :::!:.::ll::!
   /`l:::ヽl  : ::l:.::::://:..:://::/  l .::::!!::::::!l::::!l;!
   ヽ:::`/¨! : ::.:_l∠__/-/_,//   l.:::/ !:::;イ !/
    >-!'´! : :::::ト、 /。::::7ヽ¨''‐  _,,レ'--l:/:::! l!
   /;,/:.`、l : :::::l  `ー‐′     '¨7:::7>::: l
.  /,;,/:,:/:.:.! : ::i::!          `'--'’/:::i l     ……情けない
 /,;/:.,;/;.:.:.! :i :::l::!        ヽ    /:::: l l    私は石田の名を知らなかった。カイジの名も知らなかった
..ヽ、:.;,/;,;.:.:l !.:l ::::!l     ⊂=‐ ´ _,,.-i'::   ! l
   `l;,;.:.:.:! l:::! :::l !` 、     _,,-'"   !i  l l     そんな私に、石田は忠節を尽くしてくれた
   l:.;,;.:.:! _!:!l ::N   ` ‐--'7:.:._,!   l l  !i !   彼に、また、城から逃がしてくれた者たちに、どう報いればいいのか
   l.:,;.:,/ l;!!;/__      !ヾ、    !.! / l,!
  _,,,フ’      ̄¨¨''''‐、r'’:::::`ヽ、__l,!!/   __
´:::::`..、          /--ヽ_::::::::`、::::'’¨'''''i'''´:: :.ヽ
.゙::`..、      /:.`i:.:.:.:!:ヽ::::::::!::  ::: !:::   ::ヽ



   /                     |
.  /  ィ      /| ∧ i、 lヽ           |
  ///      〈 .レ ヽl > ´        |
   / // /\\  il´ ,、へN\       |
   レ / /| /|==`。!  ´===。‐ラ | |⌒i  |
.    レ レ lゝ -/   ゝ -‐ ´ | |う |  |      まずは、ちゃんと生き延びることじゃないスかね
.        |/        / | |ヲノ  .|    姫様が生きていれば、ソイツらは十分報われますよ
        ( __   - ` --‐'´.  |.|"   |
.          l ---------一 /|    |     その後はまあ… 魔物どもをたたき出せたら言うこと無しかな
         l  ≡≡   /  l  ∧ ',
         |l      /   ィ  /"´ヽ ヽ
         | ',    .イ  / l / ,.、-ヽ ヽ
         │ ヽ_/ │/  リ//    ヽ.ヽ
.          リリ   /    l/       ヽヽ



36 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:17:10 ID:o3GNVMts



             ,. -- 、
            〃´ ̄ ``
            {li
        __ -- 、ヘ ,. -- . ー‐‐へ
      ´   .  ´        `丶´ ̄ヽ`ヽ
       /  ,  '  , ' ヽ、    \ ̄\ ト、        ……そうですね
     ///   , ' / 、 \     ヽ メ  〉.
      / / , '  , '. / i ト、ヽ、 \    V メ 〉       自分の未熟を悔いるより
     / / //// // ll l ヽ \ ヽ    ヽ メ、     いまは出来ることをやりましょう
      / ////_/_i l ll l ,.. >== ヽ. ヽ    V//
     / .l ll l | ,ィテくj    ,イ j::::ハハへ  ヽVヘ.
     l   | ll l l ' |r';:jト.    |.仆ノノ N  ヽ  ヽ´ ̄`ヽ.
       八| l lト、ー‐'.    ´~~´  ,イ メ/ヽ  ヽ/ /,. -- '´ ̄ ̄ ̄`ヽ.
        | l l| i\   ___,        |メ、ヽ ヽ  V.メ. __ ,. -- '´ ̄ ̄ ``
        | l l| \        /   |´⌒ヽ\ Vハー -x
        从 ハ ヽ i >  _ _ / __ .. =ヘj ノ  V  V⌒ Xこ二二フ
         リ V ヽヽ 「 ┐r‐ ´__   >=ー ‐‐ ‐‐  、
          ,. --- / ̄ ̄ ̄   ヽ /    \\    `ヽ.
        /   / \ __ __ .. -- ‐ヘ.      \\    〉
      /   , '   / `ヽ、     ',      / /    /
     〈    , ' '´ ̄ Y    \.    i     / /    /



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         そう言って姫さんは、早足で歩き出した。

         女の身で、しかも重い鎧まで着込んでいるのに、よく体力が続くもんだ。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



37 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:18:05 ID:o3GNVMts



          、-v-r,
.        Σ::::::::::::そ
         i::::ノレヽヘ:i
.       i (i|.^・ii・^|i)_,,_ii_,
      ,,i-=''"|ヘ. ┴-/::|::::ヽ:::"''=- i,
.    /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ,,.::''"ヽi、   をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/
    ヽ" | ゙''' -r|    |    !゙
       | "''ヾ!|     .|
          |    i|   .|
        |   /| , il |
        |   |,レ'"~゙'ヽ
       .ヽ:.......:|("::::::::y
        i::::::::::| i:::::::;r'
.        i:::::::::| ゙''=i'
         i::::::::|
.         i::::::::i
         ト=-〈iiiii i i , , ,
     i i iiilll|||( __,ノ|||||lllllliiiiiii i i i , , ,
    ! ! ! !!lll||||!!!|||!!|||||||!!!!!!!! ! ! ' '



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           実のところ、こっちは体力の限界に近かったのだが、彼女を前にしては
           口が裂けても、休ませて、なんて言えるものじゃない。

           俺は頬を叩いて気合を入れなおした。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



38 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:18:50 ID:o3GNVMts



       ..,,-= ::;; .,
     ,-=;: ..: .   ミ              ┌┐ r‐――‐ 、
  彡''‐- ,,.. ::: .: ;;:爻                  | |  | r--- 、 l
,-=';;::. .: :::;..ミ ...::彡三ミ             | | └┘ ノ ノ
 ゙゙ー,,.从 . :::;.ゞr'´::. :. ...:ミ             | |    i"´/
; :: .爻 :: ..: .r': :.. .::;;;爻: . li)           └┘   └┘
ゞ . :: :;; ::.:彡-=,, .,: :::; ::彡             ┌┐   ┌┐
  ヾi:..l|  |l:::iヾl|:::i|               └┘   └┘
   li:..|l  l:::i|. li:::l
   |l:::i|  |i:::| |:::li                  ┌::、     /〉
   il::;|i  li:::|i li:::|         .  i'1   ||/-┘:::L、r‐//┐ ,、
   li:..|l  |:::li  |:::li        ./〉 |;|_r// :/Tl::::;二/ム、|  || _r─
   |l:::i|  l:::il  l:::il      r‐//┐_|:|::::::::;⊥、┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
   il::;|i  |::ll  ,|:::li   キキキvVw,キキキキ____,,l| __!」====キキキキキ─|i|l|キvVw,
  ''゙゙''゙''"i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'vVw,〟`゛: . ::. .. ''::."i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
"i´"〟ヽ`'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;''`゛゜`'”"'';'vVw,゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;
; ;'゜゛:;゛゜'゜vVw,:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:"..`'';:,,.  '゜゛:;゛゜:"i´"〟ヽ`vVw,”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜; ; :; . . : :. . . .: ... `vVw,”. ::. .. '';:,'vVw,゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;
 ; "i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟vVw,'”"´"〟`゛ .: :.  : w,'”"´"〟::. .. '゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";vVw,゜゛:;゛゜:"
;;;; ; ;'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;.. . .. : . .:....:. .";゜;;;'゜. ..   `'"i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
 ::'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:" . . .: ...    .:;'  : . ::. ..   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;



           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             しばらくして、目的地にたどり着いた。
             が… そこには、家の残骸があるだけだった……。

             どういうことなんだ……?

           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



39 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:19:50 ID:o3GNVMts



          人  //  / / // i  i   ヽ
          〉i //  / / / /  !  i i | i i |
          〈i レ | /レハメ、 /| /ハ/ l | i i
          ∧  M/fT〒z レ レナ__メ i //i | |
          丶〉  !  |ヽヒソ   f´jラ/ i /!/ | !
        / ̄∧ |  !     ,`´ / //レ' レ'     ……とにかく、その廃屋を調べてみましょう
   _,. -‐  ̄ /  /ヽ | iヽ  ‐-  /レイ
 ∠ __ ´ // / rL| | `r -‐ '´ !  |         なにか勇者殿の手がかりがあるかもしれません
    〉//  /   { i |`ー' Y   |  |‐- 、
   ∠-〈 ~レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄ |  ! .,., \
   /  `´;:' ' ' ' ' V' | ミミ () /∧' ''レ'  '' .,. `'ヽ,
  /   ,.;:'    i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、     ;:;  }



       _|     _  /⌒¨Z.._
       \       ,> `′    `ヽ
      <.   c  Z.ィ ,、      │
     . /..     /ィ'<,ヘl、vr‐、   |
          c.   >i _ノ, ||fi}    |
             /_、 ,.ノ .|レ′   {>''⌒ヽ
   ⊂ニ二_ ̄ \, -` ‘Tニ-〕l ハ.    \:::::      あっ、いや、瓦礫の影に誰かいますよ!
.     〈_;タ   /:::::::::::⊂,¨´/ レヘ.   ヽ }
.       ‘ー---‐ヘ::::::::::::::〈_// ..::::\ヽ.N′
           `ー-~フ´ ..::::::::  V:`::
               フ ..:::::::  ..::::::
              /⌒ヽ;  ..::::::
             /:::::::::::: } ::::



40 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:20:31 ID:o3GNVMts



.          ,,-= ::;; .,
     ,-=;: ..: .   ミ
  彡''‐- ,,.. ::: .: ;;:爻
,-=';;::. .: :::;..ミ ...::彡三ミ
 ゙゙ー,,.从 . :::;.ゞr'´::. :. ...:ミ
; :: .爻 :: ..: .r': :.. .::;;;爻: . li)
ゞ . :: :;; ::.:彡-=,, .,: :::; ::彡
  ヾi:..l|  |l:::iヾl|:::i|
   li:..|l  l:::i|. li:::l
   |l:::i|  |i:::| |:::li                  ┌::、     /〉
   il::;|i  li:::|i li:::|         .  i'1   ||/-┘:::L、r‐//┐ ,、
   li:..|l  |:::li  |:::li        ./〉 |;|_r// :/Tl::::;二/ム、|  || _r─
   |l:::i|  l:::il  l:::il      r‐//┐_|:|::::::::;⊥、┘/ト┘.//::::.`L「|-┘/:::トyィ
   il::;|i  |::ll  ,|:::li   キキキvVw,キキキキ____,,l| __!」====キキキキキ─|i|l|キvVw,
  ''゙゙''゙''"i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'vVw,〟`゛: . ::. .. '':_..."〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
"i´"〟ヽ`'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;''`゛゜゙'´  `ヽw,゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;
; ;'゜゛:;゛゜'゜vVw,:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:"..`'';| トレノノノ゙i.}゙゜:"i´"〟ヽ`vVw,”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜; ; :; . . : :. . . .:    州(l ゚ -゚从.゙'';:,'vVw,゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;
 ; "i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟vVw,'”"´"〟`゛ .: :.  : w,'.,[iヘV+}]つ.゙'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";vVw,゜゛:;゛゜:"
;;;; ; ;'゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;.. . .. : . .:uく/_l_|゙;;'゜. ..   `'"i´"〟ヽ`゛゜`'”"´"〟`゛゜`'”"´"〟`゛
 ::'゜゛:;゛゜:";゜;;;   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:" . . .:     〈_,八_〉゙: . ::. ..   '゜゛:;゛゜:";゜;;; '゜゛:;゛゜:";゜;;;'゜゛:;゛゜:";゜;;;



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         瓦礫の影からあらわれた女が、こちらにむかってゆっくりと歩み寄ってきた。

         アレが勇者なのか? それとも、勇者の娘?

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



41 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:21:11 ID:o3GNVMts



     i: : :/>'': : : : : :ハ: : :/: : : :/: : : / : ハ! : |
     |:ノ/: : :ソ: : : : :ア≧=―メ㍉ハ: : ハ:/ }!:. :|
     |ノ: /:人: : : :ソ ァ≧='ム/`ノ:// .ノ⌒ハ: : |
     } : ム⌒ハ: : :| ((ノ.::i}`ヾ ム /,斗-、/: ハ: }
     j: : : :{ ( {ヽ: {   乂ソ      r'::i} 〉):{ リ
     }: : : :込_   N          ヒ;ソ j.: :|
     ル': : : / : `ヽ、         '   人: |       こんなとこに人が来るなんて、めずらしいわね
    /: / : :/ : /: : :._ト、      -‐   イ: : : |
   /..:/ : : : : /: : ,</  >  _ <: : : : : |     アンタ達、勇者の知り合いかなんか?
  ノ|: ハ: :/ : /: / 丶、    / : : , : : /: ハ! :!
   レ'从: : : _,く      \ ハ : /: : : : / i!:|
      ン  ヽ      ><`丶、ハ/   リ
    /     丶、   /  } i|   i`}―-  _
  /´⌒`ヽ、    \./丶 } i}  :i! |   ,  `



     / /   /    !      ヽ、 YV
     f / /   / ィ / ハ  / |   、 |  } !)
     l〃/| 〃 {l | ! '. !  、ヽ l !  Y{
     |{ l ト lL /|!ト、l  ヽ{\ ヽ厶イ  l })
     iハ∧ハNr升≧ォ|ノ ヽヘ ,ィ≦圷! |イ
      \从{{ ト辷'i       ト辷i }}|   Y
       l| ∧ `ー゚      `ー' ハ   |      いえ、知り合いではありません
       l| ノハ """   '   """/:!ll  /     ですが、ぜひとも聞いてもらいたい用件があってお伺いしました
        仆 ヽ、  fこ)   /::、| N、
        l|  l|::::`ゝ、  _,. ヘ-、:::! 仆::〉      勇者殿の居場所をご存知なら、教えていただきたい
        lト、 j|__//}  ̄   ,ノ  ' | li/
        _ハil|-ァ' { _ <´     |/、':、
      / / |/,ィ-く        , イ  `ー- 、
     /  / /:::L_}::\    /       }\
     / { l,イ:::::::/ j::::::::\ /       /   l



42 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:22:04 ID:o3GNVMts



.   ′/: : :|: /: /-/:十-、:/: : : :/:-┼: |、  ゝ : ヽ: : i
   |: :i: : : :| :| / /|: /!: : /: ://: : /|: / ヽ ミ : : |: : |
   |: :|: :i : | :|:|斗≠=ミ// /: :斗=≠ミ.  ミ\|: : |
   |: :|: :i : |八Y´ んir个  /:/´ んr心{  }ヽ∨: : |
  │ |: :i :∧ハ 弋てソ  /    弋てソ  ル∨: : : !
   ∨|: :i∧小   ー    ′    ー  ('^ハ: : : : |
   ヽ| 八(∧ゝ""           ""ノ⌒)ノ : : : |      ……ふ~ん
    |: i :\.ヘ、      -、       ^´/: : : :i: |
    |: i: : /: ̄\_    ‘ー'      /i⌒´i : : : : !│      ま、いいわよ。ついてきて
    |: i: :,': : i : :( \      . ィ : : i: : : ! : /: :.i八     ちょうど私もいまから帰るつもりだったから
    ,: :|: |: :.:.i : :.iヽ ヽ>‐  ´  ト、: |: : i: ∨: : /:iハ
    / :ノ:│: :.|: : :| ∧ Y_  r‐、ノ \{: : |.:/{: : :{ノ/ \
   // i八: : {ヽ/ } ト、/ヽノ    〉、∧八 : :∨
 / r┬'─ヘ{'〈   j  /  ヘ〉   /|:::`ー∨\: ヽ、
.   /|:::!:::::::::::::::::::|\ 〈  /厂 〕  //|:::::::::::::::::::::`ヽ\


           ‐、――-、,,.. -――‐;:‐
           >           ̄<
         -=ニ                 `ゝ
         ∠´   ,.ィ  ハ          `、
         /   / | ./ ヽ  ト、       |
         lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |
           'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
             |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |
             l || U/       lj  |.|ソl   |
            ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |      ちなみに、ここはどうしてこんな有り様に……?
            ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |
        _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |~"''   地図では、ここが勇者の家となっていたんだが
        | |  / |  \  / u レ!  |   |
         | | /   レw、  l´      |  l    |



43 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:22:49 ID:o3GNVMts



      /: : : : :./: : : : : : : : : : :l/: : : : : : : :: : : : : : : : l: : : : : :|
.     /: : : : :./: : : : : : : : : l: : |ー-ミ: : : : :ヽ: : : : : : : |: : : : : :|
     |: : : : : :| : :/: : : :.ハ: :.l: : |   ヾ: : : ハ: : : : : : :.|: : : : : :|
     |: : : i: : |: /: : /l:/ ,': ハ: :.|    \ミ: l: : : : : : :|: : : : : :|
     |: : : l: : |/: : / / /:./ }:.|      Vミ:}: : : : : : |: : : : : :|
.      V: : l: : |: : / / /:./  ノ:/      `i:.l:/⌒Vリ: : : : : :|
        V: l: : ト、/   斗≦二 __      V / _i }: : : : : : |
       ヽ:ヽ:.伐}   ´^ 弌ゥ炒´       〉r' /l: : : l: : : |
        \八ノ       ^`         __,ィ: : ::}: : :l: : : |
          く               イ.!: : : : /|: : : !: : l:|
             l\             /  |: : : :/ |: : : l: :.:l:|    ……。
             }:.:.:ト、‐ 、       /   |: : :/l |: : : !: :リ:|
             l八l:.∧      イ   /リ: :/lリ |: : :八/lリ
            }:.:.:.:` ー‐</ _j___.ィ  /: /  /ヽ/:/|
            |:ハ:.:/  /: /´|     // /: . : . V: }
                }/  /: / ,' |     /´/. : . : . : . :∨
               /:/^/ j      /: . : . : . : . : . :.ヽ
               /: ./ ,.' ,.イ─‐‐<: . : . : . : . : . : . : . :ヽ
             /〃:/ / /: . : . /: . : . : . : . : . : . : . : . : .ハ
               /: . :/=/: . : . : 〃 . : . : /: :/´ ̄  ̄`丶: :}
           /: . ://: . : . : . : . : . : ./: :/        V|



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            ふいに女の表情が曇った。

            な、なんだ…? 聞いちゃいけないことだったのか……?

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



44 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:23:36 ID:o3GNVMts



─────────────────────────────────────────────
    /::://:::! /-=、 ,// u / _,,.-ゝ. 「ヽ l    ! , l
   /::_;イ-‐=レ'==ミ"   '∠-==ヽl=ヽlヽ  レ'レV
 /::::::::..、   o   ,≡:::::::〈、  o   ,  :|│ リ '
 ::::::::::::::::: ` ー--‐ '´三 :::::::::ヽ`::ー-‐:'.´   |│ l      す、すみません、好奇心から変な質問を…
 :::::::::::::::    ニニ  ::::::::::::::ヽ::::::::: U  |│ !
 :::::::::::::::U  ̄ ̄   U::::::::::::::::ヽ::: u   |│ .l     べつに悪気があったわではなく……
 ::::::::::::::::   U    r‐:::::::::::::::::::::ヽ.    Lノ  |
─────────────────────────────────────────────
            __
           ´ : : : : : `⌒丶
        /: : : : : : : / : : : : : >:\
      /:/: : :/ / : /: :/ : : ハ{: : : :ヽ
     ,′: /: |: |: :/l :/! : :/|:i|㍉ :ヽ '.
       : ト、| : l/Ⅳ-|イ{: :/`トリ ミ: : i: |
.      {: :lヽ|:! :!ィア行 ∨ ィ行ト }: :!:|V
     '; :V八_{ 弋)ソ   弋.ソ ハ:.N
       } :( ∧       '    , )!       あ、ちがうちがう
.     / : : ーヘ   t‐一ァ  厶i:│
    /イ :! : V 个 、 ー   イ.:/|八          ・ ・ ・
     |八 : :{ : !:.:r}>‐ 'l∨L{_リ }}ヽ    ちょっと向こうが気になっただけ
     ∨ \{⌒{  ̄>rく  } 「 }\
     /   ∨ {_/ 孑 ∨  Ⅵ  ヽ
     {    |i rく \  〉 /   |i ,/゙ハ
     〉  (\ ヽ\ Y゙i/  _,  ||/ //)
     ∧ __ヽ`ー  ∨/  ( ヽ/ `∠-っ
    {  ‘ー‐ュ `/    }   }  \  (工_
     レ个ー-、    _ノ   人_   _x-r┬ '
      \|  /`ー /  /   ∧  \∨
        { '´  //  /   / ハ    }
        人   /        /  \  ノ



45 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:24:09 ID:o3GNVMts



           .  : : : : : ̄ミ:ー:‐: .
           /: /: : : : : : : :_): : :丶:\
          /: /: : : : : : : : : :i{: / : : : : ヽ
        , ';‐y': ://: :/ : : : ,: : :i|'^'Z: 丶: : : : .
      /: :)v : //: :/:/: : ://: ;.リ {: 、\j: : : : :,
      .′'V: : '/: :/:/: : :/,_:_/厶_ ): :\!: : : : i
     . : :,i:i:i: iTiメV: : ://:_/,__ ̄` く\¦: : : :|
      i: / !:!j:i炸テい//ィ炸テい,  ミv}:|:i: : : :|
      |:′|:i从 ヒ:ン゙      ヒ:少ノ^  j仏|」i : :i:|
      |{  い; ,`^ }     ゙^`, , ,  )'´r`Vi:|:|
     `   `{                  _j^7 从!:!       えーと、たしか10年くらい前かな
         ;.   , 、         ー /: : い     その家は、ラダトームの兵士に壊されたのよ
         iヘ.   } __)        /T^1| : i: : 、:}
         |i :i\{`マ    . イ! i:i l : i:| : l\: \      それで今は、もう少し山を登った先に作った
         リ/|: ;ハ ,‐r     」L|:i l : i:| : |  ): ;ハ   新しい家に住んでるってわけ
         .ノ' |/: /} }_j _/   い!: 从: :しイ/
       ,ィ`7冖ク′'¬'´)    /`''ーミ:{ .ノ′
        /¦ , / ` ̄`viヘ,   ∨      >、
     _/{ i V1 、 ̄`i_jノ )、/ ,   /  ,ハ
     八 、{/ |  `マJ }/    、{ , '     / j|
    ′ ヽ/   }   } ,/´ ,__    ∨ .   '  リ
    ,〈  (`'ー‐ァ′  .:″ }r2>   }/   .   丨



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           女の言葉に、俺たち二人は目を見合わせた。
           ラダトームの兵士に壊された、だと……

           勇者とこっちは敵対関係にあるのか…?
           だとしたら、ここに来たこと自体間違いってことになるぞ。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



46 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:24:59 ID:o3GNVMts



─────────────────────────────────────────────
,'    〃/ V/' / 下lメ、l ./     | ,|, ィ'|::.Ⅳ i. トi::::|ハ!
{   // /ハ./  厶==ミ_メ、     イ,.|==tド/ ,ハ | ト、| |
    l/ 〈/ .i:::liく ら!::::j:i`      う!:::j::!/ ,ハ ハ:::::|
        j! i:::ハ. ヽ辷ゾ        .ヾ二ソ' /./ |. i:::|
.      〃 i::|∧           :.     / / ハ! ,ハ. i::|
     / |  i::|〈`ト、       :i     / / // |i | V|
     〈 |  i:::| |:::::|\     ,.. ..、  / /,.1/  ハト. ||     ラダ――
.      Ⅵ  !::| |:::::|  ヽ     '    / /' ,}! /イ|| |.||
        || i:;ハ.|:::::|  _,|::>  __. イ,.イ、. 〃 /}  ||. || |
       || !' |ハ:::ヽ「`_`ー―---一''´_'フ/ /_ノ  || ハ.|
─────────────────────────────────────────────

/ '" /: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::,..\
.  /::;;::::,,...::::::ト、ヽ:::メ>'、くィ,\`≧,,,_  _,,. -‐''¨ ̄
  i::/,'::::::::::::A| .>//  }ト、、))-‐'''" ̄_,,.  -'''": : : :
  |,' |::/|:::::rニミ ,,! 。_.ノノ u\:ヽ-'''": : : : : : : : : : : :
    l/ .l::i::|   。! u ,.'⌒へ. i:::ヽ: : : : : : : : : : : : : :     そ、そろそろいかないかっ
     .Vヽ!\`7  , ノ/  ,)}:::::iヽ: : : : : : : : : : : : :
         ソ-</ ,. ‐'´ ハ::| :!: : : : : : : : : : : : :     その家までどのくらいの距離があるのかわからないが
           \`'´<.フ ハ V :l: : : : : : : : : : : : :    できれば、日が暮れるまでにはたどり着きたい……!
          / /:` 、 ___/\〉: : | : : : : : : , -‐―
          〈:/ : : ヾ、` ‐--\i: : : : : : /_/´⌒
          | \: : : : : : : : : : :Lト、: : : : : <_ノ'⌒>
             !: : :\: : : : : : : : : : : \: : : : : / , -‐



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           俺は、慌てて姫さんの言葉をさえぎった。

           詳しい話を聞こうとしたようだが、それは危険だろう。
           状況がはっきりするまでは、こっちの正体を明かすべきじゃない。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



47 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:25:59 ID:o3GNVMts



   ,: : :i: i:/i: |:..:|:.i: : : |:.}㍉: : :、:.: :..: : :
.   .: : :.|:./、|:/:./|:.|: /:/:リ ミ: : :.i: : : : :.i
  i:|:.|:.|'xzュ'j//}/'/厶‐  ミ: :..|: : : : :.|
  |:|:.|i:| ' {:rj /  '"笊ミx  ミ: _j_: : : :..|
  jノ:j从 ゞ'     弋:ツ″ レ'r:yY : : |
      !  '         f:ソノ: : : |       ん……?
.     i: 、  r‐_、     , .-..:´: i: :..八
.     八:.ヽ      /|: :|: : : :|: :.|  ヽ     まあ、遅くても今日中には着けると思うわ
    / i:|: i: :` ‐ ‐r ≦____!__|:/:.i:.|: i:|
.    从{j/};ハ/jr ´   __/: ∧{:i从
      / ′ /ィ:´ ̄: : :.//{ /
        /: : : : : : : : :´: : :.ヽ
       /-‐‐ 、: : : : : : : : : : : :ハ
        :    ヽ: : : : : : : : : : :i !



  / / // / /|  l     ヾ7ヽ、
  レ{ / l| ! l l|  |_   ヽ }Y7、
   V { 「Tナトt|  |__ _ ̄  ー }ソヽ
   _ノ` フハTヽ |   |ー- ニ = }人ノ
   ヽ   ̄ ´ |  |へー‐= -ノンY
    }ヽ      |  |ソノニ二ンート'         ……。
    !     |  |´-ニ ベー'_
    `ー┬┐  |!  |ニ´不ヽ、\\___
      レ上.ニ|ト、 |イ´ |_ \\ \_フ_ ___ ,
       7/  リ ソ L_   ̄ \\_/ー-- ―┴ァ
     / ̄` ¬  lL   ̄}_   ` ー― ‐ -- ―'
     r〈_ <フ/  `う)   L_
   /    ̄TY    ヾ、   ヽ



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       俺の意図を察したのか、姫さんはそれ以上の追及をやめてくれた。

       だが、どうしてラダトーム王国と勇者が争うことになったんだろうか。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



48 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:26:55 ID:o3GNVMts



小)小)小)小)小)ハ_..(小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)
(小)小)小)小r‐'´:.:.:-(小X小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)小)小
 (小)(小)小ハ`<;.|:.l:.l:.l|:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l(小)小)小)小)小)小
  {小)小)小)小小|:.l:.l:.l|:.l:.l:/´ ̄`ヽ:.l:.l:.l:.l:.l:(小)小)小)小)小)小)
  {小)小)小)小)(|:.l:.l:.l|:.l:.l|:.[___]:.|:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.|/:;:.:.r(小)小)ハ
  (小)小)小)小)|:.l:.l:.l|:.l:.l|:.:.:.:.:.:.:.:.|:.l:.l:.l:.l:.l:.l:.l/:.:./:.:/  (小)小
   (小)小)小)ル)辷'ニrm:=:.rmニニニニニニ:/:.:.:/:/
      `''<:.:.\∨(oニニニニo):/:./:.:./:.:.:.,.:'"r'"
         `ヾ.:ハ:.:|川:.:i:l|川/:.//:.:.:.:/.:.;ノ
           ヾ:i:(oニニニニo):{/:.:.:,.イ:.:./
            V|川 /.:|川:/:.:.:.ノ:./:./
             }(oニニニニo):.:.:/:./:.:.{
            ノ:|川:l:.l:|川:.:.:.i.:.:{:.:.:.i
           /:.:.(oニニニニo):.:.:l八:.:.:{
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,r=彡':.:.:.|川:.:l:l|川:.:.:.:l:.:.:.\:\,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
w:;,:'';v'`,.;`;:,;∠:.ィ:.:/:.:(oニニニニo):.:.人:.:.:.:.:\:.>'`;:,;::,,,;v'`,.;`'';:;,:.
:,'':;,v`v:;,:v':;,:`':;:∠.:. -=|川'^ー|川/^;v.;.`ー- 、:>v:;:,'':;,vv:;,:v'':;:,:;:;
':;,':;v:;,,,;:,'w'::,,,;v''ww;:,:;'.(oニニニニo):;v:;:`''ww;:,:;.;:'':;,';:,vvw:;,:'':,;:,:;;':;,v
,;,;vv''w`:,;:,w''vvw:;,,,;;,v'l山'v:`l山vw:;,:'':,;`''ww;:,:;.;:'':;,,,;v'`,.;`'ww':;,
wv;':.,;'ww':;,':;v:;,,,;:,'`:;,;,;vv''w`:,;:,w''vvw:;,w:;,:`;w':;,':;v:;,,,;:,'w':;,':;v:;,,,



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          半日ほど歩いて、ようやく勇者の家にたどり着いた。

          ここに、伝説の勇者の血を引く者がいるのか…
          そう思うと、柄にもなく緊張してくる……。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



49 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:27:50 ID:o3GNVMts



          __  _____           __
          | |/⌒Ξ`ー \..======| |
          |/=⊂⊃=⊂⊃== \         | |
         /::( ((__人__)))::::  ヽ      | |      ……美琴、遅いお
         |___ ` ⌒´       / ̄ヽ____| |
      / ̄JJJJ‐‐- 、_   _/__ノ    /| |     やる夫はおなかペコペコだお
   _ /     ` ヽ__  `- ⌒ヽ      ./  | |
  /     ヽ           `ヽ、}    ./  /| |
 ノ                   ヽ__  `ヽ/  /  .|_|
/                   ノ|  /
                   / |/



     . :∧〉i: j/ !: :i: : ii:い:!㍉ヽ} !:l
      i: : : :!T:T:亅_j: : リ:|_ji|__ ∨!:!:|
      |¦:i:|:jッjィ弍T: /;√}リ  }:j !:i.
      |小:i'|从 ヒ:J !/i/ 歩=ッ',バj i;    _(\     はは、ゴメンゴメン、ちょっとあってさ
        |从い  ̄  j   "" .勹从ji   r‐(r1丨〉 }
        |i: 介;ヘ、  _ ___,, ,.-r个!i弋. {`J iJ .{' ,〈     あ、アンタに話があるって人間を連れてきたから
        リ/: |:i: : ト. .   イ:i: :i: | i:!: :い〉     /! }    ご飯の準備ができるまで、相手してれば?
      ノ'i: i |:i: ;人} `¨´ |人 !: ! !i\V     ^'ノ
       、j厶<   `ア下¨´  `7T^'マ{     /
      /、}   \_/ 丨 、__/ j /〉  イ
     . \ ∨ ; { { __j  } }   {/ 亅  !
     i   ヽ〉 i  〈  }, / ' i 〈/丨  i



50 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:28:31 ID:o3GNVMts



            -、─- 、  , -─;-
       ,. -─-ゝ  Y  ∠.._
       ´_ ニ=-            `ゝ
    ∠´.___             \
.     ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
   ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |
.    /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
    // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ
     l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
  .       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、
        / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._     ……?
       /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
     _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |
         / l   \/::: u  |  ,/    |
  .      /  l   |::::      | ,.イ |     |
       /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |
  .    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|
      "´   ()) |;';';';';';';';';';';';'|



      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

        小屋の中では、一人の老人がベッドで寝ているだけだった。

        まさか、これが「勇者」…?
        だが、女の口ぶりから考えるとそうとしか思えない……。

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



51 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:29:10 ID:o3GNVMts



                    , ' ⌒ヽ
                    ( ┃┃ )
                    ヽ.・ ・ノ
────────────── |/────────────────────
/: : : : : :              \
: : : : : : : :.._        _      \
: : : : : : : ´⌒\,, ;、、、/⌒`        l
====( ̄ ̄ ̄)=ノヽ=( ̄ ̄ ̄)=====.|
: : : : : : ´"''",       "''"´       l___∧,、.______
: : : : : : . . (    j    )/      /  ̄ ̄ ̄`'`  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
\: : : : : : :.`ー-‐'´`ー-‐'′    /
/ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : イ\
: : : : : : : : : :.``ー- -‐'"´        \
: : : : . : : . : : .                   \
────────────────────────────────────



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      勇者は、姫さんの顔を見ると、ハッとした表情を浮かべた。

      ――まずい、勇者は姫さんのことを知っているのか!?
      そして、ラダトームの王族は敵とみなされる……っ

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



52 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:29:56 ID:o3GNVMts



      , ∴, '´     _-_-_ 、` 、,
      ,:. ,';: +   -=ニ-_三_-`ヽ、、丶
     ` 、   ∴ 、`,       - -_ヾヾ丶ヽ,ヾ,、
  ,、-'"/,、-'; ; ,_,. --一ー-- ,.,  'i, 'i, i! i i!i
 〃/',/'!  ,、-'",,. -一ー-,、,ミ、, !  ,l l ,l',l!',l',./
/,〃,l'l, i ,r'  〃/\    \ノ〃,ノ /〃,/,/,ノ
l' ,l'i!i! i|i! ,ゝ, ,ゝゞ-ヽ\、  ^\ /,/=-´
i! i l| li !,  `' \ .\\ヽ、   ^\、 ドンッ!
'l, l' '、,ヾ丶、 -_\ .\\ヽ \    |\
 ヾ丶、`、`ゞ三_-三 \. \  \ \    λ\、
   `'ー-三- ̄-- ̄-\  \  \ \      \、
              \.  \   \ \      ^ー)\
               \  \.  ´⌒ヽ,⌒ヽ,_       ^)\、
                \  \.    人  λ\  ____   ^)\λ
                 \.  「\    、  ヽ./ _ノ~ヽ、\     |
                  \ \ \    ヽ./ =⊂⊃=⊂⊃=   て
                   \  \ .\ ./     (__人__) .\   (    なっ
                    \  \ ^|       |!!il|!|!l|   |   r'"
                     Z_ . ヽ、_\     |ェェェェ|   /   て
                       Z_   .\______/    (
                         Z_               r'"
                           Z、、            (
                            ⌒ゝ人/^ゝ人/^ゝ人/^


53 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:30:47 ID:o3GNVMts



                          /  ̄ ̄ ̄ / .__
                            /_/ ̄/  /// 7
                            匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
                              / ./     l /l / / ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━/ ./        /./ . ━━━━━━━━━━━━━━━━
                             ̄          ̄ -─‐──‐-、
             ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从_     /             \
             _)                      (_.   /            ヽ
             _)  ナカ出しさせてくださいおっ!  (_  l   \ΞΞ/         l
             _)                      (_   |  =⊂⊃=⊂⊃==    |⌒´⌒`ヽ、
             Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒   !、:::( ((__人__))):::::           \
                                     ヽ ヽ |!!il|!|!l| /    /⌒゛`       l
   ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人_          /ヽ |ェェェェ|   __ ,ノ|    ,     |
   _)                       (_         /   /⌒ ´     |     |    ,   !
   _)  子作り的な意味でぇえぇぇぇ!!   (_        /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
   _)                       (_       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
   Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒   , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
                               く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
                                `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



54 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 22:31:12 ID:3o8zj8LQ

変態だぁぁぁぁ!!?



55 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:31:40 ID:o3GNVMts



 /          /: |   |             :::::::ヽ
./..../     / /::  | :|: |  :∧、         :::::ヾ
.//     // /::    | | : | |:: ::|、         :::ヽ
. /    /: /./:::    | :|   | |: __;:|、         :::|        ,、  _
/.../../ \|/:::      |:|__, -||' __,-l、        :::|     ,,.._/ / / /iコiコ ,..、.,__
///:: \| \    _,- '| __,-|‐' ::::::\..      :::|     '‐-, .,ニ' ',コ  !┌‐-ニ¬
 / | ___\||  |||: _二____ :::::::|       :::|      '-' / /   .゛´   / / __
..  |  ̄ ̄ ̄oラ   ≡  ̄ ̄ ̄o ̄ ̄ :::::::|.../⌒i   :::|       //         //  凵. 匚!
   | ` ‐--‐/,:::::::   ` ‐---‐ '´ :::::::::| .|l⌒l:|   :::|       `´          `‐´
.   |    ::/,:::::::::::         :::u:::::|..|l⌒l:|   :::|
.    |  :/,:::::::::::::::   U     ::::::::::| ||6: |  ::::::|
.     │ /,::::::::::::_::)        :::::::::::::|.|__ノ   :::::|        ぐっ……
..    | .(.:: ' ______   ::::::::::/l      ::::|
     |  (______) :::::::::/:::/       :::|       初対面の人間への第一声が
.      |            :::::::::/: :::/        :::l      「ナカ出しさせてくれ」……?
       l   ━━   ::::::::/::  ::/      :::::  :::l
       /l         :::::/::  ::/      :::/\:: :::|     ばかな… ありえないだろう、それは……っ
      /. ヽ      ::::/:::   :/     :::::::/  \ ::|
..    /   ヽ   ::/::::  ::;/     :::::::/    \ :|
.    /     ヽ :/|::::: ,-‐'/     :::::::/_,‐'     〉:|
.   //     ::/ |, -‐'  ̄ //    ::::::/      /::\



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            勇者の子孫らしき老人の言葉に、俺たちは絶句した。

            これは、なにかの謎かけか……?
            それとも、勇者の正体はただのボケ老人なのか…

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



57 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:32:29 ID:o3GNVMts



            ____
          /_ノ   ヽ_\
         /=⊂⊃=⊂⊃=\
       / ::::⌒(__人__)⌒:::: \        あれ、意味が分かりにくかったかお?
       |       ̄      |
       \           /      平たく言うと、セックルさせてほしいってことなんだけど……
         >         <
        ( |        / )
         `|       /'
            |  (u)  / ブラブラ
          ヽ  ヽ/
           >__ノ;:::......



.   ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
 ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |
.  /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
  // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ
   l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \        いやいや、平たく言わなくても
.       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、    元から、この上なくまっ平ら……っ
      / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._
     /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |        問題はそこじゃねえよ……!
   _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |
       / l   \/::: u  |  ,/    |
.      /  l   |::::      | ,.イ |     |



58 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:33:20 ID:o3GNVMts



─────────────────────────────────────────────
            _
          ´ ̄ _,\__ __
           ∠‐- L .,.,., \
          /     、   ヽヽ、
            // / / /  i ,     i
         i i / / i  i  i i ; |
         ソi、 i__ハi /| /__|i  |
         / 〉ir┬vV レr┬vV |
          /  iヘ`┴´    '┴´リi |
        i  i`キ、  __   /i ,'       ……。
    r~~.,|i  リ´,.r`'i 、   イ/i /
    `ー― サiV∠__,.rト `ニ´-レ/ /
    ~====三彡 ヽ___}:{___/レヘ .,__ ___
   / ̄: ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   \.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.. :.:.\
  /:.:.:.: .:.:.:.:.:.:.:.:.:,___´      `__, :.:.:.:.:.:.:.:.: :.:.:.:ヽ
  i:.:.:.:.:. :‐-:.:.:i/    ̄o「  ̄  \i:.:.:-‐: .:.:.:.:./
─────────────────────────────────────────────
         ____
       /⌒Ξ ⌒\
     /=⊂⊃=⊂⊃=\       あ、もしかして、やる夫が裸だからびっくりしたのかお?
    /:::::( ((__人__)))::: \
    |     |r┬-|     |      違うお。いっつもこんな格好してるわけじゃないお
    \      `ー'´     /     今はたまたま、服を乾かしてる最中だったんだお
    /          \
    (  |          |  )
    \|    э    |/
      (    ,,,,    ,ノ
      \  、(U)ノ ノ
        \/  /
        /  /\
     ⊂⌒__)__)



59 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:34:05 ID:o3GNVMts



           . … .
          :____:
          :/_ノ~ー、\: プーッ
        :/=⊂⊃=⊂⊃=\:        ふと気づいたら、うんち漏らしちゃってたんだお
      :/:::::( ((__人__)))::: \:
     :|     { l/⌒ヽ     |:      シシシ、年取ると括約筋が緩んで困るお
      :\   /   /   /:
      /     /    \
     /     /       ヽ



    ,: : :i: i:/i: |:..:|:.i: : : |:.}㍉: : :、:.: :..: : :
.    .: : :.|:./、|:/:./|:.|: /:/:リ ミ: : :.i: : : : :.i
   i:|:.|:.|'xzュ'j//}/'/厶‐  ミ: :..|: : : : :.|
   |:|:.|i:| ' {:rj /  '"笊ミx  ミ: _j_: : : :..|
    jノ:j从 ゞ'     弋:ツ″ レ'r:yY : : |
        !  '         f:ソノ: : : |
      i: 、  r‐_、     , .-..:´: i: :..八     ……アンタ、また忘れてるんじゃない?
.      八:.ヽ      /|: :|: : : :|: :.|  ヽ
      / i:|: i: :` ‐ ‐r ≦____!__|:/:.i:.|: i:|
.     从{j/};ハ/jr ´   __/: ∧{:i从
       / ′ /ィ:´ ̄: : :.//{ /
         /: : : : : : : : :´: : :.ヽ
        /-‐‐ 、: : : : : : : : : : : :ハ



60 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:34:52 ID:o3GNVMts



        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /    ─ ~ ─ ヽ
     |   ==⊂⊃=⊂⊃= |         え、忘れてる……?
     \  ∩(__人/777/
     /  (丶_//// \


               ヽ v /
               -(m)-
                 ≡
         ____ ピコーン
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /=⊂⊃=⊂⊃=\   /)       あ、そっか!
   (((i ) ::::( ((__人__))):::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\    やる夫としたことが、同じ失敗を繰り返すところだったお
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
       |  (u)  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......



61 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:35:31 ID:o3GNVMts



               (ヽ三/) ))
           __  ( i)))
          /⌒  ⌒\ \
          /=⊂⊃=⊂⊃=\ )                      ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
      ./:::::( ((__人__)))::: \       いちおう確認するけど、外にいる連中は
      |    (⌒)|r┬-|     |     君たちの仲間とかじゃないお?
      ,┌、-、!.~〈`ー´/    _/
      | | | |  __ヽ、    /
      レレ'、ノ‐´   ̄〉  |
      `ー---‐一' ̄



      _,,-‐‐-、
     ,r",r' ̄`7ー` ̄ ̄ `ヽ、
     レ´ /'´       ''`ヽ、
      /,.' ,'  ,' l l ',  `、 `、
      /,' /  l  l'l l .l,  l  .l
      l l ,l  ,l  l .l l,  l,  .l  .l
      l ヽl、__,l,,l-l' l,ーl、,,,,l、__l  .l
      l  lx‐r‐rテ\| テr‐rァ|l  .l
      l ; 〉 Vrリ     ヒr:ツ/l  ; l      ……いきなりなにを?
      l ; l'、 ""  '  "" /l  ;.l     さきほどから、貴方の言葉は私の理解の範疇を超えています
      l ; l>ヽ、   _   /-l ;/
      l, ; lヾ,;/`iー--‐i'´ヾ;,/l ./       いったい外がどうしたと――
.      l,_l, l;;;</ `ー'7k''´'`、;l;;;レ,_
     ,r' ヽl _>-ーl''''lー-<  f´ `、
     l   `、ヾ:.:,r'7-lヾ.:.:.`;/   l
     l    ', `l-"l l:.l`ー'/    l



62 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:36:10 ID:o3GNVMts



         >‐{`' 、__ /    /    :|   :|   i    |  | |
.        〈_{\\V   /    .:|   :|   |    |  l |
.        廴V∧,-.′ `≫x、   从  i .::|   | ,   :|  jノ
         ゝ-V.{´i     iレ/≫=‐-イ :/|示爪 i .:|
      /.::::::/人|  x≦圻示ミ、/ V,ィ圻示 .ハリ
.    /.:::::::::/:/:::::|  ` 代u:ソ      ヒナ jイ: i
.   { :::::::::::/.:/:::::::|i   | :::::::        ::::〃 |       いや、外……?
.   ヽ::::::::/.:/:::::::::|i   |         ′
.     \__〃::::::::l|:   |\     -‐   イ   ′      ――!
      /.::::::::::: :从   |     r―< j/   /
.      l:::::::;:-≪.⌒.  |ヽ __{j ヽ V ′/}        カイジっ、至急外にっ
     / ̄    \ \|   |,ゝ、_|  }/}/
    /′      ハ  ヽ_/´:}:::f7フ'ー 、
.   r'7.          l|   /.::::イ´)'     \
.  / ヽ.         |  <.:::::ィ'.::l {{、.ヘ    ヽ



                  ,  -‐-`ヽ.
                /       ∟
               /          _ヽ
              /   , -、 _,.ィ.イl/l. ヽ`
              /  :{.f7/ b\|」│ N
            /    V/v ` -┌‐ル'
          /   ,/l. l ,-、 r v:|  rっ
         ,イ.イイ /: :ヽ.l |.u\ヽ_ 、j        ま、まさか、こんなところにまで魔物が……!?
        /"l/ l/ \ : : ヾ. l ┌'     ⊃
       / \   /: ,. -‐-ゞー'
      /,イ:::::::>'´ /: : : : : : ヽ    ヽ)
.      /!レ:ノ)/: : :/: : : : : : : : : |  U



63 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:36:50 ID:o3GNVMts



'"`゙ヾ                                                      _
,. '"⌒ヾ                                    _        ___ //´____
;;.:''゙' ゙ ,,)          ,.. -、                ___ //´____    `\/__〉个〈__\/´
     リ        r'"´   ⌒ヽ,              `\/__〉个〈__\/´      └\>ー</┘
;.,    '"⌒ヾ ⌒ `ヽ'  ,、_,,.;.,'´ ̄`ヽ     _        └\>ー</┘         〈/〈bハd〉、〉
          ,.、.゙、 ゙、 /l ,;'  ,.___ //´____    〈/〈bハd〉、〉          '~'^'ー'^~'
             _   ヽト、;.`\/__〉个〈__\/´    '~'^'ー'^~'       _
レ'r'"´ `ヾ___ //´____l! r'ゞ,,;'└\>ー</┘             ___ //´____
l!./ゞ、 .,.;;'`\/__〉个〈__\/´ヾi! ,/、;.,.〈/〈bハd〉、〉;              `\/__〉个〈__\/´
i´ //  ,.、 └\>ー</┘.,、_,.;'')'/ 、.,'~'^'ー'^~';:.')       _      └\>ー</┘
|/./'".,゙'"  〈/〈bハd〉、〉  .,'")ノ |i!l|_/、;., 、.,;;. ,.;' ___ //´____   〈/〈bハd〉、〉
l!/ (⌒;.,;.  '~'^'ー'^~';、.,;ll! l|.ヽ|i!l| lv/;.,、__,.、.;:ノ'" `\/__〉个〈__\/´  '~'^'ー'^~'
|、wv从/l'|、wv从/l'|、wv从/l';.,'|l! l|. |i!l| |i!|.'|i!|' 、.,;'゙:、.,;., ,.;_..└\>ー</┘
川 /|ノル'川 /|ノル' ノルバl 彡ハ///vw彡|i!|,,;.、,:'゙、,:' ,:;゙ヽ,;.,〈/〈bハd〉、〉
VjjNw/〃lVjjNw/〃レ'ヘ  lル'/vwjj/从jj/彡彡,..|i!|,,,,,,____'~'^'ー'^~'
---――''"""""´´~."""""" ̄ ̄ ̄              ̄ ̄ ̄ ̄```゙゙゙゙゙゙゙゙''''''''''―――--
:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .: .: . : .:



         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

           あわてて家から飛び出すと、外には魔物の群れがいた。
           小型のドラゴンが5… 10…… 数え切れないほどいる

           ダメだ… とてもなんとかなる数じゃない……。

         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



64 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:37:37 ID:o3GNVMts



          ,,..-''" ̄`'''''-、,  (⌒i_ノヽ,
         /  ,,..-''"エ''┐\__)  .-<
       /  / ,,..___ 亠」,,,..ヽ-"i,--;'"
       /  ./ / ,,..─"""  ̄ ̄""ヽ
      ,i  / / /     i i i__i_   \
      i  i / /   工i└ ̄ └i-   ヽ、
      i、 i ,i  i   工  ,-'"|"iヽ└i    i
  ヾヽ   i、 i、 i   工  i /"/ i └i    i ,,..-''"ゝ
   \\  i、 i i   エ  """,,.-'"└i   /// ̄
.     \\i  i \ .Π  ,,.-''┌i    ,.'' //,/
      \\ /   __| |/ iヘ| .|  ,. ~'''''''//)
      / ヽ,ヽ  [  ヽ,,'"へ |__,,,,i ,  .i i,/
    / ,_/ i i  i" ̄| |  < |,,..-''""i__i i/__
   ,/ ,/  i' i'  \ \\/ | | /|/",,_i i___ゝ      フハハ、気づくのが少し遅かったな、ニンゲン
 _/ /   i i   ,,-''\ (⌒\⌒ヽ/ヽ"ヽ.i i,-ゝ     この家は完全に包囲した。もう逃げ場はないぞ
,,コ-i i i,,,  i' i'   `'-、,/ ̄(⌒ヽ-''",,''"  i, i
i_-'',,|-|___i  i' i'  ,,..-''"/`'、, i'ヽ,.-⊿i     i, i       ――オイ小隊長、ところで、どれが勇者なのだ?
│;;;;| |_.┘ i"i'   "エ"iヽ    ̄ /'""ヽ~ヽ.,,/,/      何日もかけて、人違いでしたでは済まんぞ
 ─i i  i i     """`>-`'",,.' _゚__゚__)ヽ.,,,,/
  'ν'   ヽ,ヽ-..,,_,.--'''",,.-i''"了-ννν
        ヽ-─''" ̄   `'、 ヽ---ヽ
                 ヾソソ-ヾソ
─────────────────────────────────────────────
.     ,. ‐''"´    , , 、       ヽ
   ∠-ァ‐    くl/l/::l l::ゝ 、     |
.    /,.ィ´,ィ ,イ/\ll':u::l|:∠ヽl:ヽ、     |
    // //イ===、::::;;'====::| r=、 ゝ
     l/  :l `ー゚/:::ij~ ,ー゚-‐ ,ノ|.|ニ!}  \
  .       l:/:::::::__::,v-‐''"v |Lン ト、  ヽ、       何日も……?
        / 「I二二二二二):/|   | |`''ー-ゝ.._    つまり、俺たちをつけて来たってことか……!?
       /  ,ヽ.  --- ::::/: .!  ,|  |
     _∠-‐''7! ヽ ::::u::/:::   |  /  |          ばかな、魔物にそんな知恵があるのかよ……
         / l   \/::: u  |  ,/    |
  .      /  l   |::::      | ,.イ |     |
       /  , ヘ  lト、      |/,;1/`ヽ、 |
  .    / /  ヽl |;';`';ー-‐;';';';';|'     \|



65 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:38:25 ID:o3GNVMts



      ,. -‐ ' ̄ ̄ ̄ 'ヽ、    〉〉          ', : : : : : : : : : : : : : : :
            r‐‐< ^ヾi,   /ヽ,         ,': : : : : : :::::::: : : : : : ::
          rヘ 、  ,-‐-V ノノ., ヽ        ',: : : : : : :::::: : : : : : : :
         ノ 、 >'´   ヽ'    `'ヽ       ,': : : : : : :::::: : : : : : : :
         〉ヽ/ ,. イ   へ、、 ヽヾ,      ,': : : : : : ::::: : : : : : : :
        」v'  / 〃,'  i  i ',  ヽヾ,     ',: : : : : : ::::: : : : : : : :
          〉´  イ l | ,' ,:' |   i i ', \ヽ     : : : : : : : : : : : : : : :
       /   l__i レi | |    i l |  ト、    : : : : : : ::::: : : : : : :
       /   リir‐テ=v、i |  rィテ¬ リハ ヽ丶   : : : : : : ::::: : : : : : :
      /  /iヘ ヽL:;_,リヾヽ  L__ソ //',  i \  : :: : : : :::: : : : : : :
     rY  / i!、',       ,    /ソヽi  i',  i : : : : : : : : : : : : :    カイジ、私が敵をひきつけるっ
     | i / ii >ヘ   r ― ┐  /ヽ }| / i  i : :: : : : : : : : : :
    ,.r‐〉!/i_,. i!´  `.i 、ー一' ,ィ'≡ ゝ' //      : : : : : : : : : : :   その間に、後ろの二人を連れて脱出しなさい
  r'´,.-‐i i   i!   rL.__`ー‐'__」>!_  '"__r――‐-,: ::: : : : : : : : :
  レ' r‐------r‐‐‐i.,___   ̄i!  _,.i、‐-‐i,;'     : :: '::,: :::: : : : :
   /;:;:  ., 、    ;| ヽ, ̄ ̄ /,. Vヽ ;:     : ::::::::;: : : : : :
.  /;:;:;:  ., _ ヽ ;  | ‐-   §  /ヽ;:;   , '   : ::::::::!: : : : :
  /  '':;:;:;,.   '' ;: r'^ `'‐-  _ -‐'   \:;'     : ::::::::::;: : :::
 i     '''''    /    ,. - ┴ - .,   ヽ, ,'  : ::::::::::;:: ::

                                                     ,ィ,.イ -‐- 、
                                                   __l::::′::::::::::::::::\
                                                 ∠:_ :::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                 /_ :::::::::;:::::::::::::::::::::::::::ヽ
                                                  ̄/:::::::::/.|.Nーゝ、r;=:、 :::\
                                                 /イ:::::/v」.| ,ハ \くr}}::::::::\
                                                  l:ハ/ \.'ィ  }} ! vヽV::::::::::::::`ー
                  なに言ってんだ!                             / ,、"ノ,.ヘ. l ::::lヽ;::::::::::
                 ちゃんと生き延びるって、決めたばっかだろうがっ         /_, イ / /.冫|:::::|/::`ァ-ゝ
                                                       '´ `> '´  l:::::|::::/
                  そういうのは… 俺の仕事だ……!                  `‐ヘ.u |::::|:/:.:.:.:...
                                                            !.__ノ!:::l'::::/´ ̄
                                                                  .lル'::::l:.:.:.:.:.:.



66 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:39:11 ID:o3GNVMts



            ____
          / ~~~\
         /   ─   ─ \
       /  ==⊂⊃=⊂⊃=\
       |   ( ( (__人__)))  |      スカイドラゴンとドラゴンキッズかお
       /     ∩ノ ⊃  /
       (  \ / _ノ |  |      美琴、どう……?
       .\ “  /__|  |
        . \ /___ /



.      ,: : : : : : : : : /: : :i: : :i: :|: :.Yミ.:.:.
     i : : : : : : : :.;': i: : |: : :|: :|:.:i:.! ミ: i
     |: : :r_ュ: : : :i:.;ハ:.:.|: : :|: ;ハj厶- i:!|   ‐-、
     |: : :|.:.: : : :.:|厂`メ:-:‐|/ /'xzュ、l:リ __,ナ‐、
     |:!:.:.|: :j/}:.:i:| y"笊ミj/  ' {::rj i′   ___,ノ
.     从{:.|f^ヾ{j从゛ 弋::ソ     ゞ' :|
     /!: :.:.:|ト、ゞヾ{       ′   ;|
.    / j/|: :.|: :.` ー: 、       _   イ|     ……ん、知らない
.    / |: :.|: :,ハ: :i: :.i      ´  /: i:|
      |: ;ハ/ j/{:./{、   ` r‐く:/}: 从
       j/‐: :':´ ̄{  ` ーァく Y:ー:/ __ ヽ
      / ヾ:ヽ:.:.:.:人   / | ヽj: : : :}: :ト、



67 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:39:50 ID:o3GNVMts



             ____
           /      \
          / ─三三─ \
        /  =⊂⊃=⊂⊃= \         えーと、スカイドラゴンさん
        |   ( ((__人__)))   |
        \     ` ⌒´   ,/         やる夫が勇者なんだけど
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ         やる夫を殺すつもり、なのかお?
        /      ,⊆ニ_ヽ、  |
       /    / r─--⊃、  |
       | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
─────────────────────────────────────────────
      \\ /   __| |/ iヘ| .|  ,. ~'''''''//)
      / ヽ,ヽ  [  ヽ,,'"へ |__,,,,i ,  .i i,/
    / ,_/ i i  i" ̄| |  < |,,..-''""i__i i/__
   ,/ ,/  i' i'  \ \\/ | | /|/",,_i i___ゝ
 _/ /   i i   ,,-''\ (⌒\⌒ヽ/ヽ"ヽ.i i,-ゝ
,,コ-i i i,,,  i' i'   `'-、,/ ̄(⌒ヽ-''",,''"  i, i
i_-'',,|-|___i  i' i'  ,,..-''"/`'、, i'ヽ,.-⊿i     i, i
│;;;;| |_.┘ i"i'   "エ"iヽ    ̄ /'""ヽ~ヽ.,,/,/     無論だ。命乞いでもする気か?
 ─i i  i i     """`>-`'",,.' _゚__゚__)ヽ.,,,,/
  'ν'   ヽ,ヽ-..,,_,.--'''",,.-i''"了-ννν       死ぬ前にせいぜいあがいてみせろ
        ヽ-─''" ̄   `'、 ヽ---ヽ
                 ヾソソ-ヾソ



68 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:40:39 ID:o3GNVMts



             ____
           / ~~~\
         /=⊂⊃=⊂⊃=\           それは良かったお
        /:::::( ((__人__)))::: \
        |     |r┬-/      |         正当な殺し合いってことなら、なんの問題もない
     cー、 \     ` ̄'´    / ,一っ
    ,へ λ/           \ 入  へ、
   <<</ヽ  /          \ ヽ /\)))
─────────────────────────────────────────────
   ,/ ,/  i' i'  \ \\/ | | /|/",,_i i___ゝ
 _/ /   i i   ,,-''\ (⌒\⌒ヽ/ヽ"ヽ.i i,-ゝ
,,コ-i i i,,,  i' i'   `'-、,/ ̄(⌒ヽ-''",,''"  i, i
i_-'',,|-|___i  i' i'  ,,..-''"/`'、, i'ヽ,.-⊿i     i, i     フハハ、残念ながら、殺し合いにはならん
│;;;;| |_.┘ i"i'   "エ"iヽ    ̄ /'""ヽ~ヽ.,,/,/
 ─i i  i i     """`>-`'",,.' _゚__゚__)ヽ.,,,,/     ドラゴンキッズ40体の火炎の息、どれだけ――
  'ν'   ヽ,ヽ-..,,_,.--'''",,.-i''"了-ννν
        ヽ-─''" ̄   `'、 ヽ---ヽ
─────────────────────────────────────────────

             ____
           /   ~Ξ \
         / ==⊂⊃=⊂⊃
        /   :::::( ((__人__))\
        |        |r┬-|   |         ≪竜の神よ、天の雷を――≫
        \        `ー'´ /
    .     /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
         |  ,___゙___、rヾイソ⊃
        |            `l ̄
    .     |          |



69 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:41:15 ID:o3GNVMts



          / | \  ; / /.|  |/    ; / | \
         / / | |  ;| | .|  |     ;/ / | |
         | |  \\ ;.\\/\/\  ;| |  \\
         \\  / /:  /\/\/\\ ;\\  / /
           \\/ / ; / /|  |  //;  \\/ /
            \| |  ; \\  | //  ;   \| |
            ο..| |\;  \\|./   ;    //\
             //\;  /| \\   ;  // \ \
             | |  |; | ||  ,|\\  ; //   //
             | ヽ/'; .\\ .|//  ; | |   //
               ./\\; // .|/   ; \\ // ズコーン!!
            //  | ; | |  |    ;  / /| |
             | .|ο| ; .\\ .|   ;   \\ /
            \\/ ;  /\\   ;    /\\
              \/ ,;; / // /  ;   /// /
         ○。   | ||;; | || \\ ;  / /  | | ○      【 ライデイン 】
       。  \   . | ||/| || // ; // ///
     ○  从\从O从从/从//|/# ; /  / //。 ○ <<              /  ̄三ミ、
      。 从乂从从 と|゚U;;;と_;;;_つ人/ 。从从从/ ○             (    三三)
     O    ○ 从从从从从从乂从从从从从 ○ 。                 ゝ   三ノ
                                                   とノ  三三|)



70 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 22:41:54 ID:3o8zj8LQ

なん…だと…!?



71 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:41:56 ID:o3GNVMts



ヽ、  ̄>ー- ,.__ _______                                          「|
--<" `ヽ、,.--'"`ヽ、.--'" ̄"''''''''ヽ"" ̄"'''''_,.ー- .,                           | l r n
  ,. 'ヽ_,.. '" ` .,__,..-'" "` .,_,,,..-─"´`ヽ_,...- ''"`ヽ、_,...`ヽ、                         | l |_| l
/  <     `ヽ、  # ヽ     <      <   "''''`ヽ、                         l ヽ└'
   #ヽ、  _,...- ''"ヽ_,... ''"´ヽ_,...- ''" `ヽ、_,.メ- ''"`ヽ、_,..-'" `ヽ                     | lヽ \
ヽ      <     <    <      <   _,...- #"`ヽ#,...- ''"ヽ                   | l  ヽノ
 `ヽ、_,.#'"` ` -.,__,..-'` -.,__,..-'`ヽ、_,...- ''"`ヽ、<     <     `ヽ、                 |_j
_,...- ''"`ヽ、    <     <    `ヽ、 _,...- ''"`ヽ、_,...- '`     ,...''`ヽ                _「l「L. _
`ヽ、    \_,..-'"`ヽ、_,..-'" `'-.,__,...- ''"`#、    `ヽ、 ,_,...- ''"`  `ヽ、ヽ、            └‐┐i r‐┘
/    /               `ヽ、  (ヾ  #_,...- '' ,,,,,,,,,,,,,,,,,_  _,..ヾ `ヽ、             L| |
l   /   /    /  /         ,.. '' ヽ\      ´""""´´ ヾ   ヾ  `ヽ           └‐'
ヽ  l   l     |  l   /   / <  メ \\ ,... ''" <    ,. ヽ #  #   ヽ           n
"`ヽ.,_ヽ、  ヽ、.  l  l   l     |  ヽ  <  ヽ、ヽ- .,__  ヽ  ヾ   ,..'"       l          U
     ``''ーヽ、,,_ヽ ヽ  ヽ   l  /   `ヽ   "''ー-"-.,__    ヽ`  #;;,,   l           0
             ̄ ̄`ヽ.,_ヽ、 ヽ l     ヽ ヽ/ ヽ    "''-- .._________,,. -ノ'"'''ー- .,,,,,.-'""   O
                   ` ̄""''''ー-- ..__    ヽ丿  /   ゝ γ,,,... ''"""'''ー- ..,,,,.-""''''
                               ̄"""''''''ーー-----ーー''"



72 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:42:34 ID:o3GNVMts



            _
     ___ //´____
     `\/__〉个〈__\/´
       └\>ー</┘      た、隊長が一撃で……!?
        〈/〈bハd〉、〉
        '~'^'ー'^~'
─────────────────────────────────────────────
         ____
       /⌒Ξ`ー\
     /=⊂⊃=⊂⊃=\
    /:::::( ((__人__)))::: \
    |     |r┬-/ '    |    今のはボスしか狙わなかったけど、次は全部殺すお?
    \      `ー'´     /
    /,,― -ー  、 , -‐ 、
   (   , -‐ '"      )                  ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从人_
    `;ー" ` ー-ー -ー'                   _)                       (_
     l           l                    _)  た、退却だっ、いったん引け!   (_
                                    _)                       (_
                                    Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒Y⌒



    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

      はったりなのか、事実を述べただけなのかはわからないが
      勇者の言葉の影響力は絶大だった。指揮官を失った小竜たちは我先に逃げてゆく。

      それにしてもなんて威力だ… あんな魔法、聞いたこともない……。

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



73 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 22:43:06 ID:RUyZiZa.

なにそれこわい



74 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:43:09 ID:o3GNVMts



            (Y/ ミ 、 / / /  '          ヽ   }
          (Y{ ヽ  / / ,'  /  ,'/ ,   |   、 \
          (Y! \ / ./ ̄`メ 彡ソ /∧ |    }\ ',
           (yヘ   |  .l.イ斤ミ、   レ' __ .|!ノ   |ヽ ヽ
          八_',.  |  l| 弋_リ    ,ィニミ ノ ,. / } .}
         / /ヾ. l  l| ,,,       ヒ_ソ / .'/  //
        / / / !. `l .l|        '  ,,, /,/           見事な呪文でした!
      /  , '  / |  |! l|    ` 、   ィ  ヽ.         まさに勇者にふさわしい実力です
      ヽγ  ̄ ヽ.  ll  | ヽ、 __ , <´ \  \
         //  /   {  | _ l    __,.- ',  }        指揮官以外の敵を逃がしてしまったのは
     ∠-〈 ~レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄      }  ,'\     やや残念ではありますが……
    /   `´;:' ' ' ' '  V' | ミミ () /∧' '   / ノ' .,. `'ヽ,
   /    ,.;:'     i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、 ' ´   ;:;  }
  /     ,;''      i〉 /   ゙'゙'゙,.└= .,.  ヽ    ;  ノ



            ____
           / ⌒ΞΞ⌒ \
         ./(ー)=⊂⊃=   \
         /::(((_人_))):::::  | チラッ
         |    ー       .|
         \          /
         /         \



75 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:43:59 ID:o3GNVMts



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人__从_       -─‐──‐-、
           _)                      (_   /             \
           _)  ナカ出しさせてくださいおっ!  (_  /            ヽ
           _)                      (_ l   \ΞΞ/         l
           Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒⌒ |  =⊂⊃=⊂⊃==    |⌒´⌒`ヽ、
                                    !、:::( ((__人__))):::::           \
                                     ヽ ヽ |!!il|!|!l| /    /⌒゛`       l
     ヽ人_从人__从_从人__从人_人_从人_从          /ヽ |ェェェェ|   __ ,ノ|    ,     |
     _)                     (_        /   /⌒ ´     |     |    ,   !
     _)  性的な意味でぇえぇぇぇ!!   (_        /   /    | `ー-,,,|"   |___,ノ   |
     _)                     (_       /   /     |    |    |     ,lー─- 、
      Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒Y⌒WY⌒    , --‐-ー、_/      l     ,|    |   ,/  )   )
                              く / / ァ- ,ノ      \ノ^ノ^/⌒ヽ.j\  /^ー-‐'
                               `ー' ー´ ̄       (_イ_,イ、_,ィ'´__/   ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      /⌒ヽ
    _ |   __
  ´  >´ ̄      `ヽ _
  /   / /      \ |
     │ | , |  ト、_  ,ヽi>
 ヽ_メ ー┼‐ヘ´ \ヽ  ̄/ |、
   | | 三三   三三≠ │|
   | |│||        | i /_」      また、ですか……?
   | ,ヘ    厂 ̄}  | ,ヘ_j
   レ  ヽ、 __ ̄ ̄__/|./\\     冗談にしても、いささか悪趣味ではありませんか
       //丁|, | '\\\>
      /、|/ヽ/  |   ヽ/



76 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:44:52 ID:o3GNVMts



    ::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    /':::::::;::::::::::::::::::;::::::;ル
    ,.':::::;〃:::::イ::::::;イ:::::/
    :::::,:'.,'::::::/.|::::/.l::::/
    ::/ !:::::/__l:;へl::;'`i . r''
    /. |:::;ヘ\!'`゙ ト\| レ       (ヒソヒソ)
      |/  ', .ヽ、 o ) , ;;
      l'.   ',  `/.::v:::         い、いや、違いますよ姫様…
          ', /.:::::::::::::        あの男、どう見ても本気……! 100%本気……っ
    .        <_.:::::  -‐ '
           〉ヾニニニ         頼みごとがあるなら、体で報酬を払えということでは……?
      ,. -‐'"´{::ヽ`ー―
    '' ´:::::::::::::::::::';::';:\  ̄



   / ̄\  〈`i  V  / 、 / / / /  /i  ! !  i i
   ⌒\ ヽ 〈 r/  /≦メノ ノ /  / .! /  !  l |
___    \ } /7/   i「i;:;::::::i`ヾ/ /  |_/_ /! .iレ'
___ `ヽ   /´ ̄V /  i|{_rーソ /´  ィ:´::7 レ' レ'
  `ヽ \__ー-- i ハ  !///     /t;::/./  ヽ
    `ー‐--‐‐从lリ   ヽ /´ ̄`ヽ ー' ∧  ヽ ヽ      なっ、伝説の勇者の子孫ともあろうものが
   /´ ̄Z/ /リハ.   i|、!   V  .イ ハ  ヽ. ヽ    そんな下衆な条件を出してよいと思っているのかっ
  / ___\\  `ヽ i| >ー-- '  ,. ---、ヽ  i  }
  レ´ 三 三`ヽ\   l l| ̄`Y´⌒Y´    ヽ  l. |
 //´,. -‐‐-`ヾ. ヽ  ヽ. <こ!_____j      V j  !
.// / /f⌒Y⌒ヽ  i /     ___ `ヽ     }レ レ'
.l i !f⌒ヽ ヽ  〉r }/    ,  ´ v.   ヽ   /
.t,j_j |  }  }ー' ノ .|   /   ⌒ii⌒   ', イ
 乂 ゝ._ノ ー( __ノ< X      、   ,.  , } 〉
   弋 __ __ __ _メ.   〉   ミミヾv ィ' イ´/-{



77 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:45:50 ID:o3GNVMts



                                                   ____
                                                  / \Ξ/\ キリッ
                                                /=⊂⊃=⊂⊃=\
                                               /   ⌒ノ(、_, )ヽ⌒ \
                                   ナカ出しOK?   |   ノ `-=ニ=-  ヽ  |
                                               \      `ー'´    / +
                                               /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
                                          ミ ミ ミ /  、     、  〆ヾ ̄ `i
                                           -─´⌒ヽ_/      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
                                          ( _i _i_ト、__)l         `、´/     ヽ
      ‐、――-、,,.. -――‐;:‐                  パンパン   l||l 从/  / ヽ  ,___(u)  `  ,ヽ  ヽ
      >           ̄<                     ヾ -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
    -=ニ                 `ゝ                     ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ
    ∠´   ,.ィ  ハ          `、
    /   / | ./ ヽ  ト、       |
    lイ /''-ニ|/、 r‐\lニ\! __   |    (ヒソヒソ)
     'l.イ| ==。、i '"==。== l. l"l|   |
       |l| `ー'/  u ー‐''" | |"l|  |    む、むこうに聞こえちまう、もう少し声をひそめてください
       l || U/       lj  |.|ソl   |
      ! `|/_,. - ヽ v'    l!-'′   |    ヤツは確かに実力者だが、人格破綻、色魔のたぐい……!
      ,l  ヽ ヽニニニ二)  /|   |\. |   ここはあきらめて、兄上との合流を急ぐのが賢明じゃないですかね
  _,,.. ‐'''"~/lヽ  ≡  /  |   |  |
   | |  / |  \  / u レ!  |   |
   | | /   レw、  l´      |  l    |



78 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:47:14 ID:o3GNVMts



─────────────────────────────────────────────
            l !    l:/: / /  /ハ: .}:. } :.:|   |
            | !    l`メ、 /l  / l ハ ハ ハ ィイ:  |
            | !   N >メ、 / 〃 lハイ士::ハ: |
           /| l  l :l 、_,,ィ ヽ/ ,ノ、_,,ィ什 : |
         /: : | l  l i   ̄        ̄ 〃:  |:\
        く: ://| l  l ト、     :!     /:l:.:   |‐ 、\      ……。
         \//ム : .:l ト、\    ‐-    イヽ|:. /リ:.\\\
       ,.   ´ : : : :.:.\ |: .\.>  _  <: : : : |: /: : : : : \\\
   , . :´: : : : : : : : : : : :.:.:\: : : : >=rr=<: : : : ::|/: : : : : : : : \\l
  /. : : : : / /´: : : : : : : : : : : \: /´  ̄ ̄  ̄  ̄  }: : : : : : : : : : ヽ/
  /: : : : : / /: : : : : : : : : : : : : : :/          ム: : : : : : : : : : /
─────────────────────────────────────────────
                 _      ___
             rァ二-‐ー‐‐- ._ // ̄ ̄ ̄ヽ
           rア´         /' ヽ、
          rソ  //          ゝ、
         人  //  / / // i  i   ヽ
         〉i //  / / / /  !  i i | i i |
         〈i レ | /レハメ、 /| /ハ/ l | i i
         ∧  M/fT〒z レ レナ__メ i //i | |
         丶〉  !  |ヽヒソ   f´jラ/ i /!/ | !     ……いや、冷静に考えれば、無報酬で命がけの戦いに
       / ̄∧ |  !     ,`´ / //レ' レ'    おもむけなどと、虫のいい話であったな
  _,. -‐  ̄ /  /ヽ | iヽ  ‐-  /レイ
∠ __ ´ // / rL| | `r -‐ '´ !  |          この命一つで、わが国と民が救えるのならそうしよう
   〉//  /   { i |`ー' Y   |  |‐- 、      まして、純潔だけですむのなら、私としては迷う必要もない
  ∠-〈 ~レ'‐ .,ノ、 rり_」Lィヘ ̄ |  ! .,., \
  /  `´;:' ' ' ' ' V' | ミミ () /∧' ''レ'  '' .,. `'ヽ,
,,/   ,.;:'    i  Vo.,.,.,  () ,., 'oヽ、     ;:;  }



79 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:48:06 ID:o3GNVMts



              __  ___
.          , ´ <、 > 、  ̄ ヽ
            /  /  / ヘ ヘ ∨ヘ
.        , ´ ,     !  .∨ヘ .Ⅳヘ
             | , ´  ,   ∨ヘ .i il
              i l |V l ∨ヘⅣノ | l|
              |ヘ .i ≧ 、.Ⅵ/ハZj il
              Ⅳ l七zノ   匕ソノ .i|
              iヘ .iヽ   ,   l  ij       勇者殿、あなたがそうお望みなら
              l∧.l/:.. 、 -- , イヘ ノ     お相手しましょう
        、__i ヘ /i:::> <i|:i //____
.      , ./ --.、===´:::::::||:::::::i:// ==v== 、ヾヽ
.     , / /:::::::::∧:::::::::> ´` <i ,:::::::,:::::::::::ヘ  ヾヽ
.   // /::::::::::::::::::、イ _     i/≧/::::::::::::::::ヘ, }::::::ヽ
.  ,..:::::::::マヘ::::::::::::::::∧i   ` - ´   /::::::::::::::::::://:::::::::::}
.  、:::::::::::マヘ , -- 、:./    。i   ヽ´ ̄ ̄ ヽ/:::::> ´
  ` <:::::Ⅵ::::::::::::Ⅳ     .。|     }::::::::::::::/>´
.     ` <彡:::::::ヘ≧、  .。l   ノ:::::::::::::/
.        Ⅳ:::::::::::}::::ヘ    , <}:::::::::::::, i



              ___
            / ⌒  ⌒\
           / =⊂⊃=⊂⊃=\
         /   ///(__人__)/// \
         |   u.   `Y⌒y'´     |      マ ジ で !?
          \      ゛ー ′  ,/
           /      ー‐    ィ



80 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:48:52 ID:o3GNVMts



     .r-、
    /て )
.   ( _ノ  フ      .____
    ゝ、 〈     /⌒Ξ ⌒\
    / ハ ヽ   /=⊂⊃=⊂⊃=\
   /〃 ヘ ヽ/:::::( ((__人__)))::: \      よっしゃあ!!
   i !   \ |     |r┬-|     |
   丶丶   _ >     `ー'´     /    そうとなれば、今すぐセックル開始だおっ
       ゝ'´- 、_  y-、        \
     〈      ̄  う   ゚   y、  ヽ
        `ー― ¬、__ノ       /  >  /
         /          r'^ヽ'´ _/
         ,′  ::      `く__ノ´



      ,, -─‐-、,,-─-,、
     /        ,'⌒ヽ\
    〈  ,‐-⌒-、ノ,,,  |.  \         姫様がそこまでしなくても……っ
    /, ミ、Vヽl〉| | |,,,  |.   \
     '|\Nヘ「ヽ||_|__,|.     \
              |L.|  |       ヽ、
            | | ,,,|,        .l
.              |_|_,||        .ノ
                |::|::: :|_|       ,ノ |
             rrr´‐::: :j. L,,---‐‐'´ ノ
            i´^^i´ ̄~    ̄ ̄ ̄~i‐⌒ヽ,
            ヽ、__ヽ、______」-、__.⌒っ



81 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:49:38 ID:o3GNVMts



     /'    / / ,.イ  ヽ 、 ヽ  ぃ
    〃 / ' i ,イ ,!l !¦ ヽ ヽ.l   i 〉
    i { l¦i.| l !,ハ|  、{ヽ. ! l、| |   !{
    い.!⊥!Ll|__!  \斗七i|   !′
      \Vr'Ti宀、    '〔「 ,}!〉 |
      |i. ト、 iヒリ     tこソ ! !¦
.     ∥ l', ´   ,      | l|      待ってください。先にこちらの話を聞いてほしい
.      li  |ヘ     -‐  ι,_'l l. !
      | | ,> 、     /!、|li ト、     私たちがここに来たのは、勇者殿のお力を借りるためなのです
       !. レ:.:.;.ィ:l` -'´ _,.レ'|!| !、:.:>
       、 |//,.ヘ! , -‐'´   リ_:.〈
        _!..イ_∠ゝ._ ____/ > ―-、



      ,': : : : : i:厶:-| |:、: /:/}; ‐/}:リ、 ミ:.: : :.:.i
    .: i: : : : /:j/j从{!: /:/ /: / j/   ミ: : : :.|
     |:!{: : : : :.|y"笊ミメ'ノ //'"笊ミx ミ: : : :.|
.     从{: :|:.:.:i:|゛ 弋う′/  弋::う″!_: : : :|
       i:.:ト{ 从 `   '    `   'rくY:.:.:|
       |:.:ヽゞ:.            ,tソ/: :.:|       ……そういえば、アンタ達だれ?
       |: : :`¨ヘ      f )     ,.‐- :' : : i:|      お互い、自己紹介もしてなかったよね
       |:!: |: : : :丶           イ: : : : |: : 从
     从:.|: :.|: : : : >  ‐ <|、:|: : :i: :|: :/:i ヽ      私が美琴で、こっちが十… 何代目だっけ?
      / i :! : |: : : / \    / ヽ:.:.|: :|:/ i:|      まあ、とにかく現勇者のやる夫
    /  j/ハ;:ノ イ   ` T ´   /`ヽ:/:.j从
     ,..イ}.: : : :.:人    /|ヽ   /: : : : :>. . _ヽ



82 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:50:16 ID:o3GNVMts



          (レ!`ミ._ミY   ./ .:/.::/:/ /:/.| :: :: ::!|
          f.,.|, `.,.,_!   .ヒ-く..,,_/ / / .| :/::| :H!.
           V'!.,V"-.|   f7 ̄"7-,`'-/ //://:ノ/
          ノ ハ, .!ト-,|  i N.,__Z   '"   ,テ,"レ"
         / .//!`.'.,_'|   |.| ヽヽ     /7/!
          .//| >| ::. :|.!         ゝフ::::L
           | |レ'| !.!: ::.:|.|     ―-_,.ィ"::::|`     ……。
           | .L∠.,|ト::::|j''-.,_  ,.-'" ! :: !
           y'.,,__  |`!:/ト.,,_!入、   ,| :| !
        _,,.-'"-...,,__   レ/ /'ヒ.,_`''.'''く.| :/ハ.,
.  / ̄~,        \_'   ハ., `''\!::::レ'::::::. \
. Y     '!          \,/ /ト,く;;/"fヽ,: '::: .. \_



      /    / / /   \\   ヽム
      .'  // / /  ハ 、  ヽハ   Yノ
      l  l l | /  / ヽ \ 、 } |   |〉
      {  {」__|」ハ_イ   ヽ_、从ル   |)
      ハ 小ィテホミ、    ィテホト.  |
       ヽト、{ 辷タ     辷zタ| | |
       | ト、      ,       j l |        私は…
       | | ヘ    r ュ   ,イ/ |      私は、ラダトームの王女ローラ
       | |  >x     . イ::リ 人
       ヽ l/::::::/|` ー ' _ケjイ/、:::)      騎士団の者からはセイバーと呼ばれています
         ト、::/ 入_ x<   `j::::〈
         l__/ /ィ久、____ノ`ー>'⌒ヽ



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          姫さんは、わずかなためらいの後、自分の出自を正直に伝えた。

        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



83 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:51:05 ID:o3GNVMts



      /.:.:.:.::::::::::::::::::::::::.:::.:.:.\
     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l      俺は、ラダトーム王国の兵士、カイジです……
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
      /.::://| _,.=7:// /::::::::



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

          ラダトーム兵が勇者の家を壊した、という話は気になったが
          ヤツの力を借りるとなれば、いつまでも騙し続けるのも無理だろう。

          ヤツは姫さんが気にいったようだから、大丈夫だとは思うが
          ここで二人とも始末されるという可能性も、なくはないな……。

        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



85 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:51:56 ID:o3GNVMts



           ____
         /~Ξ ~\
       /=⊂⊃=⊂⊃=\
      /:::::( ((__人__)))::: \
      |     |r┬-|     |      へぇ、ラダトームの……
      \      `ー'´     /
     /           \
    /              ヽ



       ______ ...   ___
      /, :  ´       `ヾ、{__
   / /               ∨}_
.     ,′   ハ      l    V}、
    ,′ / /l 丶  |   |  l  |〉{
    |八人/    \| 八|  l 人ノ
      从斧x   ,ィ=x }   |. レ'
       | ∨ツ    いノ |   | Y       あの…
       | 从  '      |   |イ\
       l  ト、   、     |  /入_ \   やはり勇者殿は、わが国をうらんでいますか?
.       八 | ` ,.......,イ 八,仁ヲ:::\_}
       ヽ|,.::::::::::::::{ニニニイ::::::::::::ヾ}
           l::::::::::;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.



86 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:52:50 ID:o3GNVMts



           ___
         /⌒Ξ`ー\
        /=⊂⊃=⊂⊃=\        ヘッ?
      /:::::( ((__人__)))::: \
      |     `⌒´     |      ……ああ、前の家を焼いた事かお
      /     ∩ノ ⊃  /
      (  \ / _ノ |  |
      .\ “  /__|  |
       . \ /___ /



             ____
           /~Ξ ~\
          /=⊂⊃=⊂⊃=\
        /:::::( ((__人__)))::: \      ものスゲー、どうでもいい
        |     |r┬-|     |
        \      `ー'´     /      今でも根に持つくらい重要な問題なら
 r、     r、/          ヘ     あの時、兵士たちをぶち殺してたお
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |



87 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:53:38 ID:o3GNVMts



                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       | ==( (●) )='" =( (●) )== !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     ――それで、やる夫の力を借りたいって
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.   どういうことだお?
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7



      / :ト .  |     ′     ,    /   /     !     |
.     〈  | \|    i    /    '   /   |  l|   l|  |
      \|\ |    |   //  /}  ,   | 八  }|  }
      /八 ,.-}|    | _/‐/- /_ j/    | /}   八,ノ
      \ | r |    |{f⌒芹芋ミ/     .斗 七 / |
.       У、::|    | ゙  ヒぅ__ソ       ,≫テ芋ミメ  |
        /:/::::ヽ|    |                ヒぅソ ,  |
.       /:/::::::/::|    |             {      /   l|
      /:/::::::/::: |    |            ′   イ   l|     ……先日、竜王率いる魔物の大群によって
.     /:::::::: / :::: |    |       ( _つ       |   |    ラダトームの城と町が攻撃されたのです
      \::_/::::::::::|    | `            イ  }|   |
        |:::::::人    |    >   __ r<:::::|   八   ,     ラダトーム王は戦死、城も敵の手に落ちました
        |:::::::::::::i\ |         :ト、:::/    }  /
        |::::::::/⌒ )ノ  .. __   _,リ `  .   | ,/
        `.¨´            ̄}^ヽ     「 }/ ー- r一'⌒ヽ
      .   ´\            /r―ヘ.    |       |      ‘,
-‐… ´     `  .         /:::ヽ::::::}::\ |       |     ‘,



89 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:54:29 ID:o3GNVMts



           j: : :|: :!' : : |:,斗≠∨、/.|: : .:,|: : : :! ヾ: : !
.            ,′ :|: :! : : :|/ / / | / ! : / !:_:」_j  }: :.|
           /: : :,'⌒| : : :j,斗-ミ、.メ  | :/ | / j`ヽハ: :!
            / : : :{ ( !: : :イ r'ハ `ヽ ノノ  j/≠ 、.': :|: |
.          / : : : :ヽ 人 : :{. Vソ       ハ   )).: :|: |
.    ,____,ノ : : : : .: .:\从人 ー       r'ソ  ノ.: : :|ノ
 ―/ / 彡´ : : : i: :ヽ : : く`ヽN      ,  ―  /.: : : :|
.   i i ム_,ノ: 八: : :\: {\ト、.           ι/ : : : : |
.゙_| ! /ム__,ノ'´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ く  ア   イ : : : : : |   りゅ、竜王率いる魔物たちが――
.   } .レ' : : : : : : : : : : :∠´ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ__ イ: : : : : : : : }
.   |/.: : :: : :: : :: : ::/             ∨: : : : : : : ハハリ
.  / : : : : : : : : : :〃         ――‐ヽ、_ハハ/
 / : : : : : : : : : : :||´                }、



              ____
            /::::::::::  u\
           /:::::::::⌒ 三. ⌒\
         /::::::==⊂・⊃=⊂・⊃=
         |:::U::::::::::⌒(__人__)⌒ |       ラダトーム城を攻撃したぁ……!?
          \::::::::::     凵   ,/
          ノ           \
        /´              ヽ



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       詳しい話は聞いていなかったが、姫さんの父親まで殺されていたのか……。

       この話には、二人とも驚いているようだった。ずっと続いてきた平和が
       こんな風に破られるとは、考えてもみなかったことだろう。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



90 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:55:28 ID:o3GNVMts



        /
       /,′
       { i      __ __
       i |     ┴┴-゙ニこ.ヽ___
       ',{   . ´        `ヽ \_
        X  / /          \ ト、
       , '´            `ヽ   i \!
      /               `ヽ    ヽ_ _, ハ_,ハ
     /      |   、      |     |ー-ニ{iヘi|
     i      | ',   \    |     |-ニ三K」
     !   i | ',  ヽ ヽ.   | ノ   |ニ彡;ハ/
     | ! !l i l  l \ \ \ `≧⊥   ト.イイハ!
     乂八`j≧ト、 \ >r'"「しハ   | | } ! ノ
      |  圦 iノハ     ゞ=''| i | |ノイ        わが国を取り戻すために、その力を貸してください
      |  ヘ ゞ-゚'         | |ノイ\
      |   人  '        | |∧:::::::\       この願いさえ叶うなら、私はあなたのために
      ',ハ  i `  .  `    ..イi 厂「ヾ::::::::ヽ    どんなことでもいたしましょう
       Ⅵ 八 ,--≧==≦彡l /  !人ヽ:::::::}
        Ⅵ _/      . : : :トレ' / `¬ァ―ゞ 、
         / 」______,;ィ{ii/ /   /    ',
       / /フ 广¨¨¨¨¨ ヽ K   /         ',
  「 ̄ ̄`ヽ//∠.     . : :∨/ /        ',



       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

         静かな決意をこめて語る姫さんを見て、俺は自分が恥ずかしくなった。

         王侯貴族は、ただ民から搾取するだけの存在だと思っていた。
         ただ運良く、恵まれた地位に生まれただけの、驕った者達だと。

       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



91 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:56:15 ID:o3GNVMts



      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / ,    :::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /!./ /     ::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.U \/ l∠.=;-‐   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,, '~U~ ~′    :::::::|ヽ.   ト.
              /      u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !     ……。
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

       ――けれど、違う。
       すくなくともここに一人、国と民のために自分のすべてをかけられる人がいる。

       それなのに俺は、ただ彼らを妬むだけで
       なんの努力もせずに、だらだらと日々を重ねてきた……。

     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


92 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:56:57 ID:o3GNVMts



      , '          ,ヘ. ト、 、.._  / r‐、ヽ.
     / ./     ,イ/ /`メ.`ヽv::\ \\r 、ヽ
   . / //     / !' v/ / , ' !  :::::\ \ 、リ l
   ,'/ / .,イ ,  / l _,/ /,/ │   :::::\.ヽ._ノ
   .  ! / l ,イ ./、.  \//   ! }   v u:::::\'、
     |/ |/ W  `''‐、,,ヽ ,ノ,j'      :::::|ヽ.   ト.
              /  ~U   u ノ> uj ::::| ヽ   | i
   .           / v ‐, j /'´    :::|;   !.   |. !     ……。
               /   イ   / v   u:::|;;   !   | !
   .        / , ‐'´ノ _,/ u      :::|;;  |.  |. !
             ー''´    ̄  \_/`! u  v::|;;;  |  |  |



        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        
          姫さんの願いに、勇者がどう答えるかはわからない。
        
          だが俺は、俺だけでも彼女のため力を尽くすことを、ひそかに誓った。
        
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


94 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:57:47 ID:o3GNVMts



            ____
           /     u \
         /  ─    ─\
        /  ==⊂・⊃=⊂・⊃=
        |  U ( ((__人__)))  |
        \     |  ∨  /          あの、美琴さん……?
         〉    `  ̄´ ⌒ヽ
         |          、  \_
          !          ヽ   _⌒)



.   ,:.rv': : : : : {:{: :/.:.: : : : : : :}㍉: : : : :.i: : : :.
   ,:.∧〉: i: :/:.、∨:.|: : : : |: :i.:|  ミ: : :.:.:|: : : :i
  ,:/: : :.:.:|:/j/:.乂:.:| : i:.:.,':.;ハj   ミ:.: :.:|: : : :|
  i: : :!: : :|:`メ、j/}:,ハ:.:|:./厶斗‐  i : :__: : : |
  |:!: :|: :.i:| y'笊ミx  jノ/ ィ笊ミ㍉ !/rヘY: :.|
.  从{ハ{:.从 弋う       弋:う' ″ t:ヽ }:.:.:|
    ヾ{: ハ     ,         ゞ/ : i:|
     i:.:.:.:.    __    ι / ̄ : : : 从      し、知らないわよっ
     |:!: : ヽ   {/  ヽ     イ: : :i : : : : | ヽ
.     从{: |: :`   ゝ _ノ  /} ヽ 、:!: :j/};ハ     だいたい私は、ずっとアンタと暮らしてたでしょうが!
    /  ヾ{:ハ_;.ィ >‐r‐ </  Y: `/:ー -、
       ,.ィ: : : : {   ヽ/    | : : : : :/: :/ヽ
      / {:{: : :.:.|  /Tヽ     /: : : : :.{: :.{   ヽ



95 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:58:34 ID:o3GNVMts



           ____
         /_ノΞ ヽ_\
        /=⊂⊃=⊂⊃=\
      l^l^ln::::(((__人__)))::::\     うん、そういえばそうだお
      ヽ   L    ~~~     |
       ゝ  ノ         /
     /   /         \
    /   /            \
  . /    /         -一'''''''ー-、.
  人__ノ        (⌒_(⌒)⌒)⌒))



     /,.:::::.:.:::∧::ト:::::::::::::::::::::.:.ヽ
     ´ /.:..:;イ::/: l::!ハ:∧:::::::::::::::::|
      /::イく`く   ,斗匕xヘ:::::::::::::|
.       ´/|==`ei i!===e==:::|:rx::::::|
.       |`ーァ':::: `ー ' u:|:|n|:::::l
       !/.::::__, u   .:::::|:|り::::::l
       └'に二..つ .::::,.:イ: :::::::::::l    アンタら、いったいなんの話をしている……?
         ',  ━  .:::/.:/::::::::::::::::l
.        ∧  .:::/ .:/:::::::::/\:::l
.         /.:.::ヽ.:ィ゙_,, ィ/:::::::// >l
.      イ.:.::::xf='´  /::::// /::`
      /.::://| _,.=7:// /::::::::



96 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:59:12 ID:o3GNVMts



            ____
          /      \
         / ─三三─ \
       /  =⊂⊃=⊂⊃= \      魔物に城が襲われたのが事実でも
       | u. ( ((__人__)))   |    敵の大将が竜王っていうのは間違いだお
       \     ` ⌒´   ,/
      /           \
     /              ヽ



         r ェv-‐'‐ _
      r ,ァ´       ̄ '‐-.,__
     x/ ,   ,  ,  i  l  , ヽ ̄ ヽ,
     /j ミi  /  / ,'! ハ  :i  ヽ  〉
     〉iミ:i  i,'  〃 // / |  :| i ,ヽ.
    i ト、|  ト メ レ'/ /  |  /!|  i i
    Y', r┐ |レrーゝ レ'   レハ i  ハl
     >i !6| | ゝ⊥ノ    r'y‐レ! / !
.    / 'ヽj  !       ヽ'ソ /レ'       なぜ、そんなことを断言できるのですか?
   /  ,' ヽi, |     ′  /  i|
   〈  ,'  |'i | 、 ⊂つ  /|   j!       城に攻めてきた魔物が、言っていたのですよ
   ヽ~‐'へヽj `ーr‐ ''´   ! /!     「これからは竜王様が世界を支配する」と
   , -‐〈    `''> < ヽ、_  | /
  / ..  ヽ、 _∧_/<i、/ `''‐ 、



97 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 22:59:28 ID:IreuNg1I

まさか・・・・



98 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 22:59:53 ID:o3GNVMts



  /: : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :|\: : : : : :ヽ: : : : : : : : : :ヽ
  /: : : : : : : : ,': : : : : : : : : : : : : :|  \: : : : : ヽ: : : : : : : : : l
. /: : : : : : : : :.l: : : : : i: !: : :.|: :l: : |   \: : : : :V: : : : : : : ::|
/: : : : : : :.ハ: ::|: : : : : | |: : : |: :l : :|     ヽ: : : :}: : : : : : : ::|
|: : : : : : : | |: ::!: :从: :| |: : :.ハ: |: iリ ___  》: :>-、: : : : :i: :|
|:ハ: : : : : :| |::/ !::| l: | l: : //斗七´      ∨ ィ^ V: : : :l: :|
|:l !: : : : :.:| l/ |/ト、八j: // ノ ,孑ヤた圷     〉 }l: : : ::l: :|
l:l |: : : : : : ', ィf坏≧ト /     弋トz少    y'__ノノ: : : : !: |
|l V: : : :ト、:ヘ 弋zり              _ /: : : : : l八
l!  ゝ: : :|: :ゞ\                /: : : : : : : : : ::l: : ヽ
    \|:.:.:.fヽ`   〈         u  イ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.l:..:..:.ト\
      |:.:.:.| 圦               / ト、:..:./|:..:..:..:..:..:l:..:..:.|   \
      |:.:.:.! |:.:.:>   丶 ‐    /   l  V |:..:..l:..:..:..l:..:..:.|      あー、私が竜王、だから
      |:.:/ ,':.:.:.:.:.:.:.:>       イ    イ  \!:..:..|:..:..:..l:..:..:.|
      |/ /:.:.:.:r 、:.:.:.:.:.:._「 ´ l_ r─<´      V |:..:..:八:..:..|
    ノ⌒ー'<: ! |:.:.:.:.,ォ' r=┴ 、          /: :\:/  \:|
.    f'  ー- 、 ! |:.// / o } ヘ        /: . : . :>、_  \
   } ー─、 }-' .|´: / /   l!  V     /: . : . : . : . : .>、_
    |  ーゥ l‐'  .}: .:L.イ or‐'   \_,.ィ: . : . : . : . : . : . : /: .>、
    | /{_/   /: . l: .|   }     /::/: . : . : . : . : . : . :/: ./   \
   }   }  /: . : l: .|  ,'   /::/: . : . : . : . : . : . : ./: . :/ /   ヽ
.    |    ノ  /: . : . l: .| /   /::/: . : . : . : . : . : . : . :/: . :/ /      |



99 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 23:00:27 ID:o3GNVMts



      /`, '" ̄ ̄`゙ ヽ__
     </ ./  i    ヽ ヽ
    <'/  l  /l ,l l、 ヽ、ヽ
   </l  -l-/__l/ { / _ヽ_l_l,-li
    /'l  l' ○  l/ ○,l i/,l
    >,l ⊂⊃      ⊂⊃l
   / /,トl l l         / l    え……?
  ヽ,_/ヽl`lヽ 、  ' _ -‐'l l
    `゙' ヽl_/"i`゙‐┐-〈`゙゛l/
       l;;;;〈_;;;;;;//-,二、
       ヽ__;;;;;l_l / /`/{`゙h,


      -=ニ"`v''"ニ=
      ,r''´      ニ=
.     f             `ヽ
    |.         h   ヽl
.   |      ノ|ハ   ヽ
    |   ノレ、_ン 〈 ヘ|ヽリ
.    | fr||ヽ・ラ 〈・ラ/
.    / .ゞ||    r \
   / ,イ |ヽ(二二二ブ       ……。
.  / /`'l .l \ ≡ /
 /ィ/ \ l |- 、|\/
. /     /\ゞ  `l



100 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:00:38 ID:2VE9.RMA

なん…だと…!?



101 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 23:01:07 ID:o3GNVMts



─────────────────────────────────────────────
              !  :::/,:::::::::. jv     ,/:::|.|~)/     l、
          ノ! ,/,:::::::::::__::)  _,,.-‐"  ::||_ノ       i、
          / iー_____ ,,. -‐''フ::::/!     !゙!‐ 、._. ヽ、
          I_,. ‐'i`‐ 、.____,,. ‐'´:::/: │   │l   ` ‐-    クッ…
    _,,. -‐'"´   ,.!  ___,,   :::/::   !    ! i‐ 、._
   /i     _,,. -‐1 ヽv  ̄ ̄   :::/:::    !   i' .i   ` ‐-
  / .{_,,. -‐'"´     !  ヽ、   .::/:::    i'  / /
─────────────────────────────────────────────
  , -─                \
∠.-─;:-    , ,ハ           ヽ
  /     ,.イ./|./::::ヽ. L、ト、        .|
. / ,イ   /‐K」!':::::::::iゝl-ゝ!'\i、    |
 レ' .! ,イ ,イ===。、:::::_"===。=:l. r‐ 、  !
   |/ l/ l:::ー-/:::::´ `ー-‐,,´:::| Fヽ ! |
       !/:::::__-,  -‐''" ::::| Lソ/  !      ククククク……
      `T、--;‐=;===ニヲ.::::::l└ ' 、 ヽ
      /! `'ー-'---‐ '´:::::/i    l \\   アッハッハッハハ……!
      / _ヽ  ー一 .::::/:: !   /  |`ーゝ、
    ,.∠-‐'' | ヽ.   :::/:::  i   ,/    |
  ̄       /.|  ヽ;:イ::::    ノ  /' l   |
       /  !   ト、._   /  /  !   |



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

            唐突に笑い出した俺に、三人の視線が集中したが
            どうにも笑いが抑え切れなかった。

            姫に勇者に、あげくの果ては竜王か……!

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



102 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 23:02:07 ID:o3GNVMts



          ____
        /⌒Ξ`ー\
      /=⊂⊃=⊂⊃=\
     /:::::( ((__人__)))::: \
     |     |r┬-/ '    |       カイジ君、どうしちゃったんだお?
     \      `ー'´     /
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
     / rー'ゝ       〆ヽ                             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|                               |  クククッ……  >
    | ヽ〆        |´ |                             \______/


     _____ _,. -,‐-―‐- 、 _
   /'´ ̄∠. X´ ―- 、   ヾャ._
  〃  /´     、ヽ. ヽ.ヽー-Yj
 /′/〃 /|l 、\ヽヽ.i :. i/,ハヽ
   〃,イ{ {. | ト、_,ゝ--ヽ.! :. l/,ハ〈
  /i /!l l,ィT、ト、 ヽ>==ミj! ::.k〃イノ
    |{ トヽ. f´iぃヾヽ {tい|l ::lトY リ、
    ヽ l ト、ハ tリ    ゞ'',川:l|ク,イヽ:\
     | ! |小  '    /川:.レl l:l:.い::.:ヽ、  ……さあ、私にもよくわかりません
     リ| l リ| ヽ. ‐  .イ リk:ト|:l::l:.:ゝ;.-'
    / |! / !  `_フl´//'´ ヽ!::トイ、
       リ' . -‐7ィ</'   /-‐\::l::ヽ
       / r'´:,rクfヘ:.ヽ /'´ ..  :.Y´
     ,イ , ヘィ/ ハ:}:.:.〉/ /   .:.:}



          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

             まるで、おとぎ話の世界に迷い込んだみたいじゃないか?
             ひどく――

             愉快だった。

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



104 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/24(木) 23:02:36 ID:o3GNVMts

以上で第三話は終了です
次回の第二話は、月曜の夜10時ごろに始めるつもりです



106 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:03:49 ID:nD/OapyY

これ第3話だったのか…
まぁ乙でした



107 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:04 ID:.KGQFi2.

一話じゃなくて三話って事は、次回の第二話は過去話かな?



108 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:09 ID:6E3wa7i2



何時の間に時間が逆転したんだろうw



109 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:34 ID:.KGQFi2.

忘れてた

次回にも期待してるお



110 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:35 ID:TZSIa80I

乙でした。
遡る形式なのか



111 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:38 ID:oogO0MJc

乙!

いきなりカッとばしてるイカス展開だったなwww



112 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:04:41 ID:oiR2F2Ug


第一話じゃね?



113 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:08:12 ID:2VE9.RMA

乙でした。
Vガンダムみたいだ。



114 :名無しのやる夫だお:2011/11/24(木) 23:09:17 ID:0TIGR8B6

きっと勇者と竜王の過去があかされるんだろう



116 :名無しのやる夫だお:2011/11/25(金) 21:26:09 ID:.XY/DvMI


オススメスレから来ました
展開が色々予想外過ぎてこの先が想像つかないw



117 : ◆GKWkPA0Oh6:2011/11/25(金) 23:03:11 ID:RYSFuv82


わかり難かったようで済みません。話数は時系列順にナンバリングしています。
ですので、次回の第二話は、現時点より過去の話となります。

>>116 確認してきました。読み終わってすぐにおすすめしてくれた人がいたんですね。
どうもありがとうございました。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

21771 (´∀`) 2012-01-13 10:55
これは期待

21772 (´∀`) 2012-01-13 12:02
なかなか期待

21778 (´∀`) 2012-01-13 15:50
面白そうだ

21786 (´∀`) 2012-01-13 19:57
楽しみにしてるわよ!

21798 (´∀`) 2012-01-14 07:21
もどってさらに期待

21840 (´∀`) 2012-01-15 01:38
最初は遡るのか。
まあ、一番盛り上がるところを先にやるのは一つの手段だな。

21896   2012-01-16 20:45
この頃はよくいるチート系やる夫だと思ってたんだよな……

22607 (´∀`) 2012-02-04 23:51
今から読むけど時系列めちゃくちゃだな
ヤミと帽子みたいなだな
以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。