やる夫.jp ショボンあんてな  まとめサイト速報+ Fast2ch まとめちゃんねる LogPo!2ch やる夫短編集地獄編 阿修羅編 やる夫観察日記 ヌーそく やる夫見聞録


お知らせ
したらば掲示板の内容をlivedoor Blogの利用者に限り転載可能としました」の関係でfc2での更新停止します。
今後旧AAまとめブログ(http://blog.livedoor.jp/aamatome/)で更新します。

・しばらくしたらこのブログのコメント欄は認証にします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです 第二話 「オオカミドラ」

82 名前:1 ◆QGxFCynpE6[sage] 投稿日:2009/04/27(月) 23:56:28.45 ID:7.Y.lWMo


第二話を投下させていただきます。



原作 トム・ゴドウィン
「宇宙の漂流者」




やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
83 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:04:30.66 ID:oT6e1MIo



 ――たった一晩で、170人が死んだ。                 ,、、
 そして多分、これから先も増えるだろう                ,/ !゙':、
                                        .,! ,; i ':、
                                       ,、゙ ..;::....; .. 'i:、
     __,,__                              ,.::' ..,.::;;.,...! ..;;i~"'- 、
ニ';-'"~:::..:.:.`''ー-、__,,,、-‐- ..,,__                 ,! ..:;:.,..  ;  '  ,.::.:. "'-、
 .... ~""'''ー- ...,,___::.:...  :::..:.:.:::...~""''""´`'t---─-─一´`''´..,::.:;;::::...  j   `ー- -  ゙':.,''ー ...,,__   ..,,_,,__
  .::.. .::. ..:.   ;;,,   ̄ ̄~~""'' - 、..::;.:..:...  `:,、 .:.:;;.::.:.:... ..:::,:,::,.  ,::...i,  .:;:,.... .::.:.:..:..  ゙':, 、,;;;, ~""''' :::...  ̄
   ::::::   .::...   ;,,,,;;  ;;   ;;:.   ~"'-、 ::::::;;.::.:;..:.:.:.....  .:. ......:::;.::.:.... / `"'' ー- 、,    ..::.. ` ヽ  .,;;:. -  :::::.. _,
 、,_ ;;;;;ー;;  |!、 :.. ;;;;;ノ ;;:  ,;;  '';;. ,,  ゙"'-、  :.:.:...:.;:.:.::.:..... ,::. ,、- ´ 、,...::... ,_ `  .;:. ;.:...  __,,..、、.-''"~~,::
   ~""''~  `;;;ヽ     ';;:::/'' , ;;,   ..;;  ;"'''- .._, 、,,.....、,__     ,.:-‐‐''"~,:;;;.~~"''' ー一''''""~,,:::;;;;;;;;:.;;;;;';;;;;:.;;;
,,. ,、,_..,,. ,、_,..,,. ,、,..,,. ,_、,..,,. ,、_,..,,. ,_,..,,. ,、,_..,,. ,_.,,. ,、,..,_ ,. ..,, ,,..,. ,_、,..,,.;":ニ' -'´, ,,:.;;;;;;;';';:.;;;;;;';;;;;;';;;;;;;;;';;;;;;;;;;';;;;;;;;;;;;';':.';';;;;;;';;;;;
  ~  ~  ~    ~  ~    ~  ~     ~" ゙″"~ ~ ~ ゙ "" " ゙ ~~ ''';;ー::‐-;:--;;-! ::;:;;;:;:::;:;;;:;::.::;:;;;:;:::;:;;;:;:;;;:;:;



84 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:07:26.53 ID:oT6e1MIo



        / ̄ ̄\ 
      /       \
      |::::::        |      ふぅ……。
     . |:::::::::::     |     今までで一番不味い朝食だった……うん?
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´
やらない夫(コンステレーション号士官 第一グループ指揮者)

           ___
         /     \      やる夫だお。
        /   \ , , /\     娘さんのこと、聞いたお……。
      /    (●)  (●) \    でも、やらない夫が生きててくれて
       |       (__人__)   |    やる夫としてはよかったと思うお……。
        \      ` ⌒ ´  ,/ 
      /       __ \              
 ィニニニ/ ヾニニニ|  ゚~ l| __ __ ̄~|lコニニニヘ、    ノュ|    
 | O)│  │`==='-t l| ̄ ̄ ̄ ̄~|l]ニニニ广∩ニニニlニ||コ  
`〉===r\  \―' ∋ー' ̄ ̄ ̄  ̄ \_ノ        
      \__ 丿                     
やる夫(コンステレーション号副船長 第二グループ指揮者)



85 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:10:10.74 ID:oT6e1MIo



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)   たまたまだ。あの一撃のときはトイレに行っていたんだよ。
.   |     (__人__)    その後の混乱で、上手く情報が伝わらなかったみたいだな……。
    |     ` ⌒´ノ    娘は孫を庇って死んだんだ、悲しいが勇敢だったと思う。
   .l^l^ln      }     それよりも、そっちはどうだ?
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /     |ヽ、二⌒)、


      ____
    / ノ  \\
   / (●)  (●)\   さんざんだったお。
 / ∪  (__人__)  \  あの猛獣と熱病、周囲は荒れ地で木もないから、
 |      ` ⌒´  u  |  たき火すらできなかったお。200人が亡くなったお。
 \   し       /   
 /           \   



86 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:12:48.92 ID:oT6e1MIo



        / ̄ ̄\ 
      /       \         こちらは170人が犠牲になった……。
      |::::::        |        とにかく、一刻も早く風雨を凌げてオオカミドラを
     . |:::::::::::     |       防ぐ小屋と防壁を作るべきだな。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

         ____
       /      \
      / ─    ─ \    賛成だお。それよりやらない夫、あんたは確か、この
    /   (●)  (●)  \  ラグナロクの調査隊ただ一人の生き残りだったと聞いているお。
    |      (__人__)     |  今の内に、知識をやる夫たちに教えてくれると助かるお……。
     \    ` ⌒´    ,/   
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |     
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
やらない夫「確かにそうだな……。だが、全てを調査した訳じゃないから、
その辺はあらかじめ考慮してくれると助かるだろ……」



87 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:17:29.51 ID:oT6e1MIo



                                       _,.,..、.,.._
     ..     ...... . .... ..,..... .........                  ._,.,、.、"^   `'.ヽ
 .....-、、,.._ :::,:,,,..   ....... .    .     .... ..  ..,,.,.、-‐ヽ"゙´
 :::::::::::::::::``"'''、、.,,,_ .............    ,..,、゛;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,.......     ..
 ::::::::     .:::::::::::::::::::::::::..```゙`゙゙`゙´ .:::::::::::::::::::::::::;;:;:;;;;;;;;;;;:;;;::::,,  .  ...
            :::::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.................::::::::::::::......................::::.....
                      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::,..   .:::::::::.::::::::::::.......:::::::::::::...
                         ..: ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::,,,,,,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       ,           : :::: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;::::::::::::::
 ......... .     ...              `;-、                       .
 ''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''"""''"""'''''"""''""''''""''"''''"""''"""'''''""""''''
  .:;;:::::::::;::::;;;;;;;;;;;;;;;:::;::;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::;;:::::::;;::;::::::::::;:;;;;::::;:::::::::::::;;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
 .,::.:.......:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::;:::::::::::::::::::::::::;::::::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:....:.:::::::::
 :.:.:..::......:.::,::.:..:..:::::;;;:::;:::;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::
 ..,.....::::.:...::::::::::.::.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;::;::;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::....:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 ..::::::::::::;:::;::;:;:::::::..,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::.:::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :.......::.::::::.. ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..: ..:.:::::::::::::::,:::::::::::.::.::.:::.::::::::.:...::::::::::::
 :..,...::::::::::,,,,,:::::::::::::::::::.:::.::,:::::::::::::::::::;::::::::::;::::::;::::;::::::,,,:::,,,::::::::;::::::::::::::::,,::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;:::,,:::::::::::::.:......::
まず、重金属などの役立ちそうな自然資源はほぼ皆無だ。あるとしても、それはとても
量が少ないだろう。つまり、鉄は手元にある分しか存在しないと考えた方がいい訳だ。



88 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:18:22.36 ID:oT6e1MIo



              ` 、  '          ` 、  '    
            ‐―  ○ - ‐      ‐―  ○ - ‐ 
             , ' ヽ            , ' ヽ   
               ,.    ヾ           ,.    ヾ
           , '               , '
          .. . .
                  ,,-‐''"´'':、,,                ,,_,__
_,,.--ー''''''"゙゙ ゙゙̄"'''''―--.,,,,,,-‐'゛.:'"゙:.:゙,:;、,"'.:.:  _,,.;:--''"´`゙''ー、/ヽヾ\
::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,"';,_,,.-ー'''"゙゙:,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,:;、,:゙',`:;,':,:;.,:;.:::;.:".:;.:'"゙:.:゙,~゙"'ー-:;、,"'.:
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: :;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :
'' ;~ ; ::; : ;:; '',;''゚  ; ::; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; '',;'' ; ; ::; : ;:; '',;''゚ ;~'',;
":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; : ;:; ;~'',;'' ;~'',;''  ; ::; : ;:; ;~ ; ::; : ;:; ': ;:; ;~'',;'' ;~'',;''゚  ; ::
:::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... ....::::::::::
.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. .. . ... ... ..::. .. . .. . .. .::::: :: :. ... .::::: :...
そしてこれはやる夫も知っていると思うが、ラグナロクには太陽が二つある。
ほら、あの明るい青い星がその一つ、隣の黄色いのがもう一つの太陽だ。
今は春だが、夏になると人間には耐え難い暑さになる。
冬はその逆……耐え難い寒さが襲いかかる。
ちなみに昨日から猛威を振るっている熱病を、俺たち調査隊は「地獄熱」と名付けている。
あれに掛かれば、人間は一日どころか一時間ももたん。



89 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:22:42.88 ID:oT6e1MIo



              。rtr。
              __。'llp
      。,。        "。'´|i弋ソ
     tjll^''      kクゞ、|トyぐ゚   ,,  、jyt。
       q|p     _ ヾ'^||y'kシ^ft 。jゞ、ソゞ。
     ゙tュ|tアrァ '"kクj゙Zハ||'ム r‐K゚。 Yy'^ヵ゚
      _||_,ヘゞ ∠二ヽ、_,||_∠二ニュスftスY7ス
     ∠ゝ、`Yこ/´⌒ y' ハ´─-< _'l、゚´ニ二.j
   〈‐ '' フ/ l、 `Y'_/ /'  ト 、  ヽ.l ハ、__r-ュ!
    ヽ/ / j `l ,ゝ'、/l  l   ヽr‐イ l kゝ、 j
     {ノ7! ハノ ,ィ'7ヽj ,/ト、 ハ、|_j   〉,ゞ'`
     ヽム'-'"´ '7,ハソヘハ. ト 、ソ    ` ̄
           ヽ'′ `ヽレヘゝ
どんな植物が食用になるかは不明だ。ないことはない、と思う……。

   _
 r'",=゙フ、____   / ̄`ヽ.
 ` - 、 ヾ三三三 ミヽ,/  /´ヽ,ノ
     ヽ.  i  i´   !l| ノ
     〕 ノー‐ゝ _,,,ノ''´
      ´´   ´"´
動物は腐肉を食う齧歯動物が何種類かと、



90 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:23:18.26 ID:oT6e1MIo



            ヾ>;;::;;;'ァ:::::::::::::::::::::::::::::....、
            ゙;‘/ ’))::;::::;:::;::::::;:::;::::;:::;:::::';
    ,,,,,,∠Y"´゙ァッ  (エ_,ノ:::;;;::::;;::::;:::::;:::;:::::;;::::;;::';
 ヾ,;'    ゝ‘,,ェ)   ヾ:;::;:;:;:;;;:::;:;:;:;;;::;::;;;;:;;:;;::;::;'
  ;' 、,,,,,,,  ;; ,,:'     ゙、::i::::,'゙'''''''''ヾ;:' ;;'';;''';'
  |_j l_j |_j゙l_j      'L|_j     |_j |_j
モリヒツジと名付けた草食動物がいる。
そして――このラグナロクを支配する最強の猛獣が、
昨夜俺たちを襲ったやつだ。



91 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:26:07.12 ID:oT6e1MIo



      z|:::::ヽヽ;;;;;;;|    l::: 7;;;:::::::|ム,,
   _z''' ト::::::::__,,,-イ         '''''L,,<_,,
 >'''    从'''              \,,
彡'''                      \<
/:::               , ,     ,,,    ミ \
::::::.    彡     、   i i   /  ,,,   ト <_,,
::::::::    从::  ,,ヾヽ `ヽ (  ) ノ ノ''ii   ヾ <
:::::::彡   /:::::::: ヽ((n\ ) ゞ / (/n))/  ミ  、从
:::::::イ::::: :从/::::/⌒ ミ三\ノ;;;;ゞ/ノ彡⌒  从  ヽ |
::::::::7:::::::: ::::'''w  (⌒ ─-ヽヾ,,( ン _-‐ ) 从   | |
::::::彡 ::::::::::::::::'''z   i   、V /   lll::w^::|   N i
::::从 ::::::::::::/::::::::''z;; ii:::::ヾ _)::(  ,..、 〈/::::::ミ   ミ ,|
::::从 :::::::::::从:::::::::::`〈::|::: (ll:::::i::::::)  /::::::::ミ    '|| ヽ
:::从 ::::::::::::::::/::::::::::::::::\:::::::::'''' ̄ /i l:::::ト     ハ
:::::N:::::::::::::/i:::::::::::::::;;;;;l;;||lll|''''''''''-'''|/:i|l:::::从 . : ::::::::
:::::::// :::::::::i:/从::::::::;;;;;lLll/V|lノ'|V:i 从::::从...::::::::::  
::::::::从::::::::::| |N\i::::::;;;;;ll|λV;;|:::;;ノ|''::::::::|:|:::::::::::/|: 
::::::::::/::::::::::::::从从|;;;;;;;;;;|l|>|V^Vl//:::::|::从:::::::::从:::
::::::::::\|ヽ;;;;;:::::::::N    ヾミミ^彡::::::::ノノ::::::::::从 _ 
        ̄:::'''---;;;;;;ii;;'^''^:;:::/::从:::::::::::::::|:::'' ' ヾ:::

オオカミドラ……体重150kgの、巨大な狼。
厄介なことに、知能は恐らく人間を除いた地球上のどの動物よりも高い。
これからも、どちらが先に相手を絶滅させるかの戦いになりそうだろ……。
そしてもう一種類、厄介な奴がいる。



92 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:27:53.52 ID:oT6e1MIo



           |_ |
           | `'|
          ノ,.、 ゝ、.__
         /ー 、,__、,.__ `\
         /_,,._/_,ジ=、\  \
       / - 、,_  ヽ、_ :》、\   l
       / ィ‐ 、_`'‐ 、,_ヾ゛\ `ヽ/´\
      / / |   \_ ` ‐ 、_> ヽ_/〉
      / | 〉、_/ヽ7\_i/__\_li∠、
      `'>|iヘ/'`Y´`|i //T/,-‐`ニ _‐、>'"\
      //ヽ∧_ハ.イ`メ‐|./ハ'、__ 〉ノ!丶、 \
   ,..、/./   ,.<ゝィ;;/ `゛‐イノ」|ヘ――‐ イ!ヽ  `丶\
  /ゝへヽ_./  〉YV'y‐|`vヘ \ヽ-t‐'"  ,|i   `i |
 /    `'ー‐'/r'v‐i'ヾ_,トイY'\_  ̄7\/ | / ト‐''´
 ヽ、_   ∠ーf_ハ.,l、.ト|´\ノ ソ! |ト、 \l\  !| /
    `''‐'゛  ̄||i`ヽ ‐| /`l/   |.| ヽ   \\V
         |l / `ヽ/   | |  ヽ  ヽ\\ _


一角獣……地球でいうサイに似ているが、こいつは肉食性、凶暴で、足が速く、
群れをなして行動する。今のところ目撃されてはいないが……数が少ないことを
祈るしかないな。



93 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:30:07.78 ID:oT6e1MIo



     / ̄ ̄\      
   /   _ノ  \     オオカミドラ、一角獣、地獄熱、極端な暑さ、寒さ、重力、
   | u   (ー)(ー)    そして食料の乏しさ……。
   |      (__人__)   もう、これだけ揃えば戦いの相手は充分だろjk……。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /


     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    
|       (__人__) l;;,´    なるほどお……ゲルン人の奴ら、とんでもない
/      ∩ ノ)━・'/    惑星に、やる夫たちを放置したものだお……。
(  \ / _ノ´.|  |
.\  "  /__|  |
  \ /___../



94 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:32:07.51 ID:oT6e1MIo



     ____    /
   /      \   ―
  /  ─    ─\ \   うん……?
/    (●)  (●) \    
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /



95 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:34:57.83 ID:oT6e1MIo



           _ヽー-、,. イ,ィ__       
           >         Z      
          > , ィ ,ィ ,、__    `ト、  
        <\フ´ lj ´  ´,/,ハ,     ゝ   
         \\   ,//  イ     |   
         /  \l{ |{,/  _  Z    |   
        〈 r-ベ |  r‐-'´ ノ 7 r-、 |   
        ヽ( o_,}'  ` o  ノ   l |´`l| |  
         / `J|   `ひ′ u l |二!l ゝ   
        ゝ ,/__, -、.) __.二._ヽ |,トー'ノ ト、 
         ̄「工工⊥!┴┴'-|  |、.´|   \  
            _)__(      .|  l. `|三ニ=;、ヽ
       _rー-┴'-∟!工工T'Tリ .|  |ニ三三|` ¬- 、
   _,. ‐'´ .| l  l  i  i ; :  ̄   /  |ニ三三|` ¬- 、
    _,. -'´ヽ、.__ _     _ノ  /|;三三三|
        /三三ミト、 ̄ ̄ ̄   ,イ |;三三三|


          、-'""""''''=='、,_          , r''''""'ヽ、、,,,_         ,、-‐
        /          `'‐ 、       i' ヘ i⌒、____ 、\ _,,,、 ,、- '´-‐-,
        r'          ミ''- 、_ ヽ、   ,,i'´i , |i    \' `i,  `!r'''(´ /~
     、=''´           ヾ、ヾ '、<r-'~ヾ, i '! "'   r‐'_""`yヾ!ヽヾ,r'´
    /       、、=_‐''''ミヾ`  ミミ`\ヽヽ. \|   /i'´  ̄ヽ〉 '"; } i   \
   , '        ヽ; '7 , ;,、 、   ミ丶' 、ヽヽ ヽ、'、_. 〈. 人;,   \ ノ |  ‐+==
.   イ         ミ ! { {,'! ,ヽ      `ヾヽ / rヽ;‐`;;\     Yレヘ ∥
    |        ミミ、 丶''    ,   'i 、   } X´ ;;;;;''  ノ ノ}     i'''7´i +=
   ノ        `ヾミミ    ,   ゛ '  `   /´,, \  /ノ'ぅ |   ;.,'πヽ~"'''''''
 ;;;;'          \、、 r'!, t,,!` ,   ,,,,; /;;,,ー''"~フ''"フ'''f‐-;|    ;,'-=、,'_ ,,,;;;;
  ┐           `ヽ、 {:丶ヾ ' ___:;;;;/;;;'''' '´,  7 r'   |   ;;,'    `'''‐-
  -='_           ミミヽ_,,,、‐''";==ー‐‐'''''‐-'、,,,,,i、、{;;;;;;;;;;i  .;,'
   ̄っ、-‐、_            と´               |  ;,' ̄````'''''''=



96 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:42:28.78 ID:oT6e1MIo



            ____
         __,,/  _, ----`ヽ
        / _     ___   、\
       / /   i      \   \\
       ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ
       |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
      |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{
        |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:',
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ
      / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
    / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.
   / /  ) ヽ ヾ、ヽ:.ハ ヤ{   ∧/.-‐'": : |:.:. i ',
  ./ .,イ .:..} : :\ヾレ'ハ ∧__ノノハヾ、  : : : l:.:.: .ハ ',

   '|llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllヾ  、    ヽ  ''`ヽ ,,,     ::::::::::::::::::   ;; /::::::::/  / :::::::::::
   }lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll\_ ` ' ` "   ) ;;;;;;,,,            ' /:::::::::{ /     ::
   |llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll`lヽ、     ! 、_ '''' \    、    /::::::::/
   ,|lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll,、llllllllllllllllllllllll、;;""` `゙ `'   ;;;;;;;;;;;,`ヽ、_  \   i  //::::::::::{ /
    'illllllllllllllllllllllllllllllllll、、ll、lllヽ` `"' ゙`"` ゙   ,;;;;;;;;;,,,     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  、  丶   / /::::::::://
    ヽllllllllllllllllllllllllllllllllヽヽ ヽ`        ;;;;;;:'''''"    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;''  ヽ  _, ノ'>' /::::::::::}
     !l lllllllllllllllllllllllllllllヽ, ,,,,,,,,,,,     ,  '':''  ..:::::::::::....;;;;;;;;;;;;;;;;;;   ヽ r' | | /:::::::::::{
      'ヽllllllllllllllllllllllllllll、゙ '':::;;;;;;:::'''''  /  、 、  ::::::::::::::::::....'''''      丶| | ヽ/:::::::::::::{ |
        \llllllllllllllllllll、ヾ    '   ||  |_i :: :::::::::::::::::::::::::.....         i ∧ /::::::::::::::{ |  :::::::.....
         "\llllllllllllllli_     ;;;,,,, ||\ |l゙'ヽ、 ::::::::::::            | }::\/::::::::::::::{ |  :::::::::::::::....
           `ヾヽ`'"  ̄` ─- 、__,,.. ‐‐ 、  `             ,,ノ }::::::/::::::::::::::::{ |  ::::::::::::::::::::::...
             '゙`              \;;;;   i _,,_  _ri、,/` ̄"   }::::::}::::::::i::::::::{    :::::::::::::::::::::::
                             ヽ -'"   ̄          {::::/:::::::::|:::::::::} ヽ      :::::::
                                             }:::/::::::::::|:::::::::}  \
                                            ノ/::::::::::::|:::::::::ト、   、ヽ ;,,
                                         /:/:::::::::::::::::|:::::::::::{、:ヽ  ヽ ;;;;;;;;,,,



97 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:44:44.42 ID:oT6e1MIo



:: :: :: /.: :: :: :: :: :: :/:/.:/.: :: :: :: ィ.://.: :: / l/:: :: :: /:: ∧::}:/.: :: :/:: ::ヽ.
:: :: :/.: :: :: :: :: :: :/:/.:/.: :: :: ∠/://.: :: / {:: :: :: /:: /  }ハ:: ::く:: :: :: :: ::',
:: :: i:: :: :: :: :: :://:/.:/:: :: /__/:/_」: :: / ̄1:: :: /:: /     ヽ、: :: :: :: :: :',
:: :: {: :: :: :: :: //:/::厶≦´__.斗::!、{:: ::l   l:: :: {:: :|        ヽ:: :: :: :: ::}
:: :: |:: :: :: :: /7:/´≠ァ冖ァミ、::ト、ヽ:: |   l:: ::ハ:: ト、     ゚     ト、 :: :: :,′
:: :: }:: :: :: :/^{::{   {{r比爪  メ、  '.:l   l:: :| '.:l ヽ       l:: :: :: /⌒´
:: :: |:: :: ::/! |::| `ー`弋些少' }}  }ト一ヘ:: :l  ヽ、 \     j:: :: :/       /
:: :: l: :: /: {、小{  _    `   _ノ  __ノヘl≧ミ、ヽ  ヽ、 /: :: /_ .. -‐ミ≦ミ、
:: :: :'.:: {:ヘ、::二彡⌒):}           ーァ冖≧xミ、     v': :: 厶-‐:: :: :: :: ::ヽ::
:: :: :: ヽ::ヽヽ8{ ー=彡イ       /   、 {ir比爪 vハ   /:: /:: :: :: :: :: :: :: :: ::}:
:: :: :: :: ::\ヽ::'.   ノ′       /      `弋些少'シ  , ':: ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/.:
:: :: :: :: :: :: )::)ハ. o ゚        ′       `  ´厶く:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :く
:: :: :: `ー=彡7 ',      、⌒ヽ             /i /: ):: :: :: :: :: :: :: :: :/:} )
:: :: :: :: :: :: :: /   ,      `ご´         ∠} / :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/ ´
:: :: :: :: :: :: :/     、             ∠孑 ´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :, '
:: :: :: :: :: ::/      ヽ    __  -‐   ̄(_)´:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
 ̄ ̄   /        ` ̄ ̄ , ':: :/.: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ーァァ'´
    , '             /.: :: {: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: / /


//:.:/:.:.:/  /:.:.:.:.//    //        _____l:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:
:./:.:./:.:.:/  /:.:.:.:.//   //  , -‐=´ ̄ ̄ _---- ヽ:.l_'.:.:.:.:.:.:.:
/:.:./:.:./  /:.:.:.:.//  //__∠ _,-ェr=¬ ̄ヾ  ̄`─、::',|::ヽ:.:.:.:.:.
/,':.:./  /:.:.:.:.// // ,--' ̄: : : : : : : : :|i: : : :ヽ    ¨|::::lヽ:.:.:.:
 /:./  /:.:.:.:.//-‐=´// : : : : : : : : : //: : : ',::::!     }::/ ∨:.
./:./ _r/:.:.:/// .//:ヽ ヽ_ :_: :___://: : : : :l::::}   /:/  /:.:.:.
:./二-/:.///  /‐´ : : : : ゝ7(::)l┌: ´: : : : : : /::/   /. '  /:.:./
/三‐/:/ //_/l::| : : : : : : : { .{___}. }: : : : : : : :/::/   /   /:.:.//
-─/:/‐'//    ',', : : : : : : : :.\_/: : : : : : : ノ/  ノ   ./:.:.//:.
  /:/ //>─--⊂ニニニ===、___⊂ニニ ̄ ̄,つ   //://:.:.
 //_/---=ニニニ¨ ̄ ̄ ̄` ─-    ヽ.'./    //://:.:.:.:.
/-‐./    ̄ ` ─- 、             | |    //://:.:.:./:.
  /          ` ‐、 ヽ                | |     //://:.:.:./:.:.
/                         | l  //://:.:.:./:.:.:.
                          | |  /´/:.:.:./:.:.:.:



98 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:46:42.30 ID:oT6e1MIo



      ___
      /―  ―\
    / ●   ●  \
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | 
    /⌒l       ィ’
   /  /        ヽ
    |  l      Y  |



99 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:49:05.38 ID:oT6e1MIo



          ____
       / \  /\
      / (●)  (●)\  やらない夫、見てくれお。
    /     (__人__)  \ 不適格者のほとんどは、まだ若い子供たちだお。
    |      ` ⌒´    |  あいつらが死ぬには、まだまだ早すぎるお……!
     \          /   
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ  
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●) まったくだ。そのために、いくつかやらなきゃならないことがある。
. |     (__人__)   まず、できるだけ早い内に銃火器じゃない……そう、弓矢の
  |     ` ⌒´ノ   使い方を覚える必要があるだろ……。
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ        \
   /    く  \        \
   |     \   \         \
    |    |ヽ、二⌒)、          \



100 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:51:09.53 ID:oT6e1MIo



          ____
        /      \   確かにそうだお。ゲルン人のやつら、雀の涙ほどしか
       / ─    ─ \  銃と弾を与えてくれなかったお。
     /  (●)  (●)  \  一日でも早く……できれば、今日中にやるべきだお。
     |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /ヽ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、.|
       ゝ ノ      ヽ  ノ |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

        / ̄ ̄\ 
      /       \        それから、補佐役を選出すべきだろ。
      |::::::        |       俺たちに万が一のことがあった場合、引き継ぎがスムーズに
     . |:::::::::::     |       いくようにな……。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .  
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――  
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



101 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:53:29.45 ID:oT6e1MIo



       ____
     /⌒  ⌒\    よし、じゃあ早速選んでくるお!
   /( >)  (<)\   やらない夫、お互いにがんばるお!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
やらない夫「おまえもな。がんばるだろ……」



 ――ゲルン人によって不適格者とされた地球人4000人は、不毛の惑星ラグナロクへと追放された。
 そこで待ち受けるのは獰猛な怪物、原因不明の熱病、そして人が暮らすために必要な資源の絶対的不足。
 ラグナロク人の絶望と苦難の歴史が、いま、始まる……。



              「やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです」




第二話「オオカミドラ」



102 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:54:35.27 ID:oT6e1MIo



                         ______
                     ,. ィ "( __ )ー- 、 `>、
                   ,〆 /    |    `ヽ. >、
                  / ./       |.         \ ヽ   白鐘直斗といいます。特技は射撃、
                 //         |        } /   アシーナでは事務員をやる予定でした。
                 ∨          |        ,r'
                  ∨       !     , <{´l
                   {`_ー‐ ─、─┴‐─<、, /´ヽ
                  /,ィz \___ _\  `>´ _,イ/,ィ、 ト、
                  ,′´ _,ィュ‐‐'  ` ̄´ ,ィujテ/ |、} {`
                  /    、,ィ,!ヘ迄オ"7!7''´^`´ク,.ィ'.八`
                   /     r'lヘ`     ''′  ´'ノ八{
               /     /,ハヘ`    、 .   , ' / ゙
             ∧´\  /   r┴ゝ.  -__-‐ ,イ、{`fl
           ,〆ヘ ヽ. `く    ∨、 {`> ._. イ.ー' {゙ ||
         /ヘ   ゝ' \゚/    ,∨、}  {ト,  / } ./ゞ〈
        /   >´     >'´ ̄ ̄´  ゝ\。| l. / |。〃、く>、
        /   /   / |        (}}`| |'。i ´/ /   `>、.
    /   /    /ヽ  |         ´ヽ,| l //       !> 、_
   /   /   ,ィヾ ヽ \| ヽ          ヽ, |〃           |   /
. ノ   /   / ,L __ヽ, \'|!ヽ}、,        V      ((.))    .|  /
 |  /   ,ィ´、´     \ヾ| // `┬───|/ .{ー‐──┬──‐|  ノ、
 }' ′    ノノ  ___ _\l/    l       /  !     l     「!./ /
 ヽ._  _ニ ー '' ´       `l    l      |(C,|     l     |!'、/{
    ̄              |     l      |  |     l    l| {´  !
                白鐘直斗(補佐役に選出される)



103 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:56:04.76 ID:oT6e1MIo



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \   直斗、さっそくだが空模様があやしい。
          |    ( ●)(●)  できるだけ、小屋の建設を急がせてくれ。
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
                         ______
                     ,. ィ "( __ )ー- 、 `>、
                   ,〆 /    |    `ヽ. >、
                  / ./       |.         \ ヽ   はい、ただし年を取った人間には時間をください。
                 //         |        } /   重力の影響で、心臓をやられた者がすでに出始めて
                 ∨          |        ,r'    いるようです。
                  ∨       !     , <{´l
                   {`_ー‐ ─、─┴‐─<、, /´ヽ
                  /,ィz \___ _\  `>´ _,イ/,ィ、 ト、
                  ,′´ _,ィュ‐‐'  ` ̄´ ,ィujテ/ |、} {`
                  /    、,ィ,!ヘ迄オ"7!7''´^`´ク,.ィ'.八`
                   /     r'lヘ`     ''′  ´'ノ八{
               /     /,ハヘ`    、 .   , ' / ゙
             ∧´\  /   r┴ゝ.  -__-‐ ,イ、{`fl
           ,〆ヘ ヽ. `く    ∨、 {`> ._. イ.ー' {゙ ||
         /ヘ   ゝ' \゚/    ,∨、}  {ト,  / } ./ゞ〈



104 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 00:58:11.67 ID:oT6e1MIo



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    
   |    ( ー)(ー)   そうか……了解した。
.   |     (__人__)   ところで、子供たちはどうなんだ?
    |     ` ⌒´ノ   
   .l^l^ln      }    
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ    
   /  /    \
  /  /       \
. /  /     |ヽ、二⌒)、


                         ______
                     ,. ィ "( __ )ー- 、 `>、
                   ,〆 /    |    `ヽ. >、
                  / ./       |.         \ ヽ   子供は、すぐに疲れて眠ってしまいますが、
                 //         |        } /   大人と違って起きたときにはすぐに元気を回復
                 ∨          |        ,r'    しているようです。
                  ∨       !     , <{´l    やはり、子供の方が慣れが早いということでしょう。
                   {`_ー‐ ─、─┴‐─<、, /´ヽ
                  /,ィz \___ _\  `>´ _,イ/,ィ、 ト、
                  ,′´ _,ィュ‐‐'  ` ̄´ ,ィujテ/ |、} {`
                  /    、,ィ,!ヘ迄オ"7!7''´^`´ク,.ィ'.八`
                   /     r'lヘ`     ''′  ´'ノ八{
               /     /,ハヘ`    、 .   , ' / ゙
             ∧´\  /   r┴ゝ.  -__-‐ ,イ、{`fl
           ,〆ヘ ヽ. `く    ∨、 {`> ._. イ.ー' {゙ ||
         /ヘ   ゝ' \゚/    ,∨、}  {ト,  / } ./ゞ〈



105 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:00:08.77 ID:oT6e1MIo



                 / ̄ ̄\
               /   _ノ  .\     
               | ( ●) (●) |           ……おそらく、ゲルン人は勘違いしたんだろう。
              . |   (__人__)  |  _,_, _,    地球人の子供は、彼らが思っているほどたやすく
                |   ` ⌒´  |, ト-=y  丶  参りはしない。そのゲルンの誤りを証明してやるのが、
              .  |         }  ヽ `i, ̄‐^l   俺たち大人に託された義務というものだろ……。
              .  ヽ        }   ヾ~ `  i,   
                 ヽ     ノ _   ヽ、   ;i, 
                ,,_,i     y,ソト,,__  ヽ、   ;i,  
               ,/r-'"j  / / ii, `ヽ、-x,,゜r  ;i  
            ,,/'/__.L、    /ヾ、"i   `ヽ `;i  i,
          ,/  /_iーヘ,ヽ、 , /i" ヽ、 i     `、'i   iヽ、
         _,) ヽ "   ネメ、_ii"~        _Yri   l, ヽ、
        _,,,>t 、ヾ、    ゞ;;/         /  ,¬    V⌒l



106 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:02:34.19 ID:oT6e1MIo



                     ___
             、__ ...  - ‐__'' "´     ゙i
           ヾ   ̄  ̄             |
         ヾ`r             |     リーダー、小屋の組み立てはもうそろそろやめて、
         ミ `(            __ r"|..._    今ある小屋を補強する作業に掛かった方がいいと
          ミ  ´(  _____ ....((  )lノ  `ヽ  思うんだが……。
            ヾ  ◎===__====== =- ‐ ′
            `r''ヽ ノ tも=ッ‐< rテラ( }
          {(り"′ `¨´"/`  「´ l )ノ     
            シヽヾ)            l l
         〃 `ー゚ 、       <フ l
       l゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l-=‐= l__
       l   (  ) (  )   | `.二´l┐|
       |  _`´___ `´    |、___l │|_
    /  ̄        ̄ ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |__
   /             \       O 「 串|
        空条承太郎(鉱物学者 補佐役に選出される)


     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \    そうだな。
   |    ( ー)(ー)   悪いんだが、承太郎。若者を何人か連れて、
.   |     (__人__)   昨日殺したオオカミドラの皮を剥いできてくれないか。
    |     ` ⌒´ノ   その皮で紐を作って小屋を補強すればいいだろう。
   .l^l^ln      }    それから、小屋には男が入る余地はなさそうだ。
.   ヽ   L     }    女と子供を優先する。
    ゝ  ノ   ノ    もし、男が強引に入ろうとしたら……。
   /  /    \
  /  /       \
. /  /     |ヽ、二⌒)、



107 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:07:22.87 ID:oT6e1MIo



       r`"⌒`ー=v ‐-、
        1:::::.....................  }
       |:::::::::::::::::::::::___::リ,    その先は言う必要がねー
       r| ::::::::::::::( )|'爪|::jリ    そういう不心得者はきっちり、
      /``======_‐ラ(6,′   この俺が裁いてみせるぜ……。
     ,>‐'つ__... =-〒rtッテ|h′    
   /.ノ (:{,|| i   i l゙`~.jl|リ      
   ! }/゙ヽl.l ',  ヾツ  |l!|) _
   { (´/ヽ.):ヽ  r=- l/l:}/,r=,ヽ.._
    ヽ( イ- ) ̄l|、|!゙¨´ / l:八.>=iこ⊂⊃
     \ `ヽ:::::lドミ==‐' レ____l[二´__
 ̄:¨"7゙<〉   )::¨o7 /  ̄ フ 7ー-、:_:: ̄
::::::::::/:::::::\ ノノ:::/  '  '"´ /  / `ヽ
やらない夫「頼もしい限りだろ……」



108 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:21:25.18 ID:oT6e1MIo



 \  丶 丶ヾ丶 \ヾ丶 丶 丶 丶\ 丶 丶 \丶 丶 \ 丶ヽ
\vヽ丶 \ 丶 \ヽ  ヽ 丶\ ヽ 丶 \ヾ 丶ヽゝヾ 、丶 、
ヽ 丶 ヽ ヾ丶ヽ  ヾヽ、丶\ 、 丶、 \.、ヾ ヽ゚ ゞ ヽ\ \ ヽ
 _/__/_ //   ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ ヽ丶
  / /     ーーーーーーーーーーーーーー  \ 、ヽ 丶ヾ\ ヽ
   /           ヽ\、ヽ 丶ヾ\ ヽ ゝ 丶丶 ヽ ヾゝ ゞヾ \
\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ 丶丶\、 ヽ \ \. 丶
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ \ ヾ 丶 ヽ丶 丶 \ヾ ヽ丶丶 \、\
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ \ 丶 \ 丶 ヾ丶\ \ヽ ゝヽ丶\丶
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 ヾ丶 丶丶 \丶 ヽ \ \丶 ヽ ヾ ゞ 丶

             l          ヽ ヽ l     ____________
             l    _,,..---‐‐‐‐‐ヽ.,,> i  _r‐'' ̄       ̄`ヽ
             _,,l.-‐'´          `7ヾ<''''''‐- ,,_       ヽ
         ,r‐''´         `ヽ、  / / ./.`.、          ,!  さむい……さむいよぅ……。
        ,r'._,r             `.、   / ./ ! .iヽ         ,r'
       レ'´         ´ `.、    `、/ ./  ! ! ヽ      _,ri’
       /  ,'         ,  .ヽ    `、/     ! ! l     /ヽ:`、
        /  i  ト'i,    ',   i,   ヽ   ヽ  / ./  !   _,r' ヾ'、ヽ
      i ,'  ! .l i  i   i   !   ',ヽ   .`、 / ./   i l,       `、`'ー-..,__
     ,! ,'  l ,i  !  !  i   i   i ヽ   `、./   / ! !        `、   /
      ! ;   l .li  l  l.  i    !   i `、    ヽ  / ,! !      ,入____,,/
     l i ,  l'i, !  l  l  i   !   !   ヽ    ヽ   ,! ,'     /`、ト、
     Vi, ,  !ヽ!  !  !  l    l'l   l   ヽ    ヽ  / ;r-、   /    `、
      ! , ヽ,,,_  l,/   l  / l  ,!!, i‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐-;’ ',`ー'´        `ヽ、
      l,  '.,ヽヾ:i    ,r'iー'-'',,l__,/ l i---     / ' ,' , ' ., ''. ,,      `
      ,!.,  '., ! '´     :,!_::::::;! /` ! i__,,ノ  _,r‐'''’`、 '., ',   ' ,  '' ,,
      !.i,',   '! ,     , , ̄`    !.; iー‐i''´      `.、 ' ,' ,  ' ,   '' ,,
        ! !l ;   ヽ、            !.;l  i,   ヽ   ヾ`.、 ' ,' ,   ' ,    ''
      ,! ! ! ;    `ヽ、 `       / l;.;l  !`    ヽ   `、.`ヽ、' ' , , ' ,
     ,! ! l, ,     `丶、 ____../   ヾヽ !_ ヽ    ヽ   `、  `  ' ' , ' ,
     //  ヽ ,     `、 _,r''l     ヽヽ7`ヽ`、    ヽ   `、      '  , '



109 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:23:17.07 ID:oT6e1MIo



|:.:i.:.:.:i.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:,:/i::.:/ /:.::.,r'´  // /:./      \ .|.::.:i.:.:i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:|
|:.:i.:.:i:i.:.:.:.::.:.:i.:.:://.|.:.:/._|:.r'___  ,r' '´  /:/        \|:.,イ.:.::i.:.:.:.:.:::i:.:.:| 大丈夫、大丈夫よ……。
';;;i.:.:i.:i.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.::/ |:.:r'二==ミ/   ./'´   .テー-.、_   |:V.|.:.:.i.:.:.:.::::i.::.:|i すぐにあったかくなるからね……。
ヾ:|:.:i.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:| ./iirヌ:::::::{__}ト'  /     ´ォニテ=ュミュ、/:.:ハ|.:.::i.:.:.:.:::i:.:.::|i
 `i.:i.:.:::i.:.:.:.::i.:.:.::|/ケオ i:::::::::::i |.           /:i::::"rベン'´ .|.:.::i.:.:.:.:イ.::イ:|i
  .i'|.:.:.::.:i.:.:.:.:i.:..::ト' |;;;;i:::::::::::i |           {;;i:::::::::`く;}ヌ .|:.::.i.:.:.://.:/i:.|i
  .i.|i.:.:.:.:.:i.:.:.:.:ト,:.| : ,,ノ;;;;;;;;;::i.}.          .~.}::::::::::::i |Y`./.:.:i.:.:/.://.::i:.|.i
  .i.|.:i.:.:.:.:.:ト,:.:.:.|ヾ、.` =ニ=ー'           ./~;:;;;;;;;;;:;;ソ /.:.://.://.:.::i.::| i
  i .|.:i.:.:.::.:.::i:\\`、          .     `-ミ;;;;;;,r'  /:.:/イ.:.:..:/.:.:.:.::i..:| i
 .i |.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:`トミェ_.         i:         ̄  /::/く/.:.:.:/.:.:.:.:.:i.:.:| i
 i .|.:.:.:i.:.:.:.:.:i.:.:.:i'ヽ                    /''/,r-'.:.:.:.:.:.:.:.:.::i.:.::| .i     
. i  |.:.:.:.::i.:.:.:.::i.:.::i.:.:\        ー--          ./i.:.::./.:.:.:/.:.:.:.:.:i.:.:.:|  .i
..i  .|.:.:.:.:.:i.:.:.:.::.i:.:i..:.:.::.\                 /.::i.:.:/.:.:.:/.:.:.:.:.::i.:.:.::|  i
i  .i|.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:i.:i.:.:.:.::i.:.:` 、            , .r'´.:.:.:.:i:.:/.::.:/.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.:|  .i

            ____
         __,,/  _, ----`ヽ  :.
     :.  / _     ___   、\
       / /   i      \   \\ :. 凍傷になりかけです。
     :. ,'./       i  ヽ:.   ヽ:.:.. ヽ.ヽ  えっと……こすらないで、温かい人の肌で直接温めてください。
      ,'/    / .ハ ヽ ヽ:.:.:.:. ヽ::.. ヽヽ :. ぬらしたままにしないで……。
     :. |i .i i  .i /  ヽ ト 、 \、:.:.:. ',:.',:.:.lヽ}   うう……こんな当たり前のことしか言えないなんて……。
       |i .i l  :N_, -弋 \弌弋ナ:}:.:}
    :. |i∧ ', :{ ,ィjモト \  イjミトイイV :.  
       .|  :メヽ.', `ozZ}      izN。ハ::{     
      :. |  :ヾ_! ゝ "゙゙    '  `゙ ハ.:', :.   
      |  :.:_イ .:.ヽ.   (二フ , イ :.:.:!:.ヽ     
   :.  / rィイ | :.:.ヽ: >r/`<ノ .:.::.}ヽ、\:.   
      / ∧l;l ! :.:.:.://{二 ̄ .} ..:..::リ//ハ.:\
 :.  / .{. ',ヾ、ヽi .:.:.{ /(^`  |.:.:.:.//: : :.}: . ヽ.:.
    朝比奈みくる(医者の卵)



110 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:26:36.77 ID:oT6e1MIo



        _ _            。  o O
      , ´  `ヽ    ○  。
        !     !   o    ○  O   _ _゜
      ヽ、__,.ノ          o   , ´  `ヽ
   ○      O  o ゜     O    !     !
    o                    ヽ、__,.ノ
        。 o   O  ゜。   O ゜
      ゚      ○          _ _
                    , ´  `ヽ ゜  O  。
    o   ゚ ○ 。  O   !     !  o
                     ヽ、__,.ノ



     / ̄ ̄\      
   /   _ノ  \     雪まで降ってきたか……骨身に染みるだろ。
   | u   (ー)(ー)    俺も孫がいる歳だ、そろそろ肉体にガタが
   |      (__人__)   来ているのかもな……。
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



111 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:29:43.29 ID:oT6e1MIo



        / ̄ ̄\ 
      /       \         
      |::::::        |       だが、泣き言は言ってられない。
     . |:::::::::::     |       この中で、地球以外の惑星で暮らしてきた人間は
       |::::::::::::::    |       俺一人……。見知らぬ世界に関する知識は、俺が一番
     .  |::::::::::::::    }        多いだろ……この経験を活かして、みんなを導くのが、
     .  ヽ::::::::::::::    }        指導者たる俺の役割だろ……。
        ヽ::::::::::  ノ      
        /:::::::::::: く      
        |:::::::::::::::: \
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


       ___
      /―  ―\
    / ●   ●  \   ――そしていつか、あの子が立派に成長してくれれば
    |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ |       文句なしだろ……。
    /⌒l       ィ’        水銀燈にも胸を張って報告できるだろ……。
   /  /        ヽ
    |  l      Y  |



112 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:36:18.38 ID:oT6e1MIo



               . ・  .        .         .    . .
       .+     .      .          .     °.   .             。
   .                .   。       .      .     .   .                   +
         '    ‘  .       .      .      .        . ・  .       .      .    . .
          .        .       。       .     .   .
                         +     . . ゜ ゜        .
。          +        +     . . ゜ ゜        .
            '    ‘  .       .    .                  .  .   。   .  ・        .    .
            .               。    .       。
やらない夫「どうやら雨と雪もやんでくれたようだ……うん?」


.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    オオカミドラがきたぞーっ!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
伊藤誠(居留地東側見張り役)



113 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:37:13.20 ID:oT6e1MIo



      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ○) |       くそ!
.     |      (__人_)      雨がやんだ途端に来やがったか!
     |      ` ⌒ノ        いま行く! 待ってろ!
      |        }   
      ヽ u      }
       ヽ     ノ   
      ノ     \
     /´        ヽ




   _/ ̄ ̄\                          
  /     ノ\        さあ来い怪物どもめ……って、あ、あれ?
  |      (●)|        いないだろ、どう見ても……。
  |      (__ノ)  
  |       ` |                         
   \      /
  /      |\                       
 (   く"| __|__\__________ri             
r‐\  ヽノ _|||||________._|}=====fll||爪||||||l|」コ―┘          
   \_ 三〉))ー' ̄         `ー'ミ ̄~ ̄                
'ー---‐'''~`ー'        



114 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:37:54.21 ID:oT6e1MIo



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    い、いたんですよ!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|    本当です! 本当にさっきまで……!
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V    父親と恋人’sに誓って本当です!
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!           \ズギューン/
やらない夫「別に疑う訳じゃないが……うん? じゅ、銃声!?」

           ____
          /ノ   ヽ、_\         やらない夫ぉぉぉぉっ!
        /( ○)}liil{(○)\        東と西は囮だお!
       /    (__人__)   \        あいつら、フェイント使って
       |   ヽ |!!il|!|!l| /   |      南から侵入してきたお!
       \    |ェェェェ|__ / 
      /       __ \              、   ノヾ     '
 ィニニニ/ ヾニニニ|  ゚~ l| __ __ ̄~|lコニニニヘ、    ノュ|    )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´       ダガガガガガガガッ
 | O)│  │`==='-t l| ̄ ̄ ̄ ̄~|l]ニニニ广∩ニニニlニ||コ  `r      r'
`〉===r\  \―' ∋ー' ̄ ̄ ̄  ̄ \_ノ         )     (
      \__ 丿                     , '´⌒`Y´⌒` 、


115 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 01:39:17.80 ID:UJluo.Qo

ふう・・思わず誠を疑ってしまったぜ・・・



116 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:39:57.61 ID:oT6e1MIo



           / ̄ ̄\ 
         /  ー  ‐\
         | u ( ●) ( ●)  
         |     (__人__)   なんだとぉぉぉっ!
         |      ` ⌒´ノ   い、今すぐ行くから待ってろ!
         |        } 
       r⌒ヽrヽ,    }
      /  i/ | __  ノヽ    
     ./  /  /      )
     ./ /  /     // 
    /   ./     / ̄、⌒)
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ ̄ 
        r    /     |    
      /          ノ


      z|:::::ヽヽ;;;;;;;|    l::: 7;;;:::::::|ム,,
   _z''' ト::::::::__,,,-イ         '''''L,,<_,,
 >'''    从'''              \,,
彡'''                      \<
/:::               , ,     ,,,    ミ \
::::::.    彡     、   i i   /  ,,,   ト <_,,
::::::::    从::  ,,ヾヽ `ヽ (  ) ノ ノ''ii   ヾ <
:::::::彡   /:::::::: ヽ((n\ ) ゞ / (/n))/  ミ  、从
:::::::イ::::: :从/::::/⌒ ミ三\ノ;;;;ゞ/ノ彡⌒  从  ヽ |
::::::::7:::::::: ::::'''w  (⌒ ─-ヽヾ,,( ン _-‐ ) 从   | |
::::::彡 ::::::::::::::::'''z   i   、V /   lll::w^::|   N i
::::从 ::::::::::::/::::::::''z;; ii:::::ヾ _)::(  ,..、 〈/::::::ミ   ミ ,|
::::从 :::::::::::从:::::::::::`〈::|::: (ll:::::i::::::)  /::::::::ミ    '|| ヽ
:::从 ::::::::::::::::/::::::::::::::::\:::::::::'''' ̄ /i l:::::ト     ハ
:::::N:::::::::::::/i:::::::::::::::;;;;;l;;||lll|''''''''''-'''|/:i|l:::::从 . : ::::::::∧、∧、∧、∧、∧、
:::::::// :::::::::i:/从::::::::;;;;;lLll/V|lノ'|V:i 从::::从...::::::::::<  
::::::::从::::::::::| |N\i::::::;;;;;ll|λV;;|:::;;ノ|''::::::::|:|:::::::::::/|:<  オオーーーーン!
::::::::::/::::::::::::::从从|;;;;;;;;;;|l|>|V^Vl//:::::|::从:::::::::从:::<
::::::::::\|ヽ;;;;;:::::::::N    ヾミミ^彡::::::::ノノ::::::::::从 _ ∨^ ∨^ ∨^ ∨^ ∨^
        ̄:::'''---;;;;;;ii;;'^''^:;:::/::从:::::::::::::::|:::'' ' ヾ:::


117 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:42:22.00 ID:oT6e1MIo



            、   , '    
              〆    
            //      
            ノ /     
           /  i       きゃああああああああああああああああああ!
          ,i  |i      
         ,'  |i       `
         i|   |i           
        i|   .|i        
        |    i、       おかあさあああああああああん!
        ゝ    i、      
     '   i|     ゝ         
        .i|    丶        
         .i|     \                       誰か助けてええええええ!
         .i|      丶   .       
          .i|       丶丶、、,,      
           i|        \ゞ`      
            i|、       `\ 、、,    
             ゝ      `丶`\ゞ    
               \  ,.   ミ\丶 `   
                 `;丶\丶  、`丶    
                       \ 丶     



118 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:43:06.83 ID:oT6e1MIo



    / ̄ ̄\
  /  ノ   \
  |  (●) (●)|
.  |   (__人__) |         あ、あいつら小屋を襲ってやがる!
   |U  ` ⌒´  }        こん畜生ぉぉぉぉぉぉっ!
.   |  U     }
.   ヽ     U }
    ヽ     ノ   
  /      |\                     ,、    /  
 (   く"| __|__\__________ri   キ人_,/       ダァン ダァン ダァンッ!!
r‐\  ヽノ _|||||________._|}=====fll||爪||||||l|」コ―┘   )  て        
   \_ 三〉))ー' ̄         `ー'ミ ̄~ ̄     /´⌒Y,.            
'ー---‐'''~`ー'        



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                  ズガガガガガガガッ! ガガガガガッ!



119 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:43:54.49 ID:oT6e1MIo



       ____     
     /ノ   ヽ、_\    はぁ、はぁ……。
   /( ○)}liil{(○)\   け、怪我。怪我をしている人間を早く別の小屋に……。
  /    (__人__)  u\
  | u ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \    ……けが人は、いないお……。
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   死者しかここにはいないお……。
  |     (__人__)    |  
  \     ` ⌒´     /


      / ̄ ̄\
     /  u  ノ \
     |    .u ( ○) |    あいつら……なんて手際のよさだ……!
.     |      (__人_)   食うとかじゃない。命を奪うことだけを考えて
     |      ` ⌒ノ     襲ってきやがったのか……!
      |        }   
      ヽ u      }
       ヽ     ノ   
      ノ     \
     /´        ヽ



120 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:47:42.29 ID:oT6e1MIo



     /        __        \
    /             ¨ ヽ     \ \
    ,'    /               ヽ    ヽ ヽ  やらない夫さん!
   l   ,'        l          \    l }  まきが濡れて、火がなかなかつきません。
   i  /         | ヽ  \      ヽ j  |│  このままでは赤ん坊が凍死する恐れがあります!
.   !  l   i       人  \  `->=z‐' } | ハノ   なんとか、温かいものを工面できないでしょうか……。
.   |  {   {   {  /   >< ` ー--- r≠\| ハノ
   |  l   !   |  ! /   ` ー‐‐   k:::j | lノ(
.   |  \ \ \イ〃テミ       ゞCl  } \
    |    \|ヽ、 ヽl K:::::}     、   l  /  ̄ヾー-、
    i / __( |  ¨ l C‐'´   _,-、  ノ/    ヽ   ヽ
   // / | l` }   ヽ     〈__,. -‐/ /      │ヽ }
  , ' { i   ! i |   \ー-----ィ´  l   ,     l   }/
  !  ヽ|   i l | |   }, ===ィミヽ  |  /      l   !
  |   |  ヽヾヽヽ/ ^フ-、 ィ´l│ヽヽ {./      l , '
  ヽ   |   \ヽ/ // /| l j ヽ ヽ } 〉       | ノ
   \、l     ヽl      l     /         ,' {
      |      .ヽ   ヽ   /\       ノヾヽ


       / ̄ ̄\  
     / `ー、   \   ……温かいもの、温かいもの、温かいもの……。
    (●)(● )  u |   くそっ、そんなものがあればとっくに……!
     (__人__).      |  
     l`⌒´      |
      {          |
      {          /
.      ヽ      /
      _,ゝ    イぅー-- 、
      ,f´ シl トイ {´ / ,rッ 'i,



121 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:49:32.74 ID:oT6e1MIo



      z|:::::ヽヽ;;;;;;;|    l::: 7;;;:::::::|ム,,
   _z''' ト::::::::__,,,-イ         '''''L,,<_,,
 >'''    从'''              \,,
彡'''              ●       \<
/:::        ●      , ,     ,,,    ミ \
::::::.    彡     、   i i   /  ,,,   ト <_,,
::::::::    从::  ,,ヾヽ `ヽ (  ) ノ ノ''ii   ヾ <
:::::::彡   /:::::::: ヽ((n○ ) ゞ / ( ○n))/  ミ  、从
:::::::イ::::: :从/::::/⌒ ミ三\ノ;;;;ゞ/ノ彡⌒  从  ヽ |
::::::::7:::::::: ::::'''w  (⌒ ─-ヽヾ,,( ン _-‐ ) 从   | |
::::::彡 ::::::::::::::::'''z   i   、V /   lll::w^::|   N i
::::从 ::::::::::::/::::::::''z;; ii:::::ヾ _)::(  ,..● 〈/::::::ミ   ミ ,|
::::从 :::::::::::从:::::::::::`〈::|::: (ll:::::i::::::)  /::::::::ミ    '|| ヽ
:::从 ::::::::::::::::/::::::::::::::::\:::::::::'''' ̄ /i l:::::ト     ハ
:::::N:::::::::::::/i:::::::::::::::;;;;;l;;||lll|''''''''''-'''|/:i|l:::::从 . : ::::::::
:::::::// :::::::::i:/从::::::::;;;;;lLll/V|lノ'|V:i 从::::从...::::::::::  
::::::::从::::::::::| |N\i::::::;;;;;ll|λV;;|:::;;ノ|''::::::::|:|:::::::::::/|:
::::::::::/::::::::::::::从从|;;;;;;;;;;|l|>|V^Vl//:::::|::从:::::::::从:::
::::::::::\|ヽ;;;;;:::::::::N    ヾミミ^彡::::::::ノノ::::::::::从 _
        ̄:::'''---;;;;;;ii;;'^''^:;:::/::从:::::::::::::::|:::'' ' ヾ:::
        オオカミドラの死体
やらない夫「いや……あっただろ! あれの内臓を抜き取って、中に
赤ん坊を入れるだろ!」



122 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:51:45.05 ID:oT6e1MIo



        /     ,            \  \
       /     !              \  ` ,.
     , ´ ./       !        \:::,   ヾ\\.. |
    /  ./    ., |    \:...   \:::::ヽ ヽ..\ヽ,.!
    ,  / ,/   ,/! |、.::!    \:::::::.. \:::::: ヽヽ\!ヽ_    分かりました!
    l  /  :!ヾ  |_,|ノ:::\::......ヽ-ゝ、___ヽ.、:::: ヾヽ   `ヽ   すぐに実行に移します!
    l ,/'| :::| ! :| V__ \| \::::::!  _` 、_ f::\:::ト l::::::::\\\
    レ' l :::iヘ.ゝ、!,ィァ::::f`     \|イゝ:::ヾヽ|:::ヽト、l:ヽ:::::::::::::ヽヾ ヽ
      ヽ::|/ヽ|  lヘ::ィl        lヘ::ィ`!  |::: V':::::::::/>,、_::::::l:: ノ
       V!  ヘ. ` ‐ '       `- '  ヽ:: ヽ ノ// /ヽ:ノ/
        / /:::,.       `          ,f;ハ:::   \//  V
         ,   ::i/\     f´ ̄`)     ./ /: l:::  ゞ、,\ │
       i ,/ :.:::ヘヽ: :.ゝ.、. `─     /  /: : ヽ::::  ヽ`ー' |
       l/! ::::|、ヽ\: : : :l` ー‐ ´ _.,/: : : :,ハ::::::  \ /
       l! | ::::| \\\: :ヽ_ `   ´ ,/: : : : /// \:::::::,, ヽ
       | ヽ リ!  \\\:\`ニニ /: : : / イ    ゞ、::::ゞ. \
         \|ゝ,_   \ヽ_ヽゝ` ーイ: /_/   /  /:`:ー―'
           j     ` ーr`Yーrr`-、イ        ノヽ:.ノ
           く:ヽ.     / | :ゞィ^trー'/       /: /



123 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:54:07.92 ID:oT6e1MIo



.     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
     /: : : : : : : : : : : : : : : : :.、: : : : : : : : ヽ
.    /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
   /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !    オオカミドラがまたきたぞーっ!
   |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
   |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
  < : 」_: : / 〈  {} |/  レ  {} }|:./ヽ: : |
  <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
   厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
      \_!      _ '     !
        ヽ    /   `t   /
      ___,r| \  {    / /
    /:/::::| \  ヽ `_⌒ ィ ´
  /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、
/:::::::::::/::::::::|    \  /  !\::`ー- 、
::::::::::::::/:::::::::∧    /二\ |::::::ヽ::::::::::::\
::::::::::::/::::::::::::::∧ヽ  /: : : : :}ヽ!::::::::::〉:::::::::::::::!


       ____     
     /ノ   ヽ、_\    どんだけ粘着なんだお、あの獣どもぉぉぉっ!
   /( ○)}liil{(○)\   
  /    (__人__)  u\
  | u ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /



124 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:55:52.52 ID:oT6e1MIo



:::::::::::::°:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::o:::::::::::::::::::::::::::::::::::::゜::::::::::::::::゚:::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: .: .: .:. .: .: .
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゚.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゜:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.o:.:。.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゜:.:.:.: .: .: :. :. :. :. :.: .: .
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゜:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:o.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゜:.:.:.:.:.:.:. :. :. :. :.o :.: .: .. :.: .: 。. .: .: .: .:.
. :.: .。: .: .:. :. :. :. :. :. :. :. :. :.: .: .:. :. :. :. :. :. :.: .:. :. .:゜:. :. :. :. .: :.. .:. :. :. .: .:゜ .: .: .: .:. :.
. :.: .: .:.: .: .: .:゚ :. : . . .:. .: .:゜ .: .: .: .: .: .: . :.:. :. :.: .:.  .: .:。 .: .: .. :. :. :. :. .
. :.:゜ .:  .: .: .:. :. : . .: . :.: . :.: .: .: : .: .: :゜ : :. :. . :  .: : . . : . :. : .
.: .: .: .: .:. .,.-─-、   ,.-─‐-、         撃て、撃て、撃てーーーーーーーっ!
: .: ゜ .:.  ,!_.:.: :.:__ | .  l::::. :. .: . .|         小屋に一歩たりとも近づけるなァァァッ!
.: .: .:.:. : /.:.:.:._ __」 ./:.__., -‐ヽ               ,、    / 
.:.: ,r'´ ̄`ヽー-、/.-'‐─ - <丁_       _」        キ人_,/ ズバババッ!   、   ノヾ     '
/      戈Y´     , ィ ⌒ヽ/ | |`ー─<二li|rrrrrrrrrrrュ   )  て ズババッ!    )ヽ/  ヽ、ノ|ノ´
   .: .::_ノャ八     ./:.   | U_ノ牛ニニニニ)二)─ ─'   /´⌒Y,.   |!   i!    `r      r'
 . :.:.:.:/:.:.::::;;//ニヽ.  /:.:..    L_ノ┴ヽ `>孑刃{  ̄ ̄`  ̄ ̄ ´  ̄ ̄  ̄          )     (
::. :.:..:/.:.::::;;;//辷7 \j|:.:.:.:. .    爪_ 丿/ //ヾ\.                     , '´⌒`Y´⌒` 、
ト、.:./.:.:::;;;;// (__)\/ヽヽ:.:. .: . ,イ/ノ_,/_,//  \\ _         スパパパパパパッ!
:::ト、  ̄//_ ̄ ̄`ヽ /\>─'´   ̄ ̄  ̄ ̄. ̄ :; : ' :; : ``'' ー─-、、
;;::二二 ノ:.:.:.`丶、  \/  ' :; : ' :; :           .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,... .,.:,..:..
,イ;;;:.:.:.:/::.:.:.::/:::.: :.ト、_」!  ... ,... ... ,... ... ,... ....,.:,..:.. .,.:,..:..
/;;;;;:::/::/:::.:/::::::::. i::.:.::Y´ :; :    .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:.. .,.:,..:..
 やる夫たち

__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                  弾! 弾を持ってこいアパーム! 早く、早く-!



125 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 01:59:14.65 ID:oT6e1MIo



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                  ホント、戦場は地獄だぜ! フゥハハハーハァー
                  ウラーッ! いいオオカミドラは死んだオオカミドラだけだろjk-っ!


__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―
 ̄___ ̄―===━___ ̄― ==  ̄ ̄ ̄  ――_――__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―
 ___―===―___   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_―― ̄ ̄―‐―― ___
 ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___ =―   ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―
 ――――    ==  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ―― __――_━ ̄ ̄  ――_―― ̄___ ̄―=
                  これでカンバンです! もうこちらの弾薬は尽きました!
                  だったら、斧でもナイフでもいいからそれで武装して戦うお!
                  みんなでいっしょに突撃するお! 
                  ホルストヴェッセルの歌(リート)を歌いながらみんなで遮に無に突ッ込むお!



126 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:00:15.46 ID:oT6e1MIo



   (⌒ 、    .. . ... :. .:.:.:.: .: .... ..:.:.:.:..       .:.:.:.. ..  .. .... .:.:.:...
 (     ヽ⌒ヽ 、            /   / .. .:.:.:..: .:.:.:.. ....:.:...
(             ) ... :. .:.:.:.: .: ..   ___┐     /     /ヽ
          `ヽ         /  |´            , へ
  , ⌒ヽ . .. :. .:.:.:.: .: .... .:.:.:. . |___/    / . ... ..   |   |  .. .... .. .:.:.:.
 (    '               /       ./       ヽノ
  ゝ     `ヽ          / .... .:.:.:.:.:... / .:.:.:..:.:. ..   | . ......  .. .
(⌒         ... .... . /... :. .:.:. ..     /         |
        .:.:.... .... /         /  .... .:.:.:. . ..  | ... :. .:.:.:.: .: ....
   .. .... .. .:.:.:..: /           / . .....:.:.:.:.:.:.:.. ...  |     . .. ...:.:.
.. ..... .. ..:.:.:.. ..:.:.:.:.:.:... ......  .. .... ..                 i
         /       (⌒ 、   .. .... ..  .:.:.:..: .:.:...  , ⌒ヽ . :. .:.:...
  . .. .... .. .:.:.:..: .:.. ... (     ヽ⌒ヽ 、         (      Y⌒ ヽ

         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \
    /  o゚⌒   ⌒゚o  \  ……。
    |     (__人__)    |  
    \     ` ⌒´     /



127 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:03:28.35 ID:oT6e1MIo



         ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \   ……やらない夫、こっちのグループは
    / o゚((●)) ((●))゚o \  600人以上が死亡したみたいだお……。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´     /




    / ̄ ̄\
  /  ノ   \     こっちも地獄熱で300人、
  |  (ー) (ー)|     オオカミドラのせいで200人以上が死んだだろ。
.  |   (__人__) |    つまり……たった、たった一晩で1100人以上が
   |   ` ⌒´  }     亡くなったということになるだろ……。
.   |        }
.   ヽ       }
    ヽ     ノ   
  /      |\                    



128 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:05:36.78 ID:oT6e1MIo



         ____
       /       \
      /  \   / \      …………だけど、嘆く暇はないお。
    /    (●)  (●) \     やる夫たちには、残りの人間を守る義務が
    |       (__人__)   |     あるお……!
     \     ` ⌒´  ,/ 


        / ̄ ̄\     その通りだろ!
      /       \   不適格者の人数は2500人か……。
      |::::::        |  そろそろ、二つのグループを統合する時期に
     . |:::::::::::     |  来ていると思うが、やる夫、どう思う?
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



129 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:06:44.56 ID:oT6e1MIo



         ____
       /      \
      / ─    ─ \    まったく問題ないお。
    /   (●)  (●)  \   指導者はやらない夫、あんたが相応しいに決まってるお。
    |      (__人__)     |  この星で、副船長なんて身分は何の意味もないお。
     \    ` ⌒´    ,/  グループを統合した方がいいなら、すぐにでもやるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \   分かった。やる夫、お前が副指導者になってくれ。
          |    ( ●)(●)  その下に、補佐役が2人ずついるという形が一番いいだろう。
          |     (__人__)   ところでお前の補佐役は?
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
やる夫「ああ、二人はそれぞれ探索に向かわせたところだお。もうすぐ戻ってくるはずだお」



130 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:07:43.08 ID:oT6e1MIo



           __
          ``''‐、 ``ヽ、.   ,.. -─;:-
            _\ ll ヽ.r' ll /-─- 、.
.       ,. ‐''"´ll   lll`` lll ’ l " ll  -=ニ.`
.    ∠ -‐ ; =-─   ll     ll     lll <`     
     , ‐''´ lll    ll     lll    ll    lll ヽ    補佐役に任命された赤木しげるだ。
    / ll _,.  ll  lll  ll   ll    lll    ll i    モリヒツジを六頭ほど仕留めてきたぜ……。
  , '.,. ‐',´'´ lll   ll  ll  ,.イ   lll    ll   ll |    草食動物だが、思っていた以上に厄介だ。
 / , ' ll ,ィ . ll ,.イll.,.イll./::::ヽ.ll ト、 ll 、   lll   |    警戒心が強く、いざとなると猛然と襲いかかってくる……!
.   /ll./! ,イ ./_:l /:::!./::::::::::ヽ. |_ヽ |ヽ lll  ll |    おかげで、死者と負傷者が一名ずつ出ちまった……。
  /., ' . !ll /l ll/:::::l/ヽl/::::::::,.‐''::ヽ!:::ヽ!::ヽ ll   |    
  /   ! / .l /.l===。=、::::::;;;:==。====! r‐:、lll|    
     l/  |/ .l :`::ー-:/::::::::::: ー-‐ '::´:::|l|r‐、!│
             l :::::::/::::::::::::     :::::::::|.!ト、リ l|    
              l:::/::::::::::__-,    .::::::::::|Lンll ト、   
.            l`"----------一::::/ヽl!  |;;;ヽ.
              !   ___ ..::::::::/;   ヽ ll !;;;;;;;;ヽ.    
            ヽ.  ̄ ̄..:::::::/;;:    ヽ. |;;;;;;;;;;;;;l`;;ー-
          _,,. -‐''7ヽ......::::::::::/;;;:      ヽ!;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;  
    _,,. -‐''";;;;;;;;;;;; /;;;;;ヽ:::::::/;;;::         /;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;  
    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;`1;;;;::         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;
        赤木しげる(職業不明 補佐役)



131 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:08:35.86 ID:oT6e1MIo



           ... -―……―- .. .
       . . : ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: . ..
      /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`: : ..
.     ,′:::::::::::::.  -‐…――- : . . .:::::::::::::::::::::::::::::\   同じく補佐役に任命された新城直衛です。
    i::::::::::,. ´ (YY)-‐…‐-   .. .  `: : ..::::::::::::::::::::::ヽ  アシーナでは、のんびりと農業をやる予定でした。
    !:::::::/ , . :.(.ハ.).-‐…‐-... ,,_   ` : : . `: : .::::::::::::::!  まあ、それはいいとして〝槍の木〟を発見しました。
.     \〈  ,. :':.:.:::::::::::::::::::::::三三二二D}  `: . `ヽ::::::j  硬く、弾力性のある材質で弓にぴったりです。
      Y.://三二ニ>''"Y o `ヽヾハ;;;ー- .. ` 、}/  
.      //ィi{ o Y´  ( 八    ノ  〃;;:;:;:;:;:;:`ヽ__,′
     〈/l;;トヘ.___ノ}    `  二´     ;;:;:;:;:;:〃⌒ヽ
       _从     トiへ.          ミ"// く:::{ j''ッ、
     ( ヽ ''  ヾ} ン"               ノフ ノ  彡x
      ヽ|     ______     xッ、ノィィ彡''⌒ヾ    ,,ミ、
        八   i´ ,,二ニ-‐‐ ''  ノ           ,,z'  \
         ヽ  ´     ,,xミン′       ,, -‐''"
        /{::.、  ,.ヘ._〃      ,, -‐''"
         〈 ゞミx._////シ    ,, -‐''"
        /`ヽヽ /// ,, -
     新城直衛(農民 補佐役)
やらない夫「どちらも恐ろしい補佐役だろ、常識的に考えて……」
やる夫「世界一農業が似合わないお……」



132 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:10:03.24 ID:oT6e1MIo



       ____
     /⌒  ⌒\    まあよし! 弓術の心得のある人間が二人ほどいたはずだお!
   /( >)  (<)\    早速、その二人とそれ以外の人間も弓を作成する作業に
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   加わってほしいお!
  |    /| | | | |     | 
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄
新城「了解しました」




        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |  材料が見つかったのはいいが……。
     . |:::::::::::     |  果たして、使用者の技術が間に合うだろうか……。
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´



133 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:13:14.22 ID:oT6e1MIo



            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \   だが、考えても始まらないか。
          |    ( ●)(●)  とにかく、皆で防護壁の完成を急ぐぞ。
          |     (__人__)  
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
やる夫「わかったお!」




             / ̄ ̄\ 
            /     _ノ ヽ 
            |     ( ●) |     さて、と。
            |      (__人)    朝比奈さんはどこにいった……?
            |        ⌒ノ     
           ノ        ノ    
         /⌒ヽ、    _ノ         
        /   ノ \__ィ ´          
  ( ( ( ( /  /    '|.
       (  y      |.
        \ \    |
         \ィン、__)、
          .|     ij ,ノ



134 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:14:52.35 ID:oT6e1MIo



        /  //  /   / /| |       ヘ    \
          /  //  /  / / | |   |   ハ  、.ヽ ヽ
       i   |/|  |  /|_,ム‐-!- .|   |    |  | l. ! あ……やらない夫さん。
       |.   _', |  /´V ___ V |\ |    |  | |  | どうしました?
       |   / 〉 !、. | r'ヌ:::::::}ヽヽ.!  \|`t-、 |  | ト.  |
       |   〈. | ` トl  {:::::::/     _,..-、',. /  ./ ./|/
       |   `‐|.   |  ー-'        /::::::ケV / ./ .|/
       |     |.  !       、 {:::::/ ムィ /
       |. |    !   ',      ..,   ` ,〈. /ィ
        / |    |   ', 、        _ノヽ`ー∟.
.       /  .|    |    ヽ\    _. r ´ __ `__┐ l
    /  /  ,r1 |    ', ` 下、_ |   ヽ ソ__ `ー∟
   /   / /  V |    ',  ヽ\`!   l〈/ __`  }
      ム<   ヽト.    L. -─-ヽ\. | V ,、`  ∧
    r,ニ ._`ヽ\     ヽ   }‐  二..', ヽ.| `-ソ   ハ }
   r'´   \ \\.   ',.  ム‐'´   |  |ヽ /  / ヽ
   |        \ \\  | ∧       |  | ∧  ハ.  ',
やらない夫「治療中か? だったら後でも構わないが……」
みくる「……いま終わったところです」

                __ __  __
            ,  ´    `   `ヽ/´ ̄`ヽ
      rー─‐-、/   ,. -─    __ _  ∨ ,/  }
     〈  __ ___ 〉   / , -‐    _ __`ヽ/  /
        `ーァ'7´ } 、/ /         \\/
        //′/l / /,   / , l l   i l  V   う……けほっ、けほっ!
      / /,'/, 、|  l l l l l l |   ! l  l 、  あ、ありがとうございました、せんせい……。
.     {' / { l ll l l  | l l l l l,ハ   j  ! ,! |
       V,  レlNl l |  N`¬ー'´  `ーくL厶仏ノl
     /   r‐vハN! l    ̄ ´      } l リ
.     ∧  _j ヽ \l l l、r===ミ   ,:== / |ノ
    { l j    `  l l l l         /   !ヽ
     >k〈         l l l |、  __. ´_,.ィ´l,  { ト.
    {迎. }      l ! l l >ー '´  | /   ∨ |
     /  ∧      ⊥l l |/ ,ノ>┐,ノ{   /  |
.    //  l  \   /:.:.:.\ | 〈 ´  /fニY^Y⌒ヽ/
   //'   |   \/:.:.:.:.:.:.:.:\ }  { {ヽ廴人__ノ



135 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:15:16.99 ID:oT6e1MIo



    / ̄ ̄\
  /  ノ   \     あの子が助かる見込みはあるのか……?
  |  (ー) (ー)|     
.  |   (__人__) |  
   |   ` ⌒´  }     
.   |        }
.   ヽ       }
    ヽ     ノ   
  /      |\                    


        /  //  /   / /| |       ヘ    \
          /  //  /  / / | |   |   ハ  、.ヽ ヽ   ――ありません。
       i   |/|  |  /|_,ム‐-!- .|   |    |  | l. !  地獄熱にかかったら、助かる見込みは全くありません。
       |.   _', |  /´V ___ V |\ |    |  | |  |  あたしがあの子に何をあげたと思います?
       |   / 〉 !、. | r'ヌ:::::::}ヽヽ.!  \|`t-、 |  | ト.  |  塩を錠剤のように固めたものです。それを飲めば治るって、
       |   〈. | ` トl  {:::::::/     _,..-、',. /  ./ ./|/   嘘をついたんです。
       |   `‐|.   |  ー-'        /::::::ケV / ./ .|/     
       |     |.  !       、 {:::::/ ムィ /
       |. |    !   ',      ..,   ` ,〈. /ィ
        / |    |   ', 、        _ノヽ`ー∟.
.       /  .|    |    ヽ\    _. r ´ __ `__┐ l
    /  /  ,r1 |    ', ` 下、_ |   ヽ ソ__ `ー∟
   /   / /  V |    ',  ヽ\`!   l〈/ __`  }
      ム<   ヽト.    L. -─-ヽ\. | V ,、`  ∧
    r,ニ ._`ヽ\     ヽ   }‐  二..', ヽ.| `-ソ   ハ }
   r'´   \ \\.   ',.  ム‐'´   |  |ヽ /  / ヽ
   |        \ \\  | ∧       |  | ∧  ハ.  ',



136 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:15:56.72 ID:oT6e1MIo



  .l′...-l′  \     .`゙''ー、...l( ./      ,ノ   .゙>、 /    .'!.
  ト二 .!    .`lゝ  / '''ブ゙〔´「`-゙'¬、  .ッ'"    l'―'″   ,/  もう、それしか手元に残っていなかったんです。
  .l゙ .,!  .!     .l\,.ヽ ".,,〃´巛 ..,,__/ 'フ     ./      ./   あの子はたぶん、あたしの嘘に気付いているでしょう。
 │ l.!  ,!     !,_  `´/ l _ ! l    !     |    .,/    あたしはインターンなんです、医者ですらないんです。
  l,! .ヽ .!     .!..l´'|''ー/ l´゛  ! .l''''''|゙゙ll゙      !  ./      ある限りの知識を動員していますが、ダメです。
  .″ .\,!     .!   ´.! .|゙゙゙゙゙゙゙゙゙! l゙''" !      l./        きっと、永遠にダメでしょう……。
      |      !/   | |   ゙l .!  l      .!          あたしがダメなばっかりに……うっ、うぅっ……。
      |     .ll′  .! .!   .! .!  .|      !
       !     .|    !..,_.!   .,!./ │    .i.!
       li     |         ″   |    │ l
      l .|    |  ‐             !    /  .l
      .|  !    .!"゙゙´          |    !  .ゝ、
     /  l   │        '''''''''''' !    iン‐  \
   ./   .|    l .\,          !    l..,,,,,,    .\
  ./     |    ヽ  `>、,         ,l/   !        \
 ..l      ./|     `'''-、'-、   /″    .|            /
  .\  .''―イ .!          !.、   !       .!‐ハ ...    ./
   \_. / .´゙レ 、 │ ./  l''!`_,,│ ! |  ! ./ i_     ./
     ゙‐'ー'l″ヽ, l .l_, 〃 .,|__ニi、.l___ll ! .|,ノ'''''''''~厂 ̄ ̄
        l   .´゛ ` .´  |.|     .´     /
         !          ||          !
         l         |          /
やらない夫「そうか……。だが仕方ないだろ、地球の医者ですら知らない、教えられないことを
学ばなきゃならないんだから……」



137 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:16:31.77 ID:oT6e1MIo



             ,.ィア丁ー' フ`フヽ._
            ィ:ノ { ,..-< ̄:..ー< {:ー-... 、
            /: _ア{ .ノ : : : : :..:..:\:..:.\:..:\-\
           /: /_ /: : :l : l :. : :ヽ:..:..ヽ:.ヽ:..:..:、ヽーヽ_
         i |: :ソV: : : ::ト斗、: :. :.l:..:.ヘ:.ト:.l:|:..:..l:.ト_:._:`:..ー-... 、
           l: l!く j: |: :/| ヽl.ヽ、:..}:l!:.:ムト:.:リ:イ:.ハド、:\ ̄ `ヽ: \
           | :.l L!ハ': :ト:|ィ=、ミ 从ハィ心Y':/リ/   \ヽ    ヽ、:ヽ  ――朝比奈さんは随分と変わってしまっただろ。
         l: :ヽハト :ヽ.Vトj:::::!    ヒz:jリヘ、^ヽ..___ }:}      l|ヽ}  コンステレーション号に乗っていたときは、いつでも
         ヽ:、 ヽVヽトト辷ツ   丶 xx.|:.:ヽ、:.:.:... : : : : ̄:.:.:‐..、 j′|  明るくお茶を振る舞ってくれていたのに……。
            }/⌒トこ!..:ヽ.xx  r‐ァ  厶、:.:\ー―‐ァァ- 、: :.:.ト\   昼も夜も、地獄熱の患者を相手にしていて、
           ノ     { \!:. :.\._ ¨. イ  {\:.rュー_v7フ、  `ヽ:|:.}`ヽ  精神的に参ってしまっているだろ……。
        _ヽ -、 入 >へ:..:ヽ「`V     }/´  .::. {//ノヽ    }:/
       /⌒'ー- ソ:. :. ̄`ヽjヽ:.、\}ー   j  ハ:_/ア7ァ}:.}- 、ノ′
    _.. -‐{    /:. :. :. :. :. :{ ! ト:.}`ヽ\  `ア ノ'//イ.:j/:..:..:ヽ
  /: :/:..:ヽ_  - }:. :、:.. :.. :.. :.ヽ}. V>'‐} :l、/´   '/ノ:..:..:..:..ヽ: l
./: :/: ..:..:/:..〉 /:. :..::j:. :. :. :. :.:{`ー' ヽ |/ノ{    /「.:`ト 、:..:..l:|:}
: :イ: :/:..:.イ:..:.|{. 〈:...:. :. :. :..::.:.:.:.:.:.ヽ r、ー‐ ′ヽ _イ  ヽ:}:..}  ヽ:.l!リ
/ |:..:ト:..:..トr^-`≧ーヽ._:ィ ̄:.ヽイノ } | ノ     /_r┬:7!:/   }/′
{ ヽ:! ー| \   ヽ小∧:. :. :.:.{  >ー:、   〈:.:.:.:/,://′  /



138 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:16:55.09 ID:oT6e1MIo



           -―‐.、    l||!|l| 
         /:::::::::::::::::::\  l||!|!
          {::::::::::::::ヽ、::::::\
        〃::::::::::、:ヽN、):::::::`ヽ、     せめて、抗生物質さえ持ち込めればよかったのに……。
        {ヘゝ((ミf゙ヽ}:::}-=、;;:::'::,:ヽ     ゲルン人は、それすら許してくれませんでした。
          ゙_ノ/⌒ヾ刋::レ'´ ̄ヽ::'; :!
        f 〈_  /'⌒Y〆   l:::!:i
        { /7'‐┴v‐'´  ,∠ V八
          ^{ヘ、____/ヽ、,ン゙ヽ
         {二/  .ハ    lゞ、: : {
        _人 {二ニハ l     }: : : : }
      f≦_>く  { `ゝ、  /: : : :ノ
      て≦ー´y_.」    `'''ー‐ '´
          ̄

            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \   この世界にも薬用の植物はあるかもしれない。
          |    ( ●)(●)  白鐘直斗に頼んで、周囲の植物を採集に向かわせたところだ。
          |     (__人__)   朝比奈さんの助けも借りたいんだが……頼めるか?
             |     ` ⌒´ノ   
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!



139 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:17:40.43 ID:oT6e1MIo



                     /.:.:.:.:ヽ´ `` ヽ、
                   /:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:\_
                  /.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:.:.:、.:.:.:.:.:\
                   /:.:.:...:::::::l:::::::::::::::::::ヘ:::::::ヘ:::::、:::ヘ`、
                  /::.:.:.:::::i:.:.∧::.、:、:::::.:.:.:.i:::::::::l:::::ヘ:::::}:ヘ
               i.:.:l.:.:i.:::l:./_,.ゝ;:.iヘ:::、:::::.:ト、_:::|:::.:.:|.:...:ト::!  本当ですか!? やってみる価値はあると思います!
               !.:.|.::l:.::,k'!"_ ゙ヘ、ヾト 、_!i_`!i、.:.:.!.:.l.:| '|   喜んで手伝わせていただきます!
               i.:.:l.:.、:.:|` イ ̄、    `'f ̄ヽ!:.:/::./:ィ    そしていつか、「これを飲めば治るよ」と
                !.::ヘ.:ヽ!"|l゚、r'l       l:;:_klト/:::/:::.:|     嘘じゃなくて本当に言ってあげたいです!
                l.:.:.イl:、!、 ゙ー‐'  '     ー-' 〆r ,::.:.|
                  !.::.:.i:f..::ト    ´ ̄ `.     7:|.:Y:.::i::!
                |.:.:.::!::|.:.:.\,.、.  !  ,'  _ /..:l.|::::.:.ヘ|
              /:.:.:.::|.:f i.::::: ,' ト、 . ` ´ _, ! !:::::f`!.',:::.:.:.ヘ
              /:.:.:.::::l:.:.i !.::::,' ,'-|/)‐-f.、|' ! i:::::! |.:.:',:::::.:.ヘ
              /.:.:_,,_:_l.:.:| i::/ .,'r//  ヽヽ;::! i:::| .!.:...',:_::::...ヘ
             /.:.:.::::>、\,! " レ /_,r'jfヽ\ヽ! " |:.,r' ,:'ト:::::...\
            /.:.:::::::∧:`l      ゙"/-\`゙    ` /:/ `、:::::...\
           i.:.::::::::/  i::|      /ト'´``'入      l::l  `、:::::::.:.:!
          l.:.:.:::::/  冫!    /:::::|..:..:../::::ヽ    i::|   ト;:::::::.:.l



140 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:17:54.80 ID:oT6e1MIo



               / ̄ ̄\
             /   _ノ  \
             |    ( >)(<)     うんうん。
             .|  ////(__人__)     その意欲さえあれば、地獄熱の治療法なんて、
             /     ` ⌒´ノ      すぐに見つかるだろ、常識的に考えて!
           /  ヽ ⊂二二 ̄\    
         /     \  ⊂、'    ヽ     
        /        \_, `7  /   
       /    へ     \ !/  /   
       |      \    Υ  /   



         /       ,'  !           、\
           /    ,    /   ヽ      、    ヽ ヽ
        / ,'   / /  /i  !         ヘ    i  |     ……はいっ!
          | |   |  | / l  ヽ         !     ||  /ヽ
          | ハ   |  | '|⌒ヽ ヘ \  ⌒ヽ 、i|    ||/  }
        リ |  !  ハl   ヽ  ヽ \ ハ ハ   〃  /!ヽ
         ヽ  ヘ ゝ     \ ヽ ''示テァ、!  イ′/│ ヘ
           \ ハ| ゞz≠        k:::j廾 , 'リ 、 'i  !  ハ
             ! | !     、     ゞ=ソ iレ i´`ノ ! i  ハ !
            // 弋. r、  r- ,       / /- '  ' , !ノ リ
            //   l | |、 ` ´     / ,' |     ヘ
           //   / / | >-‐ ≦ ィ´ /  ̄ヽ  i  ヽ
      , - ー ´ /   l .ノ 〈/    /   /      ヽ ',   ヘ
    /,      l  ハ / ー┐   /  / , '      ! ヽ  ハ
   / イ    /{  />/  二}r‐v /  //      }  ',  ハ
    | ハ   / ヽ│ ,/    _ク== レリイ        ,'   ',   |
    |/ |  /   {, >': )   /    /  /         /|   i   !
   ゝ ゝ r′'"´   : ) /)    | /         / ノ   i  ノ



141 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:18:24.28 ID:oT6e1MIo



. :..   . :.  .. .                        . ... . . .::..  :.   .. . .:.:.. . .   .....  .. .      ....  ::.. . .
      .,.;:;::'''""""''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"'';:;,.,.,      . ... . . ....  . .  ..            ... .  .. .. .
  _...:;;:''"'"     ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…   ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,      . ...   ..  ... . .. .:.. .  .. .. .  .::.:.....
 .,;: _...       .,.,;:;:;:,.,.,_                 ,,,......,,,,,;:;''"     .. .:.. .    ::...    . :..   . :.  .. . :.:.
    .....,,,,,;:;'''"'''"             ....,,_,,,...;:;::''""''''"    ..  ... .  .. .. .      ..  . . . . .. .. . .     .. .::...
,.,;:;:;:;:;'''""""""         ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""    :.:.. ..  . . .. .. .. . .            ,,.,,,...,.,.,,_,,,,,,,,,...;;;
 .,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..  . .      _,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''     ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
          . .:.  . . .   . .. ..   . . :.     ....,,,,__...,,;:;'''""''''::;;;;.......,,,,...;: """''''''''"''''"'''''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
.  . :.  .. . :.:.. ..  . . .. .. .. . . . .  ;;;;;;;;;;;''''''"""'''""""                ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…
 .. . .   .  . :.  .. . :..       "';:,.__,  ""''''''''':::::......"""''''''"""''''…       .,.,;:;:;:,.,.,_
               :.:.. ..  . .     """"''''''''''':::::::::;;;;,,,,,....._        ""'"             ....,,_,,,...;:;::''"
:.:.. ..  . . .. .. .. . .                            ::::;;;;;;;;;,,,,.....  ...,,,;:;;:;,,,..;:.;:;;:;;::''""
                     ..  ... .  .. .                           ""'''''"''''':::::;;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''
                                   . . . . .    .: ..  . .
1.5Gの重力のせいで、防護壁を作る作業はなかなかはかどらなかった。
毎日のようにオオカミドラは襲撃を繰り返し、その度に慣れない弓矢を使う男が
増えていった。
一晩眠っても、重力のせいで体の節々が痛み、疲れが残っている。
だが、どんなに辛くてもこの作業を止める訳にはいかなかった。
誰一人不平や不満を言う者はいなかった……そう、〝あの男〟が俺を呼び止めるまでは……だろ。





              第二話「オオカミドラ」               終



142 名前:1 ◆QGxFCynpE6[saga] 投稿日:2009/04/28(火) 02:19:49.24 ID:oT6e1MIo

何とか全部投稿できました。
やはり重たいですね。今度はもっと空いている時間帯に
投稿したいところです。
次の投稿は今週末、土日などになるかと思います。



143 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 02:32:31.13 ID:XMcRr2Eo

重い中で乙でした
なつかしー・・・
小学生の頃読んだよこれ。
題名も作者も覚えてなかったけど思い出した。
期待してます。



144 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 03:24:33.03 ID:idnSKRco

これは・・・ハードな物語だ。
しんどいが付き合うよ。



145 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 09:57:52.53 ID:fnQ.UdUo

おもしろい



146 名前:以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします[sage] 投稿日:2009/04/28(火) 20:56:12.33 ID:8Dhon2ko

乙。
次回が楽しみ。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

1183 (´∀`) 2009-04-29 20:10
オオカミドラこえー

1184 (´∀`) 2009-06-17 18:22
これ記憶に残ってる限り最初に読んだSFの話だ、このころのSFって今のよりシビアだよな、大宇宙の密航者とかトラウマだ・・・

1185 (´∀`) 2010-05-22 15:07
おれ、初めて原作読んだときはいつか本国からの救援が助けに来るから、それまで生き残ればいいだけの話だと信じてたよ、ずっと。

12313 (´∀`) 2011-06-18 02:19
夢いっぱいのSFもいいけど、未知のシビアな世界を切り開くって展開も面白そうだな
それにしても1.5倍の重力ってやっかいそうだな。肉体労働はキツイし、この星の元々の生物強そうだし

承認待ちコメント

30514 2015-09-07 22:28
このコメントは管理者の承認待ちです
以下の内容が含まれるコメントは削除する事があります。
・ネタバレ、個人攻撃、差別的表現などが含まれるコメント
・URL付きの誘導コメント(やる夫系の纏めブログはokです)
・コメントは全て目を通していますが、何かあれば非公開コメント、メールフォームから連絡下さい。
・2012年からちょっと厳しくします。
ABOUT
最新記事
最新コメント
現行一覧
【オリジナル】
やる夫達は一攫千金を狙うようです
やる夫は娘に全てを捧げられるようです
彼らは友達が皆無
カナは王妃様
やる夫が超能力者と戦うようです
やる夫が0からはじめるようです
勇者になりたい初音ミク
鼠と猫と白饅頭と
やらない夫とたくさんの矢印
できる夫は無垢な心に溶かされるようです
やる夫はなんか物凄い勢いでバカのようです
できる夫と"Dolls"の泥臭くいき苦しい百年後の未来の話

【二次創作】
できる夫がバトロワに参加させられたようです

【アニメ・漫画】
やる夫がエヴァンゲリオンを開発するようです

【ゲーム】
【DQ10】やらない夫がドラゴンクエストオンラインをはじめるようです
シオニーちゃんと世界樹スレ

【小説・映画】
怪盗紳士やらない夫・金色のオプーナ
AAキャラで幻魔大戦

【雑談所】
◆NdaE78waTEさん雑談所

【未完・スレ落ち・更新低迷中】
デカダンス、または崩壊するやらない夫
勇者と隣の魔王さま
;゚д゚) <やらない夫はひどい奴らしいよ Σ(゚Д゚;エーッ!
コトコト煮の短編をあなたに
やる夫達で遊ぶ世界のお話
やる夫はついたまを探すようです
【オリジナル】やる夫は開拓者で稼ぐようです
ドルジ高校ファミレス部
そんな三十路のCOMPLICATION
このこのこのこの
やる夫は宿命(さだめ)とあれば覚悟を決めるようです
やる夫達は嘘を重ねるようです 番外編
やる夫は魔法学園で深淵と出会うようです
やる夫たちは薔薇乙女に好かれているようです
【DQ6】できる夫は合体に失敗したまま戦うようです
やる夫が狩人として生きるようです
やる夫と彼女と見えないアイツ
やる夫が金を掴むようです
やる夫が武闘派シンデレラと結婚するようです
やる夫はリアルで建国を見守るようです。
白饅頭は人類絶滅の夢を見る
やる夫のクロノトリガー
【Wizardry#4】やる夫が逆襲するようです
やる夫で学ぶ生命保険
やる夫でドラクエモンスター物語
完結作品一覧
【オリジナル】
up4900
やる夫の魔王の道
マミさん(28)は喪女をこじらせたようです
やる夫が幼女と入れ替わるようです
やる夫達は殺してでも奪い取りたいようです
やる夫達はお嫁さんをもらうようです
薔薇水晶と白饅頭な村人A
ドクオラウンジ
やらない夫と最後のデート
やるやらのんびりツーリング
やる夫の友達はSNEG(それなんてエロゲ?)のようです
カナは気まぐれ
金糸雀と白饅頭な旦那様
雪華結晶と白饅頭なロボット
翠星石と白饅頭な彼氏
♪ QB3分クッキング ♪
やる夫がリアルで戦うようです。
やる夫達がヤンデレと出会うようです
やる太は、魔王を名乗るようです
この世界には、なにかが足りないようです
やる夫がフラグと闘うようです
やる夫と放課後の公園
やる夫の青春
やる夫と自堕落者ども
やらない夫は52歳で孤独な人生を送っているようです
オプーナ売りのオプーナ
やる夫のママは大尉殿のようです
やる夫の諸国漫遊記
初音ミクとやる夫がイチャイチャしまくるスレ
迷探偵真紅のパーソク高校事件簿
やる夫達は嘘を重ねるようです
高校球児やる夫
蒼星石はたった一人の侍
やる夫達は里のために全力で殺し合うようです
やる夫がよろず屋に入るようです
やらない夫は人生のまとめに入るようです
やる夫と愉快なニートども
やる夫は悪魔に守られるようです
やる夫は翠星石を忘れたいようです
やらない夫が怪盗を追いかけるようです
薔薇乙女で素直クール
やる夫は記憶がないようです
やる夫は悪魔に恋をする
やる夫が首相になるようです
やる夫と静かな非日常
やらない夫が皆の悩みを解決するようです??
やる夫がノートを拾ったようです
もしも水銀燈が無口だったら
やる夫のお泊り会
やらない夫がスナッフビデオの謎を追うようです
やる夫と金糸雀の短編集
オプーナは奮闘するようです
やる夫はヤムチャを育てて戦わせるようです
やる夫が探偵になったようです

【ゲーム】
up7887
マミさんと世界樹スレ
巣作り(できない)ドラゴン
伝説の勇者やる夫
この最終皇帝がボコボコにしてやんよ!
勇者やらない夫の憂鬱
ヤルオがレッドを継ぐようです
やる夫がジェマの騎士を目指すようです
やる夫がドラゴンクエストの開発者になるようです
やる夫がドラゴンクエスト3で遊び人になるようです・やる夫がドラゴンクエスト3で賢者になったようです
やる夫がDQ1でロトと賢者の子孫のようです
キル夫がお姉さまになるようです。
キル夫がお姉さまになるようです。───桜の園のエトワール───
やる夫がシークレットゲームに巻き込まれるようです
やらない夫は奇妙な部署に配属するそうです
ファイナルファイト・やる夫

【二次創作】
ゴルゴ13危機一髪!
やる夫と人狼の遊戯
ローゼンメイデン第七ドールの物語

【小説・童話】
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
やる夫とやらない夫たちが、ラグナロクに挑むようです
新城直衛と三匹の獣
やる夫と星の王子さま
【連城訣】巌窟剣士やる夫【金庸原著】
【猫と】 やる夫、家を買う。 【ガチな言葉】
ゴゴサンジは秘密の言葉
やる夫三銃士
やる夫とやらない夫のユービック
ローゼン達は電車に揺られ
吸血鬼譚:真紅は怪奇な体験を語るようです
わたしたちのやる夫くん【田村くん】
やる夫は雪華綺晶の面倒を看るようです
やる夫のじーさんは凄まじいようです
やる夫は酔歩する男のようです
翠星石はもののけに嫁ぐそうです
【愛と哀しみの】やる夫は長門に振られたようです【エスパーマン】
やる夫はゴーストライターのようです
やる夫で楽しむ世界の童話

【グルメ】
やるやらホロナギが食べ歩くようです宇都宮編
やる夫で学ぶ燻製

【漫画・アニメ】
もしボーカロイドがジョジョの『スタープラチナ』を手に入れたら
やる夫が秘密結社の戦闘員になるようです
やる夫で学ぶガンダム
翠星夫でPSYCHO+
やる夫はコンビニ?でバイトするようです
やる夫と駄目な天使
やる夫と蒼星石がチェーンソー男と戦うようです

【映画・ドラマ】
蒼猫ソウセイセキの生活と意見
やらない夫と8番街と53丁目角の公衆電話 【Phone Booth】
やる夫とやらない夫が天国の扉を叩く
【やる夫で】七人のアスキーアート【七人の侍】
やらない夫のひとりWWIII
蒼星石は家庭教師になるようです【サウンド・オブ・ミュージック】
世紀末の詩
やる夫は未来を変える戦士のようです
やる夫が天空の城ラピュタに行くようです
やらない夫が翠星石を教育するようです【マイ・フェア・レディ】
【東邪西毒】やる夫達と楽園の瑕【AshesOfTime】
やる夫たちは同じ夢を見たいようです【The Blood Brothers】
やらない夫は自分のために料理を作るようです(※学べません)
やる夫洋画劇場 「SHAUN OF THE DEAD」

【やる夫スレ系】
やる夫がやらない夫に版権キャラAA表情改変を教わるようです
やる夫スレのおわりかた

【学ぶ】
やる夫で学ぶ東方入門
やる夫は支援動画職人を目指すようです
やるやらで学ぶゲームの歴史
やる夫と挑む有馬記念
やる夫がノートPCのHDDをSSDに換装するようです
やらない夫が自作PCを組み立てるようです
やる夫で学ぶ最強議論
【深夜の雑学】やる夫で学ぼう!キスのあれこれ
やる夫が液晶テレビを買うようです
みんなで学ぶ高級腕時計の世界
やる夫はiPhoneを買うようです
~だいたいわかる!やる夫で学ぶ武家政権の成り立ち~
30分でやる夫達は日本語の文章術を学ぶようです
やる夫がダイエーを創業するようです
やる夫が任天堂社長になるようです
やる夫が内閣総理大臣を救出するようです 【二・二六事件】
やる夫と学ぶ戦後日本の歴史

【スポーツ】
やる夫で学ぶJリーグの旅
やる夫がスーパーボウルを制するようです。
カテゴリ
支援絵
open
保存できたもののみです。保存できてなかったらすみません。。
リンク
open
ランキング

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。