やる夫.jp ショボンあんてな  まとめサイト速報+ Fast2ch まとめちゃんねる LogPo!2ch やる夫短編集地獄編 阿修羅編 やる夫観察日記 ヌーそく やる夫見聞録


お知らせ
したらば掲示板の内容をlivedoor Blogの利用者に限り転載可能としました」の関係でfc2での更新停止します。
今後旧AAまとめブログ(http://blog.livedoor.jp/aamatome/)で更新します。

・しばらくしたらこのブログのコメント欄は認証にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薔薇水晶と白饅頭な村人A 安価&裏話

350 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/14(木) 20:31:36 ID:r6CRggkc

ここは紳士の多いインターネットですねw

ほいでは、予定通り21時から安価を開始致しますよー
一応、も一回ルールを張っときますね



21時に>>1が「ここから↓三つ採用!」と書き込みますので、
そしたら登場キャラをリクエストしてください

先着3名のキャラが、次回作に登場いたします

以下のルールというか決まりを守ってくださると助かりますw

1.安価はお一人様、一名まで


2.AAが存在するキャラである事(1枚でもあれば、問題ありませぬ)


3.ローゼンメイデンのドール(水銀燈~薔薇水晶)は採用いたしませぬ
 

4.どんな役所になっても、チョイ役でも泣いちゃ駄目よ!


後は、出来るだけ「薔薇水晶と白饅頭な村人A」に出たキャラは避けてもらえたら、
新鮮味があって良いかもしれませんw
勿論、「あのキャラをモット見たかった!」という場合は、安価して頂いてもOKですタイ


薔薇水晶と白饅頭な村人A


351 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 20:39:36 ID:mXajsq5g

了解



352 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 20:42:54 ID:GKJLPdGE

把握



356 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:02 ID:r6CRggkc

では、時間になりましたので……
安価、開始致します!

さあ……「ここから↓三つ採用!」



357 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:04 ID:d82z2.Nw

冴羽 りょう(シティハンター)



358 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:05 ID:GKJLPdGE

シャーロット・E・イェーガー



359 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:05 ID:IgXYz1p2

キル夫
顔は怖いけど心は優しい奴で




360 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:06 ID:HRiKNzg2

シモン(グレンラガン)



361 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:06 ID:I4LgTKxo

宇佐見蓮子



362 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:07 ID:QDyjMqnE

遠坂凛




373 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:00:47 ID:fygJpQ9.

うわー、みんな早いわー



375 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:03:04 ID:r6CRggkc

はい、ここまで!
というか、予想外のレス数にびっくらこいてますw

皆さん、ありがとうございました!

ほいでは、安価決定のキャラは……


1.冴羽 遼 (シティーハンター)

2.シャーロット・E・イェーガー(ストライクウィッチィーズ)


3.キル夫 (やる夫派生)


以上の3キャラが、次回作に登場いたします!



387 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:07:48 ID:GKJLPdGE

作品名書くの忘れてたな・・・
お手を煩わせたようでしたらすみません




390 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:11:06 ID:r6CRggkc

ともあれ、安価にご協力くださった皆さんには、重ねて感謝を
させてくだされ

残念ながら安価を取れなかった方々。
安価キャラが少なく、申し訳ありません!

代わりと言ってはなんですが、
村人Aでの特別安価等々で再び狙ってみてはいかがでしょう?


>>387
いえいえ、大丈夫ですよw
フルネームでしたから、分かり易かったです

さあ、ストライクウィッチーズを借りにTUTAYAへ行ってくるか……



392 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:13:38 ID:rix.WK8w

>>390
特別安価はいつやるんですか?安価スナイパーとして今回逃したのが悔しくて悔しくて



393 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/14(木) 21:16:53 ID:r6CRggkc

ちなみに、特別安価込みの番外編は、
>>322でチラッと触れましたが、大体来週の土曜辺りを目処に
お届けできれば良いな、と思っております

ですので、もうしばらくお待ちくだされ!



437 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:45:17 ID:j5skVEo.

っと、すみません
遅くなりました!

ほいでは、少しだけ今回の裏話を始めますね



438 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:46:49 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│                                  │
│ さて、先日大団円を迎えた                 │
│ この「薔薇水晶と白饅頭な村人A」ですが……、    │
│                                  │
└───────────────────────┘


           __   - ―― -  _
        __,ィ泌V         f7泌〉- 、
       / /7ゞ=ュヲ         ゞ=イ仄ヽ\
      . / / .レ|::|ヽ            |::V:::V \\
      / /   Vヽ!  _    _  V \I //
      \ヽ  / .:| :!从从 ∧从从 |   | \\
       / / .′ 八从ー= Vヾ:f{泌}从,   |  / ./
      ./ / !    ヽ ::::    ヾ==ソ/   |//
      {X{  |   /≧_ ー_, <〃 //
      \\.!   {_/_; : : 〈薔〉: : ;_;_〉  \\
       \\    ゞ:`ーイ^Y:ーイ/.    l\ヽ
       //  __|: : : | : |: : : |__    !  ヽ\
      . 〈 く |    》:.:.|: : : | : |: : : |:.:.:《   ′//       -  - 、
       \ヽ    ̄7__∧∨∧_∧ ̄:  / .//       / (ー ー)ヽ
        /∧ ∧/: : :~¨’: ~¨: : :∨从/ .〃         ゝ(_人_) ノ
      .  〃  V  {ミ辷彡ミ辷彡イ    `\        .(  ∨  )
      ./        ヾ@||@/  .                  |\( _r´|
                ゞ^イ                 (_| |_)









┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│ このスレを連載するにあたって、まず                           .│
│ 三つのルール……というか、「決まり」を守ることを念頭に置く事にしました   ....│
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘



439 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:49:04 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────────────┐
│ 一つは、「どんなシリアスな状況でも、コメディ要素を忘れない事」    .│
└──────────────────────────────┘


┌────────────────────────────┐
│ まあ、具体的に言えば↓のような心意気を忘れない事ですw  .....│
└────────────────────────────┘



          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン



            // _,.-'"::/:::::::::/、:::::=三::::::::三ミ:::
           /r'゙ //r''"::::::::::::;/:::::┏┓┏┓ .ミミミ:::
           /::::::/:/::::::::,r'''''''"::::::::┏┛┃┃┗┓::::::::::
           /:::::::::/:::/:::::::_,,、-::::::::..┗━┛┗━┛::::/::::
           j::j:::::::::;ノ/::::::::::::::::::::::::: ┏━┓┏━┓:::::::::::
         l::i゙i::::/::/::::::;r'''''''''''''''";;;;.┗┓┃┃┏┛:/:::::::
          |:l::V::/:::::::/;/;;;r----- 、_;;;;┗┛┗┛.:::/::::::::::
          |::|::l::{:::::r'゙:i;;;r', '       ゙ブ;シ::::/::::/;i:::::::::::
        j::::!::l;:i::::{::i:|;;r'  ○  ,.-'";;/::::/::::/V!:::::::::::
        /::ノ:::ノ:}::::レj;;;;!::...  __,/;;/::/:::::/:::l、:i|::::::::::::
        l:/:::;ノ:;ノ//;;/,.-‐'";;;;;/:::::;'゙:::::/::_r;>´゙i;|:::::::::::
       j::l:::/:///;;;;;;;;;_,,r''"::::::::::::::::/__:r゙Y゙lヽト、!i!::::::::::
      ,/:::/::::/:{;;;;;r''"::::::::::::::::::::::/rニv‐Yiヾ!:Vクミi;!::::::::
       /:::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_,,.-''" __r‐゙i、|ヽ,|ヽ,,/::::ミミ|:::::::::
     /:::::::::::::::::::::::::___,、-'ニ、__r:v'゙i、.|、Vト、ヽ,./::::::ト、_)|::::::::
    /::::::_,,、-'ニv=v‐v〈`ト、.|、l;ハ|ヽ!`' ト|,ヽ,/::::::、トヽj:/:::::::::
   //´゙ヽ,l, |;、 lヽ|ヽ|ヽトi`'`'`'   、ト、ト、,/:::::::::ト、l,`'ク:::/::::ノ
   ´     ヽ,! ヽ!ヽ!`'      、ト!ヾy'::::::,、ト、゙!`Y/:::::::/
                   ゙i,`;/,、 ト|ヽj゙し'":::::/



442 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:51:51 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ これまでのシリーズでは、前半は明るくても         ..│
│ 後半になるとシリアス一直線になりがちだったので、   ....│
│ 今回は終始お気楽な雰囲気を保つ、というか……     .│
└─────────────────────────┘


                                        
             :   ィ、                      
               /  \_         ___.    
               \    〉       「     ゙ュ    
                /    /        |   / ̄.   
            :  /   |         |   │.      
              /   /         |   │      
              /   /          |   │ :     
              ト、    \         /   |.     
               ゙、     \     /     | :     
                \    ヽ__ _/     .| ::::::::::::::::::::::
                  | ::::::::  /´ ::::::::   ./ :::::;:::::---::::::::(⌒;;⌒
              :.   |      i   しり  | ::::::::(⌒;;;ソ⌒)(⌒;;
)(⌒;;ヽ;;`)⌒;;,,.⌒)::::::::::::::::::::::::::::    "゙       |  ;;,,,,,,)ソ''"''')ヽ);;;;;
;ソ⌒;;;;''')ヽ);;;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)⌒;;;;;,,,,,,)ソ''⌒;;)___|_ソ'';`)⌒;;;;''')ヽ);

         , '´ ̄ ̄` ー-、
       /   〃" `ヽ、 \
      / /  ハ/   U \ハヘ
      |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ   ちょ、やべえドン引きされてるにょろ!!
      |i | 从 ●    ●l小N.   早く、早く立つっさ!
      |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂li|ノ    
      |i |   j  (_.ノ   ノi|__/⌒)  >あ、頭がつかえて……出られねえお!
      |i | _ノ >.、 __, イl |::::ヽ/ .  
      | / ヽ:::::ヘ三|:::::/l| |',:::::ハ  ああ、もう! 最後の最後まで世話を焼かせる白饅頭にょろ!
  ___.(⌒ ヾ_ヽ \:::∨:/ | | >'''´



┌────────────────────────────┐
│ 根底に「明るく楽しい」を置いたまま、最終回まで突っ走ろうと    .│
│ した次第です                                .│
└────────────────────────────┘



443 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:52:29 ID:ZHsjde7c

うん、まぁその心意気はひしひしと感じてたよw



444 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:53:40 ID:j5skVEo.



┌───────────────────┐
│ ほいで、もう一つは……             .│
│ 「完全無欠なハッピーエンドにすること」  ....│
└───────────────────┘

                      ̄....._ >‐-, <´__   `ヽ __
                       ´::_::// /          __`   、
                    _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
             -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
         /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
           く /  ____  /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
          ,`-'"´:      `¨ ‐ 、 | l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
        /. : : : :            ヽ、. l `/ト l、i ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
      ,,.'. : : : :                ヽ、 /,l _L!/`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\   _,n_00  __   00        ∩
     /. : : : : :                  ヽ、!    ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !        └l n |    | | r、    [][]「l ∪
    /. : : : : :                     ヽ     レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l            U U    |_| \>    くノ ○
   ./. : : : : :                      ヽ       j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !
  /. : : : : :                        i           Vl/ト彡l/// l/ l/  !
  /. : : : : :                          l     ′   ヾ二 メ/l/        !
 ,'. : : : : : :                         /  つ    u  、_ノ /ノl /  l    l
 i : : : : : : :                        /、         ̄∠ ノl/   l    l
 ', : : : : : : :                      /_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ヽ、: : : : : : .                   / :::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.   i    !   ガバッ!
   ヽ、:_: : : : .                 /: ̄:::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
      `¨i : : : : :               ヾ::ヽ::::/.::::ヽ:::::r=ヘ、.....|\     /\     / |   //  /



445 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:55:54 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│ 感想のレスでもありましたが、               │
│ 「童話」のようなお話を目指していましたので、      │
│ 「めでたし めでたし」で終わらせたかったのです  .....│
└───────────────────────┘








┌─────────────────┐
│ ……本当の童話は恐ろしいよ?     .│
│ とかの突っ込みはこの際無しでw    .│
└─────────────────┘



446 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:58:06 ID:j5skVEo.



┌───────────────────┐
│                          ......│
│ なので、このお話では今まで以上に      .│
│ 「お約束」を目一杯詰め込みました!    .│
│                          ......│
└───────────────────┘



 .,,_:::::-、    \   :   ;   !
   l!゙ 、\    ヽ ,:'   '    |     
   ゙i, ヽ::\          _,,r'li  
    ヽ  ゙''{ ・, 、ヽリ/  , r:::'i" /ヽ 
_     ゙゙ ̄" `''”j,r'r”_‘-’_/,r'  ,' 
 ゙:,      ...: : jl゙゙'l゙ "⌒ i'  ,'  
  l     ,,;..: : : :j |     ! /  
  i   ,r==゙ 、、 j j   :,r' /   
  ,"  .|l゙(゙\  `ー,'  ,イ/    
     l! `ー:==-i|  / r'  
    l!       i!   /  
    :|   ' ⌒ ` i'   ./   
    j       j'  /    
ヽ       ,r'    /     
: i:\    /   /|  __
: : : : ヽ、___/: : :i⌒\ \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                \ヽ
                 ヽ \
  ト、     __        )  }
、l;;;;;\_/;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;‐-、,,_/_,.ノ
;;;`;;;;;;;;;;;;;;:;;:;;;;:;;;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;;::;:;`" ̄~\
:;:;:;:;:;:;;:::;:;::;:::;:;::;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;;;;;;;;;;;;;<⌒ヽ\
:;:;:;:;:;/:::;::;::::;::;:::;:::;:::;:::;:::;::;::;::;:;:::;ヽ;;;;;:\   `ゝ
;;;// :::/.........:::::::::::::::;:::;::::;:::;:;::;::::::;;;;;;;;l
-‐、―-r、,\、:: 〃   /vi:: :::: :: ::::ヽ\l
ヘ i/ Y⌒\,メ/ / / /..:::.. |.:.: l  |  ヽ
く_     ト|  \<ノ,/ //二i;l  li l}
_,)   LY_    `~ /i^i}∨__il,.-―''
 l l  ""'' `   ,,,_ 「/  /
‐i| ヽ     r‐=、 ゝ~,、/
-']   \  └‐-'   _ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            、
             .\    ______      ,,
              ヽヽ'´ .l .l .l::ヽ、 _ /
               /\\ l .l .l:::: r''/
              l r'' ヽ、 ,、 ´ /、:l
              l l   Y l Y   l::l
               l ヽ   ノ l l   l::l
               l   ̄ ,l .l .lヽ .ノ/
                l   ,l l .l::::::::/
                l ヽ、l_l__l__ノヽ、
       _ r-‐-- 、 _____ノヽ__ l l l::/:::::::ヽ  ___________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  /i、
                   ノ.| .`、
               /i |  .|\
              /.| | |  ,! ,'\
             i'  .l. ', ,.!、/ l  ,!、
            i-| ` '  〈θ〉 `ー ' .|`-,
            ! 〈 ̄`ヽ .V ,r .´ ̄〉,' /
             ', .\__ノ .| `.、__.ノ ,' ,'
                ',.',    .|    ,' ,'
              `'i.┌===-,  ,'イ
                _|`ミ、 ̄ .'_/ |_,,=-t‐,-, -
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌─────────────────────────┐
│ 最終決戦での全員集合や、身を犠牲にしての封印、   ...│
│ 等々……                             ..│
└─────────────────────────┘

┌───────────────────────────┐
│ 多少、ご都合主義的なものもあったのは、そのためですw   ..│
└───────────────────────────┘



448 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 21:59:05 ID:j5skVEo.






        ┌───────────────────┐
        │ そして、最後の三つ目は……          │
        │ 「メインキャラを一人も殺さない事」です   .│
        └───────────────────┘














.


450 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:00:44 ID:j5skVEo.



┌────────────────────────┐
│ 敵側では、魔王やエターナル、カテジナさん等……    │
│ 何人か死者は出ましたが、                 ..│
└────────────────────────┘


          ,.‐'"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`、
         /            :  l
.         l     .ィ(r‐~'´)ノハノハl {
         l.    ノ         ル'
.          l     }  __    ,. -、|
         〉へ i{  '´-‐iテー 〈'iテ‐{
          { ヘ.ト{、  `ー‐'   ヽ‐'.|
         ヽ.__l ヽ      -‐ノ l
           ヽ}、    'ー‐-__-‐' l
           ノl. ` 、         /
          } ┴-、 `' 、...______/ヽ
   _.................._ }`ー ヽ`ー-、__.∠{-'ソ
 /  __  `ヽ'ー-、`ー-、 } } }  .{='' ´ ̄ ``¨ヽ
〃   「=☆=]   〉 _......._ `{ { レ' , -`- 、 、-…、  ヽ
      ̄ ̄  /7´:..:..:..:..:.:..ヽ} } レ':..:..:..:.:..`、 `ー

      ※死亡フラグを華麗に回避した例


┌──────────────────────────┐
│ 味方側で名有りのキャラは、一人も死ななかった筈です  .....│
└──────────────────────────┘



451 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:02:52 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│ これは、先ほどいった「後味悪くないハッピーエンド」のためと、  ......│
│ もう一つ……                                 .│
└─────────────────────────────┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:                 :..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:                :::;:;: :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;´::;;         ::::::::   ::::::::;:;:;: `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:;:;:        :::::::;:;  :::::::::.;:;:;:;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  ;;;、      ::::::::::::::;:;  ;:;:;:;:;:;:..:;:;: .;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.;  ;:;.:  ..............  :::::::::::.................. ヾ;; ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ;:;; ;´´;:;:;:;:;:;:;:;``; ;: ;´;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾ ;;  ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;:; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; ´`;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;; ;:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; ;; ;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.: ;:;ヾ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;; .;; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...;..: ヾ、;;;;;;;;;;;.:´.;´;;`;;`ヾ、;;;;;;;;;;...::、..:、..;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;  .`` -‐--、..; ;:::::::::;ヾ、,-‐--、´;;  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、............ ;:;:;. ;;;:;、;:; ;:;  ...............;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`;  ;;:;ヽ;;  .`´;`’ ;:;:;  .:;:.:; ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; .;.;;.;.;:;.;..;、..;、..;、;..,、..;..;..;.;.::.; : ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.; ヾヾ;、;...;..;....;....;、;..;..:、..:´::: ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;   ``;..;..;..;..;..;..;..;...;...:: ::::: ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヾ、  .`´`´`;´`´`´;:::::: . ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...       ..:;;:;:; ....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌───────────────────────────┐
│ これと、対になるお話で、人がめがっさ死にまくるからです   ..│
│ ええ、もうメインキャラであろうとゴミのように             │
└───────────────────────────┘



452 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:05:25 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│ 「あっち」が、恐らくシリーズ中最も悲惨で暗い話になるので、     .│
│ 「こっち」では、明るくお馬鹿でゴー! を貫こうと思ったのです   ....│
└─────────────────────────────┘







┌─────────────────────────────┐
│ 多分、暗さと世界観のシビアさで言ったら、白饅頭なロボットを     │
│ 下手したら上回りかねないほどに                     │
└─────────────────────────────┘



453 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:05:29 ID:aZGV8RZ.

えっ



454 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:07:09 ID:j5skVEo.








┌──────────────────────────┐
│ そのお話が何時皆さんにお届けできるかは         ......│
│ まだ分かりませんが、>>1はそれを描くのを怖い反面      .│
│ 非常に楽しみにもしてたりしますので、ご期待くだされw    .│
└──────────────────────────┘












.


456 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:09:07 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────┐
│ さて、次にメインキャラの裏話に移ります     .│
│ まずは、メインヒロイン兼主人公のこのお人   .│
└─────────────────────┘




                  ヽ、::::::\!\  ___
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __
               <´::_::// /          __`   、
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
        >、             >、!∧!    !ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
       /  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l
    _/__ 」〉  / / / i 、!          j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !  ドヤ?
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r= ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l


┌──────────────────────────┐
│ ご存知、天然チートお姫様、薔薇水晶さんでございます    .│
└──────────────────────────┘



459 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:13:09 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│ 今までのヒロイン達は、                           │
│ 最初はやる夫をゴミクズの如く嫌っていましたが           .....│
│ 彼と触れ合ううちに、その態度をデr……軟化させていきました    .│
└─────────────────────────────┘


 例:初代主人公さん

 before

        /    rー‐く ̄ ̄ ̄ゝ-、
      /    ノ  ― ヽ ̄___ヽ\_
    /    /ヽ / _ァー'  ̄/   ⌒\_ヽ
  / ::: :  r'  〆 ソ    /        i \
/  ::: : .::::/   /    /      /     i  ヽ
ー=ニニ>:::/ v/, /::    /      ./   / / i.   `,
    |V "ァ‐/:::    /:     .:/ .:/イ ./:  i::   i l
    .l ::) i |::::   i /::......:::::::/ ::/ / /: //:i:: i i: l
    l :(   |:::: :i :i L フニニ=ー‐‐''フ// / ハ:i: :i i i|
   l :ノ 、i , l::::: i | :| ヽーr‐‐=マ ´ / / >く. |: i: i リ
   .l i:)ト‐ ‐ ヽ::::. i l :l   にんソ  ///ハュ、_> / ノ
   l i i(  小  ヽ:::::i l ヽ ハヾ.ー' / " ノ,にア/:/:/   
  l i i )     へ::ヘ    〃      i.  ̄{//|
  l :i i.(     ハ \.__         "  イi  l
 l :i i .).ヽi ィ )::| \      =‐'  // i:  l
. l :i .:i .:( 小  (::」   ` ‐ 、_   _, イ  イ::  i:  l
.l i ::i ::::}    ハ|   _. - 亠 く / ハ .ノ::i:::.  i:. l
l:i :::i .::::/    }へ>く _     /  ./::::::::i::  i: l
i .::::レイ  /  /  /〉‐〈  \  .{ ノ `ヽへ _ i:. l
 广| V ‐ ‐ } / /U.ハ   \/ }  [ ^ /  J ハ: l
::ノュ | (  小 } / /人 | い   ./ ハ  r┘.l  |  l:. i |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  After

              , -========_ .           ./ ̄\/ ̄\
               //: : : : : : : : i\:_:_:_:_:_:> 、           /o          ヽ
           / /_:_:_:/: : : : /:i\__ \ヽ.  \       l 0         l
         ‐=二_:_:_:_:_:_:_:_:./У   ァ,‐ヽ ヽ.  〉       \       /
            /,, /  / ,,     `=''   ', .ヽ /         \   /
         /〃'   ,ゞ=''   _     /// ', i|            ヽ/
         ./ ii !.  ///    i´:::::`,        l i|
         〈.  |i          ',::::::::::',       ! i|ヽ
          \|i i!       ',:::::::::::',     /|. i| : \
             ii ii、        ',:::/ ̄!     /: |i i|.: : : :\
           .ii ii|: : .        ヽ__/  /  ̄ ヽi| : : : : : :\
            .ii iiヽ: : :>――― 、=== i,、    /i| : : : : : : : :`: ‐.-. 、
          ii ii  \i:::::::::::::::::::::::iリヘ/ヾ、 /./i|: : : : : : : : : : : : : : :\
           ii ii  ./i::::::::::::::::::::::'===、´ゞ'´ .i| : : : : : : : : : : : : : : : : \
            ii ii  i ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |::/ |i i| : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
          .ii ii  i_ヾ`==、::::::::::::::::::::| |': : |i i| : : : : : : : : : , =. =.=.=.=
           .ii ii     ヾミミミi\:::::::::::::::| |: : :|i i| : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : :



461 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:16:16 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ しかし、何時もそれじゃあ芸が無い、という事で……    .│
│ 今回の薔薇水晶さんは、その天然さ加減と          │
│ 出会いが比較的良かった(命を救われた)こともあり、   ..│
└─────────────────────────┘



       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '
. /.′/ ∧トx!∧从ハ!  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{ =弌ミ.`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ         ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\   ` ´   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :
  
     【命を救われたので、感謝する薔薇水晶さん】



       ____
     /⌒  ⌒\
   / 《;・;》  《;・;》 \
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /

 【命を救ったついでに、セクハラも出来てご満悦のやる夫くん】


┌───────────────────┐
│ 最初からやる夫に対して好意的でした  ......│
└───────────────────┘



463 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:19:46 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│ それに加えて、今まで主人公サイドの伏線や設定だった      .....│
│ 「出生・過去に秘密を持つ」が、ヒロインサイドに挿入されました  .....│
└─────────────────────────────┘


                 {
              ┌、 ヽ
               r‐-ミ、\ > ´ ̄ ` 丶、       __
            「\   >≠@'´ ,       、 ヽ`ヽ、x=v'´ /
  r-、       |   < /〃 / / /l ! い   ヽ 〈 ミ{(ら}¬く
  |  丶、   |   V, 彳l  l| l|||!l l l l |l | |lハi V彡7{ヽ\>
  、   \  '.  〃Y.:||| |l__!| | l| l l | |l | l| l| !乍7/,小
  丶    ヽ  `〃 |: ||l |l| 「てハ | `ト|-L」 ||l//〃|
    \     `、 {{ ヽ」: |ハ|!f卞ミ jノぅ予、」l| リ 'リ/|| |
     `丶、  )_ 二 l: ∟}jlムc{U}  {ト{うリ)}|//^Y l| | l|
        冫´   └′ `丶、  _ ` ¬くノ/ーく\!l|  |
       / 0      0  Y>--‐ ァ彡く\_ノ 八  |
         { 、、   人    、、  }{芯}: ̄ : : : : Y!r< l |  |
        、        「7^>―く ノ: ; : : : :.八 ヽ\|  |
        丶、 ___ (|ノ: : : : :`:く : : : 」:} \\ヽ !
         //!    「|{ lノ: : : : : : :/: ̄:`⌒:^丶、 }人 ヽ、
         / ' } _ イ|Y!: : : : : : / : : : : ヽ : : : : : `丶、ヽ \
       {_/ //.:/ |l l: ヘヽ _:_:/: : : : : : : : \ : : : : : : :\\丶、
            / /: / |:ー′: `:フ^ヽ、 _; : : : : : : : :丶、: : : : : :ハ =ミ、`丶、
         { /こ{ /ー<^7´   / (:_;ノ⌒) : : : : : : : : : /__}`) )厂う)
         `´  `⌒⌒V,二>く_ノ、   └ヘ:_:_; : -=彡┘ ((⌒′{ (
                 └‐'^し<二>-‐ヘく_)冖^ー'^′  r=シ    ` ヽ


┌───────────────────────────┐
│ これは、「何の設定や宿命も無い村人」を強調するため、    │
│ ヒロインサイドの設定に力を入れた、というのもあります      │
│ チート設定もその一つですね                    ...│
└───────────────────────────┘



465 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:22:39 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ 比較的温和な性格な割りに、アクティブな行動を取る  ......│
│ 彼女ですが、>>1はかなり楽しんで描けました         .│
└─────────────────────────┘









┌──────────────────────────────────┐
│ 一見、天然で穏やかなお姫様だけど、実はチートでボケ!              │
│ そういうギャップを醸し出せたらいいなーと思っていましたがどうでっしゃろw    .│
└──────────────────────────────────┘



466 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:23:49 ID:j5skVEo.



┌────────────────────────────┐
│ 今までのヒロインの中では、あまり悩んだり自分を責めたり    .│
│ ネガティブになる事が少なかった彼女                ....│
└────────────────────────────┘


       ヾ:、∧  -‐   ̄ ̄ `丶 ∧//
         >{`>'          ヽく)ァ、
         `7′/〃/{ { ヽ `ヽ.  Y-‐'
        l / /斗/ハ ィー‐ヽ  ∨ l\
        { {  レテく  ヽ厶-、\ ヾ│ \
          乂l f r'ハ   {`{Y1:Y\リ l   \
  (⌒⌒)    .八,}弋ソ   ヽ二〃 ) 八     }}
.  ヽ〃`ひ、 ノイ }ゝ" n  "" { {´  丶\   〃
       / rz-、_ ,(`⌒)⌒∧!>、   \丶 {{
.    , -‐"  とノハ/. 廴イ_/フ〈.  ヽ     \\
    //  / / ヽ、__,/∨)   j><__〉\   丶.ヽ \
.    {八 〃 ハ  { /{ r.┘ ,イ └ ァ   }ヽ  }  }  》
     )/ ヽ(. ヽ人{  7¨ヽ._} ト~ く  ∨} ノ  ヽjイノ
     "   ` ′ ヽ/   ヽ|    ヽ ((   ( "
               ノ       l     廴
            <__>~、__,ィ´入__   ,rく
            '⌒`ー1´¨.l `ー1¨丁´
             /` V   |  .,′
             `ー'′  ├-/
                   ̄

┌─────────────────────────┐
│ 「白饅頭な彼氏」に出てきた恋に恋する乙女さんとも、  ....│
│ また違った魅力を描けてたら嬉しいですね           │
└─────────────────────────┘



467 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:25:57 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────────┐
│ そして、お次はこの妖精(?)                     │
│ この世界における貴重なツッコミその一、ティアさんです  .....│
└──────────────────────────┘

             -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
             / /" `ヽ ヽ  \
         //, '/     ヽハ  、 ヽ
         〃 {_{ノ    `ヽリ| l │ i|
         レ!小l●    < 从 |、i|  めがっさ?
          ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |ノ│
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
.        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
       `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



470 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:29:21 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────────┐
│ この人が登場した理由の一つは、                .│
│ シリーズ中期のテーマである「世界観を交じらせる」です  .....│
└──────────────────────────┘

┌───────────────────────────┐
│ そのため、                              ......│
│ 「白饅頭な彼氏」の中で、最も出番が少なく            ..│
│ 世界設定的にも微妙な存在である、彼女が抜擢されました    │
└───────────────────────────┘

     。*゚  l  ・* ゚  l|   |o   |・  .*゚・  +゚ ||
 o○+ | ゚ | ・  | .+o         o。 |  *。 |
・+     ・  に       -  ~-   +・  o |*
゚ |i    |    ょ   , /       \`   ゚| o ○。+
o。!    |!    :  ,/ i     ,,,ー-、 ヽ  ・|*゚ + | ゚
  。*゚  l ・ に  ./      /    ヽ  !  |!     |
 *o゚ |!    ょ ; !   !   /-    `ヽj:!  | *  ゚ |  出番が来たにょろ!
。 | ・   o  ふ  !   !  ! 彡   ミ ヾ'  |o  ゚。・ ゚
 |o   |・゚  ん  /   .(i!  !///、_,、,///!  .    *|
* ゚  l| /  : /    `!| :|   ゝノ  ノ  .*゚・ +゚ ||
 |l + ゚o i   : i! /   ,| | `ー--  '"::|   |  ゚   |
 o○ |  |  / /   / !"|.|、ヽ !"/ !:::|  |  ゚    |
・| + ゚ o } ./ /!  /  ソ_,||-\! ,!/__!:::|  o.+   | ・
 O。 |  |   !  /!  !`ー-!  ' / /ヾ/  |* ○・ |o゚
      _|\∧∧∧MMMM∧∧∧/|_
      >                  <
    /\  ──┐| | \     ヽ|  |ヽ  ム ヒ | |
    /  \    /      /  | ̄| ̄ 月 ヒ | |
        \ _ノ    _/   / | ノ \ ノ L_い o o
      >                  <



┌─────────────────────────────┐
│ ……まあ、お姫様に対するマスコット的存在が欲しかったから、    .│
│ とも言えますがw                               │
└─────────────────────────────┘



472 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:33:52 ID:j5skVEo.



┌────────────────────────────────┐
│ 彼女の設定は、「白饅頭な彼氏」の裏設定(かもしれない)           .│
│ 「輝竜戦記ナーガス」に出てくる、ちびっ子魔神・ティアから来ています    │
└────────────────────────────────┘

                 /    //   //    /    / /   /  /
.             /   .//   //  ,.、  /   / /   /  /
         / //   .//   //   //|   /   /   /  /
.        / / //  //   //  /// l|  /   /   /  /
       / / // //  //  / // リ/   /   /  /
.      / / ////___,ィ彡'    /   /,  ; , /    /   , '
     /l{/ / / // __ -‐=彡'  _//   ,' / / /  /    /
   | l|i / / // / __ -‐== //  ./l// / /    /
  │|{ |!l /  / // ̄ _ -‐=//__,!三彡'     /
  l! {∨l| { //// __二二二三三彡,' ̄ /{ l  /
  l{ ヽト、{ ∨/ / ̄___三二二≦二/{ l |{/ ̄
.  ヽ \ヽ{lレ'´ ̄  -‐==ニ二L.{_/__//ハ |l |
  \\___,ノ{--─==三三三三三三ミノ ̄ ̄`ヽ\_
    ` ̄ /lハ\ / ̄         { `ヽ    /´\
      |{ハ{\{  /  __,        i       /   ',
      |l \ \ ィ弋ツ         |    /    ∧__
       ヽ       ヽ         l  , '       / / } ト、__
        \      }        ,  / __      / ,ノ | l /`≧=zァ==、
             ‘ー'--く_ノ   ∧/{ ⌒}   / /  | l   / \   \
                / }| ヽ-く  (jヽ=く==彡     ,ノ l /   

    ※ロードス島戦記のハイエルフさんをデイフォルメすると、似てるかも?


┌──────────────────────────────┐
│ 原作での彼女は、あまりにも長生きし過ぎているせいで、       .....│
│ 自分の過去や正体も忘れている、というキャラで             ..│
│ 最終回のティアマット云々は、単行本に描いてあった作者さんの     .│
│ コメントから>>1が勝手に推察したものですw                 │
└──────────────────────────────┘



474 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:37:04 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────────────┐
│ 彼女の設定に関しては賛否両論があって、当然かと思いますし、    ....│
│ >>1もちょいとやり過ぎたかな……と反省してたりもします           │
│ 原作ネタ知らない人には、なんじゃらほい? ですものね          │
└───────────────────────────────┘






   どうやら、やる夫くんは
   死にたいらしいにょろ!!
                            / 7 /77
        ,. -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、         /ニ ニ7
      /          \         /_// /
     ////" `ヽ ヽ ,.イ ハ         /_/ /77
      〃\     ヽハ \ト i|       y――ー┐
      //イ ●   、___\  i、       ̄  ̄/ /
     し{⊃     ●   ん\. \.       /_/
     (⌒)-ゝ、____⊂⊃ノ-'\. \ ヽ     ///
    ト / ─ VVVVVて⌒ヽy/⌒ヽ i │
  .::: |/  (○) (○) 'ーヘ \:::::}.! ! !
    |   ⌒(__人__)⌒   .|`ー´   ぎゃああああ!!
      \:::::: |r┬-|    _/
    .ノ::::::::::u`ー'´   \       すんません!!


┌──────────────────────────────┐
│ ただ、それを差っ引いても、やる夫や姫様に対するボケツッコミは    .│
│ とても貴重で、ストーリー進行がかなり助けられた面もありました   ....│
└──────────────────────────────┘



475 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:39:51 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ 描いていて、一番しっくりきたのが               │
│ この三人トリオですので、また機会があったら        │
│ 彼女達のお話を小ネタか何かで描いてみたいですね   ..│
└─────────────────────────┘
                                                  -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
                                                / /" `ヽ ヽ  \
                                               //, '/     ヽハ  、 ヽ
                                            _ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │_i|_
                                           く ● >小l⌒    ⌒ 从く ● >
                                            \/ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ \/
                                            /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !
                  ヽ、::::::\!\  ___             \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
                  _ >‐-, <´__   `ヽ __ .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
               <´::_::// /          __`   、    `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |
              _ ノ/ / //       /        ヽ、ヽノl__
       -― _ ̄ -― ´/   /     /  ′       \    V´<_
   /  -―          //   /  / /  /             丶   V´ヽ
  く /          /// /   ′ /  l  l        l    l  ヽ   !\ \
   \ヽ       /  l/| l  ! !   ! /l  l  l    ! l   l  !    !  l、
           /    l/! ! l `/ト l ! /l  !  / !   l l  l l  ト ヽ
       \             l/! l /_l_ !`ヽl ト、 !〃ヽ ∧ / !  l l   ! ヽ\
        >、             >、!∧!    !ヽ! lヽ/{!/_!/!_/   ! !  ! !
       /  ヽ/     ///l ヽ ー=ミ、 レ′!V´,r=_-‐、ヽ ! / / / !l                 ∩_
    _/__ 」〉  / / / i 、!          j∧〈:i´r=ミ:〉/l/ /! /! / !                     〈〈〈 ヽ
 ̄ _/-― 二_//     / ∧_|               Vl/ト彡l/// l/ l/  !        ____   〈⊃  }
 ̄/  / |>、:::::::`ヽ、   / / / ハ         ′   ヾ二 メ/l/        !.       /⌒  ⌒\   |   |
/   / /.::::::/.::::__::::\/ / |/  ヽ、    `  -   、_ノ /ノl /            /( ●)  (●)\  !   !
  /  .:/.:::::::::::: ̄::::::\`ヽ:\  l     >、             ̄∠ ノl/   l    l   / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l
   ...:::! :::::::::::::::::::::::::::::::∨.:::::::\! <´_ \ _  -‐__ ´ //.::::′   !    l.   |     |r┬-|       |  /
  ....:::::::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::ヽ<´:::\`ヽ _ `V´  `ヽ:::::/l:.        !......\     ` ー'´     //
..:::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ _::::::::: ̄::::::::ハ::::::\)_ノヽ-―く::::/::l:::..   !    l.... / __        /
:::::::::::::::/、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::`ヽ、::::/.::::ヽ:::::r= ヘ、__ノ::/.::::!::::..  l      l. (___)      /



476 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:42:06 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│ お次はこの人……                      .│
│ やる夫に対する言葉は辛らつ!             │
│ 元・暗黒(笑)の魔術師(笑)事、できる夫さんです    │
└───────────────────────┘

                       __
                     /´;;;;;\\;;;\
                    /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾヽ;;;;;ヽ
'''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;;;,,,,       ''';;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_ヽ_、;;;;;ヽ  ,,,,,;;;;;;'''''';;;;;,,,,,,,,,    ,,,,,,
,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;;;,,,,     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,イ´::::::::ト、;;;;ヽ''';;;;,,    '''''';;;;;;,,,,,;;;;;;
'''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;;;   {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::: ::::::.ヘl;;;;;〉'''';;;;,,,      '''';;; 
          ''''''''';;;;;;;;,,,,  ヽ;;;;;;;;;;;|;;;;/:::::::___´___:::::::::};;/,,,,,,,,,;;;;;'フゥハハー'''       '
               ''';;, λ_ゞ\ゝ、.`ー '´__,/У             
';;;;;;;,,,,,,,     ,,,;;;,,,       イ;;;;;;;;\;;;;;;|;;§ミ三;;;§;;;|、               
;;;;;;;''''';;;;;;;;,,,,,,;;;'''''  ''''';;;;;;;,,,,,  /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;|;;§;;Ц;;;§;;;|;ヽ ,,,;;'''''';;;,,,     ,,,,,;;;;
''    ''';;;''          /;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;∧;;;ゝ=//;;;;∧;;;\  '''''';;;;;,,,,;;;;''''''';;,, 
      ;' .       ,,,,;/;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;∨;;;;;;;H;;;;;;;;;;;∨;;;;;;;;;\;;;''''  '';;,,   ''';
      ' .     ,,,;;;'''''' /;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;\    ';,    
;;,,,,,        ,,;;;;'''   /;;;;;;;;;;;;;;;;;∧;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\     ;,   
  ''';;, ,,,,,,,,,,;;;;;;;''''''''    /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;|  \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
,,,,;;;;;;''''''''''''         /;;;;;;;;;;;;;;;;;/   |;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;|   \;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   
              /;;;;;;;;;;;;;;;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;ゝ    〈X,,;;""ヽ';;;; ,,,;;;
             /;;;;rー'ゝ;;;/ /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;H;;;;;;;;;;;;;;;;\   ヘ,, 〈_,;;ノ '''';;;;; 
  ,,,,,,,;;;;;;;''''''';;;,,,,,;'    ̄ノヾ;;;;,> /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;凵;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\      ,;''';,;' ;'
,;;;;'''''',,,,;;''          ヽ〆/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ヘ入;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\    ,;''   ;'

             ※ 黒歴史の姿でご登場願っています



478 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:44:19 ID:j5skVEo.



┌────────────────────┐
│ 彼もまた、その設定に謎の多い人物で    ...│
│ 何気にこの物語の中では、魔王を除けば    .│
│ ブッチギリで最強のお人だったりします     .│
└────────────────────┘



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (●)  (一)  \  フフン♪
 |      __´___     |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


┌─────────────────────────────┐
│ ……まあ、その設定的に表にはあまり出ず、               .│
│ 裏方役が多かった、ちょっぴり不憫な役どころかもしれません    .│
└─────────────────────────────┘



480 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:46:32 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│ 彼が何故、500年前と変わらない姿で居られたか           │
│ 魔法でさえ為し得ない、不老不死(?)を何故手に入れられたか    │
│ それは、ここで詳しく語る事はできないのですが……        ......│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘

       ___
      /     \
    /  ノ '  ー‐ \
   /  (●)  (●)  ヽ
   |         '       |
   ヽ、    ‐‐-‐    /
    /             \


┌──────────────────────────┐
│ その理由は、彼が魔法を師事した魔王にあったりします    .│
└──────────────────────────┘



479 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:44:37 ID:vczWdCQI

術式組むだけでいいはずなのになんでわざわざ厨二詠唱したん?



481 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:49:44 ID:j5skVEo.


>>479


       , (⌒      ⌒)
     (⌒  (      )  ⌒)
    (             )  )
      (_ヽ_ハ从人_ノ_ノ
            | || | |
         ノ L,l ,|| |、l、
         ⌒::::\:::::、ノ\
        /:::(○)三(○)\    魔法には、詠唱が必要なんですよ!
       /)し   __'_    \
        | ⌒    |: :::|  ノ( |   皆、ちゃんと唱えてたでしょう!?
       \       l;;; ;l  ⌒/l!| !
       /     `ー '    \ |i  僕だけじゃありませんよ!
     /          ヽ !l ヽi
     (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
      `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
                 レY^V^ヽl








                 ↓


       ____
     /      \
    /  ─    ─\   ……そうなのかお?
  /    (●)  (●) \
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/


                                          _
                                    ,,_,,,,,=ー,r'/
 うん、まあ世界設定的に……な                !、 __● ____ >
                                     “Www“/  ン、
 だが、あの呪文詠唱を編み出したのは奴だぞ?        wWW゛    ゙i
                                         ゝ゛ ン、/
 >ああ、やっぱり……


 \_人_人∧从_人_∧_人_从_//
  )                  >
 < 格好良いから、いいでしょう!>
  <                 (
  /^Y ̄∨ ̄∨^Y^⌒Y^YY^^Y^



485 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:52:46 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ まあ、それはともかく……                    │
│ 彼の不死性は、魔王の生存に大きく関わっています   ....│
└─────────────────────────┘


┌──────────────────────┐
│ 本来なら、魔王を倒した事で彼の寿命が……  ......│
│ 命が――の筈でしたが                ....│
└──────────────────────┘


        / ̄ ̄ ̄\
      /        \
     /  \   /   ヽ   さようなら、やる夫くん……
     |  (_)  (_)   |
     \   __',__    __,/    これで、やっと僕も――
     /   `ー'´    \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┌──────────────────────┐
│ 薔薇水晶とモロ被りしてクドイので、やめました    │
└──────────────────────┘




         ____     l_
       /   u \    /
      /  \   / \   >
    / U (○)  (○) \ \
    |    u  __´,_  U |
     \u    /__/   /



488 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:55:09 ID:j5skVEo.



┌──────────────────┐
│ ただ、魔王が死んだ事で           .│
│ 彼も緩やかに年を取り始めるでしょう    │
└──────────────────┘


        ___
       /     \
     / ⌒   ⌒ \
    /  (⌒)  (⌒)  \
    |     ___´___     |
    ヽ、   `ー '´   /
     ノ          \



┌────────────────────────┐
│ それは、常人に比べればやや長いですが……     ...│
│ これでようやく、彼の贖罪も終わり              │
│ 皆と同じ時の中で、生きて行ける事になるはずです    .│
└────────────────────────┘




┌──────────────────────────┐
│ 最後はちゃんと、人として安らかな死を迎え入れられる     │
│ そう、>>1は思いますよ                      ....│
└──────────────────────────┘



489 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:57:22 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│ 何だかんだで>>1お気に入りのこのキャラクター、           ..│
│ 最終回では「月光」を使ったり、                     .....│
│ 裏では色々必死に頑張ってたりと、かなり努力家でありました    .│
└─────────────────────────────┘

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
                          ヘ
      \                    ヘ
       \                    ×
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i    「月光」よ――天に輝け!!
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i |
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i
      ゛'''──ー '                 i
                    ,         ハ
                            /
            _______     /
          /      ∨/////イ  ./
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___―― ̄ ̄___ ̄―==
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄―― ̄ ̄___ ̄―===━
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―

┌────────────────────────┐
│ 実際、やる夫達がハッピーエンドを迎えられたのは   .│
│ できる夫のおかげ、という部分が大きいです      .....│
└────────────────────────┘



491 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 22:59:17 ID:j5skVEo.



┌────────────────┐
│ できる夫の寿命は解決しました    │
│ ……けれど               .│
│ 「彼」だけは違います          .│
└────────────────┘


                            __
                        ,. ´   `ヽ.
                / ̄`ヽ  /  , ‐ 、 , ‐'.
             /, ⌒ヽ i |  `⌒  ⌒i
                { { 、__ノ ,ノ |^v=「  ̄`H´ ̄}
              い、 __ノ}:ーァ!  ヽ__ハ__,イ‐.、
             ,ゝ、  ,イ.:|{`┐ ,. -‐~ー〈:.:. :.\
            /. .:.:.`i_}.: :ヽ`ーV : : :, へ.:.::',:.:. :. :.ヽ,
            / . : .:.:./´ _}ヽ : `!7 : /.:.::::,ハ.::}.:.:',:.l.:. :.',
          / :, -‐ァ´|  _」丿: : !{/iヽ.:.::/: :l/.:.:.:l/.:. : :′
.         / :/.:.:.:/ / 、 ―j.:. .: .:i―┼‐∨.:. .:. .:.:.:l:. : : : :i
        |: : .:.:.:.i | ,l ̄l:.:. .: .:|__|__|:. :. :. .:.:.:|:. : : : :|
        |: : .:.:.:.l  l/ |  |.:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|:. : : .:/
.         \: .:.:.:\ \,.|  l.:. .: .:!__!__!:. :. :. .:.:.:!: : /
            `ー―→一'|  l:. .: .:|   |   |:. :. :. .:.:.:|/
                /: .:.:.:.|  |: .: :,'―┼―',:. :. : : : :',
.               〈: .:.:.:.:.:l  |: .: '  ∧  ',:. :. : : : :〉
                 丶、.:.:l  l: /  /:::::',  ',:.:. .:./
                  丶i  l/  / ::::::::',   ,/

┌───────────────────────┐
│ こことは別の時代、別の「やる夫」と共に戦った    .│
│ 彼だけは……                         │
└───────────────────────┘



493 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:02:22 ID:j5skVEo.



┌───────────────────┐
│ 彼は魔法や呪縛とはまた違った方法で  ....│
│ 長寿の肉体を手に入れました       ......│
└───────────────────┘


;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\ ̄ ̄
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//;;ヽ;;;;;;/|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__/// ヽ;;;;ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ;;;;;;;;;;;;;|
;;;;;;;/   | /            /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;;;|
;;;;;;;|/   |/           ヽ/|;;;;;;;;;;;;;;;|  ヽ;;;;;|
;;;;;;;|\                 丿;;;;;;;/    ヽ|
;;;;;;;\  丿  /         /;;;;;;;/
;;;;;;;;;/               |  ̄ ̄
;;;;;/ |               |
;;;/  ヽ              ヽ        
;;/   ヽ         ゝ_/ ̄       
;;|     ヽ       丿            .
;;|     | ヘ     /              
;;|     |;;;;;;;;;;;\_/
;;ヽ     |;;;;;;;;;;;;;;;|
       |;;;;;;;;;;;;;;;|
\    |;;;;;;;;;;;;;;;|     ヘ
  \  |;;;;;;;;;;;;;;;ヽ__丿ヘ
    \|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|

┌────────────────────────────┐
│ どんな経緯で彼が長寿を得たか……                .....│
│ それは、また別の機会に皆さんにお届けできるかと思います ... ..│
└────────────────────────────┘



494 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:03:52 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────────┐
│ 彼の寿命が尽きるのは、まだもう少し遠い時代でしょう   ....│
└──────────────────────────┘


              /  ̄ ⌒  丶            
    _ -        /         \         
   /::::::::::;;;;;)     /ヘ   /⌒\    丶         
  (:::::/;;::::::;;;;;;)   | へ : /___    ト~ ー _
  ⊥::::::(;;::::;;;;;;;;;) ┌~^~ /ー―ヽー/~) |    /  丶~
 /:::::::::(;;;:::::);;;::く  |⌒~/R;;:  ::::;;;;;リ /∂| ):~─ _ / \ ̄ ヽ
(;::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;|  |_j|  丶___ノ   ;/| ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`\/\:::::::\
 )::::::;;;;し::::::::::;;;;;;;ノ  | | ヘ   丿 rこノ~ノ⌒ー _;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ::Y  \
し;:::::::::;;;;;;;;::::);;;;;;;;;;)   y し~⌒~、/:: r |;;;: \ ;:: |:| ~  _ \  \
 \::::(:::::::::;;;;;;;;:ノ //        \J  |;;;::  ~;;;| |:|      フ\  \ |
  (;:(;:::::::;;;;;;;;;;;;ノ / /  人      ヽ:  ノ;;;::  ゝ |:|     r   \ ヽ)
    \::::::;;;;;;/ /  |  / ∨\     |:: /;;;::  /   |:|     /    丶 ヽ
    (::::::::;;/  /  | /    ヽ    | |;:: /    |:|    /      \
   (⌒  ̄ )ヽ  //|/      \   |r;:/
   r⌒  ̄ )し  //          ) \ )


┌───────────────────────┐
│ この時代のやる夫達が亡くなった後も、       ......│
│ 彼だけはビップ村をずっと見守り続けるはずです  ....│
└───────────────────────┘



495 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:04:50 ID:j5skVEo.



┌────────────────────┐
│ けれど、それは彼の事             .....│
│ 幸せに穏やかに、ちょっとスケベに……     .│
└────────────────────┘

   l _l_( )   l _l_( )     ヽ
   |   |       |   |        ',
   |( )ヽ   |( )ヽ      |
                      |
     ヽ         ヽ        |
      (          (         ,′
   ( 、_) )   ( 、_) )       /
                      /
   ∩ ∩             r'´
   ∪ ∪             /
.   O O         /
            . ,. -- 、…‐- 、
          / /,. -‐-ミ、  ,.-_-_、
  __,r=¬冖ア  / /´ ̄`ヽ)   / ,.-ミ、、
/  . :ヽ:::: /      { ,/'"⌒ヽ)  レ''ヘ ハ¨¨` 、
: : :  . :/.:::,′  U 〈{             }ハ : : : `:.,、
  .:_:_:〃¨〕  |     `              V/.: :/: :\
 ´…んジ].   U   _,.. ''"¨¨¨''ヽ  ,. ‐…‐ 、[_`ト . .: : \
 ⌒7ミx仁ヽ_z=ニ][☆ ::::::::::::::::::: ⌒′::::::::::::::☆〕  `ヽ. ,∠)_
.  / _j| { ,ハ〈¨¨¨¨ 〉:::::::::::::::::::::::: 厂 , :::::::::::::::〈   〃 /{ { f^ヽ
 /,厶r_),-<! , ////∧:::::::::::::::::::〃   ',:::::::::::::,小 { { {_,}` iー`r ヘ ヽヽ
 /' /_ /ー' } ヘ ,. -‐ `'ー--‐=″,.  ド.ー=ニムハ .f^Y}!,,{__ | | } }
.//_}  j" {  /ノ´´´´´`'ー=ニ〔_,ィn_j-'ニ='"´```'ト、j}`{ { {¨´,| ノ ノ 、
' l i'゙ |   し(/´   ,,     ´´  ┃i!       、、、ヽ、マ^´`´`¨ | __,. - \
i { {  |   い〃〃 ,," ,'', ノィ , ,, ,_ノ人ゝゝーヽヽヽヽトミヽ〉`¨7ー' 「Y^ヽ??=-、
| ヽ ヽ ヽ  V 〃ノ''"^^´´匸」 ̄^ `¨¨¨´  _  ,,ノ ノ`^ヘヽ{  ||  ト 、`ヽ ',
|         V{,‘ 、、     /⌒ヽ'⌒ヽ[..斗匕 -くヘ、 、}   /′  ト、    i
ヽ..       ト、` r- ¨二¨¨´¨¨¨¨¨^; n_j   ´ ミj  〉{^:ー`:ーく/   |  ヽ  |
  ', `ヽ.   }、`ヘ{i{!i ,          i |       ハj/ハ: : : : : :/            |
  ',  }  /\'ー 乢!|il |l; i ;     U   、ヽVj∠  }: : : : /    ,′      |
   i__,厶- ′     乢!{ !{ { !{            } } }'   { 、_/    /      /


┌────────────────┐
│ 自らが作ったこの村での生活を    .│
│ 生涯満喫し続ける事でしょうw    .│
└────────────────┘



496 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:06:20 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│ さて、お次はこのお話における最大の敵役にして   │
│ 諸悪の権化!                        .│
└───────────────────────┘

               // _,.-'"::/:::::::::/、:::::=三::::::::三ミ:::
              /r'゙ //r''"::::::::::::;/:::::ヾ;::::三ミ::::三ミミミ:::
              /::::::/:/::::::::,r'''''''":::::::::::::::::::::ヾ、:::::::ミミ::::::::::
              /:::::::::/:::/:::::::_,,、-::::::::‐‐''"⌒゙'''-ミ::::::::::::/::::
              j::j:::::::::;ノ/:::::::::::::::::::::::::__:::::::i::::::::::::::;:::::::::::
            l::i゙i::::/::/::::::;r'''''''''''''''";;;;;;;::::;:;:`ヾ;::::::::::/:::/:::::::
             |:l::V::/:::::::/;/;;;r----- 、_;;;;;;;;;;;ヾ::::::/:::/::::::::::
             |::|::l::{:::::r'゙:i;;;r', '       ゙ブ;シ::::/::::/;i:::::::::::
           j::::!::l;:i::::{::i:|;;r'  ○  ,.-'";;/::::/::::/V!:::::::::::
           /::ノ:::ノ:}::::レj;;;;!::...  __,/;;/::/:::::/:::l、:i|::::::::::::
           l:/:::;ノ:;ノ//;;/,.-‐'";;;;;/:::::;'゙:::::/::_r;>´゙i;|:::::::::::
          j::l:::/:///;;;;;;;;;_,,r''"::::::::::::::::/__:r゙Y゙lヽト、!i!::::::::::
         ,/:::/::::/:{;;;;;r''"::::::::::::::::::::::/rニv‐Yiヾ!:Vクミi;!::::::::
          /:::::::::::::::`:::::::::::::::::::::_,,.-''" __r‐゙i、|ヽ,|ヽ,,/::::ミミ|:::::::::
        /:::::::::::::::::::::::::___,、-'ニ、__r:v'゙i、.|、Vト、ヽ,./::::::ト、_)|::::::::
       /::::::_,,、-'ニv=v‐v〈`ト、.|、l;ハ|ヽ!`'ト|,ヽ,/::::::、トヽj:/:::::::::
      //´゙ヽ,l, |;、 lヽ|ヽ|ヽトi`'`'`'  、ト、ト、,/:::::::::ト、l,`'ク:::/::::ノ
      ´      ヽ,! ヽ!ヽ!`'     、ト!ヾy'::::::,、ト、゙!`Y/:::::::/
                      ゙i,`;/,、 ト|ヽj゙し'":::::/
                 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン
              _(,,)          (,,)_
             /  |    や あ    ..  |  \
           /    |________|   \
          . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌──────────────────┐
│ 愛すべき小物こと、「魔王」さんです    │
└──────────────────┘



498 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:09:03 ID:j5skVEo.



┌───────────────────┐
│ 「お約束」のファンタジー世界の敵役は    │
│ やはり、お約束の「魔王」だよね!      │
└───────────────────┘

┌───────────────────────┐
│ という、安直な理由から抜擢されたのが、彼です    │
└───────────────────────┘

.    i                         /     /
    {       ,.ィ           `ヽ   ィ     /     /
      ヽ. ,.ィ´          ト、  /!\/ |    ノ    /
       У            ト | ',./ |/!/ |∧ /| /  ィ  /
 ',  /             {. ヾ         !  y' /ィ// .ノ     /
  \/                ヽ           / / /    /
  ノ                   `マ            / /     /
 ´                            , /     /
                                 |      /
                   ,ィ´ア         {    ./
                  ,'/ ,,;`゙ミト 、        !   ./      _/
                    iィ;' ヽ ィ;!       j  .ノ     r ´  ___ 00  _n__   ___
    !             ,'⌒i .} !   ム ゙:! ミ、 ,ィ / /     /..   | ∟  └i┌z」 └ マノ ○ ○ ○ ○ ○ ○
    ノ:.              /  / ム.廴 `;ミト!     /        /.    |_厂    U    くノ
  ./::.: :.        /  ,.ィ ;. ム ヌ`ー-、     i      _ノ
  {::::::.:.:. :.         /  /  ! iゝメ'    \   j \-‐'' ̄       /
  .i::::::::::.:. :.       { /   !ス'´  ,.-― ',. /   ヽ _     _ .イ
  !::::::::.:.:.: :.       |   /  >.´      ∨`ー- 、  、 \ー- 、
  マ::::::::.:.:. : : .      ',  /  /  ,.ィ ´ ̄ ̄ ̄   ヽ }`ヽ. }ー }
   .マ:::::::.:.:. : . .     ヽ   /  /               { |  ! i  レ
    マ::::.:.:. : : . .     \ノ /    ,.. --――   ゝ{  ゞゝー-.、
      ̄ ー-、::.:. .     マ ´   > ´                  ヽ
.  ',    ャ-ァ /          ,.  /            __      \
  .ノ __  ィ.、ヽ         レ'´    _ ..,, -―''´  ̄      ̄ `ヽ
 〈 ( { | ! i           ノ_,..イ´                   \
  j.,ノ i´.!_ハ {       /
    ヽ{         /
                 {
┌─────────────────────────────┐
│ 昨今、魔王と言えば味方役だったり、主人公だったりする事も   ....│
│ 多いので、たまには救いようの無い悪役ポジとかいいかも!      │
│ と、>>1が勝手に思い込んだのも理由でしたw             ...│
└─────────────────────────────┘



499 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:11:19 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│ たぶん、第九話の後半                  ..│
│ ルルーシュを陥れて復活した所までは          │
│ 彼も大物感漂う、古き良き魔王だったはずです     .│
└───────────────────────┘



  :::ミ三::::::::三=:::::、\::::::::::::::::::\:::::::::\
  :::ミミミ三::::ミ三::::;ッ:::::\;::::::::::゛''r\゙i ゙'r゙i
  ::::::::::ミミ:::::::、ッ:::::::::::::::::::::゛''''''ヽ::::::::゙i:i::::::i         r‐‐┐
  ::::゙i::::::::::::ミ-'''゙⌒゛''‐‐::::::::-、,,_:::::::i:::i:::::::::i         く,勹|
  :::::::::::;::::::::::::::i:::::::__:::::::::::::::::::::::::゙i;:::::::::::j         く_ノ
  :::::::゙i:::゙i::::::::::;ッ´:;:;::::::::::゛'''''''''''''''r:::::i::i::::i゙i::l        __
  ::::::::::゙i:::\::::::ッ;;;;;;;;;;;_、 -----:::r::::::i::::::V::::|        | | r、
  :::::::::::i;゙i::::\::::シ;ブ゙       ' ,'r:::i:::::::}::l::|::|       |_| \>
  :::::::::::!V\::::\::::゙i;;゛'-、 ◎  'r:::|:::}::::i:l:::::|       __      __
  ::::::::::::|i:、l:::\:::::\::\;;\,__  ...::!:::::::{:(,:::(:::::|       | | r、  .  | | r、
  :::::::::::|;i゙`<;r_::\:::::゙';:::::\::::::゛'‐-.,゙i:::ii!、::::!:::i:l      |_| \>   |_| \>
  ::::::::::!i!、イ,r'l゙Y゙r:\:::::::::::::::゛'ヽ,_゙i:::::::::::::\i:i:::l:j             __
  ::::::::!;iミクV:!ッiY‐vニ\::::::::::::::::::::::゛''r;;;;;}:゙i::::\:::゙i,            | | r、
  :::::::::|ミミ::::゙i,,,r'|,,r'|、i゙‐r__゛''-.,,_:::::::::::::::::::::`::::::::::::::゙i             |_| \>
  ::::::::|(_、イ::::::\.,,r'、イV、レi゙'v:r__、ニ'-、,___:::::::::::::::::::::::゙i
  :::::::::゙i:j,r'イ、::::::\,,r',|イ'`!,r'|ハ;l、レイ´〉v‐v=vニ'-、,,_:::::゙i         ∩
  (,::::゙i:::ク',`l、イ:::::::::\,、イ、イ、   '´'`'`iイ,r'|,r'|,r'l 、;| ,l,,r'゙`         ∪
   \:::::::゙iY`!゙、イ、,::::::'y゙,r'!イ、      '`!,r'!,r' !,,r'             ○
     \:::::゛'じj,r'|イ 、,\;,`i゙



501 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:13:35 ID:j5skVEo.



┌────────────────────┐
│ しかし、「奴」に関わってしまったばかりに   ..│
│ その存在がドンドン小物っぽくなり……     .│
└────────────────────┘



       ____
     /⌒  ⌒\
   /-=・=- -=・=-\  ひぇひぇひぇ……!
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\
  |     トェェェイ     |
  \    ヽニニソ    /




 
┌───────────────┐
│ 魔王(笑)とか言われる始末w  .....│
└───────────────┘

┌──────────────────────────┐
│ ただ、この小物っぽさ……                      │
│ というか、臆病さが彼の設定の根本に関わるものなので  ....│
│ ある意味必然とも言えました                  ......│
└──────────────────────────┘



502 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:16:25 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────────┐
│                                           .│
│ ちなみに原作の白面さんも(個人的には)時折小物っぽさが     ...│
│ 出てたというか……(紅蓮に助けを求める所とか)           ...│
│ ベラベラ喋り過ぎる所なんかは、そこから引用してたりもします    .│
│                                           .│
└─────────────────────────────┘



:::::!Vヘ::::\::::゙i;;゛'-、  ◎   'r::|:::}::::i::{::i:|;r'  ◎  ,.-'";;/::::/::::!::::::
::::::::|i:、lヘ:::::\::\;;\,__   ...::!::::::{:(,:::}::::レj;;;!::...  __,/;;/://l、 |:::::::
:::::::::|;i゙`イヘ::::゙';:::::\::::::゛'‐-.,゙i:::i!、::::!::://;; /,.-‐'";;;;;/:::::;'゙:::::/ ゙i; |:::::::::
:::::::::::ヘ、イ,r':ヘ:::::::::::::::゛'ヽ,_゙i::::::::::::\i:i//;;;;;;;;_,,r''"::::::::::::::::/、!iv|::::::::::
::::::::::: ヘ;iミ゛'Yヘ::::::::::::::::::::::゛ ''r;;;;V::::::::::V:;;;;r''"::::::::::::::::::::::/Vi;!v/:::::::::::
::::::::::::::::::ヘ;iミ゛'Y゙ヘ::::::::::::::::::::゛ ''r;;;;:V::::V:;;;;r''":::::::::::::::::::::ノニV;!::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::ヘ゛'Y゙゙ \::::::::::::::::::::゛''r;;;;V:;;;r''":::::::::::::::::::::/rニ Vi;!::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::Vミ、i゙‐r_゛ ''-.,,_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,rr ニヽヽ,,/:::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::V.,,、:r__、ニ'-、,___:::'ニ-、:::::::、-'ニ、 __r:v'゙i、ヽ,ト/:::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::V,,r',|ハ;l、レイ´〉v‐v=::::::_,‐vト、.|、l;`' ト,ト:/::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::V、ハ,、ハ;l '´'`'`イ,r'|,r|ヽ`'`' 、ト、ト、、l`/:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::゙iY`!゙、イ、,:::::'y゙,r、ドy,、ト、゙!`Y: /::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::゛'じj,r'|イ 、、 ト|ヽj゙し '//:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V::::゛'じj,r'|イ 、|ヽj゙し '//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V:::::゛'じj,r'|イヽj゙し'//:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

┌───────────────────────────────┐
│ まあ、原作の白面さんは基本的に、超強い大物だった、というのは   ....│
│ 間違いありませぬ!                                .│
└───────────────────────────────┘



503 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:18:35 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────┐
│ 人々の恐怖や憎しみを喰らって糧にする     │
│ 全ての「陰」、負の存在……             .│
│ という設定からも、魔王役にはピッタリでした    │
└─────────────────────┘

 z≦圭≧z         ''貳ュ      ~气圭圭≧ュ。      λii  Ⅷ彡イⅣ
彡圭圭圭貳       λii貳ュ.     ~气圭圭圭≧ュ。   代i   Ⅷi!i㌢
圭彡‐=‐ミ圭心    λ イiⅥ淤式ュ。       ~气圭圭圭圭≧ュ。代λ   Ⅷ彡      (
      寺貳     洲圭iiⅣ 气圭ッュ。      ~气圭圭圭圭≧ュλ   Ⅷ彡      )
 z≦圭≧z寺貳    Ⅷ圭Ⅳミ|  气圭為ュ。   气  ~气圭圭圭≧λ  Ⅷ彡  ィゥァ´
彡圭圭圭貳寺il!   λ圭λ\|  ∨寺圭圭ュ。  ~''代ュ。 Ⅵ7气圭≧λ  Ⅷ イ圭Ⅳ
圭彡‐=‐ミ圭心寺  .Ⅷ圭λミ \___\〒干幵式圭ュ。 Ⅵ淤式ュ。 寺圭代 Ⅷ圭㌢
彡 rfチ、 圭貳弌. λ圭圭λ`ー---淤丗幺/気并為圭圭寺圭代 寺圭代. Ⅷi!i
  / / /λ圭貳.   Ⅷ圭圭λニ=‐-潮嘯齠ミ≦/_,゙気ミ為 寺圭/  寺圭代Ⅷ彡
 { { / /λ圭貳ュ.   寺圭圭λ彡  刈嘯齣圭≦   ミ寺弍寺代  寺圭代Ⅷ彡
 | | | { { λ゙圭貳    ''寺圭λ=-‐''" 77廾幵气`ー-=ニ气 寺代   寺圭代Ⅷ彡  (   カカカカ……
 レ川{ { {/λ圭貳      寺圭代彡__ノノ 丿i!i \\ ~ミλ 寺代  ,ィ劣圭|}Ⅷ彡  ).  美味! 美味なるぞ………!
 | レ廾幵{ {λ圭貳     寺圭込三ニ===H--iiiゝ_\ミλ 為ソ   焔圭:Ⅳ゙Ⅷ彡ィァ´   この恐怖! 我への畏れ!!
 |彡リレレ川廾式圭貳ュ     ''气圭圭圭圭圭圭圭弍ミミ貳 iiア    炸圭Ⅳ  ⅧイⅣ
 |/|彡リレレ川廾式圭貳≧ュ。   `ー-=ミ貮ュ。      ~''气貳_     為ソⅦl    Ⅷi!i
 |/|彡彡 `^レレ川廾平幵寺圭≧ュ。   ~气圭≧ュ。.   ''气    iiア Ⅷ    Ⅷi
 | /|....''''' '''';;;;;;;,,,;;;;;;'''''';;ー ,,   \ 圭≧ュ。 ~.. ,,.. ≧ュ。...... ;.  l...  ヘ. ィ"´''┐   ,,,,,,;;;;;;;''''''
 |/./|彡....,,,;;;'''''' '''';;;;;;,,,, '''';;`ヘ、 .\ 圭圭../'" `l . 圭圭≧ュ !   l      └-r'";;,,,,,;;;;;;;;''''''
. ハ/ i|/| '''''''''     ''''''';;;;;;,,,, ''';;`'-, `!、.廾平.´゙'v'" 圭圭圭゙/゙≧.゙! '''';;;;,,,      '''';;; ''''';;;;;;;,,,,,,
 入/ |/|     彡三ミミ...''''''''';;;;;;;;,,,\ ヽ, レレ川川干年弄..../.   /....≧ュ。       Ⅷ. /   ''''';;;;;,,,
''''';;;;;;;,,,,,,,../|     彡三ミミ     ,,,,,,_..| i|.\ヽ. `^^^ 、..レ川川/   ,/. 弉寺圭≧ュ。.       / ,    ''';
 λ..'''''''''''';;;;;;;,,,,,,,________.゙ミ   彡 `゙'‐、 `' !、    l....`. /  ,/ . 川廾弄弉弊寺圭...,/゙.゙/,,
 {会ュ ,,,,,,;;;;;;;‘゙ ̄゛|゙_______,゙_;;'ー-..,,_...三ミ`'-,゙'.li、.  !. ",,/.  `^^^レレレレレレレ二 ,,/.゙゙/;''''''
 Ⅵ| . ,,,;;;;'''―''''"´゙|/|/|彡...... ゙゙゙̄'''ーニニ、..゙...゙-    ".       /.       ,, ‐´., /''';;,,      ,,,;;''
,,,,;;;;;;'''''''. 貳   \..゙;'..゙i|/|/|/|/ -――-.゙|,,../| i|ハ         _./.      _..-'´.,..-";,,   ''';;;;;;;,,,,,,,;;;'''''
{会ュ. Ⅵ圭圭圭气..゙'..| i| i| i| i| i ,,,;_,, -¬'、 i|/ ハ     `゛    ,, ;;ニ―'''"゛   ';,    '''';;;;;''
Ⅵ圭圭.゙''';;;,,,,,. 圭貳. ミ二.゙_..-''"゛ _、ー''"=‐--‐''" }.       -=`-''″             _..-''"゛  '';,,,;';,,;''
        ''';;, ,,,,,,,,,,;_..‐".   / 圭 /  ,i.゙弍㌢                 _,, -''". _,,.. -‐''


┌───────────────────────────────┐
│ 最終回近辺では、思う存分力を振るい、                     │
│ それなりに強キャラぶりを見せ付けたこの御方                 │
│ 何気に、やる夫と対になる、影の主人公と言えるかもしれませんね   ....│
└───────────────────────────────┘



505 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:21:53 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────┐
│ ちなみに、やる夫と漫才コンビとか組ませたら      │
│ 意外に面白いんじゃないかと思ったりもしますw     │
└───────────────────────┘



       ー                             ____    ♪
,,_,,,,,=ー,r二 =\ー=,,,,,_,,                ♪    /⌒  ⌒\
!、 __● _三 ''`ニ< ●__ ノ                    /(ー ) (ー ) \
“Www“/ =  三 \∠”wwW”                   / :::⌒(__人__)⌒::::::\
 wWW゛三 ヽ ニ /  "WWw/                |     `⌒´      |
 !、三ゝ゛ ン  三  "ゝ二ノ                      \             /
   / ヽノ     ___/))                  /          ゙i
 (( 〉 /\    丶                        /     ,;;――゛  ) )) )
    ̄♪  \    丶三                 ( (( |   (( (,___,/
         \   丶.             ♪       |   i    ̄ ̄) ))
         /⌒_) ))                   |    ヽ___,/\     ♪
.      ♪ (( } ヘ /                        /           \
          J´((                   /       __/`|    |
           ソ  トントン                /    ,,-=-ー'"   ヽ    | テケテン テケテン
                        ( (( ( {     /        |    <
                               '――"         ヽ__) )) )

┌──────────────────┐
│ ボケのやる夫に、ツッコミの魔王様   ....│
│ ああ、本当に楽しそうかも……       .│
└──────────────────┘



507 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:24:15 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────────┐
│ 魔王様の結末や設定に関しては、             ......│
│ 「うしおととら」の決戦周辺を強く意識し、           .│
│ 色々引用したり、アレンジしたりして取り込みましたが  .....│
└─────────────────────────┘









┌─────────────────────────┐
│ ちょっと、影響を強く受け過ぎてしまったかな、とも     ..│
│ 反省しております                         │
│ まんま過ぎた部分もあったり、思うところのあった方も   .│
│ いらっしゃるかと思います                    │
└─────────────────────────┘



509 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:28:03 ID:j5skVEo.



┌─────────────────────┐
│ ただ、それも含めてあの最終決戦であり、    .│
│ 最終話でありました                  .│
│ >>1としては、色々反省点もありますが       │
│ 思う通りには描けたな、とは感じております   ...│
└─────────────────────┘

┌─────────────────────────┐
│ それまで>>1自身が否定してしまったら、          ....│
│ 楽しんで読んでくださった方を                 ..│
│ 否定してしまう事にもなるかなあ、と愚考する次第です    │
└─────────────────────────┘

       / // //// /  /._,,_,, {.--;;i,,.          .__,,.. -ー'''"゙´            ,,∠-″/:::::::\
.      /      /     / . \    |l|w/L ,r_/      _,,,ニ`-!“゛                ,..-'゙!'",/
      /  --==二二二―‐  \\{w└ ¨ ´ /―>     、           : ,,.,、_,, ‐"   .'" 、
__,                    _\´     彡x         \          , / ゙イ::::::, -一'    丶
 .,,`-`-!゙''冖'       ゙二二゙゙不 ̄  >  ; ’  ∠─         \   ト、", ─- 、/
'''"゛    ──==lj√       /      }| ≧ミ          ー=ニミ/|゙ ./
   / /._,,,,.. -‐'''"゛        /´ヾ,  r、r‐|^` フ                   {フ`: /
. -ー'''″                  //  }´  /       _ _ _ _  __ ノノj }i
 〈-─             ´ ̄ ̄ , /─ ´:::::_.ィ〃 彡 , -=テ : : : : : : : : : : :  ̄〉 〈リノヽ
.  ヽl l               // r-、,/゛ /゙, ´ ̄  /. : : : : : : :r 、_人: :r'  ̄   ',
/´              :::: /,.. |", /  _ノン'"   .r|: : : : : : : : .\ |:::}: { ̄ ̄ ̄ ̄∨       ....:::::::/
                 ,/゛ '"゛  ,.;;ツ'"──,──ゞ : : : : : : : : : ヾ〈: :}::::::::::::::::::::::::\___ イ´/ ̄
       ll     ,..;;l!゙ /      .,ir'"/ , < =ー=≠ミ: : : : : : : : : /::|: |───── ヽ    /  /
   > ´ .ll  ..‐^r''"゛  ._,ir"  .゛  / /   〃 / ̄`ー=ミ : : : : : フ::|: |/{_______ _  /
> ´      l/  ._..、;;>/'"/ r r´ ヽ .//     レ'    /しー 、: : :{::ノ、ノ三三三三三三三三三二ニ=-
    .,..-'Z./ ,./".'!゙ //二l l::l_/ ̄l       /   / /    ー=彡1〃´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ´ /
 .,..-'"  .‘ ,r'"   ./ l/  ll l/ / ヽ    / r=彡/          /  l l ` ー-‐´  /
‘     ,,ノ゛ ._, ,./      /l/ `ヽ i  /   1:/          /   ヽ、ヘ     > ´
    . / ,..-'" ´                     レ
     ″

┌───────────────────────┐
│ 勿論、反省すべき所は次回作に回し、        .....│
│ 気を付けていきたいと思います              .│
│ 不快に思った方がいらっしゃいましたら、本当に  ......│
│ 申し訳ありません!                     │
└───────────────────────┘



510 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:29:44 ID:j5skVEo.



┌──────────────────┐
│ さて、最後を飾りますのは         ..│
│ やはりこの人!              ......│
│ シリーズ四代目主人公となる凡人!  .....│
└──────────────────┘




        __
      /..::::::::::::::..\
    /..:::::::::::::::::::::::::.\
   /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |
   \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
  ,. -‐'´..:::::::::::::::::::::...`丶、
  ノ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....ヽ


┌───────┐
│ そう――     │
└───────┘



511 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:30:48 ID:j5skVEo.



┌─────────────────┐
│ 鬱フラグなんてクラッシュせよ!!  ....│
│ 煽り、煽られ上等!            .│
└─────────────────┘

          ____
        /_ノ  ヽ、_\
 ミ ミ ミ  o゚((●)) ((●))゚o       ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒) :::::⌒(__人__)⌒:::\      /⌒)⌒)⌒)
| / / /      |r┬-|    |   (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒).    | |  |   /    ゝ  ::::::::::/
|      .ノ     | |  |   \   /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l       バ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、       ン
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))  バ
                               ン

┌─────────────────┐
│ 村人Aこと、やる夫くんであります   ...│
└─────────────────┘



513 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:34:26 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────────┐
│ 今までの主人公は(外見はどうあれ)               ......│
│ 中身はそれなりに良いやつだったり、                .│
│ 何らかの特殊技能や能力、秘められた設定がありました   ....│
└───────────────────────────┘


        ____
      /      \
     /ノ  \   u \ !?
   / (●)  (●)    \
    |   (__人__)    u.   |
   \ u.` ⌒´      /
   ノ            \
. /´                 ヽ
 |    l             \
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


┌─────────────────────────┐
│ けれど、彼にはそんなものなど、一切なし!        ....│
│ 能力も凡人以下、性格も(明るくはありますが)キモイと   │
│ まさに、底辺!                          .│
└─────────────────────────┘

                               ____
                              /      \!??
                            /   u   ノ   \
                           /      u (●)  \
                           |         (__人__)|
                           \    u   .` ⌒/
                           ノ            \
                        . /´                 ヽ
                         |    l             \
                         ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.
                          ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

┌─────────────────────┐
│ 強大な能力や、悲しい宿命に翻弄される    ....│
│ 他のキャラに比べれば、場違いもいい所    ....│
│ 普通に考えれば、主人公になどなれません   ..│
└─────────────────────┘



514 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:38:12 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────┐
│では、何故彼が抜擢されたかと言いますと……  ......│
└──────────────────────┘





┌───────────────────────┐
│この物語の主人公は、あくまで「普通の一般人」     .│
│その他大勢の一人、という風にしたかったのです   ....│
└───────────────────────┘







┌───────────────────────────────┐
│ よって、性格も一番スタンダードな「煽りキャラとしてのやる夫」を    ......│
│ そのまま設定に組み込みました                          │
│ 初期の彼が、引きこもりっぽい自堕落な所が多々見受けられるのも  .....│
│ そのためです                                   ...│
└───────────────────────────────┘



515 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:40:03 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────┐
│ 単なる村人が主人公か……と            ...│
│ 連載中、不安がる声も色々拝見いたしました    │
└──────────────────────┘


          ____
        / ― ― \
 ミ ミ ミ / (●) (●) \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒)   (__人__)   \    /⌒)⌒)⌒)
| / / /    ` ⌒´     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)           /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ            \  /  )  /
ヽ    /             ヽ/    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))






┌──────────────────────────┐
│ 彼は、肉体の強さ自体は第一話時点とさほど変わらず、    │
│ 結局、魔王にトドメを差したのも薔薇水晶さんでした     ...│
└──────────────────────────┘



517 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:43:05 ID:j5skVEo.



┌──────────────────┐
│ けれど、「その他大勢の一人」であり  .....│
│ 特別な運命も持ち合わせておらず、   ..│
│ 伝説の勇者の血筋でも無い……    .....│
└──────────────────┘

       , -──-.、  
    ____ /_二二二二ヽ
, - ´   _____   ` - .、
   :; /┳         \          
    ,   \, #;;; ,/ ┳ ヽ     
    |  (○)   (〇)   |     ……ッ!
    、    (__人__)    / ;             
    ,"#;;   ´ー'´ ┳ ´ `、              
   /  ┳;;;     ..┃;;    ゙ヽ、              
 : |   `-、、    ;;;;       ヽ            
  \    ヽ        ハ    ヽ
    ヽ    l #;;      l ヽ_ ノ
   :;  ゝ_ノ ┳;;;    |
    ,i            .l、 :;
   /              ヽ
  /       ,r´ヽ      `,

┌─────────────────────┐
│ そんな彼が、必死に「誰でも出来ること」を    .│
│ 頑張ったからこそ、皆が皆、やる夫に手を    .│
│ 貸してくれました                    .│
└─────────────────────┘

┌──────────────────────────┐
│ 最終話、魔王の攻撃を受けても                ......│
│ 何度も何度も立ち上がるやる夫、                ..│
│ というのが>>1が最も描きたかったシーンでもありました   ..│
└──────────────────────────┘



519 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:45:39 ID:j5skVEo.



┌───────────────────────────┐
│ ちなみに、ここのやる夫が                       │
│ 「前の彼」の転生かどうか、という話ですが……          │
│ 実は、当初の設定では「彼ら」はすでに既存のシリーズの     │
│ 登場人物に生まれ変わっている、という設定でした       ...│
└───────────────────────────┘



          )/フ イ //\ :::   _'_,  )ーァ >─┬`>
.           <ニ<ノ}/三ニ7へ       イレ仁二>ー'-イ
          二//フ//仁X::`=──‐ィ´ノ|: : ノ/: : : : : :ヽ
             /: : ̄)厂<:.:<<>|「K/ノi : ̄: : : : : : : : 〉
              〈 : : : : : : : : : :\/l:!:ヽト/: : : : : ハ: : : : /
                  \: : : :|: : : : : i : : |j|: : !(: : : : : : : : :l: :〈
               /: i : :!: :.ト、: :| : :/ |i: :リ: :ト、: : : : i、: :/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        イ!r≦ハ   (_,  ,`' }::::: ̄l 
        |´ ̄:::::::::ヾ、ヽ,   ̄   ノヽ:::::::l 
        j__,, -‐イ=ミヽ≧=-'  ̄ヽ::::::l 
       /::::::::::::::::::::::::::ノ人イ`ー――イ、::ハ 
       /:::::::::::::::ィ=イ/ 彡j::::::::::::::::::::::::∨::



┌───────────────────────┐
│ まあ、あんまり何でもかんでも繋げても          .│
│ アレですので、半ばボツにしている設定ですがw    │
└───────────────────────┘



521 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:50:07 ID:j5skVEo.



┌────────────────────┐
│ ここのやる夫が、彼らの転生か          .│
│ それとも全く関係の無い村人なのか……   ..│
│ それは、皆さんのご想像にお任せします     │
└────────────────────┘

      *   ____
    + 。 / \  /\ キリッ
       / (ー)  (ー)\+ 。 *
     /   ⌒(__人__)⌒ .\
  + 。|      |r┬-|    |  + 。
     \     `ー'´   /
       \ ,,,,    ,,, / + 。
       /        \
     / ,、      .l> ,>
     \ リ       l <
      <_/       ト-'
       i        l
.       l        l
       l   、__.    l
       l    ∧    l
.      l    / l.   l
    ,、-'"l   /' ̄l   l'-、
  /  (__ノ   ゙'-、,_) \
  /                 i
  l     生涯 一 村人   /
  ゙'-、, _______ ,、 - '"


┌─────────────────────┐
│ 何の力も、宿命も無い村人が魔王を倒す!   .│
│ という方がストーリー的には合ってますが、     │
└─────────────────────┘

┌──────────────────────────────────┐
│ 前世からの宿縁に導かれ、またしても対峙する!                 ......│
│ それは今も昔も変わらず、                               .....│
│ 力は何もないけれど、誰よりも絶望せず、諦めを知らなかったやる夫……     .│
│ で、あるのかもしれません                                ...│
└──────────────────────────────────┘



520 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:45:44 ID:bdRMZC7g

ただの人間だ!



522 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:53:24 ID:j5skVEo.



>>520
どっかの警視庁製のライダーさんみたいですなw


┌─────────────────────┐
│ 今までのシリーズでも、               ..│
│ いや、これからのシリーズでも            │
│ 恐らく、最も明るくお馬鹿な「普通の」やる夫  .....│
└─────────────────────┘


         ____
        /⌒  ⌒\
    (ヽ /( ●)  (●)\   /)
   (((i ):::::: ⌒(__人__)⌒::::\ ( i)))
  /∠ |     |r┬-|    |_ゝ\
  (___     `ー'´   ____ )
       |        /
       |       /
         |   r  /
       ヽ  ヽ/
        >__ノ;:::......


┌───────────────────────────┐
│ 様々な経験を経て成長しつつも、                  .│
│ やっぱり大事な所でボケをかます彼ですが、           ..│
│ 皆さんは、この四代目主人公を気に入ってくれましたか?  ......│
└───────────────────────────┘

┌─────────────────────┐
│ >>1は縦横無尽に動いて活躍してくれる     ...│
│ このやる夫は、凄く描き易くて好きでしたw     .│
└─────────────────────┘



523 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:55:43 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────────────┐
│ ちなみに、各世界に何故やる夫が居るのか、とか            ...│
│ 何故彼が、どこにおいても、「ある存在」に例えられているのか、    .│
│ などは一応、ちゃんと理由があったりなかったりw              │
└──────────────────────────────┘






┌────────────────────┐
│ 多分、何年後かにやる              .│
│ 最終作で明かされる……と、思いますw     .│
└────────────────────┘



525 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/15(金) 23:59:49 ID:j5skVEo.



┌──────────────────────┐
│ 後、ストーリー構成的な裏話を最後に幾つか     .│
└──────────────────────┘




 ////////////////////////////ヽj//l!
〃////////////////////////////////.j! ,ィ     ヨ   ゆ  ウ  オ  よ
///////////rVz//////ヘ//////////////レリ     ロ  .│   ッ  レ  ォ
///////////{!ゞヘ//////ヤ、////////////ソ      シ  .│  ソ
////////!///l   .V//// ハzV///////////       ク   ん  .・       ┃
////////!///ヘ   川////」、`ーz//.__////レ/     な   だ  エ     .・
///////=l////ヘ  ノソ.イ ̄ r.、ヾ/ ヾj z.ヽ//イ              ヴ
///////l l//r≠ヘ  ′.  .Vヘ "   ! 、j }/′       ┃┃       ィ
</////j  ̄´   r.、       ヽj ,,,,,  j ーノ        ・ .・       ン
   ̄ ̄ Y.、  .ヾヘ    , z.、    lイ                 っ
      ヘ Y   "¨ _`イ " .j   ,'!  >  ̄ <            て
          入.    ヾ !   ,'  / .lニ.i        .ヽ
          > ., > .イ イ .! !.  ',       ヘ _
        ,. <>"   j ̄    .l  !  ` 、      j!:.:.::.:.:>、  , 一 、
       {!  i     _」 、    ノ .l!   イ ヽ      ヘ:.:.:.:.:.:..::.:.イ    i
    __ ヘ ヘ   /__ヽ_イ___',  .イ イ:.:ヘ     ヘ__ イイ      ,'
  ,..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ ヘ  /______j!,イ ,イj:.:.:..:.:.:}     r,.イ      /j
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:ヘ ヘj!         /j イ:.:/:.:.:.:.:.:,'    イ        '、
. /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:jヘ jリ           / r':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{  ,.'       /  j、
/.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ!           , ' i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ  !          / j



┌───────────────────────────┐
│ 12話で登場したウッソ=エヴィン達ですが……         ...│
│ 実は、彼やティガは当初登場する予定にありませんでした    │
└───────────────────────────┘



528 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:03:27 ID:CtDy3cbo



┌─────────────────────────────┐
│ 12話の後半は、もっと暗い話でして                   ..│
│ やる夫やビルギットを置き、他の村や街を                 │
│ 助けるために薔薇水晶が、一人だけ赴く……という予定でした    .│
└─────────────────────────────┘

       rtァx<            >xt}-‐= ミ
   /「三彡'                  \<〉__ >
 ∠ =ァ'  /                   ヽ  \_
    /  ,/   / ,                    不「 ̄
.   厶ィ7.:   / /            l i    ト ` .
   // {   | i '   /     ィ /l l } l   | \\
.  // ハ ! i|-┼- 、i {   //厶イ/ // ; , .:|   '. '
. /.′/ ∧トx!ャ芯ミ灯  ィ/{「r7/}/r},イ //!{   / /
彡'  / / 从{ヾ{代zrソ`ヾⅣ 込ヾvソ/ / 厶' / //
   / / / ∧ ドヽ ̄       ` ==彡ィク/   j//
.  / / , / /{圦     '      /j/   '/
/ ' 〃,  / /、_\    ̄   /   , /ィ′
/ / / / / jハ<`ト  _  <ィ7′/ // /
. /  / / ' / rtヘ ` ̄ヽr ⌒ 厶xイ { {/    _
⌒^>x,/ ' /  〉: : \   \ 斗彡/ : 〈  x≦: :
ハ: : : : : : :>ー=彡: \ : : 丶/: : : x个ー气 く: : : : :


┌─────────────────────────────────┐
│ やる夫に心配をかけまいと、その都度気丈に笑って村に帰還しますが、     │
│ 出かけるたびに、罵倒され、石を投げられて                   .....│
│ 心身共に傷つく……                                   .│
└─────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────┐
│ そこを、遂にキレたやる夫が、ビルギットと一緒に乗り込み、   ..│
│ 村人達を煽ったりして、薔薇水晶の心を惹き付け――        .│
└────────────────────────────┘



529 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:04:42 ID:CtDy3cbo



┌───────────────────────┐
│ そのまま、あの月夜の誓いに繋がるはずでした     │
└───────────────────────┘


::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . . .       ,.   -―-  .,        .     ゚. .      .  ゚     . +   ..
::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. .. . . .   ,.  '"         `  、        .      + .          .    
::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:. . . .     ,. '゙   .:..              ` .、       .       . .    ゚   .    . .
:::::.:.:.:.:.:.:.:.: . . . .     , '  ..:.:.:.:.:..                 ヽ       ゚        。
::.:.:.:.:.:.:. . . . .    ,.'  .:.:.:.:.:.:.:.:. .:.:.:.:...               ヽ         .  .      .    . ゚  
:.:.:.:.:.: . . .       ,.' ..;,;,;,; :.:.:.:.:.: ;,;,;,;,:....        .:.;,;,;,;,;,  ....;,;,;,;,'.,       .     .       * .    
:.:.. . . .        / ..;,;,;:.,;,;  :.;,;,;.:;,;,;..:.:.:.:.:.:.   ...:.:.:;,;,;..;,;, .:.:;,;,:.,;,;..',     。       ゚  .    . .   
:.:. . .        ,' :.:.;,;,;.: ..;,;:.:.;,;.:.:.:.;,;,;.....        ..;,;,;..:.;,;,.: :,;,.. .;,;,.:.:',       .     .    。   ゚ .
:. . .       ;   .;,;,;. ..,;,;,;,;.:.:.:.:,;,;,:.:.:.:..       ._,;,;,.:.:.:,;,;,;,;:.: .;,;,;.:.. ;        +      .     。.  
. .         {   .;,;,;   , r ‐ -r '´  ̄ ヽ<匀ヾ ヽ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,;,;.:.:..}      .       .        . 
         ',  /~〈匀}Y´ ̄         ゞ-ノ三ニ==- -ゥ   ;        .   。    +  .    
      _-==ニ三フ            ヾ 彡 ≦ミ三≧ヘ、   ,'            .      .   ゚
     /:::::/:;ィ7/    ′     、   丶  ト、 ヘ  ` ̄´.  ,'      。 ゚  .      。      
.      ̄フ::/ l ",  /  ,,  i    l   }  l|  ヾ ヽl\ ヽ:.:.:.:..  /              .   .
       //  ,' ./ /  l|  l   !   l!  !  }  i! 丶\   ,.'        .     *         。 
       "  ./ /! l|   l!  |! "⌒)-チ‐|!- リ   l   |   \ヽ/           .     .         
        / /ヘ リハ .斗‐|トx、`メr≠ニミl'   l!  l|    ヽ\  ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       ./ /  ∨ ト、 iィ≠=ュ \j{〈{匂イ}j   l|  l!     \丶 |     好き……です……           |
       / /   Ⅵヾ∧ゞー'″  `辷ソイ'   }  i|       } | \_________________/
      ./ /     ゞⅦハ xx ′ xx 、_) {   /:.  l|      ムィ
     / /     リ  l ヽ  ` ´    /  /:.:i:.  !    / /
     / /     / , ク '  l:.:._>- r ≦/  /:.:.:l::. 八_.  / /
    イ ,'      /r' ム-久l:r、Y⌒Y^lノ  ,ハL:.」_;水´{ ∠ く_
   ム l{     // ' ,ィく ヽV /}泌r/  /: : :イ: :_:_:ヘ:》  `ー ニ、-、
   {  ヘ.     /,ト、'xヘヽ ヘ 八弐    /_:_:_:ノ⌒´ : : : }      //
   ヽ  ゝ、_ / |:i:ヘ ´ュ-、 オ: /:.リ   ム: :-: :、: : : : : :リ     〃
    `ー 、/ ハ: : }_/l : ' : : : |: :{  /´: : : : : :`メ、 :_: :l|     //
       {  イ {: :∧人:':_:_: ;ィ :∧/ : : : : : : : : : : : : 了     //
      ハ i  /: : : |: :ハ: : : :l| : :K; : : : : : : : : : : : : :/    //



526 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:01:06 ID:FILD0zo2

正直村人Aやる夫は精神的には超人クラスな気がする
普通だったら魔王にびびるだろ
俺だったら漏らす自信あるわwww



530 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:07:01 ID:CtDy3cbo


>>526
うん、ちょっと精神的に強くし過ぎた感はありますw
ただ、彼も十分ビビッてましたし、
多分決戦時には普通に漏らしてたんじゃないかな?




┌───────────────────┐
│ ただ、あんまり暗すぎたのと、        ...│
│ それじゃあ「村人A」の物語的には     ....│
│ ちょっと合わないなあ……と四苦八苦し    │
└───────────────────┘







┌───────────────────┐
│ 漫画喫茶で、「キメラ」を読みふけって    │
│ やっぱり、モット明るく王道でいこう!     │
│ と思い立ちました                .│
└───────────────────┘



531 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:09:46 ID:CtDy3cbo



┌─────────────────────┐
│ そこで、つらつらとAAを眺めてるうちに……   .│
│ 「奴」に目が留まりました              ...│
└─────────────────────┘

  ノ             .i///////ィムマ∧///////   ////////////////ハ
. ヾ               V////ィム>≒∧./////     ,'////////////////ソ
  !. 分  閉   メ    ゝ/ムマ´     Ⅵ////     !///////////,. zュ、7    ダ  い  電  き
 ノ. 解  鎖  ガ    .}ムマ       Ⅵ //      l/////////,ィマム三ヘ!.    イ  れ  子  .さ
..Y.  さ   .空  粒   {ムi       .Ⅶ/     l///////,ィマム> ¨ヽj      ナ  ら   レ  ま
. j   れ  間   子   jム!          Ⅷ      .!////,ィマム "     く     マ  れ  .ン  は
〈.  る   .の   の   YVl!    γ≒ .Ⅷ      .`ー,ィマ/        Y     .イ  た  .ジ
. !   が  な       .i ヘl!    .んこ:j ヾj      ,.ィチ ". ,.z、        {     .ト     に
. l  い  か      l  >   V¨∨   ゝ入 ,.z>"   ん::ム      }    .だ
 !.  い   で       .l      > く   /7  ー '    {⌒Vj     ,.イ _
 l              /     /  ̄> ., ヾ.ー      _  .ゝ .ノ    ,.ィチ" ヽ
 j<           て      .{!ゞー<   ¨   ー─ ─ z、 ̄  - zイ< ,,,,,, 7イzx⌒ ヽ   z
   \     _ w´7 ヘ    }!;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄;;;;… z _    ヘ      ̄    ./     / \!
    i:.:./ ⌒∨:.:.:.:.:.:{!   ヘ    .l!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ーzZ〉        /ー‐ ":.:.:ヘ
    !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j!   ヽ   .l!-x;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,
   !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧      ' , l!  ',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /           ,ク:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l
    l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,' l ヤ     ヾゝ .^ 、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ィ≠’        ,. イ.7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j!
    ',:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:7 ! .ヘ      ヘ   .> z _ _;;,.イ  イ    ,. <  7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7
.   V:.:.:.:.:.:.:.:.:.7  l  ヘ       \ー z .、 _  ,イ ,.  <      ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 7
     V:.:.:.:.:.:.:./  ',  ヘ        ` ー 一  七            ,.イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: 7
      ヘ:._:,. イ   ヘ  .ヘ                          イク:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7

┌────────────────────────┐
│                                    │
│ 当時リアルタイムでボンボンを購読してた事もあり、    │
│ 一目で、ピン! と来ました                  │
│ コイツを使おう、と                      ....│
└────────────────────────┘



534 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:11:17 ID:CtDy3cbo



┌────────────────────┐
│ ちなみに、これを思い立ったのが       ....│
│ 12話前編を書き終わる寸前だったから   ....│
│ さあ、大変w                   ......│
└────────────────────┘








┌───────────────────┐
│                          ......│
│                          ......│
│ 急いでプロットを書き直し、           │
│ 同時に書きためを進め……          .│
│ そうこうしている内に、コイツもだそう!   .│
│ コイツもだそう! となり――         .│
└───────────────────┘



535 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:12:30 ID:CtDy3cbo



┌────────────────────┐
│ あの、ヒーロー戦記な場面になりましたw   ..│
└────────────────────┘

   /   、,,,、   _/    .; !     .|  
      /: ゙l一'[゛   ./ ;;.l,ノj   ,./   .    .|   !       _.、,i.
      l,i, /  .,.l!;  /   ...;゙ゝ、,,./   /   ,./   .i″    ., -'"〈フ゛...... /
.     / ″ ,,ミ∥ /   ./   ./    ./  、,,./   /     / ,,,./.゙/∧∨
     | ...-'";;;;゙ビ;  ./  ,r..ヾ   .i'"  /    ./      レ'´  ∧ヘ!ニ!∧
     |i/ .,、  .ノ│,./  /    _ノ''.l,r..ヾ   .i'"      ′.....r-|E|T下TE}-v'" ̄}イ ̄`ヽ
           |i/ .,、  .ノ│,./  /    _ノ''.l,     厂 ̄ ̄|ニ|YL_iNi/|ニj | ̄ ̄ ̄`ゝ }
           ゛ _!、`゙" ヽ;〔;../   ._.r'"  ., !;  .__..| | ̄ ̄// ̄ ̄ ̄入 !  ̄ ̄〉 | ̄|
             ゙゙‐'-ー'.∥   ./ `  ./  .[ ̄'' |、゙''-..、 〈 ̄`ヽ  ̄/〈´.|  イ´ イ_}/
.       'マ---゙ ̄^゙ヘァ  .7  ./    / . ;;|;.,i,,_    . `'、...::::::::}__| ∨ / | ̄`ヘ __
      _,,,..-′ ._..-‐'゛ .,i‐"   {.  ./  /   ...'!r" `゙'‐、.'i.li .!.Ⅵ,ノ|___r--〈_{ ̄`ヽ -、   〉
       `''ー r'"    /   .,、'゙コ'-./   /    .. .;;|;..」  ゛│./′  |____|,__ ∨ ̄{ /|_/
                 ゛l゙ ,r, /     : ly'゙.  ./  .;;゙.l;::., / /../一'"!      |{ /} |  |_ノ
                  ll゙ .゙エ     ,〃、;;.../     ....../.シ'゛ l
                   、.i'、      : l、  .,i>'''゙!゙゙l  _.../
                 ゙!.l| \    /.,,ノ-イ″  iシ'″゙リ'v
                  `ヽ `''―-|〃 ._i′   ., "  ;:;レ′
               ,. ,,  . _  `';;ii /  ...l|l!;;  ./   ', , ,ィ'´`ヽ',ヽ、
             ‐'←'゙´フ!”  ., ''/゛ ,, ''|ミ.;;/;;;./   ,- .ヽ,':::::::::::::i i  i
            ,i'゛ _,..-‐…‐-‐-、._                 i:::::::::::::ノ.,'
     _,..-ー''"´          ~``''=ー-~``''=ー-、..,,_.  ',::,:'´| |`ヽ,
_,..-ー''"             __ _            ~``''=ーィ','~``'``‐-、-‐ー-、
              _,..-ー''"´    ~``''=ー-ー-、_--‐-ー''"´i .i:: :: :: :: :: ::iゝ、:: :: ヽ
      ,ィ'´``ー''"´                 ,ィ'::::::::ノi:::::::::::::::i .i` 、_,. ィ'´:: i彡ゝ、_:ノ
   ,ィ'´~`                       ゝ、ノミi:::::ゝィ'´i .i:: :: :: :: :: :: i',:: :: ∧
 ',,ィ'´                           ,:':::::::::ヽ‐-、.,ィ'', ',-、..,_,..-ィ' ',:: :: :∧
  ',                            ,'::::::::::/~',:::::::::::::i .i:: :: :: :: ::,'  ',:: :::∧
  ヽ、                         iヽ:::::,'  ヽ_,--┬┬-、..,,_,'   ',:: :: :,'i
    ',                             i:::::::::,'     i;;;;;;;;| |;;;;;;;;;;;;i‐、  i:: :: ::i



537 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:17:54 ID:CtDy3cbo



┌─────────────────────────────┐
│ そのため、村人A後半は結構突貫作業でして……           │
│ 12話後半1を投下し終わってから                    ..│
│ 後半2を書き溜める……という、馬鹿なことをしてしまいました     .│
└─────────────────────────────┘







┌─────────────────────┐
│ 実質、400レスを三日で書き上げるとか、     .│
│ デスマーチも良い所                  │
│ 早く投下しなきゃ! と焦ってしまったのが     .│
│ いけなかったんでしょうなあ……           .│
└─────────────────────┘



┌────────────────────┐
│ もちっと余裕を持って描けばよかったと、  ......│
│ 後悔しております                  .│
└────────────────────┘



538 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:20:27 ID:CtDy3cbo



┌──────────────────────────┐
│ 後半が少し間延びになったり、                 .....│
│ まとめサイト様の方々には、                   ...│
│ 後編1・2・3とか訳のわからない                 .│
│ 分け方をさせてしまって、本当に申し訳なく思っています  .....│
└──────────────────────────┘



┌─────────────────────────────┐
│ 毎度ムダに長いのは>>1の悪い癖なので、                │
│ 次回ではその辺を少し改善できればいいなあ、と考えてたりw   ....│
└─────────────────────────────┘





┌───────────────────────────┐
│ とりあえず、週一・土曜投下を次回は維持したい所ですね  ......│
└───────────────────────────┘



539 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:22:35 ID:CtDy3cbo



┌─────────────────────┐
│ ただ、>>1がここまで踏ん張って描けたのも    │
│ 最終回まで、きちんとやる夫達の物語を    .....│
│ お届けできたのも……                 │
└─────────────────────┘


      ___
     /     \       ヾ:、∧ . -──- 、 ∧//
   /   ⌒  ⌒\      >{`>'        ヽく)ァ、
  /   ( ⌒)  (⌒)\.    `7′          Y-‐'
  i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i     / ′   l|        |_ l\
  ヽ、    `ー '   /    .//l ト、_ト、\,厶-、| 入} '. \
   /         入   // Ⅵ x=、ヽ/{`{Y1:Y^V'} .|   \
  /            \.//   l⊂⊃   ヽ二〃 ヽ! l!    }}
 /  y        ヘ   \  | \  ー  /{_,.イ  |   〃
 l  ノ         l\つS/  ̄ ⌒|(`⌒)⌒/ /l .|   l  {{
 l  :          l   ヽ ーフー 、ル廴イ_/´,イ}    !   ゙ ,  \
  し(          l    〉〉  |    /   ) l’    |   \.  \
   ヽ         ヽ   //  /  ,r.┘ ,イ └ ァ.  l   |   !   》
    l         )   l ! .′ 7¨ヽ._} ト~ く   i   |   }  〃
    :;   y    /    !| ヽ /   ヽ|    ヽ l  |  ,′〃
     ヽ /   /゙゙'     ||  } {      |    } /  /| / /
      V   /       |!  / ノ     l    廴/ |/
     /   / \       l!<__>~、__,ィ´入__   ,rく
   (⌒__) ̄ V        '⌒`ー1´¨.l `ー1¨丁´
                        ∨|  ∨ |
                         ヽ┘  `┘






┌───────────────────────┐
│ それは皆、今までずっとレスをし続けてくださった    .│
│ みなさんのお陰です                   .....│
└───────────────────────┘

┌──────────────────────────────┐
│ 本当にありがとうございました!                       .│
│ やる夫と薔薇水晶も、皆様の応援のおかげで幸せになれました!    │
└──────────────────────────────┘



540 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:25:24 ID:CtDy3cbo



┌───────────────────┐
│ では、>>1がこのお話の中で        ......│
│ 最もノリノリで描けたキャラを紹介して   ....│
│ 裏話を終わりといたしましょう        ....│
└───────────────────┘





          ┓・・  ┓・・  ┓・・  ┓・・  ┓・・  ┓・・
          ┛    ┛    ┛    ┛    ┛    ┛
                     , -‐- 、
               /:::::::::::::::::::\
                   く::::__儿_::__儿_::冫
               l::::¨}「::::::¨}「:::::!
                  l::::::::::::::::::::::::::::::l
                    l::::::::::::::::::::::::::::::::l
               |:::::::::::::::::::::::::::::::::l
                |::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                 |:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
                 |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : : : :l
                 |: : : : : : : : : : : : : : l


┌─────────────────────┐
│ 本能のままに、すらすらと文字を打ち込め、   .│
│ 恐ろしいほどあっさりと描ききれた         │
│ この人――                      ..│
└─────────────────────┘



542 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:28:25 ID:CtDy3cbo



┌────────────────┐
│ エピローグのチョイ役なのに、    .│
│ 以上に濃かったこの御方       │
└────────────────┘


                                      , -──-_
                               _,   '´, -‐'´zZ´`ゝニ、、 
                                / r'/xXxXxXxXx女くxヾヽ
                            >r'(ゝ_x/:: ̄ ̄ ̄:::::::::::ト.Xト,ヘ
   __                        /::人:::ゝ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ f ',
- : ̄::::::::::: ̄:::::≧、 _         _, -=' ̄::::f x_ノ:::::::::::::::::/:::/:::イ:::ハ:::::::::', { i
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-一  ::::: ̄::::::::::::::::::::ノ-=ン::::<_/:::/::/::::/::::::::::::::} ,' !
:::::::::::::::::::::::::_二二_::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::r'´xXr'::::f r>=、フ/ィ/::イ:::ィ::::::::::リ }  ト
:::::::::/ ̄ ̄       ̄ ̄ーェミ、__:::_;-='´xX_f´:::::::| 'ゞzヌ_ノ/イニメくノ::/::::/∠_ {   (腹、減ったですぅ……)
::::::/                 ヾ㌃ ̄ ̄: :._rt: ::t ゙      ''r升リ)ノ:ヌ:::/ ヌ、 ヽ
::::f         _        _,=-'´: : : : : : : :rtj  ̄人  、 _  ゞ='"::::::;イ/⌒;
:::{       _//  _,-‐ア: : : : : : : : : :rtf-'   r==\     `テ'r‐'" 7  /、
::::ゝ..._,-="::::::/ r'´:::: / : : : : : : : ,、rァチ    ゞ=テヘへ ̄/rー、ム_j  々}
::::::::::::::::::::::::::::/ /:::::::: 〈 : : : : : r=yチ^ ,~、___ァ彳j/ベンr'´xX>‐-、     ヾ,
:::::::::::::::: /  r'´:: , -─ヌェ、 : : : :でッrt_ヽ'´ ̄ヌ〃メノ '_, イxXx/ : : f^乂 /   )ッ
  一'´   ノ ::::::/: : : : : : : :ゝ : : : 〉:ゝf+、  rfヌrfy'´   ,'xXxx{ : :Y"t ゝ-'=彳 _
:::::フ   /::::::::::/ : : : : : : : :{ : : : :/ } : : i乍ッ'=" 从     jxXxXj : : :ヘ_  ⌒/ ̄::::::ナ
   /: ::::::::::::::::> : : : : : : : rて  { :/ :7\ /イ人_,、,、jxXxXj : : : : : ⌒'テ : : : : <_
  /:::::::::::::::::::::::::ヽ: : : : : : : : :{  ゝ-'ソ : : :人=ネ=-ァヘ/xXxXj、_:/ ̄ : : : : : : : : : : : z
/::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : : : :ゝ─-イへ:/ミミヘf7>- 彡jxXxXxi::::ヾ、: : : : : : : : : : : : : : : :.z
ァ-───ァ'´ : : : : : : : : : : :〃 : : : : : : : ドヾミ彡彡彡リfxXxXxf:::::::::::ー-、: : : : : : : : : : : : : .z
: : : : : : /: : : : : : : : : : : / : : : : : : : : : :ヾミミ_彡'/ ̄jxXxXxxト-,::::::::::::::::ヽ_ : : : : : : : : : チ
: : : : /: : : : : : : : : :r一' : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ : : : : }xx/⌒' : : :\::::::::::::::::::::ヽ二 ̄ヽ,、ハ
: : : / : : : : : : : : : :ノ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`' : : : : : : : : : :  ̄ヽ:::::::::::::::::::ヽ


┌─────────────────────────────┐
│ 初代ヒロインも張った、翠星石さんです                 ...│
│ このキャラを描いてる最中、何かに憑かれてるんじゃないかと     .│
│ 思うほど、手が良く動きましたw                      .│
└─────────────────────────────┘


┌─────────────────────────┐
│ いずれ、何かの機会でもう一度彼女と、彼女の相方を    │
│ 描いていたいですね                      ....│
└─────────────────────────┘



543 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:30:17 ID:CtDy3cbo



┌──────────────────────────────┐
│ さて、では長話になってしまいましたが、                 ......│
│ これにて「薔薇水晶と白饅頭な村人A」の裏話を終わりとしますね   ..│
└──────────────────────────────┘




┌─────────────────────┐
│ 深夜まで、>>1の与太話にお付き合い頂き、  ....│
│ ありがとうございました!               │
└─────────────────────┘








┌────────────┐
│ それでは、皆さん――  ....│
└────────────┘



545 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:32:59 ID:CtDy3cbo



                  ,ヘ       < 二‐ 、ー-_/ ,   /  /    l      ヽ_ニ―<_
      ____      / /        /:::::_/::::_/ ./ /  ,'   !       !  !  ',   ヽ :\::::__`‐-、
     /\  /\   / /       ∠ィ-,‐'´l// ./ | .|   l      |  l  !    !、::_ヽ_、 ̄``
   /( ⌒)  (⌒)\/  /        /./   / l  !l| l!  l,イ  ∩ | ,l ,l !l |  l    !l ヽ`ー 、_
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\ /    .   / /     | l | ! 斗l┼'ト、ll ',  .`乂/|ノ廾ナノイ.!|| l !  ヽ、  `ー-、
  |     |r┬-|       |     .  /   /     ,!',! l | |ヾl !l レ' ヽ ヽノ/'´r'イΞトlィノ|ノ / !/ |   `i   /
  \     ` ー'´     /      ,'   !     ,' ´ヽ|`ヽ! x===、     ヽ)〈ヘ'ly''/'|/l ノ'   !   ,'   /
  /          \       ヽ 、_.ヽ   /   .| ,l l .:.:::::::::::      `ヾ='<´\||   !   / /
 /             \          \ヽ /    |  !〈|         ′     、ノ' /l |    レ' /
/  /\           ヽ    -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、ヽ   l  l'ー、      、 ___,      /,r||  /.,ィ'
 /   \          ノ  / /" `ヽ ヽ  \〉  |  |  |\              /|  ! |  / / ',
U      ヽ        ノ //, '/     ヽハ  、 ヽ|  l|   ! _r‐ヽ、     _, -'ヽ、_|.  l|〈  \ ',
              _ 〃 {_{ノ    `ヽリ| l │_i|_  l.|  .Κ._ ヽ.__`ーィ'"冫 __,∠   l !  `‐ 、_`ー─ ----
             く ● >小l⌒    ⌒ 从く ● >.|  く :::`:´::::::l___ 'y-, -': : : _> |.l      `', ̄ ̄ ̄
              \/ ヽ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ \/.! !   l``,ー、 ::/ /⌒ヽ <ー|   l.l     ____L
              /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)   j /⌒i !``ヽ、_,-'´  :::Y  ,/⌒ヾ) ::: `‐-、__|└' ´ ̄    ` ー/
              \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│
        .        /:::::/| | ヾ:::|三/::{ヘ、__∧ |
               `ヽ< | |  ヾ∨:::/ヾ:::彡' |



                       ┌───────────┐
                       │  お休みなさい!!  ....│
                       └───────────┘

                   _
                   \ヽー=,,,,,_,,
              _     ,< ____ ●__ ノ
            /   ヽ.  ∠  \”wwW”
        ,.-‐┴‐-、  ト、 '/    "WWw               ____
        l        } /  |  ∠ "ゝ二ノ              /     \
      ,!-- 、   l l  ` |     l '′              /  ⌒   ⌒\
     /   l   l l  /' ,!    j、             /   (● )  (<) \
     i'  l    l  l l  l /レi     j l              |       __´___    |
     l  l   ヽ、{ l l /   lk  ノ゙ l              \       `ー'´   /
      ゝ-`ー‐- - 、ト { レ  、| ゙Y j___!_              〉         ⌒ヽ
   /   , -─‐─ヽ(  __リ-‐´ ___ `ヽ      .     |          、  \_
   {     /    , '´(` ̄   , イ | ,!  `ソ            !          ヽ   _⌒)
   ` ‐--{    (    ̄ ̄ ̄ ̄`゙く
      ` ー─‐'^ー---─ '' ´ ̄ ̄`



546 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:33:13 ID:xAwtpOtw

おやすみなさーい



547 名前: ◆f6nzOA/5ZY[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:34:13 ID:CtDy3cbo

という所で、長々と本当にすみません!

ほぼ、三時間とかかかっちゃいましたなあ……
遅くまでお付き合いくださり、ありがとうございました!

番外編に関しては、目処が付き次第またこのスレにご報告にあがりますね



548 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:35:15 ID:MLLxqgQk

乙乙
死か生かについてとか、色々と興味深い語りでした



549 名前:どこかの名無しさん[] 投稿日:2012/06/16(土) 00:42:50 ID:q672c/U2

乙ですた
改めて見ると、本当に濃い面子ばっかだったなーw






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

26777 (´∀`) 2012-06-16 23:56
まとめお疲れ様です。
ギャグに関しては意図してるんだろうなとは思ってた。
うしとらのオマージュの件は知らんからなんともいえんが、
いろいろチャレンジしたかったんだろうけど、後半のgdgd感は否めなかったよ。
いそいで投下しなきゃ、って焦りがあったんだろうけど、プロットの練り直しをするときはしっかりやって欲しい。

26780 (´∀`) 2012-06-17 00:41
まあ、なんだかんだいって総じて面白かったのは確かだから、終わった作品にケチつけるもんじゃないね

乙でした

26781 (´∀`) 2012-06-17 00:56
確かに12話あたりは詰め込みすぎな感があったなぁ
カテジナさん関連の話カットしても普通に進みそうだし

真紅さんヒロインはいつになるんだろうなぁ(棒

26784 (´∀`) 2012-06-17 01:45
今回の主人公は指輪物語のサムワイズみたいでもあるよね。
魔王の指輪に誘惑されても、妄想できるのは

 世 界 全 部 を 花 畑 に 変 え る 自 分 !

だったりして・・・思わず笑ってしまったもんです。

いや、王子様とか、妖精女王とか、白の魔法使いとか・・・
誰一人抵抗できない誘惑を鼻で笑える庭師の姿が、
今回の変身したやる夫の姿にまんま重なりました。
グッド!エクセレント!!これからもお気楽に頑張ってください。

26787 (´∀`) 2012-06-17 04:04
乙!
やる夫がただの村人かどうかはさておいてw
キャラの数が多すぎて、1人辺りの印象が薄かった気はするかな?
作品全体の柔らかい雰囲気、魔王(笑)のキャラ、やる夫とばらしーの距離感などは、とても好きだなぁ。

次の蒼の子もとても楽しみ!

26789 (´∀`) 2012-06-17 07:27
彼氏→ロボット→旦那(警官)→村人A・・・で次が神様か

次の次は義理のきょうだいでどろどろさわやかモノが読みたいっす
以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。